トライアスロンバイク CEEPO KATANA を納車しました。 | CozyBicycleのブログ

CozyBicycleのブログ

兵庫県川西市に2014年12月11日店舗がオープンしたスポーツバイク専門店です。


テーマ:

先日、日本のトライアスロンバイクブランド

 

「CEEPO」(シーポ)の「KATANA」(カタナ)を納車しました。

 

CEEPO KATANA TRIAHLON BIKE シーポ カタナ トライアスロン バイク

CEEPO KATANA フレームセット

税込定価¥453,600

 

CEEPO KATANA TRIAHLON BIKE COLOR ORDER シーポ カタナ トライアスロン バイク カラーオーダー

「宮古島用」として今回トライアスロンバイクを新調されました。

 

しかも

 

特別カラーの「KATANA」です。

(CEEPOはアップチャージでカラーオーダーが可能です。)

 

ボディカラーの「マットブラック」と「ブルーロゴ」はお客様のご希望で、

 

ホイールのカスタムデカール(CRATER LAKE BLUE=クレーターレークブルー)に合わせてロゴもカラーオーダーしました。

 

CEEPO KATANA TRIAHLON BIKE FRONT BACK シーポ カタナ トライアスロン バイク 前 後

「CEEPO KATANA」はトライアスロンバイクらしく、元来薄く細い車体ですが、「エアロダイナミクス」を考えて極力シンプルにパーツをアッセンブルしました。

(フレームはお客様ご指名で、パーツは当店に全てお任せいただきました。)

 

 

ROLFPRIMA ROLF PRIMA WHEEL ARES 4 6 4/6 TUBELESS READY custom decal crater lake blue ロルフプリマ アレス チューブレスレディー カスタムデカール クレイターレイクブルー

ホイールは「Rolf Prima ARES 4/6」です。

 

最新型のARESで、フロントが42mm、リアが60mmです。

 

お客様の体重や出力を考えて前後のリムハイトを変えています。

 

「Rolf Prima」はオーダー時にこういう選択も可能です。

 

ROLFPRIMA ROLF PRIMA WHEEL ARES EOS 4 6 4/6 Enduro XD-15 ceramic bearing ロルフプリマ アレス イオス セラミックベアリング

実はこの「ARES 4/6」、中身は上位グレードの「EOS」にアップグレードされているスペシャルホイールです。

 

ブラックアーマーコートを施されたハブには「Enduro XD-15 セラミック ベアリング」が圧入されています。

(フリーボディーにも使われているのは初めて見ました。)

 

良く回る訳だ。

 

ROLFPRIMA ROLF PRIMA WHEEL ARES 4 6 4/6 TUBELESS READY TIRE ロルフプリマ アレス チューブレスレディー タイヤ

「転がり抵抗」が少ない「チューブレスタイヤ」をチョイスしました。

(宮古島の150kmでは絶対に有利のはず。)

 

ROLFPRIMA ROLF PRIMA WHEEL ARES 4 6 4/6 TUBELESS READY VALVE Extender ロルフプリマ アレス チューブレスレディー 延長バルブ バルブエクステンダー

前後リムハイトが異なるホイールではチューブレスバルブも2種類用意が必要となります。

 

ROTOR ALDHU DM Q-RING CRANK ローター アルデュー ダイレクトマウント クランク

Q-RINGの「ROTOR ALDHU」と、「Carbon Dry Japan Big Pully Kit V3+」は外せません。

 

TRIAHLON PROFILE DESIGN SVET R SONIC/ERGO/45/25a BASEBAR AEROBAR トライアスロン プロファイルデザイン ベースバー スヴェット ベースバー ソニック エアバー

ベースバーは「PROFILE DESIGN SVET R」、

 

DHバーは「PROFILE DESIGN SONIC/ERGO/45/25a」と「J2 ブラケットキット」の組み合わせ。

 

「SHAKES PISTORA」は奇跡的にカラーがマッチング。

 

SHIMNO EW-RS910 TRIAHLON BIKE AEROBAR DHバー ジャンクション トライアスロン バイク

コンポ類は「R9150 Dura Ace」です。

 

Di2ジャンクションの「EW-RS910」は、DHハンドルのエンド部に配置しました。

 

CEEPO KATANA TRIAHLON BIKE assembly assemble シーポ カタナ トライアスロン バイク 組み立て

リアブレーキワイヤーはフルアウター仕様なのでDi2コードもそれぞれ「ウレタンチューブ」に通して「カタカタ音」を消しています。

 

尚、ペダルとボトルゲージ込みの完成車重量は8.4kgでした。

 

ロング用のトライアスロンバイクにしては

 

「CEEPO KATANA」って

 

軽量級なのですね。

 

お客様に走り込んでいただいて、ハンドル高やステム長(現在は仮ステム)等のポジションを徐々に修正させていただく予定です。

 

出し惜しみなく、

 

今、私ができることは全て注ぎ込んで組ませていただいた1台です。

 

ロードバイクとはまた違った事を色々考えながら組む必要があるので、

 

トライアスロンバイクを組ませていただけるのは

 

かなり楽しいっすよ!!

 

CozyBicycleさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります