大阪・オンライン・売れるサロン空間づくり・狭小・古家・自宅空間を、新規顧客・リピーター増に繋がる繁盛店インテリアにリニューアル

大阪・オンライン・売れるサロン空間づくり・狭小・古家・自宅空間を、新規顧客・リピーター増に繋がる繁盛店インテリアにリニューアル

個人経営のサロン・治療院・教室・ショップ等の店舗空間を、顧客満足度が高く集客増に繋がる内装・ディスプレイにリニューアル・インテリアプラン提案〜DIYサポート・インテリアが苦手な方の不安解消、生活感の無い非日常空間に!オンライン相談も対応・実例多数掲載中!

3日前の夕食だった鉄板焼きの残り香がまだ部屋からして、ちょっと悩んでいる難波です(笑)

 

 

換気はしつこいくらいしているのにまだ匂いがするのは、匂いの粒子が床にへばりついている?!のではと踏んでおり、これは大量汗かき覚悟で床の拭き掃除をせねば!と考えております。あとエアコンのフィルターも洗おうかな~と!!

 

 

この前日の食事の残り香を嗅ぐと必ず思い出すのが、ある人気自宅サロンオーナーさんの言葉。

 

 

「自宅でサロンをするようになって、カレーは外で食べるものになりました。」

↑娘が作ってくれたスパイスカレー。本格的で美味しかったです♡

 

カレーも「昨日はカレーだったんだね^^」って玄関に入った瞬間にわかるメニューです。普通のお友達宅だったら悪臭の訳ではないので全く気になりませんが、サロンだったら確かに興ざめかも・・・

 

 

生活感を醸してしまうモノは、なにも目に見えるものだけではありませんものね。食べ物の匂い=生活臭(生活感)ですね。

 

 

それにしても、カレーは忙しい主婦のお助けメニューです。(それでもイチから作るのは、それなりに手間。夫に「またカレー?」「簡単にカレーでも・・・」と言われるとムカつきますが・・・おっと、これはまた別のお話し)

 

 

サロンのお客様のために、家カレーを諦めたんだ~ってちょっと感動と尊敬でした。やっぱり人気のあるサロンのオーナーさんは違いますよね。

 

 

どこまでもお客様軸なんですね!

 

 

難波家は自宅で商談や接客をするわけでは無いので、屈託なく無頓着に部屋に匂いが残り系のメニューをしちゃいますが、”どこまでもお客様軸”という姿勢は見習わないと!と思っております。

 

 

そして今日からお盆休みに入られる自宅サロンオーナーさんは、今晩あたりは気兼ねなく匂いが残り系のメニューを楽しんでくださいね!


先週は個人宅の整理収納作業5連続でした。整理収納にしても、サロン空間づくりにしても疲れ知らずの難波ですが、さすがに盛夏の連日作業は疲れました(^^;

 

 

とは言え、私は夏は整理収納作業のはかどり良いタイミングだと思ってるし、好きです!確かにクーラーが無い納戸などは、暑さで頭がぼぉ~としそうになりますが・・・

 

 

なぜ、夏の整理収納作業がはかどるか?というと・・・拭き掃除・丸洗いがしやすいから!!


整理収納作業は、モノを分類する・捨てる・入れ直すだけの作業ではありません。必ず、掃除&洗濯がつきものです。

 

 

家具(モノ)をどかしたら、床が埃まみれだった。クローゼットの奥から、ハンガーから落ちたシャツがクシャッと出てきた。収納ケースが手垢だらけだった。カゴの目隠しの布が、黄ばんで汚れている!

 

 

とにかく水を使う拭く・洗う作業が多し。

 

 

冬の整理収納作業時は、収納ケースなどを拭いてもなかなか乾いた感じがしませんが、夏ならチマチマ拭かずに一気に丸洗い。そしてすぐ乾く!洗濯ものもすぐに乾くので、とっとと所定の場所に収納してしまえる。

 

 

整理収納作業へのモチベが続いている間に、 一気にことが片付きやすいのです。

 

 

それにね、片付いた部屋の体感温度って、確実に下がります!モノが多い=気持ち的にも・体感温度的にも暑苦しいの図式は成立すると思います。

 

 

あとなんと言っても、整理収納作業後のシャワー→クーラーで冷えた部屋で涼む→冷たいビールは格別です!!このスペシャルなご褒美を目指して、作業を頑張っていると言っても過言ではない(笑

 

 

という訳で、そろそろサロンの夏季休暇に入られる方も多いと思います。サロン・ご自宅の整理収納・お片付け、頑張ってみてくださいね~!!

 

私がご提供しているサロン空間づくりサービスの大切なコンセプトとして、



『(サロン空間づくりが終了した)明日すぐからでも、サロンが動き出す!収益を上げられる!」があります。


店舗改装は空間(ハコ)が完成したら一応一区切りです。大抵の場合は、その空間(ハコ)をクライアント様に引き渡したら、お仕事は完了となります。



でも果たして、それでサロン空間が完成したと言えるのだろうか?実は空間(ハコ)から、実際にサロン運用を始めるまでには様々な空間の仕上げ作業があります



それらの殆どはサロンオーナーさんに委ねられており、結構時間も労力も掛かります。つまり空間(ハコ)ができても、すぐにはサロンが始められない。



時間・労力もさることながら、真の意味でのサロン空間完成までサポートしないのは、私的には中途半端だという想いがあります。



机上のインテリアプラン書で家具などのレイアウトも提案はしていますが、実際の空間の中ではもしかしたら違うレイアウトの方が使いやすいかもしれない。



せっかく空間としてはスッキリしているのに、配線まわりがゴチャゴチャしているのは残念過ぎる。



スポットライトの向き、アートの飾る高さ、カーテンのまとめ方・クッションの置き方などどれも些細なことだけど、それでも空間の雰囲気は随分変わってしまう。



商品陳列も置き方一つで、お客様の目に留まるようにできる。



それら全てを、サロン空間(ハコ)まではできたのだから、後はクライアント様の方で適当にセッティングしてくださいとするのは、あまりにも片手落ちだと感じてしまうのです。



クライアント様より「ここまで、難波さんにやってもらえるとは思っていなかった!!」とのお言葉を、よくいただきます( ´艸`)



明日すぐからでもサロンが始動できるまで、とことんサポートするココティエの『売れるサロン空間づくりサービス』、この秋にはサービス料金改定予定です。ご検討中の方は、お早めにご連絡くださいね^ ^