自由が丘クーゲ ブログ

自由が丘クーゲ ブログ

このブログは、自由が丘2丁目にあるCOUGUE(クーゲ)のジュエリーを作る主要メンバーのKOKI、マーサ、ローラン、BOSkoの4人+1匹が、ジュエリー作りを通した日々の生活と、クーゲスタイルについて綴っています。

面と向かってはなかなか言えない「ありがとう」の感謝の気持ちを
純白のパールに込めて、クーゲの”きっと毎日着けたくなる”パールアイテムを
「母の日限定」お買い得プライスでご用意しました。

貴方の最高の笑顔が見たくて・・

 

ステキなミドルエイジのお母様へ贈り物

クーゲが日常時間に毎日でも着けられて、しっとりと大人の上品さが漂うアイテムを取りそろえました。「母の日限定」の特別なパールネックレスのギフトセットです。

ネックレスは黒のベルベットケースに入れてリボン掛けのラッピングでお届けします。
バッグの中で重宝するネックレスを入れる高級スエード調のネックレスポーチもお付けします。「いつもありがとう!」のカードも一緒に。

 

 

多くのお母様たちの正直な声・・そして本当に欲しいもの
40代~70代と、とても幅広い年代のお客さまが多く訪れる自由が丘クーゲの店頭でよく聞かれるお客様のご要望は、パッと華やかで若々しく見えてインパクトのある個性的なジュエリー!と希望される方が約2割、あまり目立ちたくないの・・顔回りがすっきり見えて、年齢なりの高級感があって・・品が良く見えるもの・・と「本物」で派手すぎない物を望まれる方が断然多くて約8割です。

日本女性は現在でも大多数の方が慎ましやかで、派手で目立つことを避けたいと思い、でも大人世代なので本物を着けて高級感や上品さは大事にしたいというご希望なのですね。

納得です。

 

 

ホワイトのパールネックレスは決して珍しいものではなく、昨日今日出現したものでもありませんね。大人の女性の多くはすでに持っている、という方が多いと思います。

そのホワイトのパールを、自分らしくカジュアルに、好感度良く上品に着けこなす方法とは?


持っている自前の礼装用のパールを着けても何かしっくりこない・

ちっとも決まらない・・と多くの方が実感されています。

なぜでしょう?
それは、粒が立派に揃いすぎた礼装用のかっちりとしたパールのネックレスは、保守的で堅いイメージが付きまとい、なかなかカジュアルダウンには向かないという性質があるからでしょう。

その点、丸いシェイプでも少―し温かみのある緩い曲線のセミラウンドのパールネックレスになると途端にカジュアルな柔らかさやソフトなイメージが漂う、「上品だけどソフトでカジュアル」な表情が生まれるんです。

 

「母の日ギフトセット」に選んだのはステーションネックレス

ホワイトの直径7~7.5ミリのセミラウンドシェイプの天然淡水パールを、絹糸のように軽くしなやかな極細コードでつなげたステーションネックレスは、高級品を扱う通販カタログ2誌で既に2年以上、3千本を超えるロングセラーを続けているクーゲオリジナルのヒット商品です。

その特長は、何と言っても「軽さ」にあります。着けていることを忘れてしまう空気のような、無重力感は首や肩に一切負担を感じることがないと大好評です。

 

 

その軽さは、重量だけでなく見た目にも、さりげなくナチュラルな印象が、普段着の(と言っても良質な)Tシャツやカットソー、デニムやコットンシャツにもすっと馴染んで、ただの普段着とは言えない、ときめくおしゃれスパイスとなって、“さりげないけれど、何かがどこかステキな方だなあ・・”という印象をかもし出してくれるはずです。


パールを繋いでいる極細のコードは、数々の実験で相当な力に耐える強靭さを証明している化学繊維製です。(注意:引っ張る力には強くても、刃物を用いれば簡単に切れてしまいます)

ジュエリー全般、すべての素材に共通して言えることですが、たとえそれが強い素材でできていても、注意深く繊細な取り扱いをしてあげることが長く美しい状態で使い続けられる大事なことです。

ステーションネックレスを見る

 

小旅行にも公園にもスタバにも、パールのネックレスでGood!の風向き

海外旅行などの本格的な長距離旅行だけでなく、日常のちょっとしたお出かけにもパールのネックレスを“カジュアルに”“さりげなく”自分なりにこなして身に着けるお洒落が定着してきましたね。

 

 

昭和平成世代の方々は、お出かけのための“よそいき”の服と“ふだん着”の服の区別がきっちりとありましたが、今は、ONとOFFの服装に差が少なくなってきて、日々のプライベートな時間の中のお洒落やコーディネートの上質感が当たり前になり、どんなシーンであっても自分らしいスタイルを貫く気分がありますね。


外出の際も、かっちりとドレスアップせず、上質な素材だけれど肩の力の抜けたカジュアルスタイルこそがおしゃれさん、という感覚が主流になってきたように感じます。
それにつれてパールのアイテムもカジュアルに使いこなせるバリエーションが生まれています。

 

時に応じてバッグに用意しておくジュエリー


会う人によってはジュエリーをはずしてバッグの中のポケットにそっとしまう、とか、昼間の職場から夕方のお食事会へ移動の時にバッグからジュエリーを取り出してサッと着ける、とか、特にお仕事をしている女性の“あるある”ですね!
しかし、そういう行動が一番、大事なジュエリーを失くしてしまう要注意!の時でもあります。

 

ここでご提案する「母の日」セットには、ネックレスにはしなやかな手ざわりのスエード調ネックレスポーチ、イヤリング・ピアスにはイヤリングやリングなどをしまっておける超軽量コンパクトなジュエリーケースをセットいたしました。

大切なジュエリーを失くさないだけでなく、ケースに入れて保護してあげることは繊細なジュエリーにはとても大事なことでもあります。

 

心まで弾む、揺れるパールイヤリング

「揺れるパールイヤリングなんて・・20代の若い人のものでしょ。」

今まで一度も着けたことがない、、」

とおっしゃるお母様のために、長さをおさえて控えめに仕上げた、愛らしく揺れるホワイトパールのイヤリングをお作りしました。

これならば、やや保守的な職場でお仕事のお母様にも、控えめな服装が求められる場にも

大丈夫だと思います。

一度お顔のサイドに揺れるイヤリングを試されてみると・・
気持ちが弾んで、もうちょっとアイメイクでも頑張ってみようかしら、、

という意欲が出てきたりしますよ。
コロナが長引き行動も制限され、つい気分も内向きになりがちな昨今ですが、

自分で自分に元気を生み出す工夫をしないと毎日がもったいないですね。


小さなイヤリングひとつで思いのほかハッピーになれる女性の心を大事にしたいです。

ゆれるチェーンピアスを見る

 

これはアコヤパールではありませんが、
アコヤをしのぐ白雪色の魅力、ラブリーな形の一点です

クーゲのバイヤーは一年に5~7回、海外の養殖業と直結している大卸業者まで出向き、仕入となるとそれはもう・・パールの山、、山、、山!

というような膨大なパールの量に数日にわたって取り組んで選別を行うのですが、そんな中で、ほんのたまに、バイヤーがほれ込むような内側からにじみ出てくるチャームを放っているパール素材との出会いがあるものなのです。

 

この【Cynthia(シンシア)】(月の女神の涙のようだったので、そう名づけた)パールがそれです。惚れ込んだバイヤーがそこにあったすべてを独り占めに買い占めてきました。

ホワイト、と言っても何かほのかな透明感を感じ、色と感じない程度のブルー味があります。

シェイプは、かすかにタテ長の丸で、そこがカジュアルファッションに無理なく溶け込んでしまう感性の感じられるところなのです。

何十万円、何百万円のパールを愛用されているお客様からも、

これ、なんだかこなれているしカワイイから、つい手が伸びて着けちゃうわね、すごく好き。』と愛されるおすすめの品です。

Cynthia(シンシア)をみる

 

大切に販売しているストックの中から、「母の日」のために15本限定でご用意いたしました。

ぜひ、クーゲオンラインショップ「母の日ギフトセット」特集ページをご覧ください。

 

COUGUE Staff  Riku

 

 

自由が丘クーゲ

■ オンラインショップ

 http://www.cougue.com/

■ 来店予約フォーム

 https://docs.google.com/forms/

■ 来店予約 03-5729-0521

自由が丘クーゲ本店では、毎週、木・金・土曜日にて来店予約を承っております。3日後からの予約を承ります。お急ぎの場合は、直接お電話にてご予約ください。ご来店をお待ちしております。

 

「カジュアル」「モード」の気分を一振りしてくれる!

 


大人の女性が「Tシャツにジーンズ」「さらっとシャツとスカート姿」こんな定番カジュアルスタイルで鏡の前に立つときに「・・なんだか決まらない」「いまいちパッとしない」って感じることありませんか。

 


そんな時、大人の女性には上質なジュエリーアイテムが効果的で、今回ご紹介する「揺れるパールピアス」は、普段の着なれたコーディネートに「旬」で「遊び心」のある気分を一振りしてくれて、心もうき立ってくるアイテムといえるでしょう。

 

 

若い子だけのアイテムではありません

 


パールが2粒、4粒、6粒と連なって耳元でユラユラ揺れるパールピアスが人気です。
新しい形というわけではないですが、ここ1~2年とっても新鮮!です。着けている人自身がイキイキとフレッシュに見える感じがします。



20代や30代の女性はカジュアルなデニムやTシャツスタイルから、おしゃれをしてお出掛けするファッションまで自由自在に付けこなしていますね。


40代、50代以上の女性にもとても素敵にマッチする「揺れるパールピアス」を毎日のコーディネートに取り入れて、若々しさのある着こなしのエッセンスにしてください。

 

 

40代、50代の大人の「揺れるパールピアス」の付け方2つのポイント

 


長さとパール数の選び方は?
・首の細長い方は約8~8.5cmのロングピアスにもチャレンジしてみてください。
・檸檬体系の方は3~4cmぐらいのパールが2~3粒のものがマッチすると思います。
・丸顔でネックまわりにだんだん自身がなくなって・・という方は、2粒タイプの7cmくらいまでのタイプを付けるとフェイスラインがスッキリして見える効果があります。
 
ここで気を付けたい、お洋服選びも重要!
・襟高があってパールピアスとぶつかってしまうのはNG。できれば襟のないお洋服を。
・ガチガチのコンサバ服で「よそ行き感」のあるお洋服と合わせるのはちょっと違和感。

 

シンプルすぎるほどのワンピースや、ジーンズにTシャツ、にこの揺れるピアスだけを1つアクセントにする、という着こなしは若い方でも大人世代でも失敗なしのカッコいい取り入れ方だと思います。

ぜひ、クーゲオンラインショップ揺れるパールピアスをご覧ください。

 

COUGUE Staff  Riku

 

 

自由が丘クーゲ

■ オンラインショップ

 http://www.cougue.com/

■ 来店予約フォーム

 https://docs.google.com/forms/

■ 来店予約 03-5729-0521

自由が丘クーゲ本店では、毎週、木・金・土曜日にて来店予約を承っております。3日後からの予約を承ります。お急ぎの場合は、直接お電話にてご予約ください。ご来店をお待ちしております。

「白いパールのネックレス」とひとくちに言っても、真珠が育つ母貝や、海や湖の養殖地の違いで様々な種類や特徴や価格の違いがあります。

 

冠婚葬祭の場で、近年たびたび目にする非常にクラス感あふれる10mm以上の大粒の「南洋白蝶パール」について、もっと詳しく知りたい、という方のために、今日は少しお話しさせていただきます。

南洋白蝶は南半球の温かい海水の中、白蝶貝という貝を母貝にして養殖される、概ね10mmを超える大粒パールの事を言います。

 

他の「あこやパール」や「淡水パール」とどこが違うのか?と言うと、端的に申し上げると、南洋白蝶パールは大粒で存在感があり、パールそのものが持っているテリや風合いツヤに、独特の高級感と宝飾品らしい深みや風情があるということに尽きます。

幻想的とも感じられる柔らかく温かみのあるホワイト色のテリツヤの美しさや、まったりとしたエレガントな手ざわりは、豊かさの象徴のようでもあり、成熟した年代のマダムの心を、昔も今もとらえて離さない魅力があります。

 

ラグジュアリーなスタイルの仕上げをパールで完成させたいと思っている方、素肌でパールの贅沢さを感じたいというジュエリー感性をお持ちの方にはぜひ一度南洋白蝶パールの豪華な肌ざわりを試していただきたいです。

白蝶真珠、あこや真珠、淡水真珠、この他、自由が丘クーゲではすべてのパールを扱っており、3種類のパールは、個性も長所も価格もそれぞれ違い、着けていく目的や場所、合わせる服や気分によって「最適さ」もコーディネートも少しずつ違いがあります。

パールを布地に例えるなら、淡水パールは清々しく丈夫なコットンシルク、あこやパールはおごそかで上等な絹、そして、この南洋白蝶パールは、この上なく上品なミルク色の高級カシミア、というような風合いや個性の違いがあるように感じます。

長い間、南洋白蝶パールのネックレスは最低でも50万円〜100万円以上という価格が相場でしたので、なかなか身近な存在とは言えなかったのですが、この15年ほどで徐々に価格もこなれてきて、高かった時代の1/3くらいで手に入るものもあります。

 

日常のカジュアルシーンに一点!効果的なアクセントとして上手に取り入れられる方も増えてきました。

ただいまクーゲでは、今年浜揚げされた物の中から厳選し、品質、価格のバランスの良い白蝶パールが入っているベストシーズンです。

クーゲオンラインショップでは数量限定で「南洋白蝶パールネックレス」を販売中です。また、お試しだけでも自由が丘クーゲ本店へどうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

COUGUE Staff  Riku

 

 

自由が丘クーゲ

■ オンラインショップ

 http://www.cougue.com/

■ 来店予約フォーム

 https://docs.google.com/forms/

■ 来店予約 03-5729-0521

自由が丘クーゲ本店では、毎週、木・金・土曜日にて来店予約を承っております。3日後からの予約を承ります。お急ぎの場合は、直接お電話にてご予約ください。ご来店をお待ちしております。