菊地大樹のブログ

菊地大樹のブログ

セミナーやイベントを企画したり、集客の仕組みを作ったりしています。


テーマ:
 
こんにちは。菊地です。
今日は白鳥詩子さんから学んだことについて。
 
 
先日、編集者の遠藤励起さんと越智さんと飲んでいた時に、神社開運コンサルタントの白鳥詩子さんと偶然の再会!
 

普段は詩ちゃんと呼ばせていただいてるので、詩ちゃんとブログでも書かせて頂きますね。
 
 
仕事の話もあり、日を改めて、食事にいく事になりました。

 
 
改めて白鳥詩ちゃんを紹介すると….
 
 
神社仏閣を大切にする家庭に生まれ、
11歳で巫女デビュー。神社に関する知識や巫女の経験を活かし、世界に唯一の「神社文化」を次世代と世界に伝え残すことを使命として活動されてます。
 
 
 
本は毎年1冊ずつ出版して、現在3冊目。
累計発行部数5万部超え
 
 
現在は遠藤励起さんが編集で、学研から神様が願いを叶えたくなる「神結び」の方法が発売されてます。
結構な頻度で主要書店で見かけますね。
 
 

 
 
その他にも…….
・共著は5冊
・監修本1冊
・雑誌、ムックなど多数掲載
・TV出演など
神様に愛されているとしか思えないくらいの大ブレイク中。
 
 
 
さて詩ちゃんと話していて印象的だったのが、専門分野に関する[溢れ出る情熱]と[こだわり]です。
 
 
 
詩ちゃん:
だいちゃん!八百万の神というようにね、日本には全てのものに神様がいるねんよ〜。
 
 
ちなみに今スープ飲んでるけど、お水の神様って知ってる?ちゃんとお水の神様に感謝してからそのスープ飲むとまた神様も喜んでくれる。
 
 
日本には昔からこういった神様文化があったのに、今はどんどん失われつつあるのよね…..
 
 
ちょっとポイント知ってるだけでみんなどんどん運が良くなるのに、逆に本当に勿体無い事ばっかり。
 
 
私、皆にそれを伝えたくて
知って欲しくて本を書いてるんよ。
 
 
 
僕:
水の神様の名前....?
うーん.....
 
 
あ!わかった!!
 
 
 
 
詩ちゃん:
あ、わかった?さすがやね〜
 
 
 
 
僕:
ポセイドン!!
 

 
 
詩ちゃん:
うん。違うよね。
まさかのギリシャ神話だよね。
 
 
まさに、君みたいな人に読んでもらいたい本だよね。私が書いてる本は。笑
とりあえず、そこのブックファーストで本買って帰ろうか?笑
 
 
 
と、僕が無知すぎて、終始こんな会話だったんですが、詩ちゃんは本当に楽しく分かりやすく、神社文化について教えてくれました。
 
 
持ってる本には付箋がぎっしり。
 
 
 
 
「次は神様文化をこんな絵本にできたらいいな〜。テーマはこんな感じで....」
 
 
キラキラしながら、お話されるので、この情熱が溢れ出て言葉になってるのだからそりゃいい本になるな思いました。
 
 
出版社から依頼が来て、活躍し続ける新人さんの条件を僕の周りの編集者の先輩方は
 
 
・自分の言葉を持っていること
・専門分野で誰もが認める圧倒的な実績があること
 
 
と話をしておりますが、その2つのポイントも自然と抑えてる白鳥詩ちゃん。本当に凄いと思いました。
 
 
そして、本を先ほど拝読しましたが

漫画も入っててわかりやすい....
 
 
 
読みやすい...
 
 
 
そして、僕は神社について何も知らなかったー!
 
 
ポセイドンとか言ってる場合じゃないやんw
 
 
と実感中です。
逆に運を落とす事やってましたm(__)m
 
 
 
僕みたいに、日本の神様の名前より
ポセイドンとかゼウスとかよくわからず他国の神様の名前を言える人や、専門家から楽しく学んで運気アップしたい方は、是非この本読んでみてくださいね^ ^
 
 
  
 
 
あと、限定3名なんですが僕のブログ読んだよ!という方は詩ちゃんが普段法人向けにやってる、開運コンサルティングを個人指導して下さるそうです。
 
 
やる中身聞いたんですけど、さすが巫女さん!
凄かったw
そりゃ開運しますよね。という内容でした。
 
 
 
結構大きい会社の社長さんも受けて、業績アップしてるそうです。
 
 
気になる方は僕にFacebookメッセンジャーで直接聞いてください。値段も法人向けは数十万円ですが、今回個人向けをこれから始めるのにテストモニターということで1万ちょいだそうです...
 
 
 
安すぎじゃないだろうかw
 
 
 
本当に楽しいひと時でした!
詩ちゃんありがとうございましたー!

 
 

テーマ:

おはようございます。

 

菊地です。

一昨日の晩から詩絵莉さん、嘔吐が止まらなくなり

僕は昨日の仕事は全キャンセルさせていただき

(皆さんご理解ありがとうございます)

 

 

ほぼ初めて1日ほぼ1人で杜蒼さんの相手をしました。

 

 

朝ご飯作って

洗濯して

仮眠させて

お昼作って

公園遊びに連れてって

シャワー浴びさせて

泥だらけになった服洗濯して

昼寝させて

晩御飯作って

遊ばせて

寝かしつける

 

 

動きが予測不能なのでバタバタで、気がつけば夕方になってました。

 

 

家事と育児って結構疲れるんだね...

 

 

世の中の母ちゃんたちすごいわ....

 

 

菊地は頑張る母ちゃんを応援します。


テーマ:

菊地です。

 

知らない間に、映像見放題のAmazonプライムに登録してたので

久しぶりに映画を見ました。

 

 

今回観た映画は

[銀魂]

 

 

 

結論から言うと

めちゃくちゃ面白かった。

 

 

実写版ってだいたいアニメ原作を完璧に模倣しようとして

失敗するケースが多いと思う。

 

 

見てるとだいたい

「いやいや、無理あるでしょw」

と思ってしまうのがアニメの実写版。

 

 

でもこの[銀魂]は本当に面白かった。

 

 

なぜかと、映画の中で登場キャラが

「実写版で頑張ってます」

「ちょっと無理してます」

 

と最初から視聴者に対して、あくまでアニメの実写版であること先に伝えてしまっている。

 

 

なので、よく実写版を見てて起きる

「これはちょっと無理あるだろ〜」と批判的な感想が出ない。

逆に無理があるものが全て笑いなる。

 

 

これって凄いことだと思っていて、苦手な部分や、相手からよく指摘されることは事前告知しておいた方が結局愛されるんじゃないか?ということ。

 

 

前に自由が丘にある飲み屋に連れて行ってもらったことがあるんだけど、連れて行ってくれた人はそこの常連さんで、「ここ、店主が酒飲むと寝ちゃうから、自分たちで酒作って会計もすまんだよね」ってすごく楽しそうに話してたこと思い出した。

 

 

 

弱点や弱さを見せるってのは、本当に大切なことなのかもしれないな〜と思いました🎶