こんにちはウインク

健康玄米弁当のコーチャルです。


今日は、
お魚🐟
の、とくにのおはなし。



コーチャルで使用しているお魚は、もちろんすべて

安心国産の魚


ウインクウインクウインク


外国産の養殖魚には、わざわざ脂質の多い飼料を与え、脂がのった魚に育てているものが数多くあります。

また、種類が不明確な「白身魚」も、漂白されている危険があるため、一切使用しておりません。


国産のお魚は、筋肉質で身が締まり、脂も良質💮とってもヘルシーなのですラブ


ところで、お客様からこんなご質問が……


「コーチャルさんのお魚は、ほかのところと比べてが多い気がするんだけど、どうして??




本日はこの疑問に、お答えしたいと思いますm(*_ _)m





お魚離れの一原因とも言われている骨。

たしかに刺さると痛いですし、いちいちとるのもめんどくさい……ショボーン

ご年配の方やお子様は特に、ささる危険が心配ですよねガーン


昔は魚といえば骨はつきものでしたが、いつからか
骨無し魚
が主流になりました。


この「骨無し魚」は当初、老人の方や病人の方向けの業務用でしたが、「骨を気にしないで食べられる」ということで広まりはじめたようです。

骨無し魚の作り方は、

①冷凍魚を半解凍にする
②背骨などをナイフで削ぎとる
③残った小骨をピンセットで抜く

というシンプルなもの。

そして骨を抜きボロボロになってしまった魚の身を結着剤(食品添加物)で貼りあわせ、元通りの「魚の姿」にして販売していますガーンガーンガーンガーンガーン


また、これらの加工場は労働力の安いアジア諸国などに集中しており、手間はかかっていても安価で仕入れることが出来ます。ショボーン


解凍と再冷凍をくり返すため、ベタっとした食感になり、魚本来の風味も劣化してしまいます。
骨抜きのために化学薬品を使用しているという噂も……


骨がないからと言ってこれらを食べることが、決して「安全」でも「安心」でも無いことが、お分かりいただけるかと思いますえーん


コーチャルでは、骨無し魚は一切使用しておりませんラブラブ



骨が刺さってしまう心配や、お忙しい中骨をとって頂くことはとてもご面倒かと思いますが、コーチャルではこれからも安心のため国産魚🐟のお弁当をご提供してまいりたいと思います。


コーチャル社員一同、
骨のある人=骨のある弁当作り

をモットーに、これからも美味しいお弁当をお届けいたしますルンルン

(N)