電車内の広告でよく見る、売れている本:「小さな習慣」(スティーヴン・ガイズ著、ダイヤモンド社)を先日立ち寄った書店で買っていたのを、めくってみました。

 

表紙には、

 

目標は、ばかばかしいぐらい小さくしろ!  ニヤリ

 

コーチングのクライアントさんともよく出る話しは、

 モチベーションが湧かない

 続かない

 目の前のことに追われて目標どころではない

 つい後回しになることがある(緊急性がないため)

 

私も日々、うまく回っているわけではないし、

体調がすぐれない時は特に、もう全然ダメ!あせる

(だから心身健康管理が一番大事、、、)

 

この「ばかばかしいぐらい小さな目標」の「小ささ」とは、

 腕立て伏せを毎日1回する

 本を毎日2ページ読む

 50ワードの文章を書く

 1分ジョギングをする    など~

 

小さすぎて失敗すらできない、ちょっとしたポジティブな行動を続けることが大事で、

この小さな目標を毎日これだけはやると決めて必ず実行し、最終的に自分の生活に健康的な習慣を取り入れ、それを長く続けられるようにする ひらめき電球そうです。

 

たぶん小さすぎて、悪気なくつい忘れてしまうことも多々ありそうですDASH!

でもこの小さすぎる目標のおかげで罪悪感までは至らなそうひらめき電球

 

 

本によると、モティベーションをあげようとすること自体に無理があるビックリマーク

人間の脳の仕組みも合わせて読み解くと、確かに、「モチベーション(をあげよう)」という言葉は悪魔のささやきかもしれません。

 

さらに、「こんな小さな目標だから、実はやっぱり腕立ては10回しよう、本は10ページは読もう」なんて欲張っては絶対にいけませんとも書いてあります。笑

 

・・・確かに。頑張り屋で真面目な(私・貴方)は一層、、、

 

1万字の文章を書く必要があるかもしれないし、体力だってつけなければならないし、精力的に仕事もこなして業績も積まなくちゃ、、、けれど、その大きな目標は、結局は、小さな目標の積み重ねでしかない のですよねDASH!

 

 

先日、敬愛する10歳年上のお姐さん先輩とランチをしました。

彼女は学歴も経歴も業績も日本屈指かと思うほど眩しく、キラキラしているのですが、ご本人は、純粋に好奇心旺盛で、ただ好きなことをしていて、そうしたら、楽しい出来事や失敗も、ハプニングにも遭遇し、そのプロセスで、「トライ&エラー」を恐れず繰り返している(だけ)。

 

毎日のちょっとしたことを続けていて、ちょっと気になること、ちょっと気になる人にアクセスした結果、思わぬ方向に進みだしたり、、、その積み重ねに、今の素敵な彼女があるんだなと確信しました。

 

さらに、「何をしてもうまくいかない、どうも歯車がかみ合わない、出合いたいものに出合えない時があるよねー。(それもそれで仕方ないわよねー)。でも、逆に、特に何が変わったわけでもないのに、トントン、トントンとうまくいくことがあるのよねー。(そういうもんじゃない?)」と濃いエピソードとともに話してくれました。それは小さな積み重ねをしている故の大波小波ですね?

 

だから、凡人の私に、

毎日1回の腕立て伏せは大有りです!

きっと気づいたら、数か月後くらいには、無理なく毎日5回になっている?

そうしたら数年後、知らぬ間に、整った身体を維持していることになるんでしょうね?

 

毎日1回の腕立てでいいのかと思うと、お気楽です。

ただ小さすぎて「ついうっかり忘れないように」苦笑。

 

私も「ばかばかしいほど小さなステップ」を早速、始めようと、今日から。

例えばこういうもの:忘れないタイミングも考えながら(笑)

●英単語を毎日1個覚える(毎日夕方の次男坊の幼児園バス待ちの間)

●スクワット1回(夜の歯磨き前)

●前屈ストレッチ1回(お風呂上りor寝る前)

●本執筆の内容の1フレーズ(キーワード)をメモ(専用ノートに)

 

できそうですよー。

書きながら、こういうことを「意識する」のと「意識しない」のとでは、大きな違いが出てくるだろうなーとも思います。恐ろしくもあり。

 

モチベーションがある、とかないの問題ではなく、

ただ、小さな小さな行動をするか、しないか、ですね。(反省をこめて)