宇宙の月の14日目。
KIN 153 赤い惑星の空歩くものの日。

月2回開催の
高齢者向けストレッチクラスでした。



毎回、オーラソーマのポマンダーでスタートします。

その日のポマンダーの色の簡単なお話をして
香りを楽しんでいただいていています☺️


今回はピンクを使いました。

というのも、
世界にピンクを届けたかったから💞


地震、水害など
災害が続いています。

水害は
水が引いた後の
感染症も心配です。


こんな風にお話ししました。

「人の思いって何となく伝わりますよね。
部屋に入ってきたときに
あ、なんか良いことあったのかな?
とか
あれ?なんか機嫌悪いのかな?
とか、言わずもがなで伝わりませんか」

「人の思いというものは、光よりも早く相手に届くそうです」

「自分が穏やかであれば、それが周囲に伝わっていくとするならば」

「ピンクの穏やかさを自分が感じることが
世の中に穏やかさを伝えることになるのかもしれません」


なるほど〜☺️
と理解してくださり
ピンクのエネルギーを
周囲に送ってくださった
参加者の皆さまに
心より感謝いたします✨


物的支援ももちろん大切ですが、
同時に心の穏やかさも意識したいものですね。

七夕飾り

テーマ:
宇宙の月の11日目。
KIN150 白い共振の犬の日。
七夕の節句。




やっぱり作りたくなる。

白い犬らしく
家族みんなで
家族みんなの健やかさを祈る。


七夕は五節句のひとつ。

陰暦では秋なので

七夕は秋の季語なんですってね。


燃え上がって
オイタして
怒られて
結ばれない恋は

青春の甘酸っぱい思い出。

その思い出を胸に
大人になっていくのです。


なんてね(笑)
水晶の月の24日目。
KIN135 青い倍音の鷲の日。

「附けの會」にて清元三味線と附けのコラボワークショップでした。



歌舞伎でクライマックスに欠かせない附け。
板は檜、打ちつける木は樫や花梨で、
劇場の大きさなどによって使い分けるそうです。
確かに音や響き方が違います。


斎寿先生と徹先生の
楽屋小話的な小芝居がとても楽しく分かりやすかった(笑)


附け打ち体験、
斎寿先生が(笑)





大舞台での失敗談もお聞かせ下さいましたが
今、お話しできてる
という時点で失敗ではないですよね😉



附けの會主催
山﨑徹さま。
七月は松竹座です。

清元三味線の
清元斎寿先生。
九月にはロシア公演、
十月は清道會です。

とても楽しかったので
娘も連れて行ってあげれば良かったわ。