ColourMagic 色の魔法  頑張った自分を認めて、一歩踏み出そう

充実感をもって働きたいあなたを色の魔法でお手伝いします。


色には心と体に影響を与えるパワーがあります。

お仕事で自分を輝かせたいのに、

なかなか現実は思い通りにいかないと悩んでいるあなたに

TCカラーセラピーを使って理想に近づけるようサポートします。


TCカラーセラピーを受けると


チョコどのような働き方が幸せなのか

チョコ今の仕事をつづけたいのか、転職したいのか

チョコ何が得意でどこを伸ばしていったら楽しく仕事ができるのか

チョコ職場の人間関係の解決策


がわかったり、
疲れた心を守ったり、積極的に行動を起こすことができます。


TCカラーセラピーには2種類の基本的なリーディング方法があります。

パーソナリティ・ストーリー・ワーク クリック

3本  ご自身の本質や外界との関わり方、理想像などがわかります。

4本リーディング ハイヤーセルフとつながる クリック

4本  潜在意識で感じていることを選んだカラーボトルから読み解きます。


●お試しショートセッション 15分 1500円

選んだ色の意味をとりあえず聞いてみたい、TCカラーセラピーってどんなものか知りたい方向けです。

●レギュラーセッション 30分 3000円

色の意味を聞いて感じたことを深めて、気持ちの整理や今後の方針などを引きだします。

●フルセッション 60分 6000円

あらゆる角度から色を解釈し、あなたの中に潜む本音や願望とじっくり向き合います。

セッション場所:溝の口ドイツ料理カフェ カッツ・ロイファー
          または渋谷近辺のカフェ

ご希望の方は、土日祝日または平日の夜のご都合のよい日時をお知らせください。

お申し込みはこちらから




働く女性に贈るスペシャルカラーセラピー

音符色で知るあなたが無理をしないで輝けるお仕事リーディング 音符


  選んだ色からあなたに適性のある仕事を探します。



きらきら!!色で知る あなたが今本当に望んでいるお仕事リーディングきらきら!!

  転職する?今の仕事を続ける?あなたが仕事に求めていることを探り、気持ちを整理します。


 料金:20分 2000円


宝石赤ヴィジョン・スパイラル・セッション



望む未来を引き寄せるための3部構成のセッションです。(90~120分)

1潜在サイクルワーク

2価値をみつける14色の質問・ワーク 

3ヴィジョン・スパイラル・ワーク

詳しくはホームページ をご確認くださいませ。


色の意味を学んで、セッションをできるようになりたい方に

TCカラーセラピスト講座



1日5時間で取得できます。


会場は溝の口ドイツ料理カフェ カッツ・ロイファー にて

日曜に開催いたしますので、ご希望の日程がございましたらご連絡ください。



お申し込み・お問い合わせはこちらから


  • 28Jan
    • コスモサークル~鳳凰~ワークショップのご案内

      気がついたら、今年初のブログ投稿でした。あけましておめでとうございます。もうすぐ2月だけど。さて、いまさら今年の目標はやりたいことをやる!やりたいことで思いついたのが、ボードゲームとコスモサークルなのでした。コスモサークル(糸かけアート)の面白さを共有して広めたいので、何回かシリーズでワークショップをしようと思います。第一弾は鳳凰私的にはこれが一番簡単に感じます。もうすぐバレンタインだし、赤を基調にしたコスモサークルを作りました。神秘的で魅入られてしまいます。これを作る過程もまた夢中になって打ち込めるのです。糸を選ぶ楽しみもあります。ワンコインで気軽に参加できるようにしました!2/9を予定してますが、他の日程もご相談可能です。詳しくはホームページをご覧ください。

  • 08Dec
    • 窓の星飾り作りとシュトレンを楽しみました☆

      この投稿をInstagramで見る 窓の星飾り作りとシュトレンを楽しむワークショップ開催しました🎄 皆さん、サクサクと手際よく星飾りを作り上げました🌟 テーブルの上に置くと鍋敷きみたいだけど、窓際で光を透かすととってもキレイ✨✨ 来週の土曜日もリクエストを頂いたので開催します。 やってみたい方は、ご連絡下さいね🎵 #トランスパレントスター #fenstersterne #ドイツのクリスマス飾り #シュトレン #カッツロイファー #森のマルシェ #フィオーレの森 #溝の口 #ドイツ好きと繋がりたい Tamako Ishikiriyama(@tamatamatamar)がシェアした投稿 - 2019年Dec月8日am3時31分PST色によって、印象が変わりますねシュトレンも食べていただいてドイツも満喫しました

  • 24Nov
    • 子猫と糸かけクリスマスオーナメントできました!

      昨日は一日雨が降る寒い日でしたが、ワークショップ開催いたしました。会場は京王八王子の駅近くのMakers mixer MUQさんです!ねこのび屋さんの可愛いイラストを切り抜いて作るオーナメントとコスモサークル(糸かけ)のオーナメントです。糸かけの真剣な雰囲気が良かったんですけど、写真撮るのをすっかり忘れてました。これは完成したオーナメントをリースに固定してるところ。こーんな可愛いリースたちが出来上がりました集合写真もっと大きい(というか普通サイズの)コスモサークルも作ってみたいとの嬉しいお声も頂きました。喜んでワークショップさせて頂きますよ~参加者募集中!窓の星飾り作りとシュトレンを楽しむワークショップ

  • 05Nov
    • 参加者募集中!窓の星飾り作りとシュトレンを楽しむワークショップ

      ハロウィンが終わって街はクリスマスムードまだ早いとは思いつつ、やっぱりクリスマスはいいなぁと思ったりします。さて、ドイツのクリスマスと言えば、暗く長い冬を彩るために、パラフィン紙のようなパリっとしたトランスパレントペーパーを使って、Fenstersterne(窓の星)というものを作って窓に貼ります。日本ではトランスパレントスターともいいます。窓に貼ると光が透けて、紙が重なったところに影が出来て、複雑な幾何学模様が浮かび上がります!ワークショップではこちらの八枚のパーツからなる窓の星飾りを作ろうと思います。一つ一つは簡単なのに、繋げるとこんなになるのが不思議です。ドイツカラーで16パーツの星飾りも作りました。パーツが増えると、単純に倍になるから大変ドイツの有名なクリスマス菓子のシュトレンも食べて、ドイツのクリスマスを堪能するワークショップです。お申し込みはこちらから!こちらは残席一名様です!11/23(土)、八王子開催クリスマスの準備☆子猫と糸かけオーナメントワークショップ

  • 27Oct
    • 猫のび屋さんレポート”千葉市科学館へ♪大人の校外学習”

      千葉市科学館の糸かけでみる数楽アートの世界は『クリスマスの準備☆子猫と糸かけオーナメントワークショップ』でコラボする猫のび屋さんと一緒に、行って来たのです。その猫のび屋さんのレポートが、事細かでわかりやすいので、リブログしちゃいますこちらが、展示されていたコスモサークルです。板に釘打ちをしないで手軽にできるのが、画期的なアイデアなんです!『クリスマスの準備☆子猫と糸かけオーナメントワークショップ』では、直径4cmの小さなゴールドの台紙に糸をかけます。小さいので、すぐに完成しますよやってみたい方は、こちらの記事をご覧下さいね。《募集開始》クリスマスの準備☆子猫と糸かけオーナメントワークショップ

  • 26Oct
    • 糸かけでみる数楽アートの世界を見て来ました!

      この投稿をInstagramで見る 糸かけでみる数楽アートの世界を見に、千葉科学館まで、大人の遠足で行って来ました🐾🐾 昨日は大雨で冠水した千葉駅を通るので、今日は行けないかなと思いましたが、京成線は復活していて無事に行ってこれました🚇 さてさて、肝心の展示作品(撮影はOKです📷)は、どれも緻密で大作で見入ってしまいました✨✨✨ また、作品の説明がわかりやすくて、体験も出来るようになっていて、それほど広くはない展示室にずいぶん長いこと滞在して、楽しませてもらいました。 お子さんが楽しめるように工夫されてますが、大人もとっても楽しめます💞 私のやっているコスモサークルも一部紹介されてました。 釘打ちタイプもデビューしてみたくなりました~💓 プラネタリウムもあって、1日楽しませてもらいました⭐ #数楽アート #糸かけアート #コスモサークル #千葉科学館 #大人の遠足 #互いに素 Tamako Ishikiriyama(@tamatamatamar)がシェアした投稿 - 2019年Oct月26日am1時53分PDTディズニーのイッツ・ア・スモールワールドみたいで素敵《募集開始》クリスマスの準備☆子猫と糸かけオーナメントワークショップ

  • 20Oct
    • 士 サムライ―天下太平を支えた人びと― 特別内覧会

      先日、江戸東京博物館で開催中の士 サムライ―天下太平を支えた人びと―のSNSユーザー特別内覧会に行って参りました。内覧会では、特別に許可を頂き、写真撮影してきました。通常でも、撮影できるスポットがあちこちにあって、楽しい展示になってます。江戸時代の武士の普段の暮らしに関する資料を集めた展示って今までなかったんじゃないかしら?こちらの作品では、古代から明治までの武人、庶民、婦人の服装の変遷がわかります。大きくしないとこの大きさじゃわかりませんね。図鑑みたいで、じっと見てると飽きません。こちらは、大き過ぎて全容が掴みきれない、陣備図です。尾張徳川家の軍隊の資料で、近くから見ると、様々な役割の侍を後ろ向きに描いてます。こちらは、久留米藩士江戸番長屋絵巻参勤交代に伴って江戸に来ている大名の家臣が、質素に長屋で暮らす様子を描いたものです。武士というより、役人という感じで、庶民の様子とそう変わりなく、なんとなく微笑ましい感じがします。大熊家の大砲の模型、軍扇、関札これ、何に見えます?これは町奉行与力の都築家の女性用の火事頭巾だそうです。防災頭巾はこの流れですね!これは、遠山景元の鎧です。遠山の金さんですよ!実在の人物だったんですね。(失礼)この他にも、金さんの晩年の肖像画と、直筆の書状が展示されてます。その書状とは、33才の時に痔疾のため籠での登城を願い出たものです。なんだか、時代劇の中の英雄ではなく人間くさくていいですね。洋服のような袖の萌葱色の羅紗地の幕末のこちらの羽織りは、レクション羽織りといいます。レクションは、lesson(訓練)または lequitation(乗馬)に由来するそうです。南蛮好きな織田信長とかが着てそうですが、幕末、開国を迫られていた頃に洋服の影響を受けていたのは面白いです。ほかにもたくさん、知らない江戸の侍の小ネタがたくさんありました。会期は11/4(月・祝)までなので、江戸好きな方はぜひご確認下さいませ!!《募集開始》クリスマスの準備☆子猫と糸かけオーナメントワークショップ

  • 11Oct
    • 《募集開始》クリスマスの準備☆子猫と糸かけオーナメントワークショップ

      ブログの更新は滞っていましたが、ワークショップの準備は着々としておりました。猫のび屋の美佳さんと今度はクリスマスオーナメントを作るワークショップをします。小さいコスモサークルを練習用に作ってみたらこれ、クリスマスオーナメントにならない?!というところから始まった今回の企画です。美佳さんのイラストのオーナメントもたくさん種類があって猫好きもゼンタングル好きもクリスマス好きもそそられる絵柄です。今回は2019年11月23日(土)13時~15時に京王八王子駅近くのMakers mixerMUQさんの会場をお借りして開催します。手作りさんが集う素敵なラウンジ&カフェです!ワークショップの詳細とお申し込みはこちらをご覧下さいませ。ワークショップ募集のお知らせ

  • 08Sep
    • 糸かけで彩る龍体文字ワークショップ開催のご報告

      昨日は、糸かけで彩る龍体文字ワークショップでした。六名の方にご参加頂き、こんな素敵な作品が出来上がりましたよ~😉龍体文字はねこのび屋のみか先生から、二種類教えて頂きました。夢が叶う「えて」(平仮名や数字、アルファベットの組み合わせに見えます)と金運アップの「く」(ローマ数字みたいです)です。ワークショップの後に、早速効果ありましたとの声が複数寄せられてます!私も書かなきゃ!そして、ゼンタングル風アートにも挑戦して頂きました。皆さん、真剣そのもの後半は、糸かけアートのコスモサークルでした。黒の台紙に好きな色の糸をかけて行きます。単純な繰り返しなのに、綺麗な幾何学模様が浮かび上がってくると、ちょっと感動しちゃいます。指先に色を感じるなんて、名言も頂きました。子どものころに遊んだリリアンを思い出される方もいらっしゃいました。額装した作品と満足感溢れるみなさんの笑顔です。龍体文字もコスモサークルも、波動が高いそうです(わかる人にはわかるらしい)私のようなわからない人でも、神秘的な美しさを感じます。ぜひ身近に飾って、夢と金運を引き寄せてくださいね~増税前に、色の意味を学んでみたい方は、TCカラーセラピスト講座がオススメです!

  • 18Aug
    • イチゴのかき氷を食べながら、赤の意味を考えた

      この投稿をInstagramで見る 久しぶりにかき氷が食べたくなり、近所のサンマルクカフェへ。 私はイチゴ♥、旦那は宇治金時💚 補色の組み合わせです。 赤は、働くという意味もあれば、危険なので止まるという意味もある。 緑は、休むという意味もあれば、変化を求めて進むという意味もある。 どの意味が、今の自分にしっくりくるかな? ちなみに凍ったイチゴがたくさんのってて、食べ応えありました🍓 大満足😍 #かき氷 #サンマルクカフェ #イチゴのかき氷 #宇治金時 #色彩心理 #カラーセラピー #色の意味 #tcカラーセラピスト講座 Tamako Ishikiriyamaさん(@tamatamatamar)がシェアした投稿 - 2019年Aug月18日am2時03分PDT色の意味を学んでみたい方は、TCカラーセラピスト講座がオススメです!1日五時間でカラーセラピーがマニュアルを見ながら出来るようになります。10月から値上がりしますので、今のうちに受講しちゃってください。

  • 10Aug
    • ベルリン最後の観光とランチ

      長いドイツ旅行レポートもこれが最後になります。ベルリン動物園、実は正門(ライオンの門)ではなくパンダ館へ続く象の門が、有名です。お土産店は一カ所で、出口は強制的にライオンの門から出るしかなかったので、わざわざ動物園を出てから、外からまわりました。なかなか見ない造形美の象の像です。(ダジャレ)象の門の向かい側には、第二次世界大戦で破壊された姿を留めるカイザーヴィルヘルム記念教会があります。破壊された方の教会は、内部の装飾が見事です。天井がつぎはぎしてるのわかりますか?豪華絢爛豪華なモザイク画だったのです。もちろんここも素晴らしいのですが、新しく建てられた、新教会のステンドグラスが美しい青なのです!少しずつ色味が違う青のステンドグラスが360°ぐるっと取り囲んでいて、とても厳かな気分になります。外見はこんな無機質なベルギーワッフルみたいなのに、ギャップがすごいです。そして、ランチはビキニ・ベルリンというショッピングセンターへ。実はここの建物から、ベルリン動物園の中が見られるのです!有料の動物園なら、中を隠そうとすると思いますが、ここは堂々と動物が見られるんです。テラス席から、動物園を眺めながらのランチです。アジア風の創作料理なのかな?鮭のヌードルをいただきました。今どきのベルリングルメなのでしょうか?美味しゅうございました。こんな気軽なイートインスペースでした。ベルリンからICEでハンブルクに向かいます。今回は空いてたので、予約なしでもちゃんとした座席に座ることが出来ました。エミレーツにて、帰国の途につきました。この後、羽田でなかなか荷物が出てこなくて終電ギリギリになりましたが、大きなトラブルもなく今回の旅行は終了です。1ヶ月くらいは、夢見心地で過ごしておりました。また、ドイツいくぞー!ブログにて、お付き合いありがとうございました。募集中糸かけで彩る龍体文字ワークショップ(9/7開催)TCカラーセラピスト講座(8/18, 25開催)

  • 07Aug
    • 動物も人間も居心地のよいベルリン動物園

      ドイツ旅行最終日は、ベルリン動物園へ。子供の頃も来たらしい、があまり記憶にない。パンダもいるんですよー看板の上の動物、リアルじゃないですか?絵なんですよ!そして、ここにもバディーベア熊の上に各種動物が盛りだくさん(斬新なデザイン)ぞうもこんな風に障害物なしに見えます。檻や柵の代わりに、こんな風に掘があるので、動物も人間が襲ってくることはないと安心しています。動物園なのに牧歌的な風景!それほど広くはない園内ですが、工夫を凝らした展示がいっぱいです。水中も水上もいっぺんにみられる水槽には、カバさんがいました。こういう看板もセンスがいいのです。鳥の館が充実していて、予定外に時間を食ってしまいました。謎のアングルシマウマさん園内の植物もまた素敵なんです。そして、いよいよ待望のパンダです!ベルリン動物園には二頭のパンダがいるのですが、こちらは雌のメンメン広い敷地を一人で占領です。なぜか後ずさりして歩くクセがあり、見えない位置にフレームアウトしたかと思うと、お尻から登場します。近くにいた人が「moon walk!」と言ってたのには、笑っちゃいました。こんなにやんちゃに遊ぶところにも遭遇!パンダで大興奮してしまいました。ドイツ旅行の写真の大半がベルリン動物園でした。旅行に行って、何も動物園に行かなくても。。。と思うかもしれませんが、ここの動物園はゆったりした作りで、動物も穏やかに見えるし、人間もゆったりした気分になれます。お時間が許すなら、ベルリン動物園はオススメです!募集中糸かけで彩る龍体文字ワークショップ(9/7開催)TCカラーセラピスト講座(8/18, 25開催)

  • 04Aug
    • ベルリンでの最後の夕食

      ベルリンでの最後の夕食は、ホテル近くのドイツ料理店へ本場のケーニヒスベルガークロプセとアイスバインを食べてみたいと、注文しました。芋も肉も大ぶりのケーニヒスベルガークロプセクセのあるケッパーが見当たらずとても食べやすいお味💚そして、量が少ないのかと安い方のアイスバインを頼んだらもはやアイスバインではなく、アイスバインのゼリー寄せでした。でも、結果オーライたぶんこの方が美味しく飽きずに適量食べられたと思います。なんとか完食しました。他のお客様がアイスバインを頼んでいたのを見て、一度挑戦してみたかったという思いとやめておいて良かったという思いが交錯しました。アイスバインは、次回ベルリンへ行く際のタスクとしてとっておきます!募集中糸かけで彩る龍体文字ワークショップ(9/7開催)TCカラーセラピスト講座(8/18, 25開催)

  • 01Aug
    • バディベアとイーストサイドギャラリー

      くベルリンはアートの街で、歩いているといろんなものをみかけます。ベルリンで有名なバディベアそして、ベルリンの壁にアートを施したイーストサイドギャラリーこれなんかはただの落書きっぽいけど、なんで富士山?日本地区への迂回路ってどういうこと?イーストサイドギャラリーの中で最も有名な作品『ホーネッカーとブレジネフの熱いキス』ドイツとユダヤの融合を思わせるこの作品には、ぐっときました。でも、ほのぼのこんな作品が好き募集中糸かけで彩る龍体文字ワークショップ(9/7開催)TCカラーセラピスト講座(8/4, 18, 25開催)

  • 29Jul
    • 東ドイツの生活がわかるDDRミュージアム

      今はなき、東ドイツ(DDR)子どもの頃、西ドイツに引っ越しますと言うと、東ドイツじゃなくて良かったわねと言われました。なんで東ドイツはダメなんですか?と聞くとまともに答えてくれる大人はいませんでした。実際にベルリンの壁があった頃に、東ベルリンを訪れてみてわかったのは圧倒的な貧しさと品不足でした。統一から30年くらい経って、東ドイツが懐かしいと、ブームも起きているそうで、旅行者にはわからなかった東ドイツの様子をベルリンのDDR博物館で見てきました。色んな展示があって、オリンピックのメダル数とか(国家的にドーピングしてたんですよね)政府高官の贅沢な暮らしとか、割と政治的なものもありましたが、面白かったのは、東ドイツの家庭の様子です。キッチンは、何となく昭和の香りが。私の子どもの頃と同じ時代だったのだと実感します。食器棚の中には、有名なニワトリのエッグスタンドが!各家庭に必ずあったといわれるほど普及していたそうです。お土産にレプリカを買ってきました。冷蔵庫の中身、瓶詰めや缶詰めが多いですね。東ドイツの出生率とか、離婚率とか、固めの統計的な展示もありつつ東ドイツのご夫人のワードローブをバーチャルで試着できたりします。こんなの日本でも70年代に着てそう。体験型の楽しい博物館でした。ネットで事前にお安くチケットを買えるはずが、該当するチケットが販売されてなくて、当日窓口料金になっとしまったのだけが残念でした。(日本から問い合わせしてたのに、回答がなかった~)募集中糸かけで彩る龍体文字ワークショップ(9/7開催)TCカラーセラピスト講座(8/4, 18, 25開催)

  • 28Jul
    • カラーセラピストになりたいなら、今です!

      消費税の値上げに伴い、いよいよTCカラーセラピスト講座の受講料も10月より値上げが決まりました。現在19,000円(税込み、カラーボトルと教材費込み)10月から20,900円(税込み、カラーボトルと教材費込み)内容には変わりはないので、もし、カラーセラピストになりたい方や今やっている趣味やお仕事に色彩心理の観点を取り入れてみたい方はぜひこの機会に受講をご検討くださいTCカラーセラピスト講座8月は、4日、18日、25日(全て日曜)の10時から15時半(ランチ休憩30分含む)です。会場は東急田園都市線・大井町線の溝の口駅またはJR南武線の武蔵溝ノ口駅から徒歩6分のカッツ・ロイファーになります。ランチはご希望でしたら、1000円でケーゼシュペッツレ(写真)、サラダ・コーヒー付きも可能です。カラーセラピーはカウンセリングの一種です。講座では、色彩の科学的な解釈と心理学的な側面との両方を学びます。カラーセラピーの知識は、ご自身の人生を生きやすくし、周りの人の助けにもなり、色を使った創作活動にもあらたな意味づけをすることができます。これからの人生をより豊かにするために、TCカラーセラピーを学んでみませんか?お申し込み・お問い合わせ募集中糸かけで彩る龍体文字ワークショップ(9/7開催)

  • 27Jul
    • ベルリンのチョコレート専門店巡り

      ベルリンではチョコレート専門店が二軒近くにあったので、一気に行ってまいりました。まずは、ファスベンダー&ラウシュ目移りする量り売りのチョコレートは、見ているだけでも幸せでしたが、外は35度を超えていたので、お土産に買うかすごい迷いました。店内には、チョコレートでリアルなベルリンの名所が作られてました。ここでも観光できちゃう!カイザーヴイルヘルム記念教会崩れた塔と青いステンドグラスを外からみた感じがリアル👍うーんと、これはドイツ連邦議会議事堂だな!ブランデンブルク門でしょヤッパリ、カイザーヴイルヘルム記念教会が好き結局買わずじまいで店を出て、次は日本でも有名な正方形のチョコレートリッター・スポーツの直営店、ブンテ・ショコヴェルトに参りました。このパッケージ見覚えありませんか?ドイツでは、中央駅や空港でもリッターのオブジェをみかけます。バディベアもチョコレートがかかってます。ここでは、好みのチョコレートをカウンターで作ってくれるサービスもあります。また、一般発売されていない試作品のチョコレートがこの店舗だけで、売られています。パッケージも正式なものがないので、こんな、感じ。ココナッツチョコレートでした。おいしかったので、夏向けに発売されてるといいなぁ。ちなみに、35度の暑さに負けて、変形してしまいました。。。

  • 26Jul
    • 糸かけで彩る龍体文字ワークショップのご案内

      梵字のワークショップでコラボしていた猫のび屋さんこと池田美佳さんと、今度は龍体文字でコラボしちゃいます!美佳さんから龍体文字とはなんぞや?ということを教えてもらった後、ご自身の手で文字を書いて頂きます!《龍体文字について》約5600年前の神話の時代に使われていた文字(神代文字)のひとつで、鍼灸院院長の森美智代氏によると中でも気のエネルギーが強いとされています。森氏が一字ずつの意味を自動書記で天からおろし解説した本「開運!龍体文字の奇跡」によると、それぞれの文字に心身の不調や悩みを解決するのに良いエネルギーを持っているとのことです。 私自身初めてのワークショップ開催でなかなか参加者さんが集まらなかったのが、人を集める龍体文字を書いて見える場所に置いていたところ満席となったことがあります。この文字のパワーに驚きつつ、助けになってくれると実感しています。今回は金運アップの「く」、夢の実現の「えて」をご紹介。 ご自身で書くことでパワーが高まるのではないでしょうか?(この額はサンプルで、実際は2Lサイズになります。)文字の周囲には、コスモサークルの手法で糸かけをします。《コスモサークルについて》釘や板を使わない糸かけ曼荼羅として、人気がでているコスモサークルは、とても手軽に繊細な幾何学模様を作ることが出来ます。選ぶ糸の色によって全く違う印象に仕上がります糸かけの作業は単純な繰り返しなので、うっかり間違えてしまうことはありますが、難しいことはありません。単調なリズム運動なので、軽い瞑想状態になります。作る過程でのヒーリング効果と、美しい作品を作る達成感の両方が得られます最後に額装しますが、上下の余白スペースに、特別サービスでゼンタングル風のラインを美佳さんに教えてもらいながら、ご自身で描いて頂きます(上の写真ではスタンプで代用してます)最後に作品を愛でながら、ティータイムを楽しみましょう◎こんな方にオススメ◎☆龍体文字を自分で書いてみたい人☆龍体文字にご興味のある人☆金運アップまたは夢の実現に力を借りたい人☆幾何学模様の神秘性が好きな人☆糸かけ曼荼羅を気軽にやってみたい人☆単純な繰り返し作業で癒やされたい人☆ゼンタングル風のアートを描いてみたい人🔶ワークショップ詳細🔶 日時:2019年9月7日(土) 14時~16時   場所:カッツ・ロイファー神奈川県 川崎市高津区久本2丁目8-1 フィオーレの森3号館2階東急田園都市線・大井町線溝の口駅、JR南武線武蔵溝ノ口駅南口よりそれぞれ徒歩6分定員:6名(先着順)参加費:3000円   (コスモサークル材料費、額も含みます。)    当日お支払いをお願いします。    別途、カフェでワンオーダーをお願いします。お申し込み

  • 21Jul
    • いよいよベルリン市内観光です!

      動物園駅から、一日券も使えて、市内の名所観光も出来てしまうことで有名な二階建ての路線バス200番に乗り込んで、いよいよ市内観光です。車窓からベルリン天使の詩に出てきた戦勝記念塔を眺め、(シャッターチャンスを逃したため、写真なし)ブランデンブルク門で降りたら、ユダヤ人犠牲者記念館に向かいます。お墓のような不気味なオブジェで、中の方に入ると視界が遮られて、不安になってきます。地下に展示室があるのですが、この地上部分だけでも、考えさせるものがありました。ポツダム広場の方に歩いている途中で見つけた、立体アンペルマンさん?さて、ポツダム広場に到着ベルリンの壁が残されて、展示されてましたが、壁よりも藤壺のように群生している(生物じゃないけど)ガムが気になりました。落書きもセンスない上にガム。。。監視塔も残されていました。テロのトポグラフィー少しはナチスの負の遺産にも目を向けようと立ち寄りましたが、ここの展示が無料なのに充実していてすごかったです。ここはゲシュタポと親衛隊本部があった場所で、ここへ出頭するということは死を意味したのだそうです。ドイツ語と英語で解説がたくさんある上、当時の写真もたくさん展示されていて、言葉がわからなくてもだいたい理解することができました。人道的に許されない恐怖政治が行われていたのですが、それを隠さずにきちんと後世に残していくドイツの度量の広さを感じました。次はチェックポイントチャーリーに向かいます。ここはベルリンの壁があった時代の東ベルリンと西ベルリンの国境検問所でした。このあたりには、ソ連兵の軍服や帽子などのお土産がたくさん売られていました。観光客でごった返していて、スリも多そうだったので、ここは早々に退散しました。お昼はチェックポイントチャーリー付近で見つけたトルコ人がやっているオシャレなビストロキッシュにしました今回の旅はドイツ料理にこだわってましたが、色んな国の料理が流行っていて気軽に食べられます。むしろドイツ料理を探す方が難しいかも。流行りのカフェ飯っぽいのが食べれて満足でした

  • 20Jul
    • シャルロッテンブルク宮殿 ベルリン

      シャルロッテンブルグ宮殿は、プロイセン王フリードリヒ一世が王妃のために建てた夏の離宮です。プロイセンの本拠地のベルリン王宮が近くにあったのに、夏の離宮というのがちょっと不思議です。ベルリン王宮は戦争の被害を受けましたが、ソ連占領下の東ベルリンにあったため、東ドイツの判断で取り壊されてしまって今はありません。シャルロッテンブルグ宮殿も、ベルリン王宮よりひどく破壊されたそうですが、現在は綺麗に復元されています。ホテルから割と近いので、朝一番で訪れました。庭園には入れますが、宮殿は10時からオープンなので、ここも内部の見学はパス。今回の旅は、お城の中のキラキラを全く見ないことになってしまいました。でも、口コミによるとこの宮殿の見所は庭園だそうなので、期待して散策です。道端に咲くこの白い花がドレスデンでも咲いていて、花の形が夕顔みたいで可愛いけど、なんていう名前なのかしら?手前の白い花も、雰囲気があって素敵宮殿の庭にパンを持ち込んで朝食今回の旅はホテルでの朝食をつけずに、朝市や駅でパンを買うパターンで過ごしました。おかげで、早朝からうまく動けたと思います。この鉢が素敵こんな鉢植えの木を、昔想像でパステル画にしたことを思い出しました。植栽の刈り込み方も、とんがりコーンみたい。離宮なのにこのスケール!お庭の手入れをたくさんの人が出てやっていたのですが、大枠はヨーロッパらしく左右対象の庭園なのに、細部は、好き勝手に花が咲き乱れているような演出です。この刈り込み方も独創的です。ゲームの駒に見えます。池のほとりには、子どもの像庭園はもっと奥まで続いているのですが、全部見ると時間が足りなくなるため、ここで引き返します。帰る時には表の門が開いていたので、順序が逆ですが、正面の顔をパチリちょっと中も覗いてみたかったけど、また次の機会に来れたらいいな。