【古文書】 歴史を尋ねて

テーマ:

先日、ちょっとお出かけしてきた。

知り合いの歴史研究家に誘われて(正式なお誘い)

きちんと手順を踏んで

 

某会が主催してた歴史探究旅行のお相伴にあずかった。

内容が濃くて盛りだくさんでちょっと頭が追いついていないが

つくづく思ったよ。

 

その辺の○○ツーリストとかが

よく組んでいる「織田信長の歴史を辿る旅~」とか

「豊臣秀吉の歴史を辿る旅~」とか

まあ、そういうのもそれなりに良いだろうが

そんなもんじゃない。

 

○○歴史研究会な看板背負って

普段も色々研究発表依頼をされているから

特定地域でだけど広く顔も知られ、

実績もあったりすると

奥の院の門が開く・・・・そういう旅だった。

 

現地で案内してくださる方も

普通に歴史本を出してる現地歴史研究家だったり

○○博物館の館長さんだったり

○○寺のご住職さんだったり

○○神社の神職さんだったりする。

 

で、こちらも御一行様も

歴史が好きで勉強したり調べたりしている方々だから

質問が鋭いというか

専門的と言うか

そこまで知ってるのか!!と言うか

郷土歴史に関しては入り口付近でうろうろしてるフィフィから見ると

全部の会話を録音しておきたいくらい凄かった!!

 

で、また少し見えてきたが

内側からばかり物事見てても見えてこないんだね~

外側から見ることで見えることも沢山ある。

 

移動にはマイクロバスでの移動で

移動中も参加の皆様の濃いお話が飛び交って

どっち向いて話しを聞いて居ればいいのか迷う

贅沢な悩みをもつ。

 

その中で興味深い話しをきいた。

某文書館に膨大な古文書があって

資料整理をほんの少しフィフィが手伝った事あるけど

その中に、どうも京極家とか黒田官兵衛に仕官してた家の文書も含まれてるとか!!

にゃんと!!!びっくりそんなのもあるのか??

手伝ったとは言え

全てに目を通した訳じゃないし

目を通したのだって、余りに膨大で覚えているのはごくごく一部だし

全リストを目を通す・・・無理に近い物量だよ。

 

不取敢(とりあえず)、鍵になる言葉が分かったんで

それで検索をかけて、運が良ければリストUP出来そうだよ!!

そしたら閲覧出来るかもしれない!!

 

以前にブログ友だちが

観光呼び込みににわかに拵えたらしい有名な武将のお墓の写真を掲載してくれてて

凄い違和感のある変な墓(要するに形式というか、其の当時の様式に合っていない)で

こんなのに騙される馬鹿は居ないだろうねえと思ってた。

 

今回、某○○家のお墓を拝見してきたが

確か現当主46代目で(でも、数代は??がついているが研究家じゃないで知らない)

初代からの色々な様式の墓所を拝見してきたよ~

(46代の他に奥様とか早世した若様とかもあるので相当数ある)

ご住職様からも直々にお話を拝聴出来たし

神仏習合というか

お寺の中に、お墓のとこに鳥居があったり

お堂の前に阿吽の狛犬が居たりしたよ。

 

でもね、フィフィはそういうの

あまり拘らないので一緒でもいいんじゃない~と思っちゃう。

それもまた何でも受け入れてきて同化させてきた日本人の考え方のひとつだと思うよ。