色彩認定講師カラリスト 近藤正憲のブログ COLOROZA
  • 11May
    • 「イロドリガール」は不自然かつ違和感

      本日、色彩検定協会(旧A・F・T)に、以下のご提案をいたしました。 ―――――――――― 色彩検定協会講師養成係御中 いつもお世話になっております。先月24日に、 ●色彩講師研究発表会において、プロジェクターとパソコンの接続不具合による大幅な時間のロスと、締切日の差異による不公平さを無くすために、発表者ご自身のパソコンを持ち込むことは無くし、全員が事務局へ必要な電子ファイル(パワーポイント等)を提出すること● をご提案差し上げましたが、その後いかがでしょうか? 本日は、もう1つ別件をお伝えいたします。 昨年秋の色彩講師研究発表会(東京会場)の閉会前に、事務局の方にもお伝えしたのですが、 【『色彩検定』公式サイト】https://www.aft.or.jp/ のトップ画面の「イロドリガール」というバナーは、なぜ「ガール」に限定しているのか、私にはまったく理解できません。バナーの先をさらに読み進めると、 「イロドリガールとは、イロについて学び、『色彩検定』合格の先にそれぞれの夢をかなえた女性たちのこと」 だそうですが、こちらでもなぜ「女性に限定」しているのか、不自然かつ違和感を覚えます。昨年秋の事務局の方の回答によると、 「依然として色彩検定の受験者は女性が多い。男性の受験者がもっと増えると望ましい。」 だそうですが、この内容のバナーであれば変に「垣根」を設けてしまって「逆効果」です。「男性だから、女性だから」というこのような事例は、政界や企業をはじめとして、まだまだ世の中にたくさんあふれていますが、非常に古風で馬鹿げていると痛感しています。ぜひ、改善していただきたい事案です。何卒よろしくお願いいたします。 /第19期東京クラス 近藤正憲 ――――――――――カラーリストランキング

      5
      テーマ:
  • 10May
  • 05May
    • ■2018.04.28/新宿伊勢丹7階催事場■「WELCOME TO ZEON」明日...

      ■2018.04.28/新宿伊勢丹7階催事場■ 「WELCOME TO ZEON」 明日の18時迄です♪30分程度で観られます♪ シャアのネクタイとシャツがもう少し安ければ買ったかも… それにしてもなぜ今?「オリジン」の宣伝兼用かナァ? 近藤正憲さん(@kondo_kyokucho)がシェアした投稿 - 2018年May月4日pm6時05分PDT

      2
      テーマ:
  • 30Apr
    • 色彩講師研究発表会/2018年春/東京2日目所感(2/2)

       去る4/21(土)に、 色彩検定協会(旧A・F・T)主催色彩認定講師ライセンス更新にともなう研究発表会の2日目 が無事に終了しました。本日は、この後半についての所感を掲載いたします。 ――――――――――――――――――――――――― 【※1名あたり20分発表+5分質疑応答(無ければ補足発表)】 ――――――――――――――――――――――――― (11)パーソナルカラーセミナーのやり方 毎回思うのですが、 「パーソナルカラーとは何か?」 は、パーソナルカラー関連の検定テキストに、すでに書いてある内容ですし、今更「スプリングが…、サマーが…、オータムが…、ウィンターが…」と説明しても、オリジナリティに欠けて、時間の無駄です。これまでに何人、同様の方々を拝見したことか。事務局も「内容の重複を避ける」という方針だけに、この部分は違うと思います。 ――――――――――――――――――――――――― (12)高校家庭科の授業における保育教材/楽しみながら学ぶ色彩 「こんにちは!あかぎつね/エリック・カール著」という絵本は、「補色残像現象」の実証にはうってつけの教材なので、ぜひ入手したいと思いました。また、8ページ分の正方形の「絵本の台紙」の作り方には、目から鱗が落ちました。 以下、発表者の方の方針を、ご参考までに挙げておきます。 ●絵本制作を通して、色の不思議な現象を知る●残像現象の実習を通して、色彩に関心を持つ●子供と接する機会に発展させる ――――――――――――――――――――――――― (13)大学生と取り組んだ文化会館のサインデザイン デザイナーから制作業者へ、デザインデータを引き渡す際において、デザイナーと制作業者の間には、デザインデータ内の仕様の「こだわり度」に、大きなギャップがあることは、私自身も何度も痛い思いをしました。 ――――――――――――――――――――――――― (14)色の知覚/ツール この発表会場の動員数が多いとか少ないとか、前置きが長いわりには、所定の時間をはるかに超えてしまうならば、余計な前置きは要らないと思います。 内容については、スマートフォン等の「色彩管理アプリケーション」の紹介に終始し、デモンストレーションを1回実践しただけでしたが、私としてはたいへん興味深かったです。 ――――――――――――――――――――――――― (15)メイク品容器の「色」と「カタチ」/トレンド&感性マーケティングで今を読み解く 現代のメイクでは「チーク・リップ・アイシャドウ」の3つの用途を兼ね備える商品が存在することに、たいへん驚きました。 ――――――――――――――――――――――――― 以上です。  カラーリストランキング

      3
      テーマ:
  • 26Apr
    • 色彩講師研究発表会/2018年春/東京2日目所感(1/2)

       去る4/21(土)に、 色彩検定協会(旧A・F・T)主催色彩認定講師ライセンス更新にともなう研究発表会の2日目 が無事に終了しました。本日は、この前半についての所感を掲載いたします。 ――――――――――――――――――――――――― 【※1名あたり20分発表+5分質疑応答(無ければ補足発表)】 ――――――――――――――――――――――――― (6)ダイバーシティとカラー戦略 私自身はこちらの発表を拝聴するまで、「ダイバーシティ」とはあのお台場にある施設で、その環境色彩の研究か何かだとずっと思い込んでいました(苦笑)。直訳すると「多様性」「相違点」「幅広く性質の異なるものが存在すること」などという意味で、組織においては、 「多様な人材を活かす戦略」 で、この語句の出現は2015年頃だそうです。無知でスイマセン(苦笑)。それを配色の分野に応用させたことは、実にユニーク(唯一無二)だと思いました。  以下、私なりのメモです。 ●トイレ・シルバーシート・医療機器等のピクトグラムの変遷●理念・行動・視覚の統一●Googleやオリンピック等のロゴ配色●アサヒ・キリン・サントリーの差異●新しい価値を提供するカラーサービス商品  ――――――――――――――――――――――――― (7)「気分が上がる色」への意識の変化 こちらの発表で気付いた点は、 ●ナチュラルなネイル色を塗ると、指になじんできれいに見える●落ち着いた配色のウェアを着ると、自分の内面に意識を向けることが出来る の2点であり、「気分を上げる=派手な配色」とは限らないことを教わりました。 ――――――――――――――――――――――――― (8) 子供の絵にみる色彩心理/家族と色について 前日に続き、こちらの発表者ご自身のパソコンと会場のプロジェクタの接続が上手くいかず、冒頭で約8分間のロスがありました。 毎回感じることであり、今期こそ事務局の方に、さすがに苦言を申し上げたのですが、ご自身のパソコンを持ち込むことは無くし、全員が事務局へ必要な電子ファイル(パワーポイント等)を提出することに統一した方が良いと思います。ただでさえ、 ●「ご自身のパソコンを持ち込む人は、発表直前まで修正可能」という不公平 が生じているうえに、 ●「多くの人々の8分間を奪う」ことがどういうことなのか(例えば、ロス8分×人数)、社会人として自覚が足りない と思います。パソコンをプロジェクタに接続することは、常に百発百中では無く、ちょっとしたボタンの掛け違いから、上手くいかない場合が多々あります。我々IT業界人でも、イベント前に入念に運用テストをしているのが現実です。色彩講師研究発表会では、本番一発の出たとこ勝負で、危なっかしくて見ていられないのが現状です。 内容については、 ●子供が自分の家族を色に例える●紙面の位置も考慮に入れる という演習結果の分析でしたが、もう一歩、お話に踏み込みがあると深みが出たと思います。 ――――――――――――――――――――――――― (9)小学生の為の色彩体験セミナー活動報告 ●身近な植物の色を、子供達が絵の具で混色して色再現する という教室のドキュメント報告でしたが、全体からスポットに持って行く話の流れが、非常に上手いと思いました。我々色彩講師にとっては分かりきっている内容でも、どういう手段で未知な子供達に伝えていくか、それが非常に参考になりました。 ●相手の目線に立つ というスタンスのお手本を見るようでした。 ――――――――――――――――――――――――― (10)絵画制作における色彩調和理論に基づいたコラージュ/絵を描く人のための美しいバック作り こちらの発表では、絵画の「図」と「地」のうち「地」の描き方にスポットを当てた、これまた斬新な印象でした。 ただ、タブレット内の写真を紹介する時は、発表現場でタブレット内をあちこち前後して、探しながら紹介するのではなく、あらかじめ順番を決めておいて、スムースに紹介すると良いと思いました。 ―――――――――――――――――――――――――  (つづく・・・)  カラーリストランキング

      テーマ:
  • 25Apr
    • 色彩講師研究発表会/2018年春/東京1日目所感

       去る4/20(金)に、 色彩検定協会(旧A・F・T)主催色彩認定講師ライセンス更新にともなう研究発表会の1日目 が無事に終了しました。本日は、これについての所感を掲載いたします。 ――――――――――――――――――――――――― 【※1名あたり20分発表+質疑応答】 ――――――――――――――――――――――――― (1)児童向け無料体験教室の企画 多くの方が同じようなことをおっしゃいますが、「発表は久々だから緊張している」などという言い訳は時間の無駄なので、省略した方が良いと思います。 また、適度な余談なら結構なのですが、脱線して規定時間をオーバーするくらいなら、余談も省略した方が良いと思います。私が「月謝の額」をお尋ねした時も、「約●●●円」で済む回答にも拘わらず、私がストップをかけるまで、関係ないことを話し続けることにはさすがに閉口しました。 当教室の「費用は少なく、内容は濃く」という方針は良いと思います。 ――――――――――――――――――――――――― (2)大学ブランド力を高める/ゆるキャラ活用事例 国立大86校中、29校(約3分の1)にキャラクターがあるそうです。 ●山口…ヤマミィ●東京農工…ハッケンコウケン●鹿児島…さっつん●和歌山…わだにゃん●大阪教育…やまお●愛媛…えみか●静岡…しずっぴー●鳥取…とりりん●神戸…うりぼー●小樽商科…商大くん(お菓子まである)●宇都宮…宇~太(以上、代表11点) にとどまらず、オリジナルグッズ、SNSスタンプ、イベント等の紹介まであったのは、お話にふくらみがあって良かったと思います。 ――――――――――――――――――――――――― (3)専門学校生に対応した色彩教育 ●資格とる意義を始めに明確にする●音読・解説・暗記のサイクル●ミニテストの繰り返し(生徒の小さな達成感)●褒めてモチベーションを上げる●コンビを組んで一問一答遊び●理解していない箇所の洗い出し●カラーパネルのソート などなど、温度差がある生徒達へ教える際の「コツ」を教わりました。どうもありがとうございました。 ――――――――――――――――――――――――― (4)錯視について 多くの方が同じようなことをおっしゃいますが、「パソコンの技術が無くて、下手で汚くてスイマセン」などという言い訳は時間の無駄なので、省略した方が良いと思います。 また「錯視」については、2017年4月にも東京会場で発表がありましたが、今回の発表には内容が重複してしまっている点が多々ありました。重複しないように、事前に他人の研究発表を拝聴したりするリサーチは必要だと思います。 ――――――――――――――――――――――――― (5)Design~心に響くデザイン 多くの方が同じようなことをおっしゃいますが、「発表は久々だから緊張している」などという言い訳は時間の無駄なので、省略した方が良いと思います。 また、発表者ご自身のパソコンと会場のプロジェクタの接続が上手くいかず、冒頭で約10分間のロスがありました。 毎回感じることであり、今期こそ事務局の方に、さすがに苦言を申し上げたのですが、ご自身のパソコンを持ち込むことは無くし、全員が事務局へ必要な電子ファイル(パワーポイント等)を提出することに統一した方が良いと思います。ただでさえ、 ●「ご自身のパソコンを持ち込む人は、発表直前まで修正可能」という不公平 が生じているうえに、 ●「多くの人々の10分間を奪う」ことがどういうことなのか(例えば、ロス10分×人数)、社会人として自覚が足りない と思います。パソコンをプロジェクタに接続することは、常に百発百中では無く、ちょっとしたボタンの掛け違いから、上手くいかない場合が多々あります。我々IT業界人でも、イベント前に入念に運用テストをしているのが現実です。色彩講師研究発表会では、本番一発の出たとこ勝負で、危なっかしくて見ていられないのが現状です。 内容については「ウェブ」に関することでしたので、私にとっては、特に目新しい事項はありませんでした。 ――――――――――――――――――――――――― (つづく・・・)  カラーリストランキング

      4
      テーマ:
  • 24Apr
    • 色彩講師同期の最期の炎

       先週土曜日、余命幾ばくもない色彩講師同期と、サシで会食してきました。本人の希望では、せめて東京五輪まで生きたかったそうですが、どうやらそれも、もはや・・・ しかしながら、奇しくも東京五輪と同じ2020年の春の、本人の色彩研究発表の出番について、準備を開始するよう、お互いに約束しました。 2017年の前回同様、私は黒子に徹します。(本人がワードで原稿作成、私がパワーポイントで清書&操作→事務局公認です) その前に今年秋には、私自身の色彩研究発表があるのは承知していますが・・・ (※色彩検定協会主催/色彩講師研究発表会の所感を近日公開予定♪)  色彩・カラーランキング

      3
      テーマ:
  • 23Apr
    • 著作権は心配ご無用

       ブログに掲載している画像の著作権を、ありがたくも心配してくださる方がいらっしゃるようですが、私の場合は多方面にコネクションを持っているので、すべての画像に使用許可をいただいているため、そんな心配はご無用です。 また、私は法学部出身(刑法ゼミ専攻)であり、法曹界にも多少のことなら無料で相談できる同級生が複数いるので、「ビジネス法務何ちゃら」という資格を取得する必要もありません。 そんなことに時間を掛けるよりも、どんなビジネスモデルを考案するか、の方が、今の私には重要です。 (※色彩検定協会主催/色彩講師研究発表会の所感を近日公開予定♪) カラーリストランキング

      1
      テーマ:
  • 22Apr
    • 合格は素直に喜ぶべし

       「合格率が高い時の試験に受かっても、充実感が無くて喜べない。向上する気になれない。」 という方がおられるようですが、それは単なる贅沢です。言うだけみじめです。それは受かったから言えるようなものであり、もし受かっていなかったら、 「やっぱり合格をください!」 と言うに決まっています。勝てば官軍、試験は結果がすべてなのです。第三者への対抗要件として。いくら努力しても、結果が出なければ世間は認めてくれません。とにかく今回はいい波が来たと、素直に喜んでいただきたいものです。もし努力していなければ、そのいい波にさえ乗れないのですから。 そんなに不満なら再受験したらいいと思います。あるいは後で過去問題集を買って解いてみるとか。 私自身はこう見えても素直なので、膨大な数を受験したすべての合格結果に喜んでいます。そんなことで向上心が削がれるようなヤワではありませんから♪ (※色彩検定協会主催/色彩講師研究発表会の所感を近日公開予定♪)  カラーリストランキング

      2
      2
      テーマ:
  • 09Mar
    • セザンヌと過ごした時間

       去る3/2(金)、宇都宮ヒカリ座におけるロードショウの最終日に、 ●映画「セザンヌと過ごした時間」 を観てきました。 ご存知の方も多いと思いますが、「セザンヌ」とはフランスの画家の一人で、フルネイムは「ポール・セザンヌ」であり、現代では「近代絵画の父」とも呼ばれています。 セザンヌの絵画作品を講義や教科書で習う中で、よく耳にするのが「サント=ヴィクトワール山」であり、共立女子大学の城一夫教授は、現地のタクシー運転手さんに難色を示されながらも、僻地へ向かって、実物の「サント=ヴィクトワール山」をご覧になったそうです。 劇中では、セザンヌが「サント=ヴィクトワール山」を、ふと眺めた瞬間に何かが閃いたような描写があっただけで、実際に「サント=ヴィクトワール山」を描くシーンは無く、いくつかの「サント=ヴィクトワール山」の絵画作品が、エンド・クレジットの背景として映されたことにとどまりました。 意外だったのは、セザンヌが「実業家の息子」として生まれ、父親の意に反して画家を目指したこと、そしてセザンヌ自身は「未婚の父」であったことです。 子供がいても決して入籍せず、恋人を絵画作品のモデルとして関係を続けていたら、恋人から、 「生身の女性より、自分が描く絵の女性の方に魅力を感じるんでしょ!」 などと罵られながらも、ちゃんと父親になっているという「バランス感覚」に、思わずうなずいてしまいました(苦笑) このような映画の場合、必ず「制作における苦悩」が描写されますが(無ければ逆におかしいですが…苦笑)、この映画でもセザンヌの苦悩は、非常に自然に描かれていました。 それは少年時代から交流があった、のちの小説家:エミール・ゾラとの確執と和解の繰り返しと、複雑にリンクしていたように思えます。そのゾラから聞かされた最後の言葉が、「セザンヌは天才だったが、残念ながら花開くことはなかった…」 という陰口だっただけに、非常にしょっぱい感じで締めくくられた映画でした。途中、セザンヌの絵画作品が売れ始めた描写もあっただけに。 そして没後の人気は、皆さんがご存知のとおりです。 色彩・カラーランキングカラーリストランキング

      6
      テーマ:
  • 08Mar
    • ル・コルビュジェとアイリーン/追憶のヴィラ

       去る2/23(金)、宇都宮ヒカリ座におけるロードショウの最終日に、 ●映画「ル・コルビュジェとアイリーン/追憶のヴィラ」 を観てきました。 ル・コルビュジェは、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエとともに「近代建築の三大巨匠」と呼ばれていますが、ル・コルビュジェの建築物デザインを講義や教科書で習う中で、もっともよく耳にするのが「サヴォア邸」であり、「近代建築の五原則」を構成する、 ●ピロティ●屋上庭園●自由な平面●水平連続窓●自由なファサード を満たしています。これは劇中でも、ル・コルビュジェの口からしっかりと語られます。 2016年には日本の国立西洋美術館も、「ル・コルビュジエの建築作品/近代建築運動への顕著な貢献」として、世界遺産の一つに登録されましたが、掌を返したような現地のフィーバーぶりは、私としては多少の違和感を覚えます。 肝心な映画の内容ですが、実はル・コルビュジェが主人公ではなく、インテリア・デザイナーとしても著名な女性建築家:アイリーン・グレイを中心に物語が進行していきます。 ル・コルビュジェはアイリーン・グレイの共同制作者というスタンスであり、物語は一貫して淡々としたイメージで、時折アイリーン・グレイのヒステリックな態度にゲンナリしますが、元来「ものづくり」というのは「難産に次ぐ難産」であるので、これは致し方ない描写であると解釈しました。 一つだけ不自然に思ったのは、邸宅をデザイン&建築するのは結構ですが、その資金源が明確ではなかったことです。そんなことなど気にしなくてもいいほど、資金面では苦労しなかったのでしょうか?  余談になりますが、本作を観て新発見したことは、  「ル・コルビュジェは壁画家でもあった!!」  ということです(笑)。かなり前衛的な(笑)  色彩・カラーランキングカラーリストランキング

      1
      テーマ:
  • 21Feb
    • ブリューゲル展/画家一族/150年の系譜

      【ブリューゲル展/画家一族/150年の系譜】http://www.tobikan.jp/exhibition/2017_bruegel.html 去る2/12(月・祝)に、上野/東京都美術館にて「ブリューゲル展」を観てきました。  総じて、人物画にしても、風景画にしても、歴史の教科書等で目にしたような、懐かしくもフォーマルな印象でした。 ブリューゲルは一族を示すそうなのですが、被写体や課題の選択によって、売れる・売れないの事情があり、親族の間でも貧富の格差が開いてしまうのは、何とも嘆かわしいと思いました。 当展覧会場は全部で3フロアあるのですが、3フロア目がすべて写真撮影可能でしたので、すべてカメラに収めました。タイトルやコメントは敢えて入れませんので、どうか感じ取ってください。  順路の最後の絵を模写している少年を見付けて、何だかとても嬉しい気分になりました♪  当展覧会は4/1(日)迄ですので、興味のある方はぜひご覧ください。 色彩・カラーランキングカラーリストランキング

      9
      テーマ:
  • 25Jan
    • カラフル怪獣☆こんにちは♪

      みなさん、こんばんは。 今夜はカラフルな怪獣について、振り返ってみましょう♪ その代表格と言えば、やはり蛾をモチーフにした「モスラ」。1961年の初登場以来、ずっと根強い人気を誇っています。  次は全身にトーテムポールのような配色をされた「ギャンゴ」。  実はこの怪獣、経費節約のために、1966年の「(初代)ウルトラマン」第1話に登場した「ベムラー」の耳と手を改造して、先のような配色を施したんですね。  そして、タバコに幻覚剤を混ぜて、人類どうしが憎み合い、自滅することを企んだ「メトロン星人」。ユニークなちゃぶ台会談は、1967年の「ウルトラセブン」でも、2005年の「ウルトラマンマックス」でも有名です。  怪獣「ゴルパゴス」は体が透明だったため、防衛隊MATがありったけの塗料を吹き付けて、さながら虹色(減法混色)にしてしまい、攻撃しやすい目標とした怪獣です。  最後に、空を割って現れるというシュールな登場が衝撃的だった、超獣「バキシム」は・・・  青とオレンジの補色色相配色が活きた、超獣です♪  たまにやりましょう! このようなゆるいテーマも♪(笑) 色彩・カラーランキングカラーリストランキング

      14
      テーマ:
  • 23Jan
    • 共感覚:「十七歳の地図」の場合

      先日、私の生徒だった方から、こんな質問がありました。 「私は文字に色を感じてしまうんです。例えば『福島』と『和歌山』という文字には、同じような『青』を感じてしまって、時々、間違えてしまうほどなんです。これは異常でしょうか?」 そこで私は、こうお答えしました。 「それは『共感覚』と言って、個々に持ち合わせた『プラスアルファの才能』だと思って、心配しないでください。むしろ誇りに思ってください。」 実は私自身にも「共感覚」はあって、私の場合は楽曲に『色』を感じてしまうのです。しかも1回聴いただけで。 例えば故「尾崎豊」氏のファースト・アルバム「十七歳の地図」(1984年作品)を取り上げてみましょう。  このアルバムは全10曲で構成されているのですが、私自身はそれぞれの楽曲に、次のような『色』を感じてしまい、これらがずっと変わることはありません(笑)  他のどんな曲でも、このように色分けされてしまうのです。不思議ですね♪古くは「ワシリー・カンディンスキー」という画家が、オーケストラのそれぞれの楽器の音に「色」を感じてしまって、それを絵画に起こしたという記録も残っています。  色彩・カラーランキングカラーリストランキング

      3
      テーマ:
  • 18Jan
    • 【公式サイト】スター・ウォーズ・マニア・ファン・クラブ

      皆さん、ご無沙汰しております。 私が昨年の今頃に加入し、現在では6名の副管理人のうちの1名を務めさせていただいております、スター・ウォーズのファン・コミュニティ(現在6,800名超の会員)の公式サイトをご紹介いたします。 【​スター・ウォーズ・マニア・ファン・クラブ・ジャパンの公式サイト】https://black-boymens-eggt.wixsite.com/star-wars-mania-fc 管理人曰く、今後もちょくちょく更新していきますので、よろしかったらどうぞご覧ください♪ ちなみにこのグループでは、私自身はハリソン・フォードが演じた「ハン・ソロ船長(エピソード4ヴァージョン)」のコスプレを、主にしています♪ ■今年のトピックス■2018年8月(夏)​・イベント『マニアの覚醒』(仮)開催予定!!​埼玉県狭山市市民交流センター(13:30~22:00予定) なお、この場をお借りして申し上げますが、今年の、 色彩検定協会主催/色彩認定講師ライセンス更新研究発表会 の秋の部では、ジェダイの衣装を身にまとい、「スター・ウォーズ」に関する発表(約20分)を予定しております♪ 併せてよろしくお願いいたします。   色彩・カラーランキングカラーリストランキング

      3
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。