麺坊の名古屋、愛知のでらうまラーメンブログ

麺坊の名古屋、愛知のでらうまラーメンブログ

名古屋に来たら食べておくべきご当地ラーメンやでらうまなラーメンをご紹介します。愛知県生まれ愛知県育ちでラーメンをこよなく愛する麺坊が、愛知県内に1800軒以上あるラーメン店のレビュー記事を独断と偏見で日々綴っております。


テーマ:

【担々麺  四川  港区】





港区にある四川さんに行ってきました(´▽`)





こちらは地元で人気の日本人経営の中華料理屋さんで、お昼時は満席で賑わっています。


なおカウンター席や小テーブル席はなく、円卓を相席するスタイルです^^;



さて、ランチメニューは3種類ほど用意されてますが、今回はグランドメニューを見て


担々麺小(700円)


麻婆豆腐小(850円)


をオーダー♪



実際周りを見渡すと8割のお客さんは担々麺とライスを注文しています。


また、担々麺をオーダーしている方は、女性客も含め全員がライスをオーダーしてますが、その理由は後で分かりました^^;


なお、ラーメンはどれも大中小と3サイズ用意してありますが、小が普通の麺1玉で中だと1.5玉のようです。



しばし待ち



着丼!






こ、これは見るからにスパイシー!


というより担々麺のごまペーストのクリーム色が一切見当たらず、さながら灼熱の血の池地獄のような赤みです^^;


店内では麺をすすってしまったお客さんのむせる咳の音がひっきりなしに聞こえることから、相当なヤパさの辛さであることは間違いありません。


いつもならスープからテイスティングしてますが、身の危険を感じましたので今回はやめました^^;



まずは他のお客さんにならって、


天地返しからです。





そして、四角いストレート麺をすすらないように慎重に口の中まで運びます。




すると、、、


来ました!


予想をはるかに超える辛さです!


味仙の台湾ラーメンの辛さを余裕で超えてます!


今まで食べてきたどの担々麺より辛いです!!


というより一般的な担々麺と思って食べたらヤラレると思います^^;



ここで、なぜ女性客も全員がライスをオーダーし、しかも軽々と完食しているのかが分かりました。


ご飯の甘味で辛さを中和しながら食べているのです。



そんな中管理人が頼んだのは、ご飯でなく麻婆豆腐Orz





試しに食べて見るともう舌が痺れて麻痺してきます。(泣)



さて、担々麺のレビューですが、辛味は相当強いものの旨さもあり、超ギリギリですが旨辛の範囲内です。


辛さの後に感じるのはピリリとした山椒の痺れです。


2~3口食べると全身の毛穴が開き、汗が吹き出します。


汗だけでなく涙も鼻水もとめどなく溢れてきます。



ここで普段なら食事中には一切飲まない水を飲んで舌をクールダウンさせます。


そして再度冷静に食べて見ると、辛さ、痺れの次にほどよく加減された塩気を感じます。


さらにこの旨味を作っている何かがあるはずですが、管理人の舌はすでに麻痺して、頭は思考停止状態で、それが何かは分かりませんでした。


申し訳ないです。


ただ、管理人を含め、老若男女すべてのお客さんが何かに取り憑かれたように必死に手を動かし食べ続けてしまっていることから、何らかのヤミツキ要素があると思います。



隣の初老の男性は、何度もむせ、汗をぬぐい、


「辛い、辛い」


と言いながら、麺を完食した後もスープをレンゲですくって飲んでいます。


そして連れの女性に対して


「何でこんなに辛いのに止まらないんだろう」


なんて話しています。



この担々麺にはモヤシがトッピングされてますが、あの白っぽい半透明のモヤシが今は真っ赤に染め上げられています。


しかしこのモヤシが救世主のごとく美味しく感じます。


モヤシもそこそこ載ってましたが、気づかない間になくなっていました(笑)



あとはチャーシューもデフォで3枚入ってます。




このチャーシューは中華料理屋さんらしい八角と塩気を効かせた仕上がりで、モヤシ同様、辛さと痺れの中で貴重なオアシスのように感じました♪



最後食後の感想です。


担々麺も麻婆豆腐もラー油ドバドバで後で胸焼けするかと思いきや、そんなことはありませんでした。


このことから油や素材の質が良いことが推測できます。


また担々麺と麻婆豆腐みたいな自らの首を絞めるドMな組み合わせでなく、担々麺とご飯ならまた違った世界が広がっていたと思います。


ただ、やはり慣れない辛さのためか食後、5時間経過した辺りでお腹が痛くなりました。


より正確に言うと、小腸さんの辺りから熱を感じるのです。


きっと今は腸壁が食べていた時の舌と同じような状態になっているのかもしれません^^;



こうやって内臓全体が麻痺したのか食後7時間経過しても空腹感は全く感じませんでした。


とこのように書くと良かったのか、悪かったのか伝わりづらいですよね。


正直心のどこかで今度担々麺と一緒にご飯を注文してリピしたいと思っている自分がいます。



しかし個人的には味ではなく別の理由でリピをためらっています。


これはネガティブな話になりますので、質問があれば、ここではなくコメントにて書きます。


まずはいったんここで



ごちそうさまでした♪( ´▽`)









------------------------------------

四川

名古屋市港区港楽1-1-5 

港楽ハイツ5号棟1F

052-653-6322

 [月~金] 11:00~14:30 (L.O. 14:00) 

17:00~21:30 (L.O. 21:00) 

[日・祝] 11:00~14:30 (L.O. 14:00) 

17:00~21:30 (L.O. 21:00)

木、第3水曜定休

-------------------------------------




テーマ:

【豚だしラーメン  ふじ門製麺  奈良県奈良市】





奈良県奈良市にあるふじ門製麺さんに行ってきました(´▽`)




気のせいかもしれませんが、奈良県にある人気ラーメン店はなぜか


昼のみの短時間営業


カウンター席のみの小さな店舗


が多い気がします。


長時間労働で過酷なラーメン店の世界では、労働コスト、家賃などを減らせる上記の条件はかなり理想的だとは思います。


ただし、その短時間営業で普通のお店が夜も営業している分を稼ぎ出さないといけないわけですので、必然的に人気店であることが条件になります。



さて、ふじ門さんは食券機はなく、席にかけてテーブルでオーダーします。





メニューを見ると、ラーメンは


魚だしor豚だし


の2種のみのシンプルメニュー。


これもこだわりと自信がある人気店ならではです。


そして麺は細麺の中太麺の2種類ですが、

魚だしは細麺

豚だしは中太麺

が店主の鉄板のオススメのようですので、実質的にメニューは2択です。


今回は


豚だし中太麺(750円)


をオーダー♪



しばし待ち



着丼!





ブレンダーで細かく泡だてられたクリーミィー豚骨はもう奈良県人気ラーメンの定番のように感じます^ ^





まずはスープをテイスティング。


うん、美味しいです♪


少し優しい味わいですが、このクリーミィーな豚骨テイストは飽きがこないです。


そしてパンチを抑えている分、スープは美味しく飲むことができます^ ^





続いて店主こだわりの中太麺をすすります。


おっ、これはニュル柔です。


文字通りニュルッとすすれて、柔らかな食感です。


よくニュルッとする麺は噛んでいるとニュグニュグするものもありますが、こちらの麺はそういうタイプではないです。





今度はチャーシューです。


八角を効かせた醤油テイストもしっかりと染み込んで美味しいです♪


それに脂身あるもくどくないのが良いです。



さらに煮卵を食べます。


煮卵も味が染みてて美味しいです♪



最後総評です。


全体的には優しく柔らかな印象で、女性にもウケるタイプの美味しい一杯だと感じます。


それにチャーシュー、煮卵にもしっかりと手を加え自分好みの仕上がりなのが良かったです。^ ^


機会があれば魚だしラーメンも味わってみたいと思いました。



ごちそうさまでした♪( ´▽`)







------------------------------------

ふじ門製麺

奈良県奈良市馬場町11 

10:50~14:00

日曜定休

-------------------------------------



テーマ:

【ヤマトブラック  麺人ばろむ庵  奈良県奈良市】





奈良県奈良市にある麺人ばろむ庵さんに行ってきました(´▽`)






ばろむ庵さんは


昼のみの営業

短時間営業(席数12)でも利益が取れる


キッチン広く店舗キレイ

従業員のES高い


メニュー数少ない

こだわりと自信


と管理人の個人的偏見に基づくアタリ店の予感がします。


実際平日でもオープン直後からどんどんお客さんが入ってきます。





さて、店内入ってすぐ右手の食券機にお金を入れます。


メニューは新中華そば、ヤマトブラック、まぜそばの3種で大盛1.5玉も同額というありがたい設定です。(まぜそばはデフォで1.5玉設定)


今回はニンニク唐辛子油、イカ墨入りたまり醤油テイストとユニークな


ヤマトブラック(850円)


をチョイス♪



しばし待ち



着丼!





ふんだんに散りばめられたガーリックチップが漢気を煽ります(笑)






スープを早速テイスティング。


まず正直イカ墨っぽさ、たまり醤油の和麺っぽさはあまり感じません。


奈良県特有のやみつき感ある塩気の効いた豚骨スープとパスタのアーリオオーリオ(唐辛子とニンニクをオリーブオイルで炒めたもの)をミックスしたようなパンチのあるテイストです。


特にニンニクチップを食べると、スープのピリ辛さもあって、アーリオオーリオ感が一層強くなります。





続いて長方形の胚芽入りの麺をすすります。


おっ、これは硬めに茹でられ食感も良く、ほのかな胚芽テイストがスープにもマッチして美味しいです♪





今度はチャーシューです。


チャーシューは脂身が多め、塩気少なめ、と残念ながら管理人の個人的好みからは外れてしまいました^^;





さらにメンマを食べます。


メンマはシャキシャキの繊維感があって良い感じです。


ただ、個人的にはせっかくイカ墨を使っているのだからトッピングもイカにしたら良さそうなのにな、と空想してしまいました(笑)



最後総評です。


全体的に言えばオリジナリティあり、パンチも効いてて悪くはないのですが、


イカ墨っぽさをあまり感じずそのメリットがいまいちピンとこなかったこと(もしかしたらもう少しパスタ方向に振り切れていても良かったのかも)


チャーシューが好みでなかったこと


が個人的にはマイナス要因でした^^;



ちなみにパスタ方向に振り切れたラーメンとして美味しく個人的な好みにも合うのは名古屋の荒畑にあるイタリアンラーメン十夢(トム)さんです^ ^



ごちそうさまでした♪( ´▽`)





追伸

席はカウンターのみですが、テーブルの幅が前に広く、窮屈さを感じなかったのは良かったです^ ^






------------------------------------

麺人ばろむ庵

奈良県奈良市杉ヶ町27 山本ビル

10:30~14:30

月曜定休

-------------------------------------



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス