こころの臨床

こころの臨床

心理学は、学問的な支えも実践的身構えも、いずれも十全と言うにはほど遠い状況です。心理学の性格と限界を心に留めつつ、日本人が積み重ねてきた知恵を、新しい時代に活かせるよう皆さまとともに考えていきます。

一般社団法人 こころの臨床は、2017年の公認心理師法施行以来、文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定を受け、公認心理師現任者講習会を提携法人共生の未来考究会と共に毎年開催して参りました。2020年度公認心理師国家試験は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、12月20日(日)に延期されました。これを受けて弊法人は過去の実績を活かし、2020年12月に国家試験直前対策のためのオンライン(ウェビナー)開講を実施しました。

〈第3回・4回・5回国試全過去問の解説・資料提供記事を毎日連載他〉
このブログの連載では、昨年度末に第1回追試からの「教育現場」シリーズを終え、前年度までの国試3回分の「教育現場」に関わる問題の検討を行いました。その後、2020年12月20日に実施された第3回国試問題を1日1問、悉皆検討し今後の国試の方向性(国の精神保健立法/行政に関わる指針と意向)を洗い出し、同年9月19日の第4回国家試験直前までに「出題基準」の全ての項目を網羅した総まとめを行いました。
これに引き続き2022年2月より現任者が受験可能な最後の機会である第5回国試支援のため、前年度第4回国試問題の悉皆検討を第5回国試本番直前の7月15日まで毎日投稿しました。現在は、第5回国試問題の全問検討を連載しております。各問ごとに参考リンク紹介等と留意が必要と思われる問題について解説しています。
この過去問研究の毎日連載と併せて、毎週火曜には精神医学・臨床心理学関連の専門書の中でも比較的一般の方々にも易しく読める本のレビュー、金曜には精神医療に関わる知見を広げるヒントとなりそうな映画のレビューを投稿しています。

〈受験対策直前講座の開催〉
2021年9月第1・第2週末に昨年度に続き開催いたしましたオンラインでの国試直前講座は、公認心理師国家試験を受験される方に限らず、スキルアップのために心理支援や制度の要点を簡潔に学びまた復習しておきたい方々にもご受講いただきました。現任者の方々には今回が最終の国試となる2022年は、6月25日~7月17日の週末に開催いたしました。
なお、次回の国試は来年5月の予定されているので、本年12月中旬ごろからオンデマンドとリアルタイム配信を併用する国試直前講座の開講を予定しております。

今後とも、全国のこころの支援の実務者またこころの支援を志すみなさま同士のお出会いが生まれる場を提供していきたいと願っております。

〈研究活動と研修会等の開催〉
国試過去問検討を含む調査研究活動を基として、弊法人の前身である一般社団法人日本臨床心理学会ならびに心楽の会の理念を、後進の方々への育成と支援に活かしていきたいと切に願うところです。
毎年開講の錬成講座は時季はいまのところ未定ですが、できるだけご参加がしやすい方式で単発の開催を視野に検討しております。
弊法人および提携法人の現任者講習会受講者の皆様に配信するニュースレターでは、関連団体の催しや公認心理師関連の制度の動向などもお知らせしております。

第五回公認心理師国家試験問題(2022年7月17日実施)

問92  H. S. Sullivan の関与しながらの観察の説明として、最も適切なも のを 1 つ選べ。

1) 支援者と要支援者双方の相互作用の中で共有される治療構造のことである。

2) 要支援者との関わりにおいて生じる、共感不全に注目した観察を基本とする。

3) 支援者は、要支援者との関係で生じる事態に巻き込まれざるを得ないという認識を前提と

  する。

4) 支援者が要支援者に対し、問題行動を修正する介入を行い、その効果を観察し分析する

  ことである。

5) 投影同一化によって要支援者から投げ込まれたものとして、支援者が自己の逆転移を観察

  することである。

 

 

解は、3。

 

■「関与しながらの観察」は、すでに4問出題されています(第1回問44、第1回追試問14、第2回問17、第4回問17)。今年度新任試験委員の方のご経歴から、今年度のSullivan関連の出題が高い可能性で予測できました。このことは、国試直前講座無料プレ講義他でお知らせしていましたので、お役立て頂けていたら幸いでした。

😸国試直前前日講座模擬問題 ⭕️か❌で答えてください。
問24)  関与しながらの観察(Participant observation)法の実習では、スーパーバイザーがワンサイドミラーの裏側から、治療セッションをモニターしながら、実習生にインターコミュニケーションシステム(インカム)を通して、支援者への言動を逐次指示することが標準的な方法とされている。

 


解24)  ❌ 関与しながらの観察(Participant observation)法の実習では、スーパーバイザーがワンサイドミラーの裏側から、治療セッションをモニターしながら、実習生にインターコミュニケーションシステム(インカム)を通して、支援者への言動を逐次指示することが標準的な方法とされている。☜類似の方法が「家族療法」で用いられていた(る?)が、それらはセッションに関与する当事者総員の間の権力の差異(階層)を前提に構成される方略でであろう。人と人との相互の関わり合いが、治療の場である。治療の場は、〈いまここ〉に、過渡的・流動的に生成されていく(治療者側は自らの全存在の機能を「道具」として捧げる)という、関与しながらの観察の実相と、上記の方略との間には、根本的相違があると思います。

🏁令和4年度版ブループリント「到達目標」該当:14-⑵ 関与しながらの観察
小項目例:中項目「関与しながらの観察」

 

😸 ご質問・ご要望はコメント欄へ