ろびん(パピヨン)と一緒に暮らしたら

 ★好きな言葉★ 


   「ほんの少しの勇気が、より良い人生を、最高の人生にしてくれる」

 ★目指す生き方★ 


    「明日、死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」



  • 10Aug
    • お昼寝時間の画像

      お昼寝時間

      ご訪問ありがとうございます。梅雨も明け夏本番、あっつい!!です。ワンコも14歳になると、お昼寝時間が多くなってきますね。ろびんをふと見ると寝ていることが多くなってきました。子どもの頃の、部屋中を駆け回るやんちゃなろびんが懐かしいな~と、思いながらも、今日も元気でいてくれることに感謝の日々です。寝ている姿ひとつとってみても、元気だな!とか今日は優れないのかなとか、色んな気持ちが駆け巡ります。お腹を天井に向けて寝ている姿をみると、コヤツ安心しきってるな~!ヨシヨシ元気!と嬉しくなるし、伏せの状態で目を開けて、ジーっとしていると、どうしたのかな・・・と、心配になっちゃいます。気にし過ぎなんだと思うけど、ろびんの動作に一喜一憂してしまいます。横向けに寝ているときも、なんか安心。(自分が勝手にそう思ってるだけなんですが・・・汗)私が自宅で仕事をしているときも、ほとんどお昼寝しています。そんなろびんの傍に行って、寝顔をジ~~~~っと見るのが、癒しタイムです。夢を見てるのかな・・・・・楽しい夢だといいな★お昼寝ろびん2015年3月撮影2016年3月撮影現在のろびんです(2020年8月撮影)

  • 29Jul
    • ろびんのお留守番の画像

      ろびんのお留守番

      ご訪問ありがとうございます。私が仕事に行くときは、ろびんはお留守番です。(現在は、月の半分は在宅ワークです)リビングへの廊下を利用して、少し広めのお留守番スペースを設けています。廊下の突き当りにケージを置くことで仕切りになってます。私か子供がいるときは、ケージを横にずらして開放してます。お留守番のときは、こんな感じ(^^)ちょっと遠目から近づいて、トイレトレーを置いてるけど、この場所には全くしてくれません・・・(^-^;普段は、玄関からリビングに入るドアのところに、ペットシーツを数枚敷いてます。いつもはその場所で、おりこうさんにトイレをしてくれるのですが、お留守番のときは、ドアを閉めていくので、その場所ではできなくなります。お留守番のときは、ピンクのシーツの上にトイレをします。人間の赤ちゃん用の防水おねしょシーツなんですが、結構優れもので、床には浸透しないんです。(念のためピンクのシーツの下にペットシーツを敷いてます)2年位前までは、ペットシーツだけを敷いていたんですが、ある日、帰宅するとペットシーツが無残なことにビリビリ状態・・・。今まではこんなことなかったのに・・・なぜ?この日だけだったのかな・・・と、次の日ペットシーツを敷いて外出するふりをして5分後に覗いてみると、必死でガリガリやってました。次は、シーツが動かないように、四方をしっかりとガムテープで止めてみたけど、真ん中の柔らかい部分からガリガリやってくれちゃいます。これはダメだ・・・・と、トイレトレーを置いてみたけど、全然ダメ。見事にトレーをよけてオシッコしてます。トレーに敷いているシーツもガリガリやるので、メッシュスノコ付き(写真)のトイレトレーに変えてみても、もちろんダメでした。どうしたものかと考えた挙句、赤ちゃん用の防水シーツに落ち着きました。少々面倒なのが手洗いしなくちゃいけないこと。毎日のことなので、使い捨てをするにはお値段が・・・汗では、なぜトイレトレーを置いてるかってことですよね。それは、この場所にはオシッコをしてほしくないからです 笑シーツをはみ出して、柱のところにやっちまったよ、ろびんちゃん。一度しちゃうと、なぜかその場所がお気に入りになってしまうんですよね・・・。で、トイレトレーを置くことで、その場所ではしなくなり、と言うよりも出来なくなり、上手にシーツの上にしてくれるようになりました。ろびんが我が家にやって来てから数年間は、お留守番のときは、いつもケージに入れてたんです。今思えば、なんて可哀そうなことをしてたんだろう。お留守番の間、ずっとケージの狭い中で待ってたんですよね。私ってなんてことを・・・過ごせるスペースが限られているので快適なお留守番とは言えないかもしれないけれど、今の方が絶対にいいよ!と、思ってくれてるかな。

  • 10Jul
    • ろびんがやってきた!の画像

      ろびんがやってきた!

      ろびんが我家にやってきたのは、2006年(H18)3月のこと。ワンコを迎えよう!と決めてから、ペットショップを回ったり、ホームページを色々とチェックするものの、なかなか迎えるワンコが決まりませんでした。それから3ヶ月くらいが経過した頃だっかな・・・あるブリーダーさんのサイトに偶然辿りつき、ろびんに出会いました。どこをどのように経由して、そのサイトにきたのかも全く分からないんですけど、ホント偶然なんですよね。それも仕事中の昼休みに検索していたんですよね。お弁当を食べながら・・・(笑)最近生まれたワンコを紹介していたのですが、その生まれたワンコではなくて、誕生してから2ヶ月半の子が一人残っていたんです。ろびんの兄弟たちは新しい飼い主さんの元へ行ってしまい、ろびんだけは決まらなかったんでしょうね。でも、ろびんを見た瞬間、この子だ!!って思ってしまったんです。まさしくビビビッ!!ときちゃったんです。私と出会うために、待っててくれたんだね・・ありがとうそのときのろびんです。ブリーダーさんが紹介されていたときのサイトの写真です。もう、すぐにブリーダーさんに連絡を取りました。実は、そのブリーダーさんは愛知県に住まれている方で、ろびんは、ヤマト運輸だったか佐川急便だったか忘れちゃったけど、輸送トラックでやってきたんです。配送センターまで迎えに行って、事務所にいるドライバーさんに、「ワンコが届いていると思うんですけど」 と尋ねると、「分からないな・・・」なんて言われて焦ったことを覚えています。段ボールが積まれているところに、すっごく違和感があるものを発見!黄色の小さなフタ付きの買い物カゴがポツンと置かれているんです。ドライバーさんに、「あの中を見てください!!」フタを開けると、小っちゃなろびんがいました!ろびんとのご対面です。ってか、荷物扱いやん!と思ったけど、感動が勝っていたので、この後、どんな手続きをしたのかは、あんまり覚えてないんです (^^ゞ覚えているのは、配送センターを出てから、やたらに遠かった地下鉄の乗り場までの道中で、ろびんをカゴから出してやりトイレをさせたこと。小さく震えていたのを覚えています。家に着くと、当時小学校4年生の息子が首を長くして待っていました。ろびんと命名したのも息子です。カゴから出してやると、最初はジーっとその場に固まっていましたが、数分でトコトコ歩き出して、息子の横にちょこんと座ったのが、とても印象に残ってます。『これからよろしくね』ろびんと、息子と私の生活がスタートした日の出来事でした。そして、現在のろびん(2018年11月撮影)

  • 09Jul
    • ろびん日記スタート

      我家の愛犬、パピヨンのろびん。ろびんのことを書いていこう!突然思い立ったが吉日でブログを再開することにしました。以前は全く別のブログを書いていました。新しく一から始めようかな・・とも思ったのですが、アカウントだけは残していたので、このまま利用することにしました。ワンコの寿命は長くて20年と言われている中、我家のろびんは、現在14才と6ヶ月。この14年の中でも色々ありました。良いことばかりでなく、悩んだり辛かったこともあります。それでも、ワンコとの暮らしは、本当にかけがえのないもので、大切な大切な時間となっています。最近は、あと何年一緒に過ごせるんだろう・・・と、ついつい考えてしまいますが、まだまだ元気でいてくれると信じて、今日という日を笑顔で一緒に過ごしていこうと思います。独り善がりな親バカ日記になると思いますが、ろびんとの何気ない日常を記録に残していこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

topbanner