福岡の人材育成経営コンサル&ブレイクスルーコーチの

江崎晃一です。

――――――――――――――――――――――――

今回は、「あなたは、“落ち込む”タイプですか?」

について、お話します。

――――――――――――――――――――――――

 

あなたは、“落ち込む”タイプですか?

 

落ち込む経験は、誰でもあるかと思います。

 

 

ただ、落ち込んだことがないという人も

いるかもしれませんが?

 

 

私も経験がありますが、

 

若い時なら、失恋して、食欲がわかないとか?

 

仕事で大きな失敗をして、気力を失ったとか?

 

 

でも、暫くすると立ち直っていませんか?

 

 

あなたの周りを見てください。

 

この人、立ち直れないのではという衝撃を受けても

いつのまにか、立ち直っていませんか?

 

 

私もそうでしたが、これでダメだと一時的には

思っても、

 

一生懸命頑張っていると、立ち直ることが

できるのではないでしょうか?

 

 

時間の流れとともに、心の傷は治ってくるかと

思います。

 

 

ただ、回復までの時間が人によって、

差があるかと思います。

 

 

それだったら、早く立ち直ったほうがいいいに

決まっています。

 

 

私の先輩で、

凄い失敗をして、暫く立ち直れ

ないのではと心配していたのに、

 

 

すぐに立ち直って、元気に頑張る先輩が

いました。

 

 

私が、「よく早く立ち直れますね?」と聞いたら

 

その先輩は

「私は落ち込まないようにしている。

悩む時間がムダだ!」

 

と言われました。

 

 

確かに、気持ちの持ち方だなと思い、

それから、私も「落ち込まない」と思う

ようにしました。

 

 

 

あなたも、自分の感情をコントロールする

ことで、落ち込む時間を短くできるのでは

ないでしょうか?

 

 

 

(参照:松下幸之助から未来のリ-ダーたちへ)

=======================

「常に限界をわきまえているか」

 

人間にはそれぞれ個性があり、クセがあり、いろいろ

と好みが違いますが、みなそれぞれに、好きなものを

食べ、好きなことをして、生活しているわけです。

 

けれども、そこにはおのずと一定の限度というものが

あるはずで、たとえば、お金を貯めることも結構なら

使うのも結構ですが、限度を超えて吝嗇(りんしょく)

­=けち)であったり、また金遣いが荒く、

借金だらけでは世間が承知しません。

 

遊ぶにしても、やはりある一定の限度があり、お互いに

行きすぎたことは遠慮なく忠言し合う。

 

そういうことを盛んにやる会社と、そういうことがあまり

問題にされない会社とでは、十年の間に相当な開きが

出てくると思います。

=======================

 

 

今回の話は、如何でしたでしょうか?

 

 

ほんの一言、

率直なご感想をこのメールの返信で

いただけると、とても嬉しいです☆

 

あなたからの感想をお待ちしています!

 

 

気づいたことやご感想を

ぜひメールでお送りください。

 

=========================

さらに、参考にしたい情報を知りたい方は、

下記のメルマガにご登録ください。

↓ ↓ ↓ ↓

https://17auto.biz/ek1953-coach/registp.php?pid=2

 

========================

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

HAWサポート

【電話番号】
050-3315-3558

【住所】
〒815-0033
福岡県福岡市南区大橋4-26-48-103

【電話受付時間】
10:00~18:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:経営:「あなたは、“落ち込む”タイプですか?」