弊社の商品AFAブルーグリーンアルジー「シャスタ」についてお問合せがありました。
AFAブルーグリーンアルジーの他のブランドと弊社の商品は何が違うのかというお問合せでした。

原料は全く同じです。
違いは、日本の信頼のおける工場で加工しているか、アメリカの工場で加工しているかの違いです。

弊社は、AFAブルーグリーンアルジーを商品化することを決めた時に、ラインナップとして、パウダー・タブレット・カプセルの3種類をご用意することを検討していました。
しかし、商品の製造工程で、一番重要だったのは、一切添加物を使わないということでした。

はたと、カプセルも添加物だと気付き、カプセルの製造をやめることにしました。

弊社の製造に対する思いがあり、多くの会社様でお取扱いいただいております。

弊社で製造販売しておりますAFAブルーグリーンアルジー シャスタは、

100%天然でお客様にお届けしていおります。

 

この商品を開発する時に、アメリカの原料メーカーに、メーカーが作ったタブレットやカプセルを買って、日本で瓶詰めすれば安く販売出来るよと勧められました。

 

しかし、せっかく完全に天然で自生したものを低温で酵素をこわさにように乾燥させたものを、タブレットにはノリのような添加物を加えなければならないのか。カプセルも添加物の一つだと考え、あくまで圧だけでタブレットにできるところを探し、完成したのが、弊社のAFAブルーグリーンアルジー シャスタのタブレットなのです。

 

また、フィコシアニンの抽出したエキスも勧められましたが、AFAブルーグリーンアルジーは、抽出物で摂取する事にあまり意味を感じません。

AFAブルーグリーンアルジーは、そのものを摂取することで、様々な栄養素がバランス良く摂取することができます。

なので、フィコシアニンとクロロフィルは、弊社のAFAブルーグリーンアルジーに十分含有されているため、抽出物を摂取する必要は全くありません。