こころの臨床

こころの臨床

心理学は、学問的な支えも実践的身構えも、いずれも十全と言うにはほど遠い状況です。心理学の性格と限界を心に留めつつ、日本人が積み重ねてきた知恵を、新しい時代に活かせるよう皆さまとともに考えていきます。

一般社団法人 こころの臨床は、2017年の公認心理師法施行以来、文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定を受け、公認心理師現任者講習会を毎年開催して参りました。2020年度公認心理師国家試験は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、12月20日(日)に延期されました。これを受けて弊法人は過去の実績を活かし、2020年12月に国家試験直前対策のためのオンライン(ウェビナー)開講を実施しました。

このオンラインでの国試直前講座は、公認心理師国家試験を受験される方に限らず、スキルアップのために心理支援や制度の要点を簡潔に学びまた復習しておきたい方々に受講いただきました。全国に同じ志ざしで励まれている方々が繋がるきっかけになればと、ウェビナー受講者の方々相互の交流の時間を設けました。
今後とも、全国のこころの支援の実務者またこころの支援を志すみなさま同士のお出会いが生まれる場を提供していきたいと願っております。

公認心理師資格取得を目指される皆様には、連載中の過去問研究も、ご参考にしていただければ幸いです。
昨年度末に第一回追試からの「教育現場」シリーズを終え、前年度までの国試3回分の「教育現場」に関わる問題の検討を終了しました。目下、2020年12月20日に実施された第3回国試問題を1日1問、悉皆検討し今後の国試の方向性(すなわち国の精神保健立法/行政に関わる指針と意向)を洗い出すステージに進んでおります。この連載は、8月27日に終了します。翌8月28日から9月19日の第4回国家試験直前までの日程は、「出題基準」の全ての項目を網羅し、第4回の出題傾向を予測解説した総まとめとする予定です。

これらを含む調査研究活動を基として、弊法人の前身である一般社団法人日本臨床心理学会ならびに心楽の会の理念を、後進の方々への育成と支援に活かしていきたいと切に願うところです。

弊法人で毎期開講の錬成講座につきましては、今年度は、2022年の年明けの開催を予定し、昨年度に引き続き、臨床心理士の研修ポイント対象ワークショップの申請をいたします。(各講座合計5時間以上でお申し込みいただいた臨床心理士の方が対象です。)

第三回公認心理師国家試験問題(2020年12月20日実施)    

問127 作業同盟(治療同盟) に関する実証研究について、正しいものを1つ選べ。 

1   作業同盟が強固であるほど、介入効果は良好である。

2   作業同盟の概念には、課題に関する合意は含まれない。

3   作業同盟の効果は、対人プロセス想起法によって測定される。

4   作業同盟が確立していることは、心理療法の介入効果の必要十分条件である。 

 

 

解は、1。

🐱タームチェック;対人プロセス想起法 Interpersonal Process Recall:IPR

 

お借りしたこの論文の2ページ目の右欄内に概略が記載。

「共感疲労」等重要なトピックも簡略に言及されています。

http://journal.otsuma.ac.jp/2017no27/2017_481.pdf

 

🏁ブループリント「出題基準」到達目標:15-⑷)心理に関する支援- 良好な人間関係構築のためのコミュニケーション

小項目例:作業同盟

 

😸 ご質問・ご要望はコメント欄へ