TIME CAPSULE  

TIME CAPSULE  

映画プロデューサーの戯言

Amebaでブログを始めよう!

BMW i3

電気自動車です。この車、完全にエコロジーを狙って設計されていて

排気ガスゼロの電気だし、電気で170psはそこそこの力だし、

走りはトリッキーでラジコンに乗っている様。

内装は再生プラスチックだし地球には優しい。んが、しかし、

ドライバーや同乗者には厳しい設計です。

170psの電気動力が切れた時に切り替わるエンジンはなんと2気筒で、

電気とはうって変わってえらいうるさい。

観音開きのドアの後部座席は乗り降りが不便で、

前方のドアを開けなければ後ろが開けられない。

半ば軟禁状態。しかも、内側にしか開閉ドアノブがないので

手を挟む可能性もあるので危険。

後部座席のウインドウも開かない。内装は軽量化なのか?

再生プラスチックにしか見えないから、

おそらく再生プラスチックだと思うが,

見るからに安っぽく助手席のダッシュボードにおいては

まな板が乗っかっている様だ。

後部座席はリクライニング無し、巡行距離も電気約100キロ

エンジン約100キロしか走らない。

充電は通常の30分かかる。

サスペンションはこれがBMWかと思う程、高速や長距離に弱く

昭和の軽自動車の様にピョンピョンガタガタと揺れる。

荷物用のフックやシートのバリエーションも乏しく

街乗り用に開発されたのかどうかは判らないが、

到底この車に600万円近い価値は見えない。

どう考えても頷けません。

改善の余地だらけの車でした。