ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

モラ夫に不倫され、悩みながらも辛く悲しい気持ちを乗り越え、なんとか前向きに考えて過ごしてきました。


ここには書けない、細かいこともありますが、なるべくストレートに現実とあまりかけ離れずに、書いてきました。


一つ思ったことがあります。


不倫され、辛い時期、ネットでいろいろと検索していました。

どうすれば夫とうまく修復できるか。


そこで、『妻の頑張り次第で夫は戻ってくる』
という内容のものをいくつか見つけました。


なんとか夫婦関係を修復したい私は、そこに書いてある事柄を実践しました。


ありがちですが、

・毎日笑顔でいること
・夫の話をよく聞くこと
・夫の気持ちに寄り添うこと
・自分が綺麗でいること
・過ごしやすい家にすること
・美味しい手料理(夫の好物)を作ること…

挙げればきりがありませんが、こんな感じの、よくあるやつです。

もちろん、全てやり遂げました。


どうしても修復したい、前のように夫婦仲良く暮らしたい、離婚なんてしたくない、

…そんな私は、なんでもする気持ちでいました。

でも、結局夫はそんな私の行動を見てつけ上がり、逆に帰宅時間が遅くなる。

それでも私は、まだ足りないのかと、これでもかと夫に尽くす。

…無限ループです。


これ、うちの夫には逆効果でしかありませんでした。
こんなことしたって、意味がなかった。

だって、結局、
こっちに気持ちが向いてないから。


私がいくら尽くしても、ダメだったんです。

期間にして、1ヶ月ほどで夫へ尽くすサービス期間は終わりました。

後には行動がエスカレートしたモラ夫がいました。


そこから探偵さんを訪ねて、真実がわかって、本当に良かったと思っています。



何が言いたいか、というと、

全ては不倫のせいである、ということ。

自分のせいではありません。
(もちろん、いろんな考えがあるとは思いますが。これは私の考えです)


たくさん悩み、自分がもっと頑張っていれば…と責めましたが、
たぶん、そうではない。

一番反省しなければいけないのは、不倫の当事者。

ここで言えば、モラ夫。



それが言いたかった。




不倫された方がたくさん反省し、不倫の当事者が反省せずに人のせいにする。
周りのせいにして被害者ヅラする。
自分を正当化する。


そんなの変だな…、と単純に思いました。



どう考えたって、不倫が悪い。



自分を責めた期間、私はとても辛かったので、書かせていただきました。


不倫をされても、努力しようとした。
そんな人は、後々きちんと幸せが訪れると思います(^^)

私も今とても幸せです!!




※  個人の考えなので、違う考えの方もいらっしゃると思います。私個人の気持ちで書かせていただきました。