こんにちは。トレーナー山口です。

 

先日マスターストレッチを使ったここちよい身体づくりワークショップを開催しました。

今回は多くの方がゆがみ・むくみ・疲労など悩みにあげる「脚」をテーマに、脚のラインを整え機能的に使えるようトレーニングを行なっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターストレッチは名前の通り全身のストレッチができます。

歪みやむくみを引き起こす、筋肉が凝り固まった部分をストレッチでき、また片足2kg弱ある靴の重さを利用したムーブメントで眠っている筋肉を呼び起こしていき、柔軟な筋肉の動きを取り戻していきます。

 

 

足裏を刺激することで、血流改善にもつながりマスターストレッチを履いて10分程度で皆様額から汗が…!

マスターストレッチはストレッチをしながらトレーニングが行えるため、心地よさとすっきり感が味わえます。

 

 

立位での動作が多いのも特徴です。

立ってバランスを取るだけでも一苦労なマスターストレッチ。その分日頃の姿勢に必要な筋肉たちを刺激しやすく効果を体験しやすい!と人気のトレーニングツールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 -------------

 

次回は12月24日(月祝)に開催します。

マスターストレッチやパラセッターを使い、姿勢改善を目的としたワークショップです。

 

日時:2018年12月24日(月祝)14:30 - 15:45

対象:マスターストレッチ初心者の方向け

 

 

 -------------

 

 

マスターストレッチは指導者資格養成コースも開催しています。

正しく安全に使うことで、さらに効果的なトレーニングを行なっていきましょう!

 

次回は12月8日・9日に開催します!

詳細:http://www.studio-colors.com/license-course/

 

 

 

 

 

 

 

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪

 

こんにちは。トレーナーの矢羽田です。


「疲労とコンディショニング」のセミナーを開催いたしました。
 

自分の毎日の「クセ」「習慣」が今の自分の身体を作っています。1日24時間、1週間で168時間・・・週1回1時間のトレーニングだけでは、なかなか身体を変えるのは難しいです。スタジオでのピラティスでお伝えする動きを、次のレッスンまでのどれだけ意識していただくタイミングがあるのか。普段のクセ、習慣を知ることが一番大切です。

 

 

女性の身体は年齢と共にホルモンバランスが変化し、心身に影響します。

 

○今までできていた動きが時間がかかる

○できていたことができなくなる

○楽しくなくなる

 

20代の時に成功したダイエット、30代になって同じことをしていてもダイエットが成功しないのと同じです。トレーニングをひたすらすればいいのではなく、今の自分の年齢や状態に合わせたトレーニング、食事、睡眠、コンディショニングが必要です。今の自分の状態に合わせた「最適なコンディショニング」をすることで、「心」「身体」「脳」がいい状態になっていきます。

 

女性ホルモンの影響で、女性の心と身体は緊張化しやすい状態です。肩こりや、ホットフラッシュ、心がすっきりしない・・・など身体が緊張していると元気になろうとしても心だけではコントロールできません。例えば、職場や学校などで嫌なことがあった時、心に負担がかかっていると思っていませんか?心にもダメージは受けていますが、実は最初に変化があるのは身体なんです。具体的には舌の根元。舌根が喉に向かってわずかに落ち、呼吸が浅くなることで肩が凝るようになります。それが長期的に続くことで心にも影響があります。

 

心のケアのためにも、身体をほぐすことで心が落ち着いてきます!!そして、大事なのが呼吸です。そして女性ホルモンの「エストロゲン」は25歳でピークを迎え、どんどん減っていきます。

 

 

エストロゲンの低下により、気分の落ち込みや不安感、物忘れがひどくなったりします。エストロゲンの低下によりと相互作用のあるセロトニン(幸せホルモン)の分泌も悪くなります。

 

セロトニンの分泌量が少なくなると、○朝スッキリ起きれない ○なかなか夜寝られない ○うつ状態になりやすい セロトニンの分泌は運動で増やすことができます!!
 

加齢とともにコントロールが難しくなる、

○血圧の調整 ○血糖の調整 ○体温の調整 ○水分の調整

 

この調整が難しくなると更年期の症状である、むくみやホットフラッシュの原因となります。
 

 


自律神経・サーカディアンリズムを整えるために、睡眠・食事・呼吸に気を付けてみてください。

例えば上の写真のParasetterというコンディショニングツールを使ったトレーニング。Parasetter(パラセッター)は、Parasympathetic-副交感神経- が名前の由来となっています。ピラティスの効果を最大限に引き出す為には、交感神経と副交感神経のバランスを整えることがカギとなってきます。身体と心が緊張状態で交感神経が優位でリラックスできる時間がとられていません。このツールの上で呼吸をすることでリラックス状態へと導いてくれます。リラックスができずトレーニングで体調の改善ができにくくなっている方が多くなっているので、まずリラックス方法を身に着けるのも1つです!

 

 

 

運動の中でも特にピラティスは、自分自身の意識を通して身体をしっかりと見つめていくメソッド。

今の自分の状態を知り、最高にここちいい生活、身体を作っていきましょう!!

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪
 

 

 

 

こんにちは。トレーナー木原です。

 

カラーズにて開催しているピラティスインストラクター養成コースの申し込み受付が開始しました!

 

BodyElementSystemJapan(BESJ)認定スタジオとして、
「マットピラティス」
「マシンピラティス」
「マスターストレッチ」
「TYE4 タイフォー 」 などの指導者養成コースを開催しております。

 

 

ピラティスというと「マット」を使った「グループ」で行うトレーニングを想像される方が多くいらっしゃいますが、もともとは負傷兵たちに「ベッド」の上で行えるリハビリとして考案されたトレーニングです。そのためベッドを改造して作られたマシンや、怪我の有無や年齢に問わず行えるようそれぞれの体に必要な要素を取り入れるためのツールが開発されていきました。

 

 

人間の体の構造はとても繊細かつ丈夫です。ちょっとしたことで体が崩れていかないよう、対応し変化していきます。そのため日々のルーティン化した行動からくる体のねじれや歪み、不調はなかなか自身では気づけないのが現実です。リハビリとして考案されていったマシンやツールを使って動くことで、気づけなかった部分を意識化し自身でコントロールすることで変化が現れていきます。

 

マットで行うピラティスはそれらを自分自身ですべてを意識して行います。またコース内では、体の基本を知り、基本的な動かし方を知り、基本的な指導・修正方法をお伝えしていきます。そのため運動経験を問わず、ピラティス経験を問わずご参加いただけることが特徴でピラティスインストラクター資格を取得するには、まずマットピラティスの資格を取ることが基本とされています。

 

 

「マスターストレッチ」

 

マスターストレッチもリハビリを目的に考案され、現在の形へと進化していきました。人間の土台となる足は骨の数も多く、その分関節も多く、それだけ崩れやすい部分でもあります。マスターストレッチはその土台を整え、ストレッチをかけながらトレーニングを行うことを目的としたツールです。短時間で効果を感じやすくピラティスと組み合わせたトレーニングでより効果的に身体を整え鍛えることができます。

 

 

このようにカラーズでは様々なトレーニングの指導者資格養成コースを行っており、幅広い年齢の方に様々な目的に合わせた指導者の養成を行っております。

 

これまでの卒業生の方たちもジムでトレーナーとして活躍されたり、自宅の一室でレッスンを始められパーソナルトレーナーとして活躍される方もいらっしゃいます。またご自身のお身体のために学ばれた方は、日ごろのお身体のメンテナンスにピラティスやマスターストレッチを取り入れられたり。
 

「TYE4 タイフォー」

 

すべてのコースが少人数(4〜6名)で行っているため、ご受講いただくお一人お一人のお声を聴きながらコースを進めていきます。

 

 次回開催の受付も開始しました!

 

≪ マットピラティス指導者資格養成コース ≫ BodyElementSystemJapan認定証書・テキスト

日曜日コース 2019年1月  6日(日)-3ヵ月間 14:30-17:30
水曜日コース 2019年1月16日(水)-3ヵ月間 13:00-16:00

 

≪ マスターストレッチ指導者資格養成コース ≫ イタリアBodyCodeSystem社認定証書・テキスト

2018年12月8日(土)・9日(日)14:15 - 18:15 合計8時間

 

資格コース詳細ホームページ : http://www.studio-colors.com/license-course/

 

☆体験レッスンや個別説明会も受付中です。

 

 

ピラティススタジオ  カラーズ大阪