全27ヵ所の"revirgin" tour 2017も残るは東名阪のファイナルシリーズだけになりました





いろんなバンドがインタビューとかで「ツアーで楽曲が成長していく」って口にしてるけど、今回のツアーで僕もそれを大きく感じていて



その中でも特に変化を感じたのがMVにもなった「ふたつの空」




ゴエクが書いてきた詩にソバがアレンジを加えて作った曲でrevirginの中でも、僕はこの曲が特に好きなんです



ツアーが始まった頃、この曲をやるときに思い浮かんでたのは離れてしまった仲間やったり、一昨年亡くなったじいちゃんのことでした





この前のブログにも書いたけど、今回のツアーでは各地のライブハウス、対バンしてくれるバンド、ライブに来てくれるみんなからめっちゃめちゃパワーを貰ってて



それのお陰で今までのどんなツアーよりも、良いツアーを回れました



今日という日を迎えるまでに何かが変わったのはきっと僕らだけじゃなくて、もちろんみんなにもいろんなことがあったと思う



それぞれの場所で生きて闘って悩んで苦しんでそれでも今、こうやってライブハウスで会えてることってホンマに素晴らしいことやし絶対に当たり前のことなんかじゃない



そんな想いがこの詩と重なって、ライブをしていくうちに浮かんでくるのが「遠く離れた人」じゃなくて「今そばにいる人」「今、ライブを見てくれている君」になった





現状、僕らは売れてるバンドじゃない



回りを見渡せばCDがオリコンチャートに入ったバンド、全国のフェスに引っ張りだこのバンド、武道館やアリーナでワンマンをしたバンド、雲の上のような存在やった人達と共演したバンド



仲間の活躍する姿に対して嬉しいって気持ちもある、でもそれ以上に悔しいとかもどかしい気持ちが何百、何千倍も大きくて



自信を無くして自分を見失って心が折れたこともあったけど、僕らの回りにいてくれたひとりひとりの支えがあったからここまで来れたと思います



COCO-ROBINSONはまだまだこれから続いていきます



やけど、今しか見ることのできない逞しくなった僕らを是非、見に来てほしい



そこには最強で最高のCOCO-ROBINSONがいるので



約束します。
AD