浅草でトンボ玉作り

テーマ:
食品サンプル作りの後は浅草へ
暑かったけど近いので歩いて〜爆笑
まずは
という比較的新し目の
気になるスポットへ行き
日本の誇るべき手仕事グッズで
目の保養ラブ
その後浅草寺の方へ
鎌倉にも一杯いた着物にお着替えして
観光している人達が大勢いました。
今の時期はちょっと暑くて大変そうショック

観光客も外人さんも鎌倉以上で
活気溢れる浅草
でも路地は平日だったのでこの通り
ドキドキ
しかし
寺に見向きもせず向かったのは
ずーっとやってみたかったトンボ玉作り
こちらで手軽に体験ができます。
好きな色、好きな模様が選べますが
たくさんあって迷うあせる
本体の色が決まるガラス棒
模様を付けるためのガラスの粉
炙って炙ってキラキラ
1時間冷やして受け取ります。
できたトンボ玉は
アクセサリーにも加工して貰えますが
娘はそのまま宝物のように
握ってお持ち帰りラブラブ
念願のトンボ玉作りができてよかったね

そして
用が済んで帰るモードの娘を説得して
折角浅草まで来たから雷門をくぐり
人でごった返す仲見世を通り
本堂まで
立派な草履ゲラゲラ
お参りして
人形焼、おこし、芋きんつばなど
振り返れば食べるものばかりを買って
浅草を後にしました。

芋きんつばは常温で24時間以内に食べてね
ということだったので
翌日ゆっくり頂きました
美味しかった恋の矢

浅草観光
14800歩
よく歩いたな
ウインク