ツツジの季節

テーマ:

先週の冷たい雨から一転、昨日は27℃まで上がり、

今日も暑くなる予報の中、ツツジは見頃を迎えております。

 

例年ですと、5月末に見頃を迎えますが、

今年は、既に満開に近づいております。

 

お得意様の別荘で植栽工事を控えている中、

動植物に詳しい知人に、ツツジの名前を教えて頂きました。

 

軽井沢で昔から多く見掛ける一般的なツツジは、

《レンゲツツジ》だそうです。

子供の頃から、日常、見掛けていたツツジです。

軽井沢では、昔から自生しており、

わざわざ植栽しなくても、雑木林の中でも見る事が出来るそうです。

 

近年、頻繁に見掛ける濃い紅色のツツジは、

《ヤマツツジ》だそうです。

《ヤマツツジ》は、

レンゲツツジより花が小さく、色が濃いのが特徴です。

軽井沢では人気があり、一昔前より増えているそうです。

 

レンゲツツジより紫色で、ヤマツツジのようなサイズの花は、

《ミツバツツジ》だそうです。

葉が三枚な為、《ミツバツツジ》と呼ばれるようになったそうです。

 

少し趣きの異なるピンク色の上品な雰囲気のツツジは、

《黒船ツツジ》だそうです。

名前を聞いた瞬間、

ペリーの黒船でアメリカから渡来したツツジだと思いましたが、

朝鮮半島から渡来したツツジだそうです。

大きめの葉で、日本のツツジとは、雰囲気が違うと感じました。

 

小学生の頃、競歩大会で毎年5月下旬、離山に登ると、

学校の敷地を真っ赤に囲うように、

土手のツツジが見えた事を思い出しました。

 

 

永く厳しい冬が終わり、新緑の季節を迎えると、

軽井沢も一気に華やかな雰囲気に包まれるように感じるのは、

ツツジの御蔭かも知れませんね。