小川由佳 / コーチング 「仕事に人生に。自分らしいリーダーシップの育て方」

小川由佳 / コーチング 「仕事に人生に。自分らしいリーダーシップの育て方」

自分らしいリーダーシップを育てていくためのヒントを綴っています

リーダーシップとは、想いを持ち、その想いの実現のために、主体的に考え動くこと。
周りに働きかけていくこと。
リーダーシップのある生き方を探究していきたいと思っています。

ひまわりお知らせひまわり
○初の著書「仕事にも人生にも自信がもてる! 女性管理職の教科書」が出版されました
○「仕事にも人生にも自信がもてる! 女性管理職の教科書」の台湾語版が出版されました
○大阪梅田 蔦屋書店様での講演が無事終了しました
○雑誌「Domani(ドマーニ)」に掲載されました

ひまわりリーダーシップのある女性たちの生き方インタビューひまわり
○素敵女性の「自分らしい生き方」インタビュー連載

こんにちは。小川由佳です。

先日コーチングセッションをしていて、改めて思ったこと、

それは、「強みというのは自分ではわかりにくい(自覚しにくい)」ということです。

猫:「私の強みって、なんだろう・・・?」


私は、強みというのは、大きく言って2種類あると思っています。

- - - - - - -

◆1つは、後天的に獲得した強み。

例えば、「英語が話せる」といったようなもの。

この類の強みは、自分自身が努力したりして意図して獲得したものなので、当然自覚することができます。

- - - - - - -

◆もう1つは、もともともっていた性質や、子供の頃からの経験を通じて無意識に獲得した性質から来る強み。

こういった強みは、本人にとってはあまりに自然にできてしまうので、それが他の人よりも優れているという自覚がないように思います。
(そして、私が冒頭で「強みというのは自分ではわかりにくい(自覚しにくい)」と言ったのは、こちらの強みのことを指します。)

それゆえに、自分の強みを知りたければ、周りの人に「私の強みって何だと思う?」聞いて、フィードバックをもらうことが大切かなと思います。

あるいは、ストレングスファインダーのような診断テストを活用してみるのもいいですね。

- - - - - - -

自分の強みを自覚できているか否かって、「自分自身をうまく活用できるか」のみならず、「自分を信じて前に進めるかどうか」に大きく影響します。

ご自身の強みを自覚することで、まるで、いい意味で人が変わったように、いきいきと自信をもって前に進めるようになる人をたくさん見てきました。

だから、自分の強みを知るってこと、ぜひやってもらいたいなと思うのです。
 

 

 

発売中キラキラ

「仕事にも人生にも自信がもてる! 女性管理職の教科書」

こんにちは!小川由佳です。

普段、ToDoリストを作って1日の仕事を管理しています。

が、ふと気づいたのは、

 

ToDoリストを消す仕事のやり方はつまらない

 

ということ。

1つ1つの仕事をやるのが作業のようになってしまって、黙々とこなすだけになってしまうのです。

で、仕事のやり方を変えてみました。

この1か月のゴール、この週のゴールを決めて、それを普段から目に入るようにする。

1日の仕事をやるときにも、1か月&週のゴールを見るようにして、そこから逆算で、今の仕事をやっているのがわかるようにする。


これ、やってみると、まあ気持ちが違うこと。

自分がどこに向かっているのかがわかるからか、意識ができるからか、やる気が出てくる。

楽しい(^^)

ちょっとしたことですが、すごくお勧めです。

 

 

 

 

発売中キラキラ

「仕事にも人生にも自信がもてる! 女性管理職の教科書」


 

こんにちは。小川由佳です。

 

私事で恐縮ですが、拙著『仕事にも人生にも自信がもてる!女性管理職の教科書』の5刷が決定しました(^^)

今回の増刷で、累計7,500部となります。

本当にありがとうございます!

最大の感謝をこめて。

そして、拙著が少しでも管理職やリーダーとして頑張る方のお役に立てますように。
 

 

 

発売中キラキラ

「仕事にも人生にも自信がもてる! 女性管理職の教科書」

 

こんにちは! 小川由佳です。

9月に娘のピアノの発表会があるのですが、思いがけず一緒に連弾することになりました。。。

ピアノはもう数十年ひいていないのですが、大丈夫か、私?! キョロキョロ

今から8月にかけて、ヤミ練する予定です。

 

 

 

 

 

こんにちは! 小川由佳です。

 

出張中、スタバを利用することが多々あるのですが、いつも感心してしまうのは、「どの店員さんも、どうしてあんなにやる気に満ちていて、お客を大切にすることができるのだろう」ということ。

一店舗だけならまだしも、どのお店に行っても、ほぼ例外なく、仕事に前向きで親切な店員さんに接することができるのは、ほんと驚異的だなあと思います。

あるスタバにて、店員さんの接客を見ながらそんな疑問が湧いてきたとき、ふと思ったのは、「目的と目標の違い」という言葉でしした。

皆さんは、目的と目標の違い、知っていますか?



 

- - - - - - - - - -

「目的」というのは、「なぜ/何のために、それをするのか?」を示すものです。仕事についていうと、「なぜそのビジネス/仕事をするのか?」というように、そのビジネスや仕事をする意味や意義を与えるものです。

一方、

「目標」というのは、「目的に辿り着くために、いつまでにどのような状態になるのか?」、そのマイルストンや基準を示すものです。マイルストンや基準を示すので、通常、目標は数値を伴います。

- - - - - - - - - -

例を挙げると、

【目的】お客様がハッピーになれる時間と空間を提供する
【目標】1日50万円の売り上げを達成する

という感じ。

これね、比べてみるとわかるんですが、

目的の方は感情を伴うんですね。
ワクワクだったり「やりたい」って気持ちだったり。

一方、目標は感情を伴わない。目標は単なる基準値だからね。

だから、目的と目標とだと、圧倒的に熱量が違う。

声をかけられるにしても、目的を言われるのと、目標を言われるのとだと、テンションの上り度合いが違うなあって思いました。

「今日もお客様がハッピーになれるようがんばろう!」って声をかけられるのと、
「今日も売り上げ50万円を達成できるようがんばろう!」って声をかけられるのと。

少なくとも私は、声をかけられるのだとしたら、前者の方がいいなあ。

そして、前者のほうが、結果的には売り上げもついてくるような気がします^^

 

 

発売中キラキラ

「仕事にも人生にも自信がもてる! 女性管理職の教科書」