こんにちは。トレーナーの正岡です。

 

肩こり改善のために肩周りのストレッチなどを

しているけどなかなか追いつかないというお声をよく聞きます。



 

肩は不調が出やすいので意識しやすいですが、

見落としやすいのが手首の可動域制限です。

 


パソコン、携帯の触りすぎから起きる腕のねじれは末端である指、手首からきていることがほとんど。

 

実は手首回しはとても肩こりに効果的です!

手首を回す運動は手を床につく動きや、スポーツの準備運動でするくらいという印象が強いですね。

 




手首には足裏と同じくアーチがあります。





 

手首の骨はとても細かく、

小さい骨がたくさん集合しています。

 


この骨が作っているのが足裏でいう横アーチのようなものです。

 




スマホやパソコンのマウスを長時間持っていると

このアーチが崩れたり、潰れたり、捻れたりしてきます。

 

これが筋膜のヨレを引き起こし、腕から肩、そして首までひっぱることで肩こりにつながります。

 




上の写真のように

親指と小指をくっつけようとした時に、

 

⚫︎くっつけられない

⚫︎くっつけると痛い

⚫︎綺麗に丸ができない

⚫︎小指と親指の爪がまっすぐ向かい合わない

 

という方は、手首のアーチがなくなっています。

手首のアーチを取り戻すことは美容面での効果も絶大です!

二の腕のたるみをスッキリさせるだけでなく、

筋膜の繋がりから、顔のたるみ解消にもいいとされています。

 

 

 

ただただ手首をぐるぐる回すだけでなく、

足首を回す時と同じように腕が動いてないかチェックしながら回したり、

フレックスポイントのように縦に手首を動かすと、

二の腕まで使えてくるのが分かります。

 

何回か続けると意外ときつい運動なのが分かっていただけると思います。

 




また最終的には全身のねじれや凝りをとっていく必要があります。

手首から体幹までつなげて整えていくには

TYE4をおすすめします!






TYE4は胸の周りにあるハーネスを中心に、手と足それぞれゴムのように伸びるバンジーをつけていきます。

 

よく伸びるバンジーをつけてピラティスを行うことで、縮こまった全身を引き伸ばして動くことができます。

 

TYE4はピラティスをする際の体幹から手と脚を引き伸ばす意識を分かりやすくしてくれるものです。

 






動きの出にくくなっている関節を少しずつ動かしていくことで、

関節のコンセントレーション(正中化)ができてきます。

 

コンセントレーションができると関節の位置は正しい場所に収まり、

痛みが起きにくくなったり動きがスムーズになってきます。

 

 

特に手から肩周りの筋肉は縮こまっている方が多いため、

胸の中心から両手のバンジーを引き伸ばすことで腕、肩の関節に空間をあけ、つまりをとっていくことができるのです。






 

さらに腕を内外旋させたりすると腕や手首のねじれを取りながら肩周りのインナーマッスルを活性化することができます。

 

関節の硬さのアンバランスや筋膜のヨレを解消していくことで手首のアライメントも良くなってきますし、腕も動かしやすくなります。



 

ぜひ肩こりが気になる方はTYE4で腕周りの不調を改善していきましょう!

そして日頃から手首も意識的に動かしてみてくださいね。

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪

こんにちは。トレーナーの正岡です。


脚がむくみやすい、疲れやすい方へ。

寒い日が続くと辛いのが足の冷えやむくみ、だるさが気になりますね。


ふとした時につりやすくなっているという方も多いとおもいます。



こういった方は寒いからだけではなく、年中通しての普段の姿勢で脚や体幹にうまく力が入っていない可能性が高いです。



足の冷えやむくみ、つるのを改善する為には

特に「足首」と「股関節」の動きを良くし、血流を良くしないといけません。




股関節や足首が正しく動かないことから

それに付随する小さい筋肉の働きが悪くなり

骨格が安定せずバラバラに。

さらにそれを安定させるために

大きい力の強い筋肉が頑張りすぎる結果に繋がります。


まずは土台である足裏や足首の使い方を変えないといけません。





試しにまっすぐ立って両足の指を全部浮かしてみてください。




前後に体重移動せずに指をあげられましたでしょうか?


とてもよくあるのは指を上げた時に

後ろに体重や頭が移動するパターンです。


姿勢が崩れていたり、普段から足指にばかり

体重が乗っていると、こういった体重移動がおきます。



つまり、足裏がちゃんと使えていないということになります!!


足裏をちゃんと使うことができないでいると

ふくらはぎの筋肉の使いすぎを招きます。



にもデスクワークの方は、

ずっと座り姿勢で足首を伸ばす方向に動かす機会がとても少ないため、

足先からふくらはぎまで全体的に硬くなっています。






逆にダンサーさんは

つま先を伸ばす事を常に意識しているので

フレックスにするのが苦手な方が多く、

正しい足首のアライメントで

まっすぐ立つのができていないということも…


いわゆる「膝が過伸展している」状態です。





膝や足首のアライメントが良くないということは、それに伴って背骨のS字カーブが崩れ、肋骨が開きっぱなしにも。



もちろん足裏だけを意識して鍛えるのもいいですが、実際の生活と繋げるためにはマスターストレッチを履くのがおすすめです!




マスターストレッチでのトレーニングは足と体幹、背骨を連動させるために必要な要素がたくさん詰まっています。




まずこの不安定な形状のマスターストレッチを履いた状態で

まっすぐ立つために足裏と体幹を連動させる感覚を学んでいきます。






足裏の筋肉と体幹を総動員させて足首を動かすコントロールをできるようにする事で実際に立った時やスポーツに必要な重心移動や効率的な動き方ができるようにもなるのです。



また使いすぎている筋肉をしっかりストレッチさせる事や正しい骨の位置で股関節、骨盤を動かす事で全身の関節の位置や動きが良くなり一気に血液が身体を巡るようになります。





1回15分マスターストレッチを履くだけでも

その効果を感じますが、日々続けて履いていく事で脚はどんどんすっきりと綺麗に!




マスターストレッチを履いて

足から全身の巡りを良くしていきましょう!



ピラティススタジオ カラーズ大阪

こんにちは。トレーナーの矢羽田です。

あけましておめでとうございます門松





年末年始はなにかと食べる事が多く、体重が増加したり、胃腸の疲れが出て身体がつかれてしまったりといつもとは違う疲れが出てきます。

年始からピラティスでスイッチを入れて、いつもの日常生活に戻っても大丈夫な様に、一緒に整えていきましょう!!







今年も健康で充実した1年になるようサポートさせていただきます。

そしてもっとピラティスが好きになってもらえるように。

身体が喜ぶ習慣を増やしていきましょう!

1月4日より元気にお待ちしております♪


ピラティススタジオ カラーズ大阪