ひと・いえ・暮らしコーディネーター

京都のインテリアコーディネーター

まなべ京子です

 

先日、工務店のコラム記事に投稿した時のテーマは、

”リビング学習は、正しい姿勢で!”

 

京都の木津川市の工務店喜創で取り組む、女性インテリアコーディネーターと進める家づくり”らく住む”

HPのサイト内で、子育て世代の家づくりに関するコラムを、6名のインテリアコーディネーターが投稿しています。

 

まずは、コラムを・・・

 

リビング学習しているお子さまのいらっしゃるご家庭や、これから入学準備などされるご家庭の方に、いちど読んでいただきたい内容です。

 

 

今は中学生の娘も、小学生の頃はリビング学習でした。

今にして思えば、もっとダイニングでのリビング学習の環境を整えておくとよかったな…と反省。

ダイニングテーブルとは別に勉強用のカウンターの場所もつくっていたのですが、結局はリビングテーブルで勉強していました。

 

今回の記事では、リビング学習の「椅子」に注目。

椅子に座った時に、足が床につくことの大切さは知っていたものの、ダイニングの椅子は、「食事の時だけだし…」と甘くみていましたね。

別の部屋にある勉強用のデスクにはキャスター付きの椅子があるものの、勉強する時間はあきらかにリビングが多かったのです。

 

仕事でお世話になっている、大阪恵美須町にあるマルキン家具さん。

先日、ショールームに行った時に思い出しました。

今ごろ思い出したんか~い(笑)

 

マルキン家具ショールームにて

 

数年前に、ショールームに行った時にご紹介いただいた椅子、”アップライトチェア”

椅子の特徴などは、コラム記事にも書いています。

 

娘の​​​​​赤ちゃん時代に出会えればよかったなぁと思っていたのですが、これ…おとなにも、とても座り心地が安定しているのですよ。

 

中学生になり、「以前よりも自宅での勉強時間が多くなった今、いいんじゃない?!」と、娘の部屋のデスクに合わせて検討中。


 

マルキン家具HPより

 

 

マルキン家具さんのショールームに展示されているので、「これいいかも?」と思われた方は、ぜひ体感してみてくださいね。

 

子どももおとなも、座る姿勢は大切です

 

姿勢を整えるためにも役立つ道具である「椅子」

場所や用途によって意識して選びたいものです。

 

 

 

 ライフオーガナイズで心地いいくらしを!

応援クリック励みになります♡


にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

 

 片づけ収納ドットコム 


京都から住まいと暮らしをオーガナイズ!!
ひと・いえ・暮らしコーディネーター まなべ京子


 サービスご案内
 セミナーご案内
 お問合せ