「人生、パステルカラーだけじゃないよね」


曇り空が優しい函館からおはようございます。


先日、松田聖子さんのコンサートのMC部分の動画を観る機会がありました。


大笑いしました。


あの方は本当に底抜けに笑うから、こちらがとてもハッピーになります。


リクエストコーナーというのがありまして、観客の皆さんが仕込んできた紙を掲げて、「この曲を歌って!」とアピールするんです。


聖子さんはそれらを読み上げていくのですが、その中でも拍手の大きかったものを歌うというコーナーなのです。


そこでこんなくだりがありました。


「じゃあ今度は元気な曲で、みんなと一緒に歌える歌がいいんじゃない? 元気がいい歌。えっ?『セイシェルの夕陽』と『時間旅行』? 『時間旅行』すごーい悲しい歌だよ。それに『セイシェルの夕陽』。あれも悲しいんじゃない。あれ、一人でセイシェルに行ったっていう話よ」


観客の皆さんはわーっと盛り上がってこの二曲を聖子さんが歌いました。


それを観ていた私。


ふうむ。もしかしてそうなのかな……とてもとても考えさせられるぞ。


ここからは、完全なる私の想像ね。


もしかしてもしかしたら聖子さんって、一曲一曲に物語世界をもっていて、その曲を歌う時は、その曲の物語の世界観に入り込み、ご本人から出る波動ごとそのものと一体となって歌い上げていらっしゃるんじゃないかしら。


「赤いスイートピー」とか「ハートのイアリング」とかを思い浮かべるだけで、早春や、雪まじりの雨空の匂いまでしてくるのは、歌っていた聖子さんが「それ」をやっていたからなのかなと驚愕した瞬間でした。


私は作家の方の作品でも、別人が書いたように世界の違う作品をいくつも生み出している方の筆力に感動するし、
俳優さんなんかでも、ご本人のプライベートの顔を想像できないくらいに全細胞でその役になっている方の演技(演技という言葉ではいいあらわせないような憑依のようなすがた)に感動します。


人って、いったい何なんだろうと思ったりします。


特に、表現者というものは。


ひょっとして人の中には各種の色彩が驚くほどたくさん内在していて、どの色を表現するかで波動ごと変幻自在なのではないかしら。


生きているとさまざまな色彩を感じます。


ごくうすいペールピンクのような気分でつき合い始めた彼とカフェに入るような甘い緊張感もあれば、
自分の躰を垂直に保てないほどに深く落ち込む暗灰色の日もあります。


冷酷なナイフのようにすべてをはじくシルバーグレーの自分がいたり、人懐っこい仔犬のようにじゃれたいスウィートなはちみつ色みたいな自分がいたり、
そして誰にも言わず心の奥底に抱えている錘(おもり)のような黒も有している。


そう、この黒の存在が、蝶々のようにとらえどころのない各種の色彩のふるまいを、この地に足の着いた生活基盤へ錨となってアンカリングしてくれているんではないかしら。重しになっているんじゃないかしら。


黒って色じゃないように思うし、心の中の色はあまりいいものじゃないように思われたりしているけれど、この黒が重くて深い人が私は個人的に好き。
この、錘のような黒を誰かに感じると、私はその人の奥行に敬礼したいような気持になる。


つらいことを人生の錘にしているような。


錘を抱えている人は、苦しいこと、つらいことを吐き出さず、腹に貯める。


それはその人の比重になる。


軽くて明るいムードの人物に、この錘を感じると、なにかとても大事なものを見たような気持ちになる。その方が、人生の風雪に耐え、練り、腹に貯めた黒いもの。人生の錘。


宝物であり勲章ですが、そうそう人様に見せるようなものではない。
初対面の人にこの錘を出して、「自分は過去にこんなに大変でね…」と話したりはしない。


この黒い錘は、人様には話しませんが、気配は伝わりますね。


オーラや気魄や本気の魂となって伝わります。


錘の大切さを知っている人は、不幸自慢をするようなことは決してありませんが、陰と陽を併せ飲んでいる奥行きと深みのある気配は伝わります。
うん。そういう人好きだな。


でもね、人にはパステルカラーの人と黒の人がいるわけではないのだと思う。


どの色も内在するのだと思う。


全盛期の聖子さんの衣装やお姿や立ち居振る舞いにパステルカラーの印象を強く感じたけれど、あれは憑依や変化のひとつの瞬間に、私に内在する何か渇望のようなものが呼応したのかもしれない。


私だって日々のあれこれに、変幻しているのだろう。


パステルカラーにふわふわ浮つくのもよし。


そして、私の下のほうにあるであろう錘の黒さを味わってみるのもよし。


人の色は実に多面体だ。


そしてその中の刹那と時代がマッチしたときに、なにか大きい渦を生むことがあるのだと、聖子さんのMCを観ながらぼんやり考えていたのです。


あったかい黒いセーター、着たくなってきた。

 

「鏡に映るもの」


薄青色の晴れた秋空が高い函館からおはようございます。


足元をカサカサと音を立てて通っていく枯れ葉。


歌いながら数羽で飛び立つすずめ。


今朝は小さき茶色いものたちがいっしょに散歩してくれているような通勤路でした。


昨日の眞子さま(小室眞子さん、とお呼びするのですね)の服の色、これまでもよくお召しのミントグリーンでした。


やっぱりお好きなミントグリーンを選ぶんだ!と感じたのと同時に、ミントグリーンと呼ぶことに少し違和感を感じました。


いわゆるミントグリーンと呼ばれている色域よりも高明度低彩度で白に近い色。

どちらかというと白緑や青磁色を思わせる気品を感じました。

青磁って宋の時代から焼かれてきた独特の灰みのある青緑色をもつ磁器です。

平安時代に伝えられてそのあまりの美しさに「秘色(ひそく)」と呼ばれたのだとか。


白緑なんかは銅が酸化した錆びである緑青のさらに粒子の細かいものがもつ色。繊細な色です。


この「青み」が奈良の枕詞「青丹よし」の岩緑青です。


(※参考『日本の色辞典』(吉岡幸雄))


このように、東洋の歴史に欠かせない青緑という系譜。


欧米の方々にはどう見えるのかわかりませんが、東洋の文化をもつ人たちにとっては、今回眞子さんがお召しになった「高明度低彩度中間色」に、気品を感じたのではないでしょうか。

極限まで白に近い青緑のもつ美。


背景色は暗めの弁柄色でしたが、明度対比が起きて、より白っぽく見えていたかもしれませんね。


さて今日は「鏡に映るもの」。


以前実家でチャコという猫を飼っていました。

シャム猫の兄弟の中で一匹だけ生まれた茶色いトラネコです。

私が14歳の時、母の手のひらにすっぽり入るくらいの小さいサイズで我が家にやってきて、それから私が35歳になるまで21年間生きました。

私はいまでもチャコを自分の姉のように思っていて、いつも私の横で眉間にしわを寄せて、私のやることなすことを心配そうに不満そうに見ていたチャコに、なんでも相談していました。


ときどき私はチャコを抱き上げて鏡の前へ行き、いつまでも私たち二人が映る鏡の中を覗き込んでいたものでした。

この広い世界でこの二人がいま一緒にいるというこの好ましい境遇、言葉を超え、生き物の種類を超えて共有しているこの沈黙、みたいなものを見ていたかったのです。

そういうときチャコは、とても複雑な顔をしていたものです。

啼きもせず、観念したような表情で、「麻子が人間でわたしが猫であるということをまざまざと見せつけるこの無粋なものを、あまり直視したくないのよ。でもまあ麻子がこうしていたいんだったら少しなら」というようにすこしうつむいていました。


チャコには鏡というものはどういう概念として捉えられていたのでしょうか。


以前リクルートで働いていたとき、釧路出張の途中に、とあるビルの1階のお手洗いをお借りしたことがありました。


前髪を直すためにふとそこの鏡を覗き込みました。


「ああ、ずいぶん遠くまで来たなあ」とふと感じました。


蛍光灯の青い光に浮かび上がる、スーツを着て少し緊張している青ざめた私の顔がそこにありました。


今回の出張がなければ立ち寄ることのないビル。そのビルの鏡に映る私。


なんとなくそのとき、「釧路の鏡にも映ってしまった」と思いました。

まるで鏡というものが、どこかとつながっていて向こう側の誰かに存在確認をされる装置のような感覚になりました。


そしてその感覚は実はいまでも続いています。


自分の顔や服装などを確認するために物理的に映すためだけのものではなく、なにかその瞬間に生存のすべてを凝縮して向こう側に「居ますよ」ということを伝達するすべのようなもの。


鏡に映るもの、映らないもの、その違いは何であり、
そして私たちが鏡を覗き込むとき、私たちは何を確認しているのでしょう。


誰も覗き込まない鏡に、街ゆく人などの光景が映し出されてるけれど、誰も見ていないときは何が映っているのでしょう。

街ゆく人にまぎれて誰かが映っているのか。あるいは何かが欠けて映るのか。


村上春樹さんの作品には井戸と鏡がよく出てきます。


その影響かもしれませんが、自分が今日も鏡に映っているなとときどき思います。


だって羊男は鏡に映らないのですから。


こんなことを考えながら木枯らしの朝を歩いていると、
実存を失いそうになったので、あわてて散文的なコンビニエンスストアに入り、散文的な買い物をしてきました。


LOOK青い宝石だって。


色が商品価値になっている例。

 

 

🌈たくさんのご注文ありがとうございます。在庫少なくなってきました🌈

カラーワークたっぷりの吉田麻子特製NOTE『志喜彩NOTE』の弊社ウェブストア商品ページはこちらです

 

 

「神から架かる橋」

曇り空が優しい函館からおはようございます。
今日は眞子さまが記者会見なさるのだとか。
最後のお出かけのあれこれを拝見していると定番のミントグリーンに加え、アイスブルーやシャーベットオレンジなど、彩度低めのパステルトーンがお似合いです。
(パーソナルカラー、夏タイプさんなのかしら)
今日はどのようなお色をお召しになるのか拝見するのを楽しみにしております。
いろんなご意見があるのを承知しておりますが、色彩オタクとしてはなかなかないシーンにおいてどの色が選択されるのかに一筋の興味を注ぎたいのです。

さて今日は「神から架かる橋」。

最近キリスト教のことを調べています。
というのも私は幼稚園も短大もキリスト教で、小さい頃は讃美歌が大好きでいつもマリア様が横にいるように思っていたし、短大では寮生活というものをしていて、毎朝聖書とマイ箸をもって部屋から食堂へ行き、寝ぼけまなこで聖書を読み上げていた過去を有する者として、あまりにもキリスト教のことを知らなすぎると思い、あらためて勉強してるんです。
カラーセラピーとかに出てくる欧米における色の象徴的意味合いも、絵画の歴史とかも、キリスト教がわかっていないとどうも本質的なところでぴんと来ないというのもあって。

なんてったって小さい頃はアブラハムは「油ハム」だと思っていて、ベーコンか何かの種類なのだろうなあと思っていたくらいの認識ですからね。十戒といえば中森明菜さんのほうが先にイメージしますからね。(しかもかんぺきに踊れますからね)
そのぐらいもう本当に申し訳ないほどに、わかっていないのです。
これじゃー、色彩を深く理解できないよということでぼちぼち関連書を読む日々。

その中でアウグスティヌスの「告白」に関する説明とか読んでると、ずきゅんずきゅんと身につまされることが多く、
これまでうろ覚えでいた各種の知識というものの中にもしかしたら答えがばんばんあるのではないかと、いま興奮しているところです(単純)。

今読んでいる『キリスト教の核心をよむ(NHK出版)』の中に、こんなくだりがありました。
なんてことのない地の分の一部なのですが、ここに今朝の私は(irodoriへ来る電車の中でさっき読んでたんですが)、いつも降りる電停を乗り越しそうになるほど衝撃を受けました。

それはここ。

「たとえば第一章では、旧約聖書のアブラハムの物語において「人間を探し求める神」というお話をしました。これは「神の方が人間に橋を架けてくる」と捉えることができます。」

神から人間に橋を架けてくる?

どんなイメージだろ。
たとえば私がせっせせっせと自分の生活を毎日なんとか生きていて、その中で「神様、もう少し〇〇したいんですが」とか「神様、私の夢は〇〇です。どうかお願いしますっ」とかいうのは、私から神様へ願い事をしている状態ですよね。
そうではないということですよね。
神様から人間に橋を架けてくるって、
「ねえ、麻子ちょっといい?これやってみない?」
みたいな感じかしら!
きっと本人にとってはまったく予期していない、想像もつかないようなことなんじゃないかしら。
偶然に目の前に現れる何かとか。
誰かから提案してもらう何かとか。
そういえば昨日、ナレッジプラザさんでやらせていただいている「吉田麻子の五冊目を一緒に作る研究会」の日だったんだけれど、
「Voicyとかやってみたら?」とか「色のエピソードを小説に印象的に使ってみたら?」など、私が一回も考えたことのないアイディアを頂戴した。
とびきりうれしかった。
あれは多分「神から架かる橋」なんだと思う。
「えーそんなの無理です」と言わず、その架けられた橋に一歩踏み出してみようと思う。

そう考えたら「本人は意図していないけれど、目の前に来る何か」を「神から架かる橋」と捉えることも可能かもしれない。

起こる出来事への感じ方が、変わりそうだ。

本日も皆様にとって彩り豊かな素晴らしい一日でありますように。


すべてのことに感謝🌈

 

 

🌈たくさんのご注文ありがとうございます。在庫少なくなってきました🌈

カラーワークたっぷりの吉田麻子特製NOTE『志喜彩NOTE』の弊社ウェブストア商品ページはこちらです