なんだか毎日だるい。

やる気が出ない。

イライラする。

頭痛がある。

倦怠感がある。

などの症状ありますか??



加工食品を意識して

控えてみてはどうでしょう。





何にでも添加物が入ってる

時代と、なりました。

話には聞いていましたが

「添加物 日本」

「添加物 日本 世界一」

これらのワードで検索してみると

びっくりしちゃいます💦



私は、幼児・小中学生の

習い事のお教室に

勤務しておりますが

明らかに現代の子供は

体調がよくないです。



半数以上の子が

アレルギー・アトピー

花粉症を発症しており

鼻血もよく出します。

それと発達障害や自閉症も増えました。



腸脳相関と言って、腸は脳と密接に関係しているんです。だから、腸を整えると、これらは改善されるのです♡♡



食事の影響は、想像以上に大きかった。

食事が悪いため、

腸内環境が荒れてしまう…



これだけ添加物まみれの

日本で生活でいたら無理もないですね。





この子たちが大人になる頃の日本は

いったいどうなってしまうのでしょう。

とても心配でなりません。



なぜなら、

アレルギー・花粉症などといった症状は

イエローカードだからです。 

その後の重篤な病が気がかり。



自分のカラダは自分で守るしかない❤︎




腸内環境は親から子へと遺伝します。

お子様をこれから持たれる方は

妊活の前に

腸活が必要だと確信しています♡



また、腸内環境が整ってないと

どんなに良いサプリや

食事を摂取したとこで

吸収率が激減してしまいます。



私は、お薬反対派ですが

一時的に必要な場合もあるでしょう。

そのお薬でさえも吸収できなくなり

希望通りに結果に繋がらないのです。

(過去の私です…)

妊活応援しています♡♡♡


 


 

 

◉腸内環境について

◉愛犬ごはんについて

◉乳酸菌生産物質について

◉健康管理について

◉NPOについて

 

ご質問やお問い合わせは

お気軽にどうぞ〜〜♡

↓ポチッと↓

 

 

メッセージやコメントでも大歓迎♡

みんなで健康になりましょーー♡♡

 

 

 

 

♡ プロフィール ♡
 

こんにちは♡
善玉菌ライフプランナーのえみーです。


私は、ランドセルに頭痛薬を入れて登校する子供でした。加えて、酷い吐き気・下痢軟便。薬が手放せない生活をおくっていました。社会人になる頃には不眠となり、29歳で不妊症と診断。顕微授精を何度も行うが、着床するものの出産まで至らず。お薬の過剰摂取により、40歳になる頃には、24時間365日偏頭痛が続く。更には鬱で引きこもりとなりました。


見かねた友人が「同じ様な症状を克服し、元気に講演活動されている方がいるよ!」と、教えてくれ、講演会に参加。それが、
乳酸菌生産物質との出会いです。

 

乳酸菌生産物質


 

 

その頃、愛犬たちも皮膚炎・下痢・胆汁嘔吐などで、たびたび動物病院へ通っていたので、乳酸菌生産物質をごはんに混ぜて与えてみると、あれよあれよと…どんどん改善されていくではありませんか!!


病気ってお薬が治してくれるのではなく、腸内細菌だったのです♡
びっくりですよね!!


現在は、NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」で学びを深め、経験を元に
腸内環境を整える素晴らしさと、人間も愛犬も、それぞれの腸内細菌に合った食事をする大切さを知って頂きたく、活動をしております♡





NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」
乳酸菌(善玉菌)ライフプランナー  えみー

 

愛犬の足がピクピクしたり

小刻みに震える

けいれん発作 

などの症状が起こることありませんか?



これらは、様々な原因があるようですが

まず肉球チェックしてみてください。



肉球がカサカサ・ヒビ割れしてたら血流の調節機能が低下し、十分な栄養を送ることができなくなっている可能性があります。



この様な場合

実は、腸で解決できるんです♡



コーラは、以前

けいれんの発作があったんです。

最初は半年に1回程度だったのですが

段々と間隔が狭まっていきました。



半年だと様子見なのですが

それが3ヶ月に1回までになると

お薬を処方するとの事だったので

しばらく、てんかんの薬を服用したのです。

しかし、嘔吐があって…

可哀想で、やめました。



そんな時、

乳酸菌生産物質の存在を知り

ごはんに混ぜて与えていたら

いつの間にか

発作はゼロになりました。



乳酸菌生産物質には造血作用も備わっているので、結果が出たようなのです♡


ウワサの乳酸菌生産物質です☆



造血作用がある事を

知らなかったので

事実を知って

びっくりしちゃいました。

やっぱ!凄いですよね!!



もう〜、なんでも腸にお任せあれ〜❤︎って感じです❤︎



肉球カサカサの子の他に

毛がパサパサしている子も

血液不足です。

血液の循環が悪くなり

栄養が行き届かなくなっているサイン。



肉球クリームを塗ったり

リンスやトリートメントで

対処するのではなく

体の中から整えていけたらいいですね〜♡



血を作ること、増やすこと、とっても大切です❤︎

 

 



COLA(コーラ) ♂ もうすぐ10歳

2009.5.25 名古屋生まれ

 

― 克服した症状 ―
下痢・軟便
胆汁嘔吐
てんかん
歯周炎
肉球の荒れ
乾燥肌

 

 


CHII(ちぃ) ♂ もうすぐ8歳
2011.5.29 岐阜生まれ

 


― 克服した症状 ―
皮膚炎
甲状腺機能低下症
膵炎
下痢・軟便
胆汁嘔吐
肉球の荒れ
肥満
全身のむくみ
複数のイボ
乾燥肌

 

現在、動物病院の通院は

膀胱結石の経過観察のみとなりました!

こちらも数年経って

安心レベルになったら

克服リストに入れたいと思います。

 

 

 

ワンちゃんの間でも

最近、よく聞く自己免疫疾患



免疫システムの誤作動により、本来なら体に入ってきた異物にだけ反応しないといけないのに、自分の細胞までも攻撃してしまうと言う病気。



やっかいですよね。



愛犬ちーちゃんも、

皮膚炎になったり

身体中いたるところにイボが出来たり

そのイボが破裂して出血したり

リパーゼが上がって膵炎になったり

甲状腺機能が低下したり

自己免疫疾患の症状が

たくさんありました💦



治療は、といえば、 

ステロイドや免疫抑制剤など。

今思えば、数値や症状を

一時的に抑えるのが目的で、

根本的な解決には至らない

その場しのぎの治療ばかり。



その結果、薬ばかりが増え続け

体がボロボロになってしまいました。

知らなかったとは言え

本当に可哀想な事をしてしまいました。



ステロイドは悪い薬ではないのだろうけど

簡単に使用するものではない事を

その時、確信したんですよね!!



どうすれば良いのかな・・・?



答えは、腸内環境の改善です❤︎



腸内細菌には、

全身のさまざまな病気から守る

免疫力をコントロールする

重要な役割があります。



病原菌やウィルスなどと言った

大敵をやっつけてくれる機能を

なんと!!!

7割も腸が握っているんですって!



「これは、利用せずにはいられない♡」



自己免疫疾患というのは、腸内環境が正常に機能していない証。



治せる病であるはずなのに

治らないのはそういう理由からなんです。



ワンちゃんのカラダは

そんなに、やわじゃないですよ〜♡

活躍できるはずの細胞が

眠っているだけなんです💤💤💤



ちーちゃんの細胞は

むくむくと起き出し

しっかりと活動してるのが分かります♡



細胞たちよ。飼い主さんのその手で、起こしてあげてください〜❤︎




 

◉腸内環境について

◉愛犬ごはんについて

◉乳酸菌生産物質について

◉健康管理について

◉NPOについて

 

ご質問やお問い合わせは

お気軽にどうぞ〜〜♡

↓ポチッと↓

 

 

メッセージやコメントでも大歓迎♡

みんなで健康になりましょーー♡♡

 

 

 

 

♡ プロフィール ♡
 

こんにちは♡
善玉菌ライフプランナーのえみーです。


私は、ランドセルに頭痛薬を入れて登校する子供でした。加えて、酷い吐き気・下痢軟便。薬が手放せない生活をおくっていました。社会人になる頃には不眠となり、29歳で不妊症と診断。40歳になる頃には、24時間365日偏頭痛との戦い、更には鬱で引きこもりとなりました。


見かねた友人が「同じ様な症状を克服し、元気に講演活動されている方がいるよ!」と、教えてくれ、講演会に参加。それが、
乳酸菌生産物質との出会いです。

 

乳酸菌生産物質


 

 

その頃、愛犬たちも皮膚炎・下痢・胆汁嘔吐などで、たびたび動物病院へ通っていたので、乳酸菌生産物質をごはんに混ぜて与えてみると、あれよあれよと…どんどん改善されていくではありませんか!!


病気ってお薬が治してくれるのではなく、腸内細菌だったのです♡
びっくりですよね!!


現在は、NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」で学びを深め、経験を元に
腸内環境を整える素晴らしさと、人間も愛犬も、それぞれの腸内細菌に合った食事をする大切さを知って頂きたく、活動をしております♡





NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」
乳酸菌(善玉菌)ライフプランナー  えみー

 


こんにちは。

乳酸菌(善玉菌)ライフプランナーのえみーです。




 

腸内環境を整えてから

この夏で丸3年になります。

その素晴らしさに魅了され

友人や、ワン友さんに

乳酸菌生産物質をお伝えしてきました。



今日は、嬉しい体験談を

ご紹介させて頂きますね~(^^)

 

 


S様 女性 59歳
【術後の回復に!】



11歳のシーズー犬ですが、全身の毛がなくなってしまうほどの酷いアトピーで、皮膚専門の動物病院に通院していました。

昨年、尿路結石になり、先生は手術は簡単と言っていましたが、2時間30分もかかる大手術になり、その後は寝たきりで動くことなく、毎日が心配でたまりませんでした。

そこで、乳酸菌生産物質を紹介していただき、ごはん(お肉)に漬け込み、食べる時に、またふりかけて与えていました。

与えていると、お腹が空いた時、外に出たい時など、吠えてサインを出して知らせてくれるようになり、瞳もキラキラ輝き動きも軽やかになって、まるで別の犬の様です。

皮膚もよくなり元気に過ごしているので、とてもうれしいです。

 

 

 

現代のワンちゃんは、

腸内環境に不適切な食事

添加物・ホルモン剤・抗生物質

遺伝子組み換え・農薬・殺虫剤など、

様々な影響を受け、体調を崩しています。



皮膚炎や花粉症は、イエローカード。他の疾患にかかる前ぶれでもあるのです。だからこそ、早い段階で何とかしてあげたい。



真っ先に行動できるのが

腸内環境の改善と食事管理

だと思います♡♡

 

 

人間も、ワンちゃんも

腸内細菌に適した食材が必須

例え、味付けがない手作りごはんでも

人間と同じ食材では

ワンちゃんの腸内細菌にはNG!!

↑ ここは、すごく大事なんです♡

 

 

ワンちゃんの腸内細菌にNGな食材は、小麦粉・乳製品・トウモロコシ・大豆





愛犬が食べているフードは

どうでしょうか?

ドライフードなどは、裏面を見て

原材料を把握することをオススメしてます(^^)



これらを食べることにより、腸の粘膜に穴があく「リーキーガット症候群」食物が適切に吸収されなくなる「セリアック病」前記事でも書いた「むくみ腸」の原因になりますので、本当に本当に、注意が必要なのです。


 



NPO「生活習慣病と予防医学を考える会」では

乳酸菌生産物質を摂取する事により

腸内環境を整えながら

食事サポートもしています。

お気軽にお問い合わせください〜♡

 


 

◉腸内環境について

◉愛犬ごはんについて

◉乳酸菌生産物質について

◉健康管理について

◉NPOについて

 

↓ポチッと↓

 

 

メッセージやコメントでも大歓迎♡

みんなで健康になりましょーー♡♡

 

 


♡ プロフィール ♡
 

私は、ランドセルに頭痛薬を入れて登校する子供でした。吐き気・めまい・下痢軟便。薬が手放せない生活をおくっていました。社会人になる頃には不眠となり、29歳で不妊症と診断。顕微授精を何度も行いましたが、着床するも出産まで至りませんでした。加えて、動脈効果・高血圧。これら多くのお薬の副服用により、40歳になる頃には、24時間365日偏頭痛となり、鬱で引きこもりにもなりました。


見かねた友人が「同じ様な症状を克服し、元気に講演活動されている方がいるよ!」と、教えてくれ、講演会に参加。それが、
乳酸菌生産物質との出会いです。

 

乳酸菌生産物質


 

 

その頃、愛犬たちも皮膚炎・下痢・胆汁嘔吐などで、たびたび動物病院へ通っていたので、乳酸菌生産物質をごはんに混ぜて与えてみると、あれよあれよと…どんどん改善されていくではありませんか!!


病気ってお薬が治してくれるのではなく、腸内細菌だったのです♡びっくりですよね!!


現在は、NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」で学びを深め、経験を元に
腸内環境を整える素晴らしさと、人間も愛犬も、それぞれの腸内細菌に合った食事をする大切さを知って頂きたく、活動をしております♡





NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」
乳酸菌(善玉菌)ライフプランナー  えみー

 

 

 

下痢や血便を繰り返していた

知人のプードルちゃん(12歳)

検査したところ

腎臓の数値のBUNCreが高めとのこと。

 

 

飼い主さんができることとして

「お水をたくさん飲ませるように」

と、言われたそうです。

 

 

しばらく経過観察が続きましたが

しっかりお水は飲んでいるのに

腎臓の数値は悪化していくばかりさらに、どんどん太っていったとの事でした。

 

 

これ、腸内環境が原因なんです。

むくみ腸って聞いたことありますか?

 

 

お肉で太っているのではなく

水分で腸がむくんでいるんです。 

むくみ腸は、全身むくみへと進行していきます。

 

 

 

ビフォー(むくみ腸時代)→アフター(克服した現在)

 

 

こんなに、パツンパツンに

なっちゃってたんです。

目もなんか全然違うよね💦

整形した?と言われるほど(笑笑)

 

 

愛犬ちーちゃんも、むくみ腸でした。

水分を多めに摂取していた

5年前の写真です。

 

 

腸内環境が悪く、むくみ腸になってしまうと

お水をたくさん飲んでも

体内を巡ることもできませんし

きちんと排泄もされません💦

 

 

だから、飲んでも飲んでも

喉はカラカラ、心も満たされないんです…

 

 

病気の改善は、腸内環境を整えることが「肝心要❤︎」 

 

 

image

 

飼い主さんが知識を付けて

気付いていけたら良いかな♡

と思って発信してます。

 

 

疾患をお持ちのワンちゃんで

自ら、お水を爆飲みしちゃう子もいますよね?

そんな子も、まずは腸内環境を疑ってみてね♡

 

 

 

腸内環境の改善で結果が出せるのは

バイオジェニックスの乳酸菌生産物質です。

腸内環境の改善の他に、

他臓器までも、直接作用が働き

改善されると言う優れもの❤︎

体験キットのご要望がありましたので

近々始めたいと思ってます✨

 

↓ これのプチサイズ (8分の1)↓

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございます。

 

 

 

❤︎ プロフィール ❤︎
 

こんにちは♡
善玉菌ライフプランナーのえみーです。


私は、ランドセルに頭痛薬を入れて登校する子供でした。加えて、酷い吐き気・下痢軟便。薬が手放せない生活をおくっていました。社会人になる頃には不眠となり、29歳で不妊症と診断。40歳になる頃には、24時間365日偏頭痛との戦い、更には鬱で引きこもりとなりました。


見かねた友人が「同じ様な症状を克服し、元気に講演活動されている方がいるよ!」と、教えてくれ、講演会に参加。それが、
乳酸菌生産物質との出会いです。


その頃、愛犬たちも皮膚炎・下痢・胆汁嘔吐などで、たびたび動物病院へ通っていたので、乳酸菌生産物質をごはんに混ぜて与えてみると、あれよあれよと…どんどん改善されていくではありませんか!!



病気ってお薬が治してくれるのではなく、腸内細菌だったのです♡
びっくりですよね!!


現在は、NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」で学びを深め、経験を元に
腸内環境を整える素晴らしさと、腸内細菌に合った食事をする大切さを知って頂きたく、活動をしております♡



乳酸菌生産物質の有効性について、今後書いていきます。





NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」
善玉菌ライフプランナー  えみー

 

 

「病気は薬では治らない」

これが理解できるまで

薬漬けから抜け出すまで

40数年かかってしまいました💦

 

 

同じく薬漬けの70歳の母にも

何度も何度も伝えているのですが

なかなか受け入れられないみたいです。

歴が長いからね。

それも分かる気がするわーー。

 

 

同じような人が

薬を信じて疑わない人が

日本には、たーーっくさんいるんです。

では、諸外国は?

そんなこと、ないらしいですよ✨

 

 

 

 

ワンコ社会では、些細な事でも

動物病院に連れて行く飼い主さんが

愛犬思いの優しい飼い主と

されているような気がします。

私もずっとそうでしたから。

 

 

「下痢はお薬で止める」と

思っている人も、多いんですよね。

 

 

数日程度の下痢で

お薬を飲んでしまうと

自己免疫力が下がっていきます。

 

 

「些細な薬の積み重ね」

 

 

それが、自己免疫疾患の始まりです。

頻繁に動物病院に通い

お薬をもらっている

ワンちゃんを見ていると(聞いていて…)

なんだかツライです。。。

 

 

是非、根本的なところに目を向けて欲しいなと願っています❤︎

 

 

腸内環境を整えて

腸内細菌に合った食事をしていれば

下痢・嘔吐も滅多に起こらないんですよ〜✨✨

 

 

まずは、加工食品・ドライフードを控えよう(^^)

 

お肉たっぷりの手づくりごはん推奨

 

 

 

◉腸内環境について

◉愛犬ごはんについて

◉乳酸菌生産物質について

◉健康管理について

◉NPOについて

 

ご質問やお問い合わせは

お気軽にどうぞ〜〜♡

↓ポチッと↓

 

 

メッセージやコメントでも大歓迎♡

みんなで健康になりましょーー♡♡

 

 

 

 

♡ プロフィール ♡
 

こんにちは♡
善玉菌ライフプランナーのえみーです。


私は、ランドセルに頭痛薬を入れて登校する子供でした。加えて、酷い吐き気・下痢軟便。薬が手放せない生活をおくっていました。社会人になる頃には不眠となり、29歳で不妊症と診断。40歳になる頃には、24時間365日偏頭痛との戦い、更には鬱で引きこもりとなりました。


見かねた友人が「同じ様な症状を克服し、元気に講演活動されている方がいるよ!」と、教えてくれ、講演会に参加。それが、
乳酸菌生産物質との出会いです。

 

乳酸菌生産物質


 

 

その頃、愛犬たちも皮膚炎・下痢・胆汁嘔吐などで、たびたび動物病院へ通っていたので、乳酸菌生産物質をごはんに混ぜて与えてみると、あれよあれよと…どんどん改善されていくではありませんか!!


病気ってお薬が治してくれるのではなく、腸内細菌だったのです♡
びっくりですよね!!


現在は、NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」で学びを深め、経験を元に
腸内環境を整える素晴らしさと、人間も愛犬も、それぞれの腸内細菌に合った食事をする大切さを知って頂きたく、活動をしております♡





NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」
乳酸菌(善玉菌)ライフプランナー  えみー

 


 

こんにちは。

善玉菌ライフプランナーのえみーです。

 

 

 

可愛い可愛い♡

ワンちゃんたち☆彡



 

 


 

 


ご飯は何を食べてますかぁ~♡



我が家は、輸入の瓶詰めフードと、

手作りごはんをあげています。

 

 


フードの購入先はアンベルソさん

 

10年間探してて…

やっと安心なフードに出会えました。

だけど…お値段…超超高め!

セレブさんだったら、

このフードだけ与えていたら

問題ないでしょう~♡

定期購入の、おまとめ買いがお得です👍

 

 

 

我が家は、この瓶詰めフードを時々…

あとは、ほとんど、手づくりごはん。

毎日です(^^)

 


 

毎日でびっくりされるかもしれませんが

 

 


実は…

これが…

 

 


ワンコの手づくりごはんって 

人間に比べて

と~~~っても簡単なんですよ!

 

 

 

 

 

ベルある日愛犬ごはん

 

 

7Kg編(ちーちゃんの体重)

 

・ラム肉(150g ← 目安です)
・にんじん(少々)
・ブロッコリー(少々)
・乳酸菌生産物質(スポイトを1プッシュ)

 

* お肉も野菜も茹でてます

* できたら無農薬・有機野菜を使用

* 作り置きOK

 


 


ワンちゃんは

オオカミを祖先に持つ生き物です。

オオカミは、完全なる肉食。

お米を食べたり…

野菜を食べたり…

しません。


 

 

なので、ワンちゃんも、お肉を消化吸収するのが、大得意!!(牛肉・鶏肉・豚肉・ラム肉・鹿肉などなど…お肉が大好き)

 

 

 

 そして、果物・野菜・穀物を消化吸収するのは、苦手なんです!!(食べちゃいけないって訳ではないので、少しならOK)

 

 

 

ワンちゃんの

消化吸収システムに合った

お肉たっぷりのご飯を

毎日あげると良いですよ〜♡

 

 


ウハウハ〜♩

大喜び間違いない♩

 

 

 

人間とワンちゃんの腸内細菌は、全く違います。たとえ味付けしてなくても、人間と同じ様な食事はオススメしてません。



・白米

・麺類

・ベジタリアン食

・フルーツ 

これらは、控える。



また、腸内環境が整っていないのに、スープをたっぷり与える、猫まんまもNG。何故なら…


むくみ腸から始まり→全身むくみ→血行不良→体温低下→免疫力低下→病気の発症となるからです



⚠️間違った食事では、愛犬の腸内環境が悲鳴をあげてしまう⚠️


 

私が活動しているNPOでは

長年の研究から、

腸内細菌に合った食事を推奨しています。

そして、我が愛犬たちも

この方法にしてから

劇的に健康ワンコとなりました。


 

 

 

◉腸内環境について

◉愛犬ごはんについて

◉乳酸菌生産物質について

◉健康管理について

◉NPOについて


ご質問やお問い合わせは

お気軽にどうぞ〜〜♡

↓ポチッと↓



メッセージやコメントでも大歓迎♡

みんなで健康になりましょーー♡♡

 

 

 

 

♡ プロフィール ♡
 

こんにちは♡
善玉菌ライフプランナーのえみーです。


私は、ランドセルに頭痛薬を入れて登校する子供でした。加えて、酷い吐き気・下痢軟便。薬が手放せない生活をおくっていました。社会人になる頃には不眠となり、29歳で不妊症と診断。40歳になる頃には、24時間365日偏頭痛との戦い、更には鬱で引きこもりとなりました。


見かねた友人が「同じ様な症状を克服し、元気に講演活動されている方がいるよ!」と、教えてくれ、講演会に参加。それが、
乳酸菌生産物質との出会いです。


乳酸菌生産物質




その頃、愛犬たちも皮膚炎・下痢・胆汁嘔吐などで、たびたび動物病院へ通っていたので、乳酸菌生産物質をごはんに混ぜて与えてみると、あれよあれよと…どんどん改善されていくではありませんか!!


病気ってお薬が治してくれるのではなく、腸内細菌だったのです♡
びっくりですよね!!


現在は、NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」で学びを深め、経験を元に
腸内環境を整える素晴らしさと、人間も愛犬も、それぞれの腸内細菌に合った食事をする大切さを知って頂きたく、活動をしております♡





NPO法人「生活習慣病と予防医学を考える会」
乳酸菌(善玉菌)ライフプランナー  えみー

 


    

一昨年、愛犬ちーちゃんは膀胱結石を

患いまして、手術をしました。





膀胱内にあった結石は

エコーで確認したよりも

はるかに多い20数個。

大きいのは1cmもありました。

とても可哀想な事をしてしまいました。





(食事が悪くて、むくみが酷かった頃のちーちゃん)



  


結石ができたから

腫瘍ができたから

病気になったから





手術する。





と、思われがちですが

最終目標は、そこではなくて…

    



   

大事なのは、病気が分かったら、直ちに食生活の見直しも始める事なのです。(この時、初めて分かりました)




   


でないと、また同じ状況になってしまう。

手術して悪い部位を切除しても

カラダは元のまま。 

体質は変わらない。









私達のカラダは「口から入った物」で

できています。  

なので、食事を変えなけば

意味がないのです。





手術が成功し、ホッと一安心でしたが

すぐに気持ちを切り替えました。

病院では療法食を勧められて

しばらく食べたのですが

原材料が良くなくて

体調を崩してしまった、ちーちゃん。

で、手作りごはんを学び直し…

今に至ります✨✨





この時の経験を元に

食べ物の重要性を発信しています❤️





あ、そうそう。

万病一元と言う言葉があるので

是非、ご参考にしてみて下さいね〜💛   










万病一元、血液の汚れから生ずる 


 


  

万病とはすべての病気、一元とは原因は一つということで、 血液の汚れを指します。私たちの臓器は、すべて血液で養われています。そして、その血液の成分を決めているのが、腸なのです。

  




腸の状態が悪ければ栄養素がうまく吸収されないうえ、毒素を排出できなくなってしまう。腸には、とても大切な役割があるのです✨


ワンちゃんに、

小麦製品は、NGと考えています。




何故なら、穀物を消化する酵素が

ワンコの腸内細菌には少なく

消化器系に負担をかけてしまうから。







そして、農薬の心配もあります。

全ては難しいでしょうが、

食材は出来るだけ無農薬を選びたい…

ですよね❤️




ですが、残念ながら

無農薬小麦はないそうです。

無農薬野菜は作れても

無農薬小麦は作れないそうなのです。

   


  

そして日本で販売されている小麦は

ほとんどが輸入品。

コンテナで輸入する際に

カビが生えないように

大量に入れられるのが

殺虫剤と防腐剤。


   


小麦アレルギーの半分は、科学薬品に反応しているそうですよ!




農薬・殺虫剤・防腐剤…

怖いですね!




人間よりカラダの小さいワンちゃんは

小麦製品が相当辛いことが

予測できちゃいますね。

この事実を知ってから

小麦製品は、ほとんど与えなくなりました。







ワンコにパスタ。

ワンコに小麦パン。

これは、本当に控えたい!!




何らかの疾病があるワンちゃん

一度、小麦粉摂取を外してみると

良いかと思います🧡

ドライフードにも入ってるんです💦





日本人は世界一

清潔を求める民族なんですって〜〜



確かにそうですよね〜〜



連日流れるテレビCM

菌って悪モノ?って

思ってしまうのも無理はないかも!?

私も、ずーっとそう思ってました。

 

 

はたして、それは本当??



答えはNO





泥遊びしてるワンちゃん発見👀

だよね!だよね!

本能のまま行動したら

泥遊びが大好きなハズ😍

 


菌の中には悪さをする

悪玉菌もいるけれど

愛犬や私たちを守ってくれる

いい菌→善玉菌もいます。




 

前記事でも書いたけど

皮膚の上には、常在菌がいてね

その菌たちまでも

【除菌】【抗菌】【殺菌】を

してしまうから

どんどん皮膚炎が

悪化してしまうんですよね…



清潔にすればするほど

病気にだってなりやすくなり

皮膚炎も治らない!!



ここが、分かってから

山積みだった我が愛犬たちの問題が

ぐんぐんと⇧⇧改善されました。 





【除菌】【抗菌】【殺菌】ではなく【加菌】だったんですよぉ〜〜🧡



もう、びっくり!!ぽん(懐かし)



飼い主さんご自身も

「除菌シートが手離せない!」

「毎回、ハンドソープで洗ってる」

なんて方、ちょっと注意してみてね〜。



我が家のワンコ達は乳酸菌生産物質を

食事と一緒に摂取する他に

シャンプーに入れたり

お散歩前に、シュッシュッして加菌してるよ。

そうするとね、ノミ・ダニなんかが

寄ってきても跳ね除けられるんです!

善玉菌の力って、ホントすごいですね〜✨



 

❤︎善玉菌を加菌するには乳酸菌生産物質が腸(超)オススメ❤︎

愛犬の健康管理には、ご飯やお水に混ぜやすい「ピュアラクト」の乳酸菌生産物質を勧めしています。

私なりにまとめてみたよ〜〜❤︎






 5kgのワンちゃんの場合、1ヶ月 1/8本程度から。病気・ケガ・術前術後などの症状によって多めに摂取すると、より効果的❤︎


☆ お薬との併用可能で副作用の心配なし


☆ アンチエイジングや筋力アップ作用もあり❤︎


☆ 歯磨きにも使えるよ〜。お持ちの歯磨きに数滴垂らして、お口の中も善玉菌を増やして、歯周病の予防・改善をしましょう


☆ 皮膚炎のワンちゃんは、水道水で1/10希釈し、スプレーするとより効果的❤︎もちろんペロリと舐めても大丈夫❤︎


☆乳酸菌の数は、高濃度の1㏄あたり5兆個です(乳酸菌は1兆個以上ないと体質改善が難しいと言われています)



健康への近道は、腸育をしてから食育をすることです。まずは腸内環境を整えましょう。その上で、腸内細菌に合った食事を与えるが❤︎秘訣❤︎菌活飼い主さん&菌活ワンちゃんの輪、どんどん広がってます(^^)




乳酸菌ライフプランナー  えみー