皆さま、2022年あけましておめでとうございます。

 

昨年のカムカムは、

 

3月に奈良にて、

しめんげき「しんとく丸」「マヤゴロー」「がごぜ」

 

7月に四日市にて、

リーディングしめんげき「スワン・ダイブ」

 

8月9月に東京、札幌、大和郡山にて

本公演「サナギ」

 

を上演させていただきました。

 

コロナ禍真っただ中にご来場してくださいました多くの皆さまに、

あらためて心より感謝申し上げます。

 

本当は秋にもう一本何らかの上演ができないか模索していたのですが、

もろもろの事情によって、

というか、コロナのことですが、

実現するに至らず、

いつもの密度からすると、

下半期はやや活動休止期間が続いた印象です。

 

演劇を取り巻く状況は依然として厳しいものがあります。

上演の計画がとん挫した話もよく聞きますし、

話題の演目を見に行っても空席が目につきます。

新しい企画も減ってるでしょう。

繰り返された中止、延期による経済的疲弊、

そしてそれがもたらした客離れから立ち直るには、

どれだけの時間が必要なことか。

 

一括りに娯楽と言ってしまえば、

いろんなモノがありますが、

その中でも、

演劇が特化してなしうるものは何なのか。

 

好きな時間に家で見たり聞いたりするものと何が違うか。

 

わざわざ劇場に決まった時間に足を運ばねばならない。

しかも明らかにチケットの値段が実感として高い。

 

にもかかわらず、

演劇体験が貴重であるということを、

娯楽全般としては括りきれないその価値を、

言葉にし、行動で体現していかないといけない。

 

特に我々は劇団ですから。

演劇を標榜する専門集団ですから。

 

そういうことをあらためて考え、

実践していく年にしたいと思います。

 

それは二つの柱をもつ課題です。

 

一つの柱は作品の内容。

 

「サナギ」はある種、そこは鋭角な攻めの姿勢で、

かなり、わけがわからないという声もいただきましたが、

我々が目指すものは、

わかりやすくとっつきやすいものではなくて、

演劇でしか成立しない作品、

そして

観客の皆さんが経験したことのない体験です。

 

見た方のわからなさが不愉快であるのは我々の未熟の証です。

そのわからなさが愉快になる方法をさらに摸索せねばなりません。

そういう課題を突き付けられた作品でもありました。

 

二つ目の柱は、企画の内容です。

 

特にこれは本公演よりも色んな意味で身動きがとりやすい

「しめんげき」や「リーディング」

などの小企画において、

様々な試みを打ち出していけると思っています。

 

中でも重要視しているのは、

都市部以外へ地方展開です。

 

我々の持つ考え方、作風を核にして、

演劇による一つのコミュニティを地方に作っていくこと。

コミュニティという言葉が大袈裟なら、

たまり場、居場所、趣味仲間のサークル、

そういうもので十分です。

 

演劇のプロになろうとする人、

プロの演劇を見に行く人、

これら以外の人達にも演劇との出会いが劇的に作用することは大いにあります。

私達はそういう方々と、うちの演劇観の相性がいいと思っています。

 

ワークショップ、講演会、交流会。

自分たちの上演。うちの劇団の上演。

混成メンツでの上演、などなどなど。

全体として、持続するひとつの祭りです。

 

そこから何かを目指すのではなく、

その過程自体が、

日々の暮らしの血となり、肉となっていく。

 

そういう形での演劇という体験、演劇というモノの認識。

それを届ける演劇の専門集団でありたい。

 

我々はいくつかの町でそういうことを十年規模の時間をかけて開拓してます。

当然時間がかかるんです。

そういう意味で、公共以外では劇団でしかできません。

 

また商業的発想ではないので、

これは完全に人の縁を頼りに、それを広げていくことでしか進みません。

この、縁頼み、ということ自体が貴重だと思っています。

 

が、最初の縁が一番難しい。

転がり出せば縁はどんどん繋がっていくのですが、

最初の一歩。

 

これを何とか見つけ出して、いくつもの知らない町に繋がることが目標です。

 

まだまだ誰かの故郷であるとか、

もともと縁のあった地でしかなかなか展開できてないのですが、

 

今年はぜひ一つでも新たに展開できればなと思っています。

 

 

そんなこんな、

コロナで演劇やめるかってところまで追い詰められてる多くの人にとっては、

何言ってるんだ?って内容かもしれません。

 

実際うちもまた公演一回やるのに四苦八苦の年になるかもしれません。

この状態が延々続くとどこで息切れするかもわかりません。

 

ただ、嘆き続けていても変わらない。

 

劇団ですから、劇団でしかやれないこと、

作品と売り上げと評価だけではない取り組み、

こういうことに敏感でいたいってことを、

年頭に書いておこうと思いました。

 

 

カムカムミニキーナ公演は夏に新作を予定しています。

 

今のところその一公演だけです。

 

他にも企画が増えるよう頑張ります。

 

もっとやれることはあるはずだと、

日々考えています。

 

2022.1.2   松村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々、このような時節に連日劇場へ足を運んでくださる皆さまに、まことに感謝の念が絶えません。

 

と共に、そんな皆さんが、それぞれに全く異なる一人一人の人間として、

唯一無二の回線を通じて舞台にコミットすることでできあがる集積、

この演劇という現象が、

何十年かけてついに極まり、行き詰まりつつある現況社会の日常において、

やはり、何か新たな視点を見出すきっかけを生みだしえる場なのだという思いを強くしてます。

 

この状況の中で、相当に入念な安全の準備をしながら、

わざわざ劇場まで来て、目の前で何かを目撃し、巻き込まれ、何かを取り込んでいく。

消費とは全く異なる、この積極的な生の世界への摸索行動にこそ、

僕は何よりも可能性を感じるし、

そういうことにしか、事態打開の希望はないのではないかと。

 

いろんなところで言っておりますが、

「サナギ」は「古事記」のいくつかのエピソードを背骨にもった物語です。

ただ、その情報がないとわからないというものではありません。

(その情報があっても“わからなさ”はほぼ同じだと思います)

あくまで核心は現在、今、ここの実感にあり、

「古事記」はそれを形にするための道しるべのようなものです。

 

なので、これは別にネタバレってほどのことでもありませんが、

気になる方は、この後は読まないでください。

 

「古事記」よりとっている設定は大きく分けて三つあります。

 

一つは、ヒルコ神話

 

これは、カムカム作品では

『ひーるべる』『えびすしげなり』で主題にしております。

(同じDVDに収録されてます。ぜひ。各配信でも見れます)

ヒルコ神話に関わる神様は

イザナギとイザナミですが、これに相当する登場人物は今回はいません。

その子?とされる、イザナギの左目から生まれたアマテラス(この物語においてはヒルメ)と、鼻から生まれたスサノオ(スサ爺)

つまりヒルコの兄弟にもあたるのですが、

この二人の原罪の意識の物語が一つの核です。

原罪なんてイメージは、古代日本には出てこない概念です。

これは西洋的、近代的な概念です。

だからこのあたりはオリジナルです

 

このアマテラス(ヒルメ)が引きこもって、アメノウズメ(ウズ婆)が裸踊りで誘い出すというのが有名な天の磐戸神話です。

(この辺は『猿女のリレー』をぜひごらんください)

本来は弟のスサノオが暴れたことがひきこもりの原因ですが、

今回の「サナギ」では、ヒルコのことが原因になっています

 

二つ目は国譲りの神話です。

 

オオクニヌシ(出てきません)がおさめる地上の国がほしくなった天界の高天原のアマテラス(ヒルメ)は、

まず子のアメノオシホミミ(ミミオシ)を降臨軍の大将として派遣しようとしますが、

臆病なオシホミミは怖がって断ります。

次にアメノホヒ(ホヒ)を派遣しますが、地上の国に魅せられてしまって帰ってこない。

次にアメノワカヒコ(ワカ)を派遣しますが、地上の国のオオクニヌシの娘に惚れてこれまた帰ってこない。

次にタケミカヅチ(タケミ)を派遣して、その圧倒的武力によってようやく地上を制圧します。

(この時、降参したオオクニヌシが交換条件として建てさせたのが出雲大社)

 

結局満を持して地上の王として降臨するのはオシホミミの子のニニギ(ナギ)です。

このニニギ(ナギ)の天孫降臨行列にアメノウズメ(ウズ婆)も同行します。

 

三つめはサルタヒコの物語です。

 

ニニギ(ナギ)の天孫降臨の一行を地上国の境界で待ち受けていたのがサルタヒコ。

(この「サナギ」ではいろんな人がサルタヒコとみなされます)

初めは内へ一歩も通さない態度でしたが、

ウズメ(ウズ婆)とのにらみ合い(にらめっこ対決)で負けを認め、ニニギ(ナギ)の道案内となります。

それが縁でウズメとサルタヒコは後日一緒に伊勢の国(三重県)で暮らすことに。(夫婦になった説も)

しかしサルタヒコは海でヒラフ貝(ヒラフ)に手を噛まれて溺れ死にます。

一方その後、ウズメ(ウズ婆)は伊勢湾の海の生き物を集めてニニギへの忠誠を声にして誓わせ、何も言わなかったナマコ(ナマコ)の口を切り裂きます。

 

さらに、これは「古事記」ではない逸話ですが、

「出雲風土記」に、このサルタヒコ(佐多大神)の母がキサガイヒメ(キサガイさん)であって、加賀の潜戸(くけど)にて、金の弓矢を拾って出産したという逸話があります。

このキサガイヒメは「古事記」にも出てきて、若き日のオオクニヌシ(出てきません)が、兄の奸計により一度殺された時にどこからともなく現れ、貝の粉の薬を塗って生き返らせた姫です。この時にもう一人同じようなペアの姫がいて、その名をウムギヒメと言います。(劇中海女の装束をしている衆を台本ではウムギ衆と呼んでいます。劇中名前は出ませんが。)

この逸話は『クママーク』にちょっとだけ出てきます。

 

ざっとこんな感じで古典からの引用があります。

パンフにも書かれてないので、

そして役者もあんまり知らないと思うので、

気になる方に向けて、

ここに書いてみました。

 

残りのステージ、座・高円寺でお待ちしております。

そして久しぶりの札幌、マイホームタウン大和郡山、お楽しみに。

21日昼夜は生配信もあります。

9月6日からはあらためて見逃し配信もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

昨年はコロナ禍という特殊状況の中での創立30周年でしたが、

 

「猿女のリレー」

「燦燦七銃士」

 

皆さまのおかげで

両公演とも予定通りに全ステージ上演することができました。

 

御来場の皆様、ありがとうございました。

 

そして、昨年はカーテンコールで必ず言っておりました、

 

皆さま、お疲れさまでした!

 

 

通常は芝居をやってる側の内側でのあいさつが、

「お疲れさまでした」

なんですが、

 

コロナ禍の状況が一つ大きく学ばせてくれた一つのことに、

 

演劇作品が際立って、

 

双方向であり、主客混然一体な事象なんだということです。

 

表現ということがそもそもそういうことなんだと思いますが。

 

あらためてそのことの意識を促された。

 

 

 

お客さんが演劇作品の最後のピースだ、

それなくしては作品は完成しない

というような言い方を

他でもよく聞くようになりました。

 

 

昨年を経ての僕の実感としては、

さらにそれ以上のことだと思ってます。

 

 

僕らが作った何か、

 

美であるとか、主張であるとか、技術であるとか、

 

癒しであるとか、エネルギーであるとか、

 

そういうものを体感してもらって、

 

その、いわば、もてなしに対して

 

お金なり、評価なり、拍手なり、何らかの対価をいただく。

 

というようなことだけではない。

 

 

 

見る。見られる。

 

その場で起こるお互いの変性作用というものが、

 

演劇の根幹にあるはずです。

 

 

 

何が変性するのか。

 

価値観か、人生か。

 

日常の見え方か。

 

いやもっとか。

 

時間や空間が変わるのです。

 

 

 

 

 

そして、時間や空間が変わる体験が、

 

他者と共に生きなければいけない人間の営みには、

 

きっと必要なんです。

 

 

 

劇場とはそういう、

 

ミラクルでありつつつ、

 

井戸のような場所でもある。

 

 

 

だからやっぱり、

 

直接劇場で皆さんと出会わなければいけない。

 

 

 

それはこのコロナ禍だからこそ、必要な場でもあると考えます。

 

 

 

ですので、

 

今年もカムカムミニキーナはできる限り演劇を上演していきます。

 

 

 

 

本公演は8月の予定です。

昨年の「猿女のリレー」にも関連する、

古事記シリーズとして

サルメの対になる

「サルタヒコ」

にまつわるお話を作る予定。

 

(ちなみに故郷大和郡山の市民劇団、古事語り部座も今年九月上演予定の新作は、そのもの古事記神話通しの「歌劇ふることぶみ」です)

 

 

 

近年ずっと「古事記」界隈から題材を探し続けてますが、

 

やっぱり神話の成り立ちを掘り下げるのは、果てがない。

 

 

全人類に襲い掛かり、

しかも善悪を問えない自然災害

コロナ禍という未曽有の異常事態に、

我々は右往左往していますが、

 

全人類規模に襲い掛かる自然に対するような物語は、

世界の神話にはいくつもあります。

 

 

神話的思考ってものは奥深いです。

 

 

 

あとは

四人芝居で地方を回るシリーズ

 

「しめんげき」

 

2020年は休止せざるを得なかった

奈良のナライブが復活のイベントに招へいしてくれます。

 

3月末に三本の新作をお届けする予定です。

 

配信もあります。

 

すでに年末から稽古中。

 

 

この企画はフットワーク軽いパッケージになってますから、

 

お声がけいただけたら、どこの町でも行きますよ。

 

そしてその町の物語を演劇に。

 

 

 

 

今のところ、以上なんですが、

 

もう少しあってもいいのかなとも思うので、

 

さらに、色んな知恵を巡らせて、考えていきます。

 

 

 

 

コロナ禍は収まる気配がありませんが、

 

31年目のカムカムミニキーナ、

 

果敢に演劇を現出させていくつもりです。

 

 

 

 

皆さま、くれぐれも慎重に慎重に、

 

日々お身体を守りながらも、

 

劇場へはぜひ、足をお運びください。

 

 

 

 

 

本年もよろしくお願いいたします。