令和元年 8月24日 参拝

 

 四谷須賀町におけるお詣りめぐりが続いております。

須賀神社で参拝をして、再び寺町を歩きます。

 しばらく歩くと坂の上に辿りつきます

その坂の名が、お寺の名前のついた

戒行寺坂といいます。

その戒行寺を訪問致しました。

こちらは久しぶりの再訪ですね。

戒行寺(かいぎょうじ)

山号:妙典山

院号:- - - -

寺号:戒行寺

宗派:日蓮宗

ご本尊:十界曼荼羅、久遠の釈迦牟尼仏

文禄四年(1595年)日養上人により開山

 山門の左 御題目石塔

 右はお寺の表札

 山門にある横に伸びる松の枝ぶりが

目を引きますね。

 この戒行寺で最も有名なのが

 参道の右にある長谷川平蔵の供養塔

長谷川平蔵宣以というのが本名

池波正太郎の「鬼平犯科帳」に出て来る

火付盗賊改で有名ですが、中村吉右衛門

の顔を連想する方が多いんじゃないでしょうか。

 これだけの人気時代劇、架空の人物かと

思いきや、実在の方だったんですね。

老中の松平定信とはそりが合わなかったようで

寛政の改革でも実績を上げるも

松平定信は「平蔵を長谷川何某....とし、山師だ」

などと自伝に記しているようです。

長谷川家の菩提寺がこの戒行寺であったことは

事実ですが、現在平蔵の墓はこの寺にはないもようです。

 長谷川平蔵の供養碑から更に参道を行くと

 観世音菩薩があり

 正面は意外なほどのモダンな本堂です。

 南無妙法蓮華経~

 本堂の向かいに多宝塔もございます。

 ご首題は本堂の右横にある

庫裡? これもホテルのロビーのような

玄関で

奥様でしょうか、インターフォン越しに

「ご首題は書き置きでの対応の由」

 書き置きとはいえ、日付けも入れて下さっている。

 ご首題に対する布施は不要とのこと

 前回は息子と思われる若い方が対応でしたが

まったく同様にこの上なく不愛想な対応でありました。

書き置きでもご首題いただけるからグッですけどね。

下矢印

また来たのか...早く帰って.....そんな気持ちが

ひしひしと伝播する感じでした、二回連続で

招かざる客を演じてしまったようです。爆  笑