肌育成スペシャリスト((社)日本爪肌美容検定協会 代表理事 )の川上愛子ですOK


Amazonにもコメント頂けてうれしいえーんえーん


ゆっくりでもいいから、たくさんの方に読んで貰えると嬉しいな~ラブラブなんて思っていますおねがいピンクハート



さて、いよいよ始まる 肌育成カレッジ ですが、
初回の2/25(月)or 3/3(日)は
花粉症の季節の肌ゆらぎ についてです。


花粉症の季節って、肌が荒れると何事も花粉のせいにしがちですが

本当に花粉??ドクロ

ていうところを紐解いていきつつ、
花粉症の方で肌荒れに悩む方に
講師陣がおすすめコスメを見せてくれちゃったりも
します。


あと、花粉症ってだんだん紐解かれてきていますよねおねがい
もちろん、まだまだ論文発表されただけで議論の余地がある改善方法もたっーくさんありますが、
肌も身体もこれから末永く付き合っていかなければいけないので、
改善方法の例をいくつか知っておくのも肌のためにはOK合格


今日のランチは、コブサラダにチーズと卵を増量トッピングキラキラ
最近、本当にハマってますラブ



春ってテンションが上がるわりに、
気温の変動が激しかったり、環境変化があったりして肌荒れに結びつきやすい季節チューリップピンク


そんなときに、急な肌荒れに焦って

もっと効く化粧品を探そう!

はやっぱり逆効果で。


まずは、肌を落ち着けるのが先。
自分の肌は、自分の身体の力で変化させる方法もいくつかあります。
よく「肌を甘やかさい」なんて言うけれど、
甘やかさないというか
「いつものことをやってもらう」ことも大切キョロキョロ


荒れてしまった肌を落ちつけて、
いつものコスメが使えるようになったら化粧品を変えてもいいタイミングです。


ついつい、

口紅よく効く化粧品
化粧品すぐに治る化粧品

を探したくなるけれど、
化粧品は「今の肌を健やかに保つこと」が目的のもの。
肌を変えられるのは自分の肌知識だけです。
(あと、お医者様病院)


肌荒れを自分の知識で改善していけたら、
もちろん「肌荒れしにくい肌」の育成も
少しずつ身についてきます。



化粧品の知識も
肌の知識も
急に山盛り勉強してもなかなか身につきません。

ゆっくりと季節や体調に合わせて
実感しつつ知っていくことで
「こういうことか」ていうのも感じやすいはずおねがい



ひどい花粉症の方は1月末からマスクをして薬を飲んでいた今年。
花粉症そのものは、初夏まで続きがちですが
それでも肌はなるべく綺麗に保ちたいラブ


あと、ブタクサのアレルギーなんかも秋にはありますねえーん


季節の変わり目に肌が荒れやすい方は
肌荒れの原因
予防対策
を平成最後の春に知ってみてもいいかもしれませんおねがいラブラブ