25日からの日露会談に向けてロシアを訪問している安倍首相の3日目

 

 

ボリショイ劇場でのイベント「ロシアにおける日本」「日本におけるロシア」  

 

 

 

  和やかな雰囲気でお互いのスピーチが終わりました

 

  あの強面のプーチンも安倍首相とはウマがあう感じの表情は隠しえません

  (両国の首相の関係が良好だというのはとても重要で国防上とても大切な事だと思います、ロシアと上手くいくという事は中国包囲網にもつながるし、北の比核化に対しても重要な国です)

 

 

 さて、ボリショイ劇場という事で時空を超えた文化交流が行われるようです...

 

 

「侍」がボリショイに現れたようです

 

 

 

 

ボリショイ劇場に「侍」は似合います、今後の日露関係に期待をせざるを得ません、

安倍首相お疲れさまです

 

 

 

 

肉体は栄養を摂取しなければ生きていけない、でもその肉体も複雑で神経細胞が何かの原因で疲労して故障を起こしたりして苦しみを与えたりします。

 

  その苦しみとか故障を起こさないように予防するのには食べ物だけではなく心のリラックスというか、空気から細胞を通じて感じて摂取する栄養が必要かもしれない、よくいう「癒し」というもの、この癒しって細胞が感じる空気の波動じゃないかと思ったりします

 

愛しい人と一緒にいたり、カワイイ無邪気なペットと触れたりして癒される方も多いでしょう......

 

     そこで、今日はもう一つの癒され方、知らないうちに空気が変わっていくというものを紹介しようと思います

 

手前みそというか私の扱ってる版画の中でも究極な「絵」、キュンとなって心が解れる事間違いない絵柄ベスト3です!

 

   ( 移転の予定がありますので特別セール中です)詳しくは右の「世界の版画」をクリックしてご覧くださいませ

 

       1.マッケンジー・ソープ ”freedom to dream"

   

 

 

             2. ダグ・ハイド

          two hearts in one love

      .

 

 

                    3. ダグ・ハイド

                          ”ハッピーデイズ”

          

 

 

西城秀樹さんは凄かった、全てにカッコ良かった

 

   個人的には芸能人には殆んど興味はなく「西城秀樹さんの訃報」がニュースで流れても少し驚きましたが極端に悲しむ事はなかった、何気にここ数日YouTube で動画を視聴したら気が付かなかった西城秀樹さんの凄さに「心」を打たれ動画をあさり続けてるうちに、その生き様、考え、魂に揺さぶられて「涙」が止まらない状態です.....

 

純粋で情熱的で心が綺麗、「日本」だけでなく海外の人達をも沢山元気にしてくれた、大胆で心が広くて優しい......

  秀樹さんは全ての人に元気のエネルギーを与えてくれた

 

2度の脳梗塞という病魔と闘いながらも最後まで「ステージ」に立ち続けたあのカッコ良さ、その強さと思いやりは誰も忘れないでしょう

きっと、秀樹さんは天国でも特等席が用意されているはずだから「天国のステージ」でもバンバン歌ってね

 

間接的に西城さんの噂は聞いた事あったけど本当に素晴らしい人だったんですね、面倒見が良い事はずば抜けていて誰からも慕われる

 

Youtube 動画のコメント欄みても「ルックスがカッコ良すぎ」「歌唱力抜群」最後には「もうこれ以上のスーパースターは出ない...」

 

   本当に身も心もスターらしいスターでした

丁度1年ぶりになるアメブロ、戻ってきたはいいけど正直、お題目を絞れない

 

  世界情勢はめまぐるしく変化してきているようです、個人的な考えではトランプ大統領になったことで何かが変わる行き過ぎたグローバリゼーションにストップをかけてくれると信じていました、そして、我が国の安倍首相との関係が凄く良好なのも安心材料でした

 

その間、あまり政治に感心を持ちませんでしたが、チラチラッと見るヤフーのトップニュースとかTVのニュースは本当におかしい、マスメデイアはただの洗脳機関だといやでも感じさせられます、これは日本の安倍叩きとアメリカのトランプ叩きは全く同じ勢力(旧エスタブリッシュメント)です。 「森友・加計」と「ロシア疑惑」全くのでっち上げです。

 

   期待通り、トランプ大統領は頭がいいからこういう勢力と折り合いを上手くつけながら手腕を発揮してきました、そして、これからもトランプ流で安倍首相とタッグを組んで世界を良い方向に導いてくれる事でしょう

 

「メーク チェンジ」と言っていたオバマは何も変えられず結局は歴代大統領と同じ操り人形で終わってしまった、8年間も......

 

  今の最大の課題は「北朝鮮問題」かもしれないが、トランプ大統領はこれまでのように妥協しないし騙されない。安倍首相ともよく話し合い北朝鮮に関しての知識を得ている事も大きい

 

   感動したのは、先回の安倍首相のアメリカ訪問の際の共同記者会見でトランプ大統領は始めに北朝鮮による日本人拉致問題に触れ「ベストを尽くす」と力強く宣言してくれた、そして日本の事を「日出ずる国 the land of Rising SUN」と表現してくれた…

 

 日本は中国による「尖閣諸島」の領海侵略等、中国の脅威に脅かされて「現日本国憲法」の基では十分に防衛出来ない危うい状態です、これ以上中国が経済成長したら本当に「日本が危ない」と危惧していましたが、この事もトランプが大統領になった事で少し解消された気がしていました。選挙期間中の演説では激しく「CHINA CHINA CHINA!」CHINAはもうたくさんだ、と叫んで非難していましたから、今後はどんどん中国を絞っていくでしょう.....

 

    ネットの普及によってメデイアの「嘘」が即、暴かれるようになったのは本当に良かったと思う、つくずく個人用のPCを開発してくれたステイーブ・ジョブズに感謝と敬意です!

 

  余談ですが私は今e-Bay 輸出に専念していますが、敬愛するステイーブジョブズがコレクションしていたという「川瀬巴水」の木版画を扱ったのですが全くダメです、相性があるのか同じ新版画の鳥居清忠(言人)の版画は上手く売れてくれます

 

  とりとめもなく書いたけど1年ぶりのブログはこの辺にしておきます

  

 

 

 

風光明媚なシチリア島のタオルミアで開催

 

開催のセレモニーは空から

 

 

そして、屋外コンサートが....

   「 マダムバタフライ」も演奏されました

 

いよいよ各国7の首脳会談が丸いテーブルを囲んで始まりました

日本の安倍首相はG7のベテラン、メルケルに次ぐ回数です...

他の4か国は初めての首脳たちです

 

 

その後、個別会談

トランプ大統領と安倍首相

 

 

トランプ大統領は安倍首相とはとても相性が良いようで、終始穏やかで和やかな表情に変わります

 

「北朝鮮問題は日本・アメリカだけの問題だけではなく世界の問題であり、安倍首相とは築いてきた信頼と友情を基に、今後もお互いに話し合いこの問題を解決していく.....」

 

 と、言うような会話でしたが印象に残るのは安倍首相に対しての信頼「フレンドシップ」の言葉を何度も使っていた事、最初の言葉も「私たちは個人的な友情も深めた」とも言っていました.....

 

安倍首相の最初のジョーク、「今回はただ一つゴルフが出来なかった事が非常に残念だウインク」....が、さすがベテラン、余裕があって好印象、トランプも「ニコリ」として喜んでいました....

 

 

◇ 27日の2日目に入ります、

安倍首相は笑顔で円卓の自分の席に着き、会議の始まりを待ちます....

 

 

☆一方でファーストレデイー達はというと、シテイーホールの見学のようです

 

メラニアと昭恵さんが頬を交互につけて挨拶を交わしている場面

 

この時のメラニアさんの上着がデザイナーもので

なんと、価格が$51,500(約560万円)もするものだとネットでは騒がれています

 何かと、メラニアさんの衣装代に関しては批判が多いようです

そのうえ、場所にふさわしくないとかさすがクラッシーとか賛否両論状態.......

 

  中東を訪れた際も歴代の大統領夫人、ローズもミシェルもみんな黒のスカーフを頭に被っていたのにメラニアだけは被らなかっと報道されていましたよね.....

 

 

トランプ大統領が辞めさせられるのではないか、弾劾されるのではないかと騒がれていますが、少し前までは大統領をメデイアを利用してでっち上げを作り、ニクソンの時のように辞めさせる事が出来たけれど、今は、そんなに上手くいかないと思う。

  今回の「ロシア問題」をしつこく、しつこく追及して1年がかりで辞めさせようとしている「トランプ降ろし」報道がCNN等で盛んに行われている......

 しかし、時代は流れ変わっている、ニクソンの時とは違う....

世界を動かしている「影の支配者たち」の策略に気が付き始めている、目覚めた人達が増えてきているのです....