肌育成スペシャリスト((社)日本爪肌美容検定協会 代表理事 )の川上愛子ですOK

毎週土曜日にお花が届くのですが、今週のも綺麗キラキラキラキラテンション上がりますねラブ


今日はお休みだったので
「1日中好きなことだけをやる!」
と数日前から決めて楽しみにしていました。


「好きなこと」とは何かというと.......


洗濯!!
掃除!!
衣替え!!
模様替え!!

洗濯機を8回は回しましたね(笑)
1~3Fまでみっちり掃除して、いらない物も全部捨てました。

あぁ、すっきりラブ

掃除や洗濯っていい運動になるし、
達成感とスッキリ感が
本当にストレス解消になります。


ということで、
今日のお題はストレス性の肌荒れにしようかと。

なかなか治らないニキビや肌荒れ、
原因がわからない方も多いはず。


肌育成に大きく関係するのが「ストレス」です。


ストレスは脳の「脳下垂体」が受け皿。
脳下垂体って、身体に「女性ホルモン出して~」とか指示を出す役割もあります。
だから、ストレスってホルモン分泌を狂わせることもありますショボーン


そして、脳下垂体がストレスを感じると副腎皮質刺激ホルモンというものが分泌されます。
腎臓のお隣さんみたいな副腎。
副腎皮質刺激ホルモンが分泌されると、
副腎が「お、働かなきゃびっくり」となるわけです。


副腎が働くと免疫を抑制するホルモンを作っちゃうガーン

肌が代謝されにくくなってターンオーバーが乱れたり、皮脂バランスを崩したり、
メラニンを増加させる働きをしたり......

あんまりいいことないえーん


副腎は身体の中の水分や塩分量なんかを調整している部分でもあるのですが、
働きすぎても
働かなすぎても
ダメ。


だから、副腎皮質刺激ホルモンをたくさん出してしまう「ストレス」はなるべく少ないに越したことはないのですキョロキョロ


そして何よりも、ストレスが溜まってきたなら

ストレス解消が大切キラキラキラキラ

ノンストレス生活は難しいですが、
ストレス解消方法はいくつかあります。

肌育成のためにはストレスコントロールが大切ですルンルン



私たちの身体は「恒常性」を持ってきます。
恒常性って、血圧や浸透圧や血液量や心拍数etc....さまざまな身体の機能を一定に保とうとしようとすること。

この機能を
恒常性維持機能
と呼びます。


身体の恒常性が一定であれば肌荒れも起きにくいのですが、この恒常性は各臓器から分泌をされるホルモンなどで維持されています。

だから、ホルモン分泌を狂わせる「ストレス」は
美容と健康の大敵なんですアセアセ
いろんな病気の原因にもなるのが「ストレス」です。


ストレスって
「あの人嫌いえーん
「お金ないガーン
みたいなことだけではありません。


「ここうるさいな」「なんか寒い....」「熱い...」
全てをストレスとして受け止めるのが私たちの身体。


だから、なるべく心地よい環境で過ごすことが
美容や健康のためにはとても大切なのです照れ

皮膚常在菌ビューティ!にも書きましたが、
化粧品だけが肌を作っているわけではありません。

化粧品は「足りないものを補う」もの。


食事や睡眠、ストレスコントロールなどで
健康的な身体を作ることが
理想の肌に近づく第一歩です。


ダイエットも知識が必要ですが、
肌育成も知識が大切チョキ


100年寿命世代の私たち。
末永くお付き合いする肌や身体だからこそ、
健康的で綺麗を保てると嬉しいですよねおねがいラブラブ




肌育成のための豆知識ってたくさんあります。

毎日忙しいので全部を意識するのは難しいですが
「できることから1つずつ」なら無理なく肌育成を楽しめますおねがい


ダイエットも習慣にすることで「ダイエット」ではなくなりますが、肌育成も習慣にすることで特別なことではなくなります。


できることから1つずつ始めて、
理想の肌をできるだけ長く楽しみつつ
年齢を重ねられたら素敵ですよねおすましペガサス乙女のトキメキ


Twitterやインスタで情報を集めるも良し。
本格的に美容の仕事を始めてみるも良し。


月に1度程度で
「肌のための習いごとしてみようかなキョロキョロ」と
思う方は、ぜひ 肌育成カレッジ にも遊びに来てみてください照れピンクハート


今日はしっかりストレスコントロールができました。
もちろん、全ての窓を解放して片付けをしたので
日焼け止めもばっちり塗りましたキラキラ


あとは、新たなストレスを
溜めないように気をつけます笑い泣き