びんび♪

びんび♪

美味しいお魚釣りたいです。

管付き水中ウキの事になります。

水中ウキを使うのは今はほとんど見ないのですが使えば使うほど役に立つことが私には多く正直使って欲しくないとまで思ってました。

コレはグレ釣りだけでなくルアーでの釣りがワシの中では完成された形になった事にも一つの要因です。


水中ウキをヒントにしたルアーの設定です。
ルアーされてる方には解らない事なんだよ。



今回はルアーの事も多く出て来ますので気にして下さい。

水中ウキをヨリモドシを付けて管付きにしたものです。
色んな使い方があって絡む事も多い為に天秤のようなものを付ける方もいます。

ワシは付けなくてもほとんど絡まない釣りができてたのでそのまま使うことがほとんどでした。
またその方が操作しやすく針、餌を動かすことが容易かった為ですね。

ルアーで言うとルアーの背中に針が周り掛るとよく言われますが投げ方だけで回避出来ますからそこもワシには全く気にしないところです。

管付き水中ウキの欠点はこのようなところで次は利点を書いてみます。

道糸にセーブされにくい為沈降速度は速い。
その為餌取りの回避に多少なり影響はあります。

その他に挿し餌を水中ウキの操作を利用して自然落下の倍ほどの速度で落とす事も可能なんです。
方法は書かないので試すと良いです❣️
誰でもすぐ出来ます‼️

沈降速度が速い為多少軽く出来るし小さくも出来ますが小さくしすぎると水中ウキの利点が消えますので気にした方がいいです。

形もその時々により変えると使いこなして来た方には感じることは多くなります。

あくまでも涙型が基準です。

一般的な水中ウキ、管付き水中ウキを使い二尋先の針についたオキアミ。

撒き餌の中から一番先にグレに食べてもらいたいための道具でこの釣り方となりました。

此処のところは前に書いたスタート地点の餌があるかないか?ウキに顔が出てるのか?前あたりの状態になってるのか?

そこが出来て初めてその後はその方のセンスとなります。

実際にはウキの顔が出たら引き戻すだけでグレは釣れますからね^_^❣️

この、センスが自分に分かった時に磯釣りから引退しました。グレ釣り初めて13年程だったかな⁉️


リップを曲げたのはルアーやってる方ならどう感じますか?
ワシとは間違いなく違う感覚と思います。
感覚の違うのはみんな当たり前だよ。

上の鉛貼られたルアーは何の為に⁉️
この回答はルアーの方にはプロと言われる人含めて今まで一度たりとも答えになってませんから解らないと思います。そこはグレ釣りしてないから仕方ないですね。

なのでワシはルアーが分からんのです。


*ウキと水中ウキを10m離した時に何処を支店として釣り出来るのかにより釣果がはっきり分かれます。
その時の状況により2箇所出来ますから頑張ってグレのデカいやつ釣ってくださいね^_^



ウッドのルアーとプラスチックのルアーの違いがわからなかった為にたくさんのルアーを作ってもらいました。
浮力の設定はワシの思うところまでキッチリとね(*^_^*)有り難かったです。

お金はとんでもなくかかりましたがワシが作ればウキ以上に掛かるもん。買うのが安い❣️



11cmのルアーで46g
スズキに針曲げられたやつだったと思う。

この重さになると幾ら水中ウキを自在に操ることが出来ても難しかったです。

水中ウキとの違いはわかりますか⁉️


水中ウキを管付きだろうが普通のやつだろうが使う時のコツは円錐ウキ一個の時の1/100ほどの細かな操作が必要となるから釣れなくなるんだよ‼️
ここ大切な所だからね。

みんな水中ウキつけたら釣れなくなるでしょう⁉️
少なくても一年はずっと付けて釣りしなきゃ慣れませんよ❣️


もっと優しく言うとガン玉でも水中ウキでも沈ませる事もできるし浮かせる事もできると言うことさ‼️


基本設計がきっちりしてたものを使い水中ウキの使い方をしてたよ。
簡単とよく書いたり言ってたのは水中ウキならこの先二尋の所に針に餌、真ん中に基本Bの鉛

そりゃ水中ウキからその先の仕掛けを思う方向に動かせるんだものルアーなんて目じゃないよ❣️

解らなければわかるまでやることしか方法はないよ。

水中ウキがルアーと思えば簡単なんだけどね。

ワシは水中ウキに針付けてルアーとして釣りしても売られてるルアーと遜色なく釣れますよ。


重りは13〜18号が入ってます。真っ直ぐ海水でも沈みます。
ほら使い方は簡単でしょう(*^_^*)

ダイビングペンシル⁉️
そのスライド幅は何が基準なの?


と、ここまで少し嫌味も書きました(*^_^*)
でも頑張ってやれば釣れるんだからね❣️

管付き水中浮き使う前にキッチリ普通の水中ウキを使ってから。それだけでもルアーの操作は出来るようになります。
基本の浮きに顔が出せればね❣️

今回でブログの方からのFacebookは出すウキからのルアー操作は終わりです。

最後にルアーでの撒き餌のヒントを書いておきますね。

巻いてるルアーは多少なり水中に有ります。
水中から水面にラインが出ますよね。
近かったり遠かったりいろいろです。

ウキで言えばその水面がウキの役割なんです。
そこが分かればルアーの撒き餌なんて簡単になります。

ルアーでラインが水面から出る接点❣️ウキと同じ使い方をワシはやってます。


あとはサロンの方でキッチリやりますのでよろしくね。
4の水中ウキではセット方法などを書きました。

ゼロ釣法や沈め探り釣りとの根本的な違いはアタリウキが水面にあることです。
風や波に左右される為時と場合により多少沈めることはありますが基本は浮かせます。

中原さん曰く水中ウキは振り子として使う❣️

あたりウキと水中ウキを振り子のようにして使うのだが書いててもわからない方が多いかと思います。

振り子にするとその間に針に付いたエサが先に引っ張られる為ウキの顔が出やすくなるし前あたりの状態となりやすくなります。

水中ウキを使わない時と比較したら使い方は難しくなるがコツさえ掴めだすと超過は飛躍します。

コツというのは簡単に引き戻すだけで良いのですが円錐ウキ一つの時よりも遥かにソフトにしてあげないと水中ウキはウキとくっ付いてしまいます。

また、水中ウキをゆっくり落とすことも可能ですのでより斜めにすることも出来ますが此処は上手になってからで良いです。


普段使うウキと水中ウキです。



ウキの浮力をら測るための水中ウキですね。


こうした円錐ウキと水中ウキを長い時間使い続けるとある時より使い方を教えてくれるようになります。

第一に水中ウキを使っても顔は出せるし前あたりと言われることは簡単に出来て来ます。

潮の全く動かない時には某ウキの天下と言いましたが対処も水中ウキがあれば可能です。

たくさんの対処の中の一つを書いてみます。
ウキ止めに鮎の目印に使うような毛糸で多少長く切り見やすくする。

ウキ止めがウキに止まっても毛糸が見えるのでそこが大事だよ。
天気や海域により見え方は違うけどワシは白色の毛糸が一番見易かったです。波のない時が多いですからね。

要するに無風べたなぎ潮が通さない。
この時は円錐ウキの欠点となり最大の苦手な時だが水中ウキを使いこなすことが出来ると沢山の方法があります。

さて、上に書いた白の毛糸の目印、ウキ止めですが、これを竿を立ててほんの少し毛糸が浮きから出るように。

多少遠投して釣りすると効果は抜群ですよ。
グレは釣りにくい状況でも竿は色んな魚が曲げてくれます(*^_^*)

この微妙な操作を水中ウキを使い覚えて下さいね。

水中ウキは思わぬ効果を発揮します。

他にも沢山あり、うきどめから水中浮きまでの距離を長く取ったり時にはウキ止めを外した釣りもやるのですが此処大切なところでますます難しくなるのですがウキと水中ウキの間を支店とした釣りが可能となります。

これは師匠が中尾は沖から釣りを覚えたのうって言ってくださった釣りなんです。

その為にウキ止めがなくてもあたりウキはウキ止めがあるのと同じように舞い込みます。
因みにこの時にも水中ウキから針まで、、餌が水中ウキを引っ張ってくれるようにしておかないとダメだよ。

その時には必ずウキにも顔は出てますから気にしてくださいね❣️

場合により流れや風でウキの位置をラインで大きく変えることもありますから一緒に釣りしてる人は驚きますね(*^_^*)



振り子の練習する時にはウキの形状サイズは多少大きいものを使わないと難しくなります。

小さい小粒のようなウキを使うのはまた違った釣りが出来ますからそれも大切なのですがこと水中ウキを使うなら最初は大きめを使ってくださいね。
釣果にはほとんど関係ないと思います。



*此処のところは水中ウキの使い方のほんの触りとなります❣️
まだまだ先があります。


次に水中ウキを使いこなせ出せば水中ウキを使ってハリス、針の方向を、位置を一瞬にして変えることが可能となります。

水中ウキを駆使した釣りの中で千鳥流しと言われるものがありますがこう言ったものの変形と言いますかその流れからより良い方法で釣りのできるものとなります。


鮎の引き抜きは皆さん知ってるかと思いますが単なるビン釣るのではなく郡上抜きのような段引き⁉️

要は鮎を水面から出してカーブやシュートさせて玉に持ってきます。
場合によりS字もやるしその場その場で取れる方法だよね。


磯での円錐ウキに水中ウキを駆使したら出来るということです。
ワシは他のウキ達でもやってみましたが無理でしたから矢張り円錐ウキと水中ウキのセットでないと難しい気はします。


初めてこれ見せていただいたのは中原さんと志和の磯に上がっててあそこ見とけよ⁉️
当然ウキを見ますよね❣️

真っ直ぐ投げたウキ‼️
馴染んだ時にウキは左向いて入って行った⁉️

釣れたのはアイゴでしたが驚いたのなんのって??
今わからんかってどうして左にウキは入っていくのって聞くと左の方にアイゴが見えた⁉️

その向きに餌持って行ったのだよ?????

その日は眠れませんでした❣️
一緒に上がって寝れなくなったのは数えたらきりがないですわ(*^_^*)ガハハ


その釣りに行く前にワシが中原さんに聞いたのは餌があるのかないのかほぼわかりますがどうしてもわからない時があります‼️

なら明日行こうとなり教えを乞いました。
その時の釣りが千鳥流しなんです。
その後はものすごく練習しましたね。
家の近所の堤防へ行きほんの少しのオキアミ持って。

ビックリしたのはチヌやその他たくさんの魚が驚くほど釣れました。

水中ウキの使い方、動かし方ひとつでこれほどまでに違うとは思いもよらなかったですね。

ウキと水中ウキのバランスと道糸の操作です。
特に道糸の操作はどれほど練習しても良いかと思います。


ワシのルアーの釣りは全て此処から来てるといつまでも過言ではないです。
鮎のおばせの抵抗の感覚と同じなんだよ。

ウキはどう操作するか⁉️
水中ウキを如何に操作するか⁉️
ウキを動かさず水中ウキをどう操作するか⁉️
前後に動かすのか⁉️
左右に動かすのはどうすれば良いのか⁉️

斜めに動かすには如何にすれば良いのか⁉️
上げるのか下げるのか?


管付き水中ウキは次の項目へ
まだまだ続いて行きます。

3まで読んでくれた方ありがとうございます😊
少し疑問になる所は無かったかな⁉️

ウキの顔を出す❣️ 前あたりと言われるものを出す。
言い方は違えど同じ事ですね。

多少の流れや潮が効いてれば練習して来れば出来て来ます。
ここでひとつ問題点が出てくるのだが湾内や潮のほとんど動かない磯などは円錐ウキの欠点となります。

感度重視の棒ウキ系には負けますよね。
その為に円錐ウキ派のかたのやって来た釣りでゼロ釣法などの釣り方、釣法が生み出されてきました。

今ではその発展系もどんどんやり始めて釣果も棒ウキ系に負けず劣らずとなって来てるかと思います‼️

また胡乱な場所で使うことから段々と慣れて超過も多くなって来てると思います。


今では作ることが困難な水中ウキの黒檀です。
ひとつだけ紫檀が混ざってる。


管付きの水中ウキです。

この水中ウキは上のノーマルの水中ウキを使いこなせば自ずと使い方は分かってきますがそのまま使っても使い慣れるに従いつかえます。

ゼロ釣法以上に進化が発揮出来るものとなります‼️


水中ウキを使った方は皆さんの言う事は釣果が落ちた❣️魚が釣れなくなったと言いますね。

其処の所から説明解説して行きます。

まずはウキ下からの距離、水中ウキを使う時には必ずスイベルは使うから其処とウキ止めの距離となります。

ハリス二尋にウキ止めの距離。矢引とかだったり色々です。

基本設定はこの図を見て波高と有るよね。波の上限と下限❣️波の強さは大切だがこの2倍の長さをウキ止めとヨリモドシの距離とします。

こうしないと水中ウキを使ってるにもかかわらず波に滑りますから大切なんです。
沈める事の出来る方なら大丈夫、、あくまでも基準だし目安です。

円錐浮きに水中ウキをつける時に最も気を付ける事はウキの残存浮力です。

私の場合は高知の沖ノ島がメイングランドでしたので潮のきつい場所も多く以下の設定が基準です。

水中ウキは-3.5B その水中浮きをつけてヨリモドシ、Bのガン玉を付けた時の残存浮力がBに設定してます。


細かな設定は自分の作ったものだからどうにでもなるのだが水中浮きを使わないウキと水中ウキを使うものとでは分かるように表示を変えてます。

BSと書いてるのは水中ウキを-3B 残りの浮力はB
Bのガン玉をもう一個つけるとゼロにほど近くなりますが沈まないほどの設定です。

何の為にこの設定かと言うと沖ノ島や鵜来島全域でほぼウキ見て餌があるのかが分かる設定となります。

当然分からない時も多くその時に初めてウキも水中ウキも変更となる。
めんどくさいよりもウキ変えなきゃワシには釣れるグレが極端に少なくなりますからね。

尾長狙いでもクチブト狙いでも変更はほとんどないですよ。
ひとつだけ水中ウキを外す時はグレが水面下50cm近くまで上がってくる時です。ほぼ尾長が多いですね。


なのでワシのグレ釣りでの尾長狙いは松田さんのような釣りと中原さんのような釣りと両方出来ると言うことになります。

松田さん流はワシの同じクラブの先輩達もよくやってた釣りなのでみんな当時はよく釣りましたね。
年間長寸は必ず60cmオーバーがいくつも出てたから。


大昔のやつしか持ってないけど63cmかな⁉️

ここで潮の通らない釣り場となれば設定を変えて行きます。
水中ウキを基準にしますので-2Bや時には-Bへと変更です。この時にウキ表示はワシは-3B設定ですから頭の中で調整。

重さやガン玉のBなどは散弾銃の玉の大きさからきてますので重さ基準では無いです。
Bが、2つで2Bでは無く重さなら3Bとなります。

水中ウキも自作である程度は設定はしてますが多少のばらつきは仕方ないので一応目安となる表示のみ書いてます。




一個一個調べて重さの調整からしますので時間も掛かりますね。


このような釣りをやってたのでルアーでフックを逆に付けても抵抗値が変わるのがすぐ分かったけど当時のルアーロッドは感度が全く無いようなものが多く苦戦した記憶がありますね(*^_^*)


さて、此処からは皆さん気になられるのならご自分でやってください。見た、聞いただけでは知ってても出来ない方が多くて。

-Bの水中ウキを付けた場合平水のような時にはどのような浮力設定のウキを付けますか⁉️

ワシのウキでは同じ浮力でも大きさが違ったり形状が違うものがたくさん出てきます。


釣り場によりウキも水中ウキも変化するのは当然ですのでワシのウキではこれが一番と言うものはないです。
ところ変わればカスのウキとなってきます。

中原ウキでも松山ウキでも同じですよ。
その為に小粒があったり形状も違うものが自ずと出来てくるのだよ。

4では水中ウキの設定、セットの仕方をざっと書きました。

まだまだ此処は中通しの水中ウキのことですから。
また、水中ウキを駆使した使い方は円錐ウキひとつとはかなり違った釣りも出来て来ます。

あくまでもウキ見て餌があるのか無いのか前あたりに見えることが出来ることがスタートラインです。

水中ウキを使ってこれが出来るようになってれば既にグレはかなり釣れてるかと思います❣️


沖ノ島 裸の船着での釣果でした。



一つバエ周りのビゼンのとうふだったかと。


続きます。
多分次は水中ウキの入門編での使い方の予定です。

ウキのこと3です。

2迄はなぜ浮力が大切かの説明をしました。

3ではウキの大きさやそれに伴う感度のことなどを書きながら進めていきます。

みんなの好きな感度‼️ じつわワシにはあまり関係ない事柄です。
感度を重視したのならヘラ浮きには勝るものはないです。

このウキを主体としたものは棒ウキに分類ですよね。
峰ウキはご存知かな⁉️ 棒ウキに浮力をつけたもので理に適ってます(*^_^*)
内田ウキも同じ分類となります。
このウキ達と円錐ウキとの違いは感度ではなく浮力となります。

円錐ウキの欠点としたら感度なのですが長所は沢山出て来ます。
ウキの頭から道糸が出てるからこそより操作が出来、その釣りはより一層攻撃的な釣りが可能です。

餌の違和感を感じてグレが食わない時は水温に関することも多いけど殆どは人間からの操作がまずいからです。

水面から出たラインの位置を変えるのは容易いが感付きウキのような水中にあるラインをウキを支店として向きを変えたりはなかなか難しく違和感のためにエサを咥えてもやめることは多くなります。


この棒ウキは水中ウキの重さを測るために作ってたやつなのですが本来はサヨリを釣る時のためのひとつです。
たかがサヨリなのですがワシのサヨリ用のウキは風雨と流れで7種類ほど有りました。

円錐ウキより感度は良いですよね。



涙ウキです。
下膨れのウキとなります。
同じサイズでは円錐ウキより浮力と抵抗の違いで感度は勝ります。

Fと書いてるものが見えますが0釣法につかえるやつです。

矢張り問題は勝手に動くのとズンズンエサより先に潮を追う事ですね。

張りながら流せば良いと言われるかと思いますが修正は絶えずやらなければならなく段々とウキはズレてあらぬ方向に行くことは多々有ります。

30年ほど前に作ったウキだけど今でも使えますよ。

欲しいと言う方も当時はいましたが釣りの上達を妨げるウキとなりますので誰にも渡してないかと思います。


さ!ウキを使った時の多少の操作は感じる事は出来ましたか⁉️

何の為に道糸の操作をするのか、その基本は針から浮までが出来るだけ一直線。ウキの頭から出たラインもその延長。

こう出来て初めてウキ見て餌があるのかないのか、前あたりになってるのかが分かるはずです。

因みに潮の効いてるところではウキのサイズと浮力を違えるだけで分かりやすくなります。

簡単に書くと少しの波でウキは波を被ってるけど波高が下になると出てる。
ウキが常時波に漂い出せば餌は無い。
こんな感じで見ても分かりやすいかと思います。

ワシは当時こう言ったワシの使えるウキが無かったので作ってただけで使えるものがあるなら幾ら高くても買ってたかと思う。

作る手間や浮力調整からしたら買うのがはるかに安いです。
ワシのウキは一個1万円でも売らないです。もう作れないからね。

決して良いものとかではなくて自分が使えるものという事だよ。



次の項目より水中ウキの利点の事をやります。


ウキの色は何の為⁉️
考えたことあるのかな⁉️



ウキのサイズと浮力の違いはなぜ必要なのか⁉️
そこは人其々ですね。

ワシの場合なら遠征に行くなら基本の10セットの他に予備含めて20個程が必要となります。

楽しくグレ釣りをやってた頃ですね(*^_^*)




ケージさんより。

顔を出すでしたよね!
宜しくお願いします✨

第1の所をもう一度読んでくださいね。
ウキは浮力が大切と書きました。
ウキに浮力が少しあれば潮の向きは少し分かるかと思います⁉️
コレが分かるウキを使わないと分からないですよ。

分かりにくければウキの頭から出てる道糸をほんの少し修正してあげることによりサシエの方向を向く事は多々有ります。

コレを試行錯誤してるのは何故かと言うと餌がウキを引っ張る状態になってるかどうか⁉️
コレが分かりたい為なんです。

餌が無いとウキは滑るし餌のある無しは分かりにくいですがこの微妙なウキの変化をワシはウキの顔が出ると、言ってました。

当時のビデオなどを見ると名人クラスでも出来てない方も多いがその後では前あたりという言葉で言われてました。

全く当たりでは無いのだがこの状態に出来たなら誘いは引き戻すだけでグレは食い付きます。

この状態にできない釣り人の方が多いと言うか出来てる方の方が極端に少ないです。

スカパーでもなんでもいいので昔のなら中原孝さんのビデオ、最近なら松田稔さんの物をじっくりと観察してくださいね。

2人とも多少ウキは沈んだりはしてますが潮に引かれて餌からウキを引っ張ってる事が波の下になっても見てても分かります。


松田さんは水中ウキなしの松山ウキですよね?
中原さんは円錐ウキに水中ウキです。

中原さんはすでに引退されてますがとんでもないスキルは垣間見る事が出ます。

2人とも共通なのはウキにはちゃんと顔が出てると言う事なんだよ。
餌ありますよってウキが話しかけてくれてます。

コレを沈めていくと餌があるのか無いのかは分からなくなってしまいます。


ワシのウキには当時なんだが浮力の違うウキ、サイズの違う浮きでも残存浮力は同じものが沢山あります。

何のためかといえばウキ見て餌があるのか無いのかが分かりたいためです。

この時にバランスの崩れたウキではその顔が出ないし使い込んできて浮力が違って来たり水を含んで来るとキレが悪くなると言って使えるウキではなくなります。

こうなると幾ら釣れてたウキでも修正は効かなくなりゴミ箱行きとなります。
あくまでも釣具であっても消耗品です。


この項目ではウキを見て餌があるか無いかがわかるためにはどの様なウキが必要なのかです。

この微妙な所はビシやヨリモドシの重さとは関係なしに知らなければならない第一歩です。

水中ウキのない時の釣りのことを書いてますから気にしておいてください。
分からない時にはウキから出たラインの向きを出来るだけ流れの上流へと持っていく事が第一歩となります。

磯の潮は絶えず変化してますから気にして欲しい。
一級磯と言われる場所は何もやらなくてもこの状態が勝手に作られる場所が多いですね。


餌がウキを引っ張ってくれる流れの潮目を狙うのは一番ですね。

ウキの浮力が少なかったり潮目が強いとウキは沈んで行きますよね。
この時には時にはそのままウキが分かるぐらいに持ってると竿引きでら釣れることも多いです。

もう少し簡単に釣るならサラシの中で少し重い目の噛み潰しをつけてラインは出さず竿で持ってると多小小さいグレが釣れます。


この時でもサラシの強さや向きを気にしたら釣果は違います。

ウキの顔❣️
前あたり❣️

コレが見えれば引き戻すだけで誘いとなり釣れますね(*^_^*)

まだまだずっと先があります。
今回のは一番簡単にグレ釣りの基本であり阿波釣法と言われる餌を先に流すところです。

ハリスをウキから斜めにすると言うのも、張りながら流すと言うのも修正かけて同じようになるようにしなさいと言うことに近いです。

ここがスタート地点だよ。
ワシの場合は水中ウキがずっとくっ付いてましたからコレが分かるまでにはかなりの時間がかかりました。7年です‼️


続きます。
ここまでは理解は出来たかな⁉️






先日、Facebookでウキと水中ウキ。管付き水中浮足の事が有りました。

ワシのルアーの釣りの基礎となったグレ釣り‼️
それも円錐ウキに水中ウキを駆使した使い方。

其処のところから説明しないとルアーの釣りになるには遥か彼方なんです。
この釣りが絶対では無いし他にいい釣りもあるかとは思いますがワシにはこの釣りが最強だと思ってます。

順番に書いていきますからとんでも長くなります。
当然第一章で終わる程のことでは有りませんからもし読まれる方は心して読んで頂きたいです。

また、Facebookにもリンクしますがこんな釣りもあるんだぐらいに思ってください。


グレ釣りのウキ、ワシは円錐ウキを使いますがどのような形状の浮きでも使う事はできます。

中通しウキを使ってるとウキの頭から道糸が出てるのだが使ってるうちに段々と傷が付いて来ます。

ウキにより同じ場所に傷がつくものや四方八方に道糸の傷が付いてるものもあります。
パイプを入れてるものなどでは分かりにくいですね。


このウキの頭から使うに従ってラインにより傷が入ります。
今のウキはどうか分からんがワシが作ってた物は桐やバルサでしたから使ってるうちに傷ははいります,

この時、満遍なく色んな方向に傷が入るウキと偏って入るウキが出来ます。
バランスの取れてるウキと多少取れてないウキとの違いですね。

今回は水中ウキのこと書くと分からなくなるためにウキ単体での使い方やそれに伴う釣りのことです。


このウキ達は基本水中ウキを使わないためのものです。あくまでも基本水中ウキを使わない。

この中に0と書かれてる物もあります。
現在主流⁉️のゼロ釣法のウキに近くなります。

ここでゼロ釣法の長所短所の中の短所を書いておく。使いこなせる事ができるのならなんら問題はないのでよろしく。

浮力を落としていくに従い浮きはわずかな事で水没しますよね。
わかりやすく言うと針の重さだけでゆっくり沈んで行かせれることも可能と言う事です。

盲点は潮の複雑な場所だとウキの体積、大きさが邪魔をして針より先に巻き込まれて沈んだり浮いたりします。

道糸やハリスが絡んだり結ばれてるのはこの状態になってるからこそなですがそれすら分からない釣り人が大多数では無いかと思います。
底に引っ掛けるのも同じでどこに行ってるのか分からないからだよね。

ウキの大切な浮力を消すことの利点とは一般的には感度や深い棚まで持っていく。
あくまでも勝手に持つまで行ってくれるだろう⁉️

道糸を張りながら流すと言うグレ釣りの基本を皆さんはやられてるかと思うがどこまで張ったら良いのか?
それは何のためなのかが分からないからこそ教え通りやられてるのでは無いかと思います。

また、高知県、鵜来島のマルサゲなどで沈め探り釣りやられるなら出来る方ならほぼ必ず真鯛が釣れます。
邪魔するのはイサキぐらいです。

この時に撒き餌の層と針一個にオキアミひとつ❣️
餌が無くなったのは分かりますか⁉️
その抵抗の違いは何処に出ますか⁉️

此処はグレ釣りでも高度なことになりますが知っておかなきゃ釣果にはとても差がつきます。
ワシにしたら基本となります。

松田稔さんがほとんどウキを沈めて釣らないのは何故なのかわかるかな⁉️


ウキの大切なところに浮力が有ります。
この浮力を使ってオキアミの抵抗や流れの向きや抵抗を知るのには必ず必要となる物です。


もし、今日の大会では1匹長寸大会?
30cm以上の総重量
2匹の長寸
全ての総重量などなど。

全て狙った釣りをするわけですが貴方ならどのように挑戦するかな(*^_^*)


一番先に書いたウキの頭の道糸の傷はこう言った釣りからも分かってくることになります。



師匠の中原ウキです。
勉強させていただいたウキです。

先人達のウキに対する知恵や好奇心から沢山のウキが出てます。
ワシの時代なら峰さんや内田さん、、高知の地元の濱口さんなどですね。

それぞれに長所短所が有るのですがどのウキも使い方ひとつだしずっと使わないと分からない事はすごく多いかと思います。


ワシは円錐ウキに水中ウキをつけた釣りなのだがあたりウキを見て餌があるのか無いのか分かるまでに7年も費やしました。
水中ウキがなければずっと早かったかと思います。
しかしその後の釣りで飛躍的な進歩が有ったのは水中ウキのおかげなんです。

昔言われたことで?
普通には磯際から釣りがわかってくるのにお前は初めて沖から釣りができた特殊な人間だと。

その為なのか高知の古満目で釣りした時その日どうしてもやりたかった釣りを見て欲しくてやったのは大遠投、ウキ下竿3本。

この釣りを円錐ウキに水中ウキのノーマル⁉️を駆使して釣ったのを思い出します。
その時はワシのクラブと中原さんところのクラブでの対抗戦で中原さんに勝つ事ができました(*^_^*)

その後G杯の大会での役員で五島列島に行き2人でまたこの釣りをやつまで大会の選手より釣ってて楽しかったですね。
大会はアジが大量に何処も沸いてて苦戦してました。


もう一度戻りウキの浮力で何が分かるのか⁉️
底の潮が違うのが分からないなら沈め探りの釣りのようなゼロ釣法で狙うのか⁉️

好きな方法でやると良い。

何処でても通用するなら(*^_^*)

あ❣️
ウキの頭から出てる道糸の向きを気にして無いと釣れないよ‼️

次の項目となるとますます大変になると思います。
時間ある時に書きますね。ルアーの操作までは程遠いね。



店の事をブログに書くことはないのですがちょこっと書いてみようかね。


名古屋で小さいお店やってるのだけど今はコロナウイルスの影響でなかなか大変です‼️

何処とも大変だろうと思います。
職種が違っても大変なことには変わりはありませんよね。

頑張ってみんなで復活させましょう(^.^)
ワシのように釣りしてる方はどんどん出かけて経済回してください。

まだ自粛されてる方はどうぞ自粛して下さい。
それぞれ考え方も違うしお給料体制も違いますからね。


最近釣りの友達が送ってくれたお魚たちです^_^
みんないつもありがとうございます😊



マダイ、アオハタ、あやめカサゴ

アオハタ

あやめカサゴ


マダイ


マルスズキ


サクラマスの薫製


ヒラメ


サクラマス、アメマス、マダイ、チダイ


サクラマス


アメマス


スズキ


水ダコ、マダコ


水ダコ


牡蠣


これからも美味しいやつ沢山作ります^_^
みんなありがとう❣️




ウキ 第四章です。

此処からはかなり訳分からんなると思うので好きな方のみどうぞ。
此処がわかればオンラインサロンでやってる事も分かってくるかと思います❣️


サロンではもっと簡単なものから沢山やってるよ。



ウキと水中ウキをどう使うのかを、第三章でやりましたがその続きとなります。

グレ、尾長でもクチブトでも魚は魚です。
少しの習性が違うのはご存知かと思うがその癖を知ることにより対処も可能となります。

写真は借り物です。

尾長グレは時に鵜来島、水島のグンカンなどでは水面下30cm程を鯉のように泳いでたりするしその時に撒き餌のオキアミは食べるけど針を隠してもハリスが上からの為見切られます。
その為にハリスを見えないような死角に持っていくのがイイかと思う。

実際にワシが試したら当時のハリスでナイロン、フロロとも0.6号にしないと食いつきませんでした。

当然瞬殺で切れます。
0.8号では全て見切られましたからこの辺りが尾長の60クラスの見切る限界かと思います。

撒き餌して根に隠れているグレを誘き出して釣るのがグレ釣りですが殆ど上がってこない時、水面近くまで上がりそのままうろうろするとき、上がってきたグレが餌拾って帰る時は1番のチャンスだね。

その時に驚かさないようにしなきゃ餌食って恐ろしいスピードで突っ込まれたなら歯が立たないです‼️

尾長は特に上がってくる頂点に針を持っていくのが一番容易い方法なのですから此処はキッチリ見て釣りしてください。
目で見えない時には心眼ですよ^_^

この時の釣りは水中ウキなどは全く関係無いのであたりウキひとつで大丈夫です。
特に沖ノ島や鵜来島ではボイルのオキアミなので生と違い浮き易いです。

ワシが尾長の60cmオーバーを先輩が釣ってたのを見た最高の匹数は沖ノ島、、二並の東のハナ
ここへ渡船で迎えに行った時こまっちゃんとけいちゃんが釣ってたのをワシが全部ドンゴロスに入れた。
だってあまりにも釣れるからと磯の上、一番高いところに足場の無いほどグレが散乱してましたからね。

数なんて数えられないよ。マジに50や60は居たから。

この釣りも同じような釣りで今と違うのはハリスがそのような状況のため⁉️
真下から真上に出てきてハリスは死角だから6号使った言ってた。

ハリスを太くした最高は14号に食いついた事もありますよ。ヒラマサ狙いの時でしたけどね。
因みにルアーでも狙って釣れるんですよ^ - ^

こうして松田さんと同じような釣りで釣れるのですので皆さんも普段から気にしてやってみてくださいね‼️


さて、尾長グレでもいつもそのようなポイントで釣れるとは限りません。
足摺岬、ウスバエ‼️オキウスでは上り潮の激流の時には時には200m先で尾長グレが食い付きます。

同じく潮の流れで滅多に無いのが沖ノ島の三の瀬一番からの姫島南の磯向の潮
二並びの、光の子からの鵜来島向きの潮
その他沢山の場所で巨大な尾長が釣れます。

上に書いた事で釣れない釣りにくい時に⁉️
ワシはいつもくっついてるのか水中ウキ。

水中ウキをウキ下を長く取り最低でも2ヒロ
それを道糸の操作のみで極端に斜め方向に持っていく。と言うか魚の死角にハリスを持っていくのだよ。
あたりウキは水面に出る道糸の目印として使う釣りなんです。
コレは流れなくても出来るんですよ。
本流釣りの変形と思ってください。

ウキと水中ウキは必ず水中ウキがウキを引っ張ってもらうことが一番だが出来ない時にはウキと水中ウキの間のラインの水抵抗を使ったりウキから竿までの抵抗をほんの少し使う事で出来始めます。


この釣りではほとんど竿引きと思うほどのあたりとなります。
尾長の場合飲み込まれる事も多いが合わせをしっかり出来るならほとんど閂に針が出てきて掛かります。
あわせ切れも多々あるけど(//∇//)


天気、陽射しによって見えやすいウキはできますよ。
太陽が真正面なら高知では当たり前のボラウキのように真っ黒く塗ると見えるよ。


次は水中ウキを使った尾長グレやクチブトグレからの釣りです。

あたりウキはを支店とした時に水中ウキを動かすことによりハリスを前後左右に動かすことが可能となります。

難しく言いますけど流れの向こう向こうへとウキを持っていけると言う事です。
ワシが一番練習したのはコレやりたくて日振島の8番と13番の横の流れでメチャメチャ練習したよ。
と言うのは沖ノ島だと塩分濃度が高くてわかりにくかった為なんです。

と言う事は沖ノ島と日振島ではあたりウキの浮力を違えないとわかりにくく操作しづらいと言う事ですよ❣️

関係ないけど21番は尾長の60cm釣れますよ❣️

沖ノ島と鵜来島でも季節により潮はかなり変わりますから気にして下さいね。
特に春の潮はいつもと反対方向に流れたり90度変わったりと。チャンス到来です❣️

段々と出来るようになると支店をいろんなところに持っていき水中ウキから2尋向こうの針を操作が可能となります。
もっともっと出来るようになると沖ノ島と日振島でも同じウキ使ってもいろんな操作が可能となります。

ひとつヒント書いておくけどやらないと分からないよ‼️
真っ直ぐにウキが出ていく流れの時、ウキの頭から出たラインを一度右へ持って行き少しだけ水にかましたラインを引く。
次にそのラインが張った時に左に持っていく。

この時水中ウキはどのような変化をしてBのガン玉の先にある餌の付いた針はどっち向いて動いてる⁉️

ワシは分からなくて先輩と2人で堤防からやってもらい泳ぎながら見たものです。
場所は夏場の沖ノ島の久保浦と小屋野の堤防ですね。
透明度が違うからよく見えるよ^_^



第三章で書いた左の磯の肩に魚が見えたから釣れるんよ⁉️
タネも仕掛けも有るんよって言ってた意味がこの時に解決したのよね。


また、コレと時期を同じくして50cmクラスの尾長を良くバラしてた。当然大きいやつも‼️
数釣ったら分かると師匠が言って一緒に御五神に行って釣らせて貰ったのは今までのワシの50クラス以上の数の最高です。

今は亡くなられましたが渡船の親父があなたたち2人ワシが生きてるうちは渡船代要らないとまで言っていただいたけどその後一度しか行ってない^ - ^

この時何をやりたかったのかは針を尾長のどこに掛ける⁉️
釣り方から始まり掛けるところまで‼️その後の取り込みも全て練習できた事です。

なのでワシの掛けるのを見た人はキツいと言いますね。
早掛け早バラシはどの釣りでも大得意でした(//∇//)ガハハ

切れる切れる‼️ルアーでも同じですけどルアーは恐ろしくラインがでかいから切れないぞ^_^
餌釣りしてるとルアーのライン笑えるもんね(o^^o)


ここまで読んでくれた賢明な方の中には水中ウキを駆使してハリスを振り魚の死角に持っていく事も可能となるしその時の餌の動きはまさしくルアーなんだよ。



今回とりあえず最終章にしたいので此処からはルアーの操作を書きます。

細かな所は先に書いたサロンでやってますから興味のある方は是非いらしてくださいね❣️


ルアーの場合水中ウキをルアーと仮定するだけでイイので凄く楽なんですよ‼️だってその先の二尋のハリスもガン玉も無いんだもん^_^

上に書いたものを熟知して操作を覚えればルアーなんて面白いように食いつくぞ🤣ガハハ
ワシは本気でアカメの釣りは一年で卒業してました。
その後はおまけと色々な駆け引きが魚によって違う事の詰めでした。


あたりウキの代わりは⁉️水中から出たラインの接点、水面の位置に持っていくのさ。
そこを支店としてルアーの操作だよ。
なのでワシが高知の時にみんなに最初教えたのは鉛を貼ったシンキングにしたブルーオーシャン

ルアーの基本性能の真っ直ぐ泳ぐが出来てるルアー‼️
また当時は中古屋さんに腐るほど並んでたしみんな必ずルアーボックスに入ってたお疲れ様ルアー

是に鉛貼って重さと言うか塩分濃度が変わっても使える設定を幾つか作らせる。

ほら、水中ウキのルアー版が出来たでしょう❣️
水中ウキと違うのはK-TENならリップが有るのでその位置に止めやすい^_^
ここキモ‼️

素直なルアーだからその位置で止めてライン操作で向きを変えれる。
その為にはロッドの操作はとても機敏でなきゃ難しくなる。
此処がグレ釣りとは違う所だよ。

ナイロンの道糸とPEとの違いはライン操作につきます。
サーフや磯のヒラならワシはほぼナイロンだがPEの利点を使うならそれで良し👍

伸びが少なくアクションさせやすい。動かしすぎると逆に水中ウキを知らずにつけたグレ釣り師のように釣れないよ‼️

グレではPEは絶対に使わないです。
ワシはよう使いこなしません。

同じくしてショートロッドとロングロッドも同じだが最近はスライド系のルアーが大盛況なのでアレは兼ね備えてるね。
問題はグレと同じく見切られやすくなる事だよ(//∇//)


こうしてルアーでグレ釣りのようなレンジ、1cm刻みのウキ下調整や水中ウキと道糸の張り具合からの位置

その時のライン位置、浮力などなどを理解出来るならルアーでの撒き餌は可能となります❣️

そこまで理解してなくても高知の何人かの仲間は今でもサクッとアカメ釣るし数も釣るしサイズもね。
高知の仲間はやれば出来る見本なんだよね^_^❣️
たいぞう、たけっち、ハマちゃん、ししとう師匠達です。あとジャコ屋、彼は感覚で分かったおもろいやつよ‼️

さてさて、此処まで書いてもその時の状況に合わせられなければ釣りにくいし🎣難しいよね。

何度か動画出してるけどワシは脳梗塞になりほとんど右半身麻痺からの復活‼️
ちまちまアカメはそれでも5分以内に食い付いてくれました^_^

サロンでは先出しジャンケンで釣れるから集まって釣り方教えるよって‼️
釣れなければワシがまだ操作ができるまで回復してないだけと言ってた^_^

グレも鮎もアカメもワシには同じなんです。



長々と最後まで見ていただきましてありがとうございました😊
また機会がありましたら時には書いてみます。

アメブロはコメントできなくしてますのでFacebookの方へ気になる事などあればお願いします❣️



一つのヒントになるかもね^_^‼️

ウキ 第三章です。

一般的なウキの使い方と水中ウキを使った時の使い方の基本を書いてその後に水中ウキの特殊な使い方なども書いてみます。


ウキひとつでの使い方はみなさんやってるだろうからもう良いよね⁉️
分からないなら阿波釣法ですので今のグレ釣りの基本なんじゃないかと思います。

たくさんの本なども出てますので見て欲しいね。
餌先行で張りながら流すなどと書かれてるかと思います。

正確に言えば餌がウキを引っ張ってくれるように流すかな‼️

他にもたくさんの基本はあるかと思うけど皆さんの方が詳しいかと思うのでよろしく❣️


水中ウキを付けて釣りをすると長所短所がハッキリ出てきますので普通にはとんでも無く釣りが難しくなります。

ワシはグレ釣りを本気で始めた時クラブに入り先輩たちに教えてもらったのでとてもそこは感謝しなければなりません。

と言うのはクラブの大会が毎月一回あり優勝〜3位までの点数式で年間優勝などが決まりましたがなんとワシが一番初心者で年下だったので先輩と一緒に上がると必ず一番良いポイントで竿を出させてもらってグレを釣ること、釣り方などを教えてもらいながらです。

撒き餌の方法なども事細かく教えてもらえたのは今でも財産となってますね❣️

その為に2年間総合優勝は当たり前ですよね。
自分が上手とは違って先輩に釣らせてもらったのですもん‼️


このグレは尾長の63cm程だったかな⁉️
クチブトも尾長も釣りたかったので色んな経験はしました^ - ^


それでは水中ウキの使い方の説明です。
基本はあたりウキと水中ウキを振り子として使うことに尽きます‼️
この操作で誘いとなります。

色んな誘いは有るのだが一番はウキの顔が出たら引き戻すだけで誘いとなり食いつくよね(^.^)❣️
でも此処は厳密に言うと知らない方も多い所です。

なぜかと言えば全国大会の審査員として出て行った時、選手の釣りの確認をするのだがウキが釣れる状態になってもその前にグレ釣っててもそのタイミングで誘いしない⁉️分からない選手も多く驚いたものです。

水中ウキを使う時でも基本は引き戻すだけで釣れますがウキひとつの時との違いはキツく誘わないことですね。
1/10程で丁度なのかも知れないよ❣️


振り子の時にあたりウキがそこそこのサイズでないと水中ウキは動きにくくなります。
グレ釣りの足元から流す⁉️事で阿波釣法の基本は段々と出来て来るのかと思います。

ワシは師匠に言われたのは沖から釣りが成り立って使いこなした弟子は初めてと言われました。
コレは何を意味するかと言うと水中ウキの誘導部分を長く取り当たり浮きも小さくして水中ウキとウキとの中間ほどを水の抵抗を変えた釣りをしてました‼️
何言ってるのかわからないですよね⁉️(^ν^)

要するにウキはあたりウキであっても関係なくて水面から道糸が出て来るところの目安とするのとそこまでのライン操作を練習❣️
この操作が出来だすと餌を横へも移動させることが可能となります。

コレを師匠に習ったのはワシが質問した為に明日釣りに行こうって誘ってくれて見せてくれた釣りのおかげなんです。

どう聞いたのか言うと❣️
殆どの場合ウキ見て餌があるかないのか分かるけどどうしても分からない時があります。

此処まで話して、、!分かった。
その時の状況は無風快晴べたなぎ、潮が通さない時だろう⁉️って言われた^ - ^
まさしくその通りなんです。


そこで次の日に志和の磯に行き教えを乞いました❣️
あそこ見とけって⁉️

師匠が仕掛け入れ20m程のところにあるウキが左向いて入って行く⁉️
真っ直ぐに投げてるのにウキが左に入るって⁉️
潮は流れてないのよ。

はい‼️タネも仕掛けもあるのよ。
釣れた魚はアイゴでしたがそれはグレで無くても大丈夫🙆‍♂️

あそこのしもりの肩に魚が少し見えたからあれ狙ったのよ⁉️
見えた魚狙えるのよね(^_^)

似たようなことが他にもたくさん。

沖ノ島の二並び、東の鼻で遊んでてかなり透明度が高くグレは全く見えずほとんど海底までお見通し。
見えるのは三の字が7〜8匹
なんも釣れないんかって見に来てくれた。
三の字しかおらん‼️

なら、あれ釣ったら⁉️

ワシ、名人ならあの三の字釣ってよ‼️ガハハ

あの〜‼️
そこに活かしてるけど何匹居る⁉️
もう底には見えないが??
8匹釣ってた(//∇//)

兎に角2回ともその日は寝れなかったですね。
こんな事がいつもでしたから‼️
他にもたくさん。

さてさて、その無風快晴べたなぎ潮は流れてない‼️
円錐ウキの1番の欠点の釣りです。
棒ウキに勝つにはどうする⁉️

コレが水中ウキの使い方になります。
名前は千鳥流しと言うのだが水中ウキがあっての釣り方となります。

ウキを支点として水中ウキを振りビシで増幅させた餌の付いてる針を横に誘う釣りとなります。
真面目に恐ろしいほど練習しました‼️

ほぼワシのいろんな釣りの完成はこの時かなと思います。
グレ釣り初めて13年程の時ですね。
8年目頃に競技会を辞めさせてもらったのはこのような釣りをやりたかったし他にもたくさんのことが出来そうで釣ることよりそっちの方が楽しくてなんです。



沢山の日々変わる状況での釣りが成り立って来ると次はクチブトと尾長の釣りと釣り分けです。

例えばイセギ、イサキ言いますけどこの魚は殆んどがグレよりも多少棚が深いよね。誘いを多少キツクすると飛びついてくる^ ^
また、餌を振動させるとキツは食い付きにくくなるね。

オマケは⁉️真鯛はグレより一尋ほど深いしシマアジはサイズで少し違う❣️

この様な事が感じれる様になったのはウキと水中ウキをバランス良く崩した釣りができる為なのです。

今は病気してグレ釣りは出来ないけど楽しかった時ですね。

グレ釣りやチヌ釣りも魚は魚だけど習性が違うのでコレもまた楽しい‼️


水中ウキを使わなくても尾長の60釣るには最善策は1つあります。
だが水中ウキを使うと釣り方は5種類の食わせ方が可能となりました^_^


水中ウキがあろうが無かろうが尾長の出てくる最頂点に餌を持っていくのとその時のハリスの角度はみなさんご存知かな⁉️
この釣りは出来ますよね⁉️

では、水中ウキを使い駆使して尾長を狙う時の釣りを少し解説しておきます。

ウキを水しぶきが出る様なあたりにさせない。
コレは危険を察知した餌の食い方なのでウキは水中ウキを使ってもスーと入るあたりにしないと一気に突っ込まれると沖ノ島や鵜来島の尾長クチブトと言われる60cmで4kg超えるやつは難しくなるよ。

その為に出来るだけバタバタした釣りはやらない方が良いね。

潮が動いてる時はある程度良いが少ししか動かない時などは逆にチャンスにしてね。
大しけの時もチャンスだがなかなか狙っては難しくなるから。

クチブト狙いの釣りに尾長を喰わせるのは楽しいですぞ(^.^)
竿がミシミシ言うからおもろいおもろい❣️



ウキから出た道糸はどっち向けなければならないのかよくウキを見て練習してくださいね‼️
その時のウキのバランスは大切ですよ。
使いこなしていくうちにウキの頭には道糸の筋が出来てるはずです。どの様な筋が出来てますか⁉️
そのウキのクセがそこにありますのでお風呂でても浮かべて観察するのも良いね‼️

グレの入れ食いの時浮力は同じだが形状やバランスの違うウキを使うと全くよう釣らなかった事があります。
ウキを元に戻したら入れ食いってビックリしたよ(//∇//)

師匠にこの話したら入れ食いの時変えたのかってビックリしてた‼️
アホなんですもんやりたいやりたい‼️ガハハ
分からない時には二つのウキをいつも持っててごらん‼️手に馴染む方が連れたウキと違うかなってね^_^


ウキの頭からどっち向いて道糸を持っていけば良いのか⁉️
ウキと水中ウキはそのバランスでいいのか?餌があるのかないのか分かるかい?

水中ウキを使いこなす時には極々繊細に❣️
誘いは引き戻す❣️

ハリスの真ん中にBのガン玉
ガン玉は仕掛けを浮かす事も沈ませることも可能
ウキ下を凄く長く取るときはウキと水中ウキの中間地点を気にすると釣りは変わります。

ウキ止めを退けて釣りしても何処に仕掛けが行ってるのか分かる様に。


道糸をウキから左右方向に持って行きそのフケ、ラインスラグとも言うけどその膨らみを利用した釣りもできる様に‼️
この時の水中ウキの動かし方がシビアでコツとなります。

あくまでも基本は餌がウキを引っ張ってくれる状態に出来るならそれが先だよ。
どうしても難しい時の対処なので花をつけたくても幹が細いと折れちまうぞ(//∇//)

幹を太めて根を張ることからできるといいな。


第三章迄はウキと水中ウキを駆使してどのように釣りをすれば良いのか⁉️
その長所と欠点から欠点を補う使い方などを解説しましたがなかなか難しいのかなと思います。

道糸の抵抗を無くしたり作ったりすることで釣りは成立してきます^_^
その時に撒き餌は何処にどの様に打つのか⁉️
仕掛けの投入位置は何故そこなのか?

皆さんの知ってる競技会の釣りの究極はこの辺りに有るのかと思います‼️

仕掛けを振り込み馴染んだ時に一度ラインを真っ直ぐにすることで誘いも兼用となりその後にあたりが出る。
投入から5秒です。ポイント過ぎたらいつまでも流すのじゃないまた始めから‼️

その為に普段の釣りから食わせられる位置、その状態になるところなどを把握できる事が何よりも大切となり状況の判断となりますね^_^


自分の好みのウキを何年も使うことでその形状のウキの長所を使える様になるかと思います(^_^)
それまでは釣れなくなるかもしれませんが頑張って一つの形状のウキを使って欲しいです。


たまたま見つけた写真です‼️
貴方の立ち位置は多分グレ釣りする方なら皆さん同じかと思う。では、2番手と思われる立ち位置は⁉️そこからの攻め方はどうされますか⁉️

ルアーと違ってグレ釣る時にどこに撒き餌をしてそのタイミングは⁉️
仕掛けの振り込む位置。
コレは凄く大切なんですよ。

この時に尾長狙いとクチブト狙いの違いも有るので経験値を増やしてくださいね^_^

ルアーの方なら何処へキャストして何処で喰わせますか⁉️どっかで食いつくやろって言うのならワシに負けるよ^_^ガハハ多分

因みにルアーなら何が食いつきそう?ワクワクしますよね‼️


大昔の男女群島
ペストなど懐かしいね。

ウキの項目から水中ウキをルアーに変えるとどうなる⁉️
コレが第四章となります‼️

つづく







ウキ 第二章です。
今回はみんなのほとんど使わない使えない⁉️
水中ウキの設定やその他の大切なことから書いていきます。



色んな形状から重さの種類の水中ウキです。
頭塗ってるものは紫檀であとは黒檀です。

今では市販されてるものでもいいのかも⁉️見てないので何を売ってるのか分かりませんが。


水中ウキを使い熟したりどのような事が出来るのかは基本設定を使い出来出してからの方がいいね。
この水中ウキは動きすぎる為に使える人には武器となるが一般的にはより釣れなくなる可能性があります。



重さ調整には真鍮のパイプが良いですね‼️
切り口などの面取りは綺麗にして下さいね。
一発で道糸が切れちゃうぞ。


ステンレスのパイプを入れたものです。


黒檀自体が重いのでパイプ無しで大丈夫の物です。


水中ウキを基本は寸法を同じに切りその長さのパイプを切っておくと楽です。

ワシのは外径が2.5mm使うのが普通で2本のパイプを、重ねる時には3.0mmとそれに合うパイプでした。

もし材料が有り作りたい方は参考にして下さいね。
但し黒檀を角材から切り出し水中ウキの形にする迄にはとても時間が掛かりますし削りカスが鼻に入ったら痛いぞ^ - ^ガハハ

鼻洗うと真っ黒な黒檀が出るもん‼️


ど真ん中に穴開けるのもパチモン使うと難しかったしドリルがよく折れた。



ワシの設定するための水中ウキ3つです。
右の端の形状が一番操作しやすい物です。
真ん中もほぼ同じです。

左の端はウキを作ったらその浮力の基本浮力を測る為の設定済みの水中ウキセットです。
爪楊枝をウキの下から刺して水に浮かべば慣れればその浮力はほぼ分かります。



糸ウキが見えますが渓流釣りの昔の目標です。
コレをウキ止めにしてウキの頭の中に入る様にウキは作ります。


この穴ポコに入るのは風が強い時にはかなりの違いが出ますね。


ウキと水中ウキはみなさんご存知かと思うが水中ウキは下が大きくなるようなセットです。
波のない時にはウキ止めは半ヒロ〜矢引からです。
それにハリスが2ヒロ。真ん中にBの噛みつぶし。
グレの基本の小針の小餌だがワシの基本は軽い針なのと掛けに行くためにチヌ針を使ってました。
クチブトでも尾長でも大丈夫です。
2〜5号で基本は2〜3号です。


セットした時のウキの残存浮力はB程ですよ。
これのセットでほぼ沖ノ島や鵜来島では潮目や流れの釣りで餌があるのかないのかを知る事ができます。
水中ウキがあるからウキひとつよりは分かりにくいが分かるようになるまで練習するといつの頃から飛躍的な釣果になりますね。

ワシのウキで2BSと書いてるものは水中ウキを付けてBのガン玉で残存浮力が2Bという事です。
この調整は餌があるのかないのかわかる為にはとても重要な設定で塩分濃度や季節、釣り場所でもかなりの違いが出ますのでその時々に微調整すれば大丈夫です。


さて、この設定して釣れない⁉️ 餌が分からないのは当然ですが訓練次第だよ。

餌があるのが分かるのは一番は引かれる潮や潮目です。
特に潮目のある所で練習すればライン操作をどこに持っていけばとても重要でそれさえ出来ればグレは釣れると言っても過言ではないです‼️
此処で一番大切となる浮力が効いて来ます。浮力が無いと分からないですよ❣️

この操作こそが水中ウキを使える基本となりますので何年も掛かるかもしれませんね。

ウキのセットは間違ってなくてもライン操作が少しでもダメだと分からないと思います。

水中ウキは無いのですが松田さんのウキの釣りを見て下さいね。最近は尾長狙いが多いけど分かるかも知れないね❣️


失敗したウキを割ったものでこのような感じ。
此処には無いのだがウキ止めを真ん中辺りまで入るようにしたり、鉛のすぐ上で丁度真ん中辺りですね。
最初はやらない方がいいと思いますけど面白いよ(^.^)


左が鉛じゃなく真鍮で右が鉛のバランスです。
当てても変形しにくいのが真鍮ですけどワシは10000倍以上鉛の方が良いですね。


ウキを作る為に鉛も特注して作ってもらってました。



この鉛を2/3切って標準用と小粒用のウキに使ってました。


ウキと水中ウキを作るのに釣りに行ったあとに作るとその時に必要と思う浮きばかり作ることも多く20個をひとつの区切りとして作ってましたからほぼ同じウキが出来てました^ - ^ガハハ

でも出来てから浮かべてみるとダメなウキが半分近くなるからなかなか大変。ダメな物はその出来立てのウキでも廃棄となります。

ダメなウキは何かというとバランスの取れてないウキで竹籤などやヨウジなどを使い修正は可能ですがなかなかバランスは調整出来にくいから作り直す方が早いね。


テストや当時の市販品だがワシは使わない使えないウキなんです。
自分のウキも何も無ければ使うし釣れますよ(^.^)


今回はウキと水中ウキの調整からセット方を書きました。

ウキ止めは道糸やハリスを内掛け結びで3回回すとokだよ。
コレ知ってると知らないとでは違うぞ。
ウキ止めを鮎などの目印の毛糸で見れるようにして結んでウキ見ながら釣りもやってみて下さい。
新しい発見もあると思いますよ‼️


此処まで書いたことは簡単そうで結構大変な操作になります。
ワシはこの時点で7〜8年かかりました。
釣り歴は長くてもグレ釣りが超初心者だった為で、石鯛釣りやクエ釣りはやってたけど潮目が分からなかっていつも先輩たちに教えてもらってましたからね❣️

また、その先輩やグレ釣りのクラブにも招待して頂きそのクラブがまたすごい方達ばかりで今でも感謝してるのですよ。

当時は天狗👺にもなったし、でもそれほどのスキルはなかったのはよく分かりますわ。

次の項目、第三章はウキ、水中ウキの使い方編をやりたく思います。


第三章につづく❣️