Avail staffblog.

株式会社アベイルです。
当ブログでは弊社のスタッフが
製品情報や製品を使用した釣果等をお届けいたします。


テーマ:
 
 
こんにちは!
 
 
前回のマグネットブレーキ原理編の続きで、今回はセッティングの例を紹介したいと思います( ̄^ ̄)ゞ
 
 
 
 
私は、アブガルシアのリールを4台(旧エリート、旧IB、旧LT、旧LTX)を所有していますが今回紹介するのはLTとLTXの2台ですドンッドンッ
 
 
まずは・・・・・・・・・
 
 
 
 
LTのセッティング例ですビックリマーク
 
 
LTにはMicrocast Spool RVLTX32RRを装着しています。
 
このスプールはベイトフィネス用に開発されたものですが、LTX21Rよりはラインキャパシティが多く、実際に私が巻いて測ってみると13lbのフロロカーボンで40m巻くことができました。
 
私は、この少し多めのラインキャパシティを活かしてパワーベイトフィネス~ミドルウェイトの撃ち物や巻物まで幅広いルアーを扱っていますグッ
 
 
これだけ幅広いルアーを扱うとなると、それに対応したブレーキの幅広い調節幅が必要になります。
 
そこで、試行錯誤した結果このようなマグネットの配置が最適な位置だということがわかりました照れ
 
 
 
 
厚さ2mmのマグネットを3連で配置、真ん中のマグネットと対面した位置に厚さ1.5mmのマグネットを一つ配置。
 
 
このマグネット配置で、風やルアーのウェイトに応じてダイヤルで調節すればほとんどのルアーに対応することが出来ますグラサン
 
しかし、若干のピーキーさを残しているのでサミングをサボる、もしくはスプールの初期回転速度が急激に上がる様なキャストをするとバックラッシュしてしまうので要注意です爆弾爆弾
 
 
 
 
次に・・・・・・・・・
 
 
 
 
LTXのセッティング例ですビックリマーク
 
 
このリールにはMicrocast Spool RVLTX21Rを搭載しています。
 
ラインキャパシティは10lbのフロロカーボンで実測40m巻くことが出来ますが、ストレス無く使うのであれば35m程度で止めておく方が使いやすいです。(ハンドル43~45回転で35mでした)
 
このリールは7.9:1というハイギアを搭載しているので約20m以内での手返し重視の釣りに使用しています。
 
20m以内だと必然的にピッチングやショートキャストなど、そこまでブレーキが必要ではない状況が多いのでマグネットの数は、こんな感じになりました照れ
 
 
 
 
 
厚さ1.5mmのマグネットが2枚だけですびっくり
 
 
正直、ここまで数を減らすと通常のキャスティングには対応しきれませんショボーン
 
超絶じゃじゃ馬リールです
 
 
ですが、ピッチングやショートキャストなど、スプールの回転速度が常に低回転な場合はとても軽快なキャストができるようになりますニヤリ
 
もちろん、サミングは必須です!!
 
 
以上が私のマグネットブレーキのセッティングですがあくまでも1例です。
 
キャスティングの癖技量など個人で違いますので、自分に合ったブレーキのセッティングを見つけ出してみてください( ̄^ ̄)ゞ
 
 
 
スタッフ 長尾
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:
 
こんにちは!
 
良くお問い合わせをいただく、マグネットブレーキのセッティングの基礎と例を紹介していきたいと思いますニコニコ
 
 
まず、マグネットブレーキはどのようにブレーキをかけているのか!?
 
 
マグネットブレーキは、磁石の磁力を利用してブレーキをかけていると思われがちですが、実は全く違う原理でブレーキをかけていますあせる
 
 
 
少し難しいお話になりますが簡単に説明すると・・・・・・・・・
 
 
磁石の磁界の中をブレーキディスクが移動することによって渦電流が発生します。
 
 
この渦電流が発生する際にスプールの回転方向とは逆方向に抵抗が発生してブレーキがかかるという仕組みなんです!!
 
 
 
そして、マグネットブレーキで1番誤解されているのが・・・・・・・・・
 
 
ブレーキ力が常に一定と言われている部分です!
 
渦電流はスプールの回転速度が上がるにつれ強くなり、それに比例して抵抗も大きくなります。
 
なのでブレーキ力は、スプールの回転速度に比例して変化しているので、本当は一定のブレーキではなく、回転速度に比例したブレーキがかかっているんですグラサン
 
 
 
 
次に、磁石の距離でブレーキの強さが変化する原理について音譜
 
 
磁石はN極からS極に磁界が流れています。
 
その流れている磁界の線(道しるべ?)を磁力線と言います。
 
 
 
(イメージ画像)
 
 
このイメージ画像のように磁界が作られており、磁力線はN極からS極に向かって伸びています。
 
 
磁力線を束にしたものを磁束線と言い、ブレーキディスクに当たる磁束線(磁束)の本数が多ければ多いほど、大きい渦電流が発生します。
 
そして、先に説明したように、それに比例して大きなブレーキ力がかかるという仕組みになっているんです音譜
 
 
簡単に説明しても難しい内容になってしまいました・・・・・・笑い泣き
 
 
次はマグネットブレーキのセッティング例を紹介したいと思います!!
 
主に私が使用しているアブ系のマグネットブレーキのセッティング例になりますので、参考にしていただければと思います目目
 
 
スタッフ長尾
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

7月8日、9日に琵琶湖で行われた
トップウォーターの集い2017
に運営スタッフとして参加してきました。

 

主催者のロッキーさんが集めたハンドメイドビルダーさんの

釣り親睦会とでも言いましょうか、初日は飲み会からスタート!

 

ご参加頂いたブランドは…

鮎釣り名人小川さん

アカシブランドさん

イソノファクトリーさん

エスカさん

オウルジーンズさん

ガウラクラフトさん

クローラーさん

サウスハンドさん

ストックルアーズさん

2toneさん

津波ルアーズさん

トップブリッジさん

BPベイトさん

ブライトリバーさん
四つ葉ルアーズさん

ラッキーウォーカーさん

レスイズモアさん

(五十音順)

 

運営スタッフは

ロッキーさん

イーナンバープロダクツさん

横山さん

Avail恩田

 

以上の豪華メンバー!

 

翌日の釣行を考えて夕方5時からの宴スタートでしたが、

終わったのは夜中の2時ww

翌日の釣りは各自スタートでしたが、
ほとんどの方が4時頃には宿を出発していました。

その辺り、さすがの一言です!

 

全てのメンバーが宿を出たのを確認後、

私たちスタッフも湖畔に向かいました。

 

この日の琵琶湖は、あまり反応が良くなかったようですが、

貴重な一匹を釣る事が出来ました。

ヒットルアーは、ラッキーウォーカーのポッパー

 

午前10時頃、琵琶湖大橋たもとの米プラザで集合して、

お昼ごはん&記念撮影をして無事に終了となりました。


このイベントをきっかけに、ビルダーさん同士のつながりが生まれ、

ユーザーさんに楽しんでもらえる企画が出来れば面白いなぁ。

スタッフ 恩田

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。