目にした瞬間、服の購買意欲が湧くのは、
値段!
色!
デザイン!

流行!
という人も…。

中には、
「無難にいつも同じ…
ショボーンとか
「何色を合わせればいいのかわからない」
えーん

など、お悩みの方もいます。

もしかしたら、自分の求めるファッション志向がぼんやりしていませんか?



フリー画像

 

一例ですが、イメージワードと典型色をご紹介。

まず、多数派の基軸とされるのが、
「ベーシック」「シンプル」

 

奇抜ではなく、古くもなく、時代と調和する実質的な服。

ベーシックカラーを中心に、流行色もさらっと取り入れるのが今風。

この基軸を持ち、自分なりの美と快を追及する過程を楽しめればいいのですが、悩む方が多いのも、この志向の方。


プラスの好みやこだわりがありませんか?

光る素材や質感が好きなら、革新志向?
「モダン」「コスミック(近未来風)」

モノトーン、メタリックカラー、ネオンカラ―


天然素材が心地よいなら、自然志向?
「ナチュラル」「エスニック」
ナチュラルカラー、ディープカラー、スパイシーカラー


機能性や軽快感重視なら、健康志向?
「スポーティー」
白×ビビッドカラー


控えめながら華も求めるなら、上品志向?
「エレガント」
グレイッシュカラー


普遍的な価値や美が大切なら、伝統志向?
「クラシック」「トラディショナル」
ディープカラー、ダークカラー


フリー画像

 

「ベーシック」や「シンプル」に、

・多色柄のバッグ(エスニック)
・メタリックカラーのサンダル(コスミック)
・正統派の紺ブレ(トラディショナル)
など、変化させる楽しみ方や表現もあり。

 

好きやこだわりを付け加えて、面白みを感じるのがファッションの色付け!

新しい価値観が問われるようになった今。

自分の志向性を探るのに、よい時期かもしれませんね。

イメージ分類の内容もありますので、

自分のファッション志向を掘り下げたい方、
仕事でファッションのアドバイスをする方、
「色彩マスター×ファッション講座」でお待ちしています。
下矢印

 

ラブレターお知らせ

色の選択を増やしてファッションで活用

色彩マスター×ファッション講座@東京

テーマ:『基本10色を自由に使いこなして、ファッション配色の達人になる』 

本コース概要は、こちら

 

色の勉強が初めての方、

本コースの体験をご希望の方は、体験コースへどうぞ。

体験コース概要はこちら 

 

 

にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラー
にほんブログ村