神奈川県横浜市の看板制作ならココ・デザイン(株)のスタッフブログ

神奈川県横浜市の看板制作ならココ・デザイン(株)のスタッフブログ

神奈川県横浜市瀬谷区にある店舗・会社・住宅の看板制作会社。
企画デザインから製作施工・コンサルティングまで看板に関する事なら看板専門店のココ・デザイン(株)にお任せ下さい。
無料相談実施中・出張相談・土日祝日も対応可能です。

 

本年もあと僅かになりました。スター

 

今年も様々なお仕事のご注文を頂き、心より御礼申し上げます。

 

振り返ると、お客様とのお打合わせの中でデザインに関する

 

ご意見・ご要望がコンセプトに沿った個性的な内容が多かった感じます。 

 

オーナー様と伴に創造してゆく1点ものの看板のお仕事は

 

改めて"素晴らしい"と感じた1年でした。。合格

 

 

来年も宜しくお願い申し上げます。

 

年始営業は5日よりスタート致します。

※現在、ご来店にての相談は完全予約制となっております。

  詳しくはホームぺージをご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

  最近ご依頼頂く事の多い看板のLED化についてです。

 

 看板の内部電装はずっと蛍光灯が主流でした。

 

 ランプの寿命や、器具の劣化等により消灯してしまうと高い所にある看板などは、

 

 高所用作業車を使用し、大がかりな作業になる事もあります。

 

 現在はLEDランプに切り替り、蛍光灯と同じような形状ですが、長寿命で明るいタイプになっています。

 

 特にビルの電光袖看板(突き出し看板)は、目立ちやすい場所にある事が多く、

 

 いつでも綺麗に光っていてほしいものです。

 

 また袖看板は箱型になっていることが多く、壁面との接続部や内部電材の劣化に

 

 気づきにくいので、ランプ切れで調査してみたら看板自体が危険なほど劣化が

 

 進行していて安全の為に撤去したケースもあります。

 

 そこで、内部電材のLED化と看板フレームのメンテナンス工事を行った事例をご紹介します。

 

 現場に到着、こちらのビル看板はたて:6Mあります。夜は蛍光灯で光るタイプでした。

 ↓↓

 

 道路上に作業車を配置して、安全誘導員さんも出動します。

 道路の使用には事前に警察の許可を取っています。

 ↓↓

 

 劣化の進行した内部電材は全て撤去して、看板のフレーム枠の

 メンテナンス作業に移ります。特に水気の滞る底面は念入りに行います。

 ↓↓

 

 看板フレームのサビを取り、清掃、錆止め塗装をしました。

 ↓↓ 

 

 中に入っていた蛍光灯と同じサイズ・同数の

 LED器具ランプを新設します。

 ↓↓

 

 LED器具、ランプ装着後テスト点灯します。無事点灯しました。

 ↓↓

 

 ネーム面板を元に戻し完了です。

 夜間はより明るく点灯する様になりました。

 ↓↓

 

 

 現在弊社では、看板のLED化やメンテナンスについては、事前に環境調査・現状診断を慎重に行い、

 将来を考慮した方法でご提案・お見積りを行っています。

 

 

 

 新築モデルハウスのタイトルサインです音譜

 

 スタイリッシュな建物との調和がとても良いですね。