「また15才の凶行」


 マスコミの見出しだ、はたしてそうだろうか。


 両親を殺害した少年は明らかな計画的犯罪であり、証拠隠滅・逃亡を図っている。

 一方の兄を殺してしまった少年は過剰防衛となるかもしれないが正当防衛ではないのか。

 これを「また15才の凶行」とタイトルをつけて知識人顔をしてわかったようなことを言うキャスターという厚顔無恥な連中。

 どのように画面で少年をかばうそぶりをみせる意見を吐こうがTV画面の隅に出続けている「また15才の凶行」のタイトル。