DAFA1マニュアル化・フランス研修を終えて | creationdefleurのブログ

creationdefleurのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

2018.10月18日

 

Paris7区にある、フランス国立園芸協会にて

「DAFA1資格試験のマニュアル化研修」 が行われ参加させて頂きました。

 

今回の研修参加資格者は 「プロフェッサー以上」の資格を保有する者。

 

今年、プロフェッサーの資格を保有できた私には

本当に運が良かったと思いました。

 

 

  

 

参加者には、この様な10ページ程の小冊子が配布されました。

 

内容は、主に「L」、「トライアンギュラー」、「ラウンド」、「アロンジェ」「モダン」の

基本線の長さの見直しや、活ける花の位置、使われる花材の種類、本数等、

細かくフランス語で明記されています。

 

 

 

            デモンストレーションを交えながら以前と違うポイントを解説

         

 

 

 

   今迄と大きく違うポイントはトライアンギュラーの花の位置とフォーカルpointの枚数

 

   左右異なる種類、又は色の2種類の花がフォーカルポイントで交差する流れがあったはずが

   サラッと入れて(表現が可笑しいかも)います。

   また、アロンジェの基本線の長さにも変化が。。。

 

 

   今回、改定された内容が試験に反映されるのは 「2020年」DAFA1試験より。

 

   来年のDAFA1試験では、今迄通りでも改定されたものでも、どちらでも良いとの事です。

 

   以前、DAFA1試験に落ちてしまわれた方

   今迄の仕様でクラシックスタイルを学んで来られた方にとっては

   来年2019年の春に受験される事を是非お薦め致します。

 

   

   それほど、「今迄覚えて来た事って何だったの?? 」 という程大きく改定されたのですから。

 

 

   また、私達教える側も基本から勉強のし直しに一生懸命です。

 

   またまた、忙しい日々が始まりますね。

 

 

 

             それでは

        

             また お会いしましょうね

 

 

 

     クレアシオン ド フルールでは

     DAFA1資格試験の「新規格」 レッスンをスタートさせています

 

     ご興味が有る方は是非ホームぺージのお問い合わせからご連絡をお待ちしています

 

        クレアシオン ド フルールのホームぺージは こちら からどうぞ

 

Cre'ation de fleur さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス