びんび♪

びんび♪

美味しいお魚釣りたいです。

niftyの釣りフォーラム、FFISHの時 釣りのdata残す為にJUNさんかと思うけど雛形を作ってくれてたのは大変助かりました^_^

今使っても良いものですね❣️

今日は元釣りサンデーの社長の小西さんがアカメのこと書いてくれてたので少し補足でこっちにも^o^

ワシの偏った感覚に腹の立つ方もいるだろうからその様な方はスルーして下さいな。

1枚目のやつ、この様なdataはワシのやつと友達と一緒にしたものとがあります。

WordとExcelに保存してますがこのデータ取る事はとても大変でした。
毎日釣りに出かけてたから残す時間がほとんどない‼️
仕事も3つも4つもやってたので寝る時間をかなり削った。

ワシはアカメの釣り、まぐれで釣れた時からでは1972年からと思う⁉️中学一年でした。

当初は餌釣りが殆どで漁師だろうが市場だろうがどなたも専門に釣ることはしてなかった。

橋の上から投網投げてたおっちゃんからアカメ釣るなら下田ならエビ食ってるからアレじゃないか⁉️と話してもらったのがきっかけです。

サイズは別にして季節でのアカメ釣りの餌は変えないとなかなか釣る事も難しくて。

今と比較して当時はかなりアカメは少なく当時のこと知ってる方なら分かるかと思います。それほど少ない魚でしたね。
1980年前は5.6月ごろに友達と2人で多い年で1000匹程しか釣れて無いですからね。

釣りキチ三平で四万十川のアカメが有名になりました。
四万十川では真鯛釣りに行った帰りにルアー見様見真似で投げるとスズキは釣れるけどアカメはほとんど切られてました^_^

他の釣りや仕事の関係で時々ルアーの釣りでアカメやスズキ釣ってたけど本気で狙うのは1996年ごろからかな⁉️
丁度ワシがホームページを立ち上げた時で最後の方に浦戸湾のアカメの項目を少しだけ出してました。

兎に角ビックリしたのは浦戸湾なんてアカメなんか居るか、って恐ろしいほど非難轟々誹謗中傷のメールはオモロかった‼️
どうぞどうぞ四万十川に行かれてくださいと返事は出した気がする^_^
教えるかいですよね‼️^_^😊

当時にアカメ釣りしてるのはほんの限られた人とその近くに住んでる人でした。
また、アカメ釣りを殆どの人は隠してましたからそれがすごく嫌で浦戸湾だけは絶対にオープンにしてやろうと‼️
当然色んな圧力はかかりましたよ!

その為には沢山の友達を作るべく。と言うのも今でもそうだが殆ど1人でスキルアップのための釣りしかしてなくて磯や鮎ならクラブもあるけどその中からルアーとなると投げの友達数人しか居なくて。

2000年頃からぼつぼつルアーの友達を作り始め2003年には高知だけで10人ほどの親友も出来県外の仲間を含めると少し多くなりました❣️

今でも釣り場の写真やポイントを隠してる方が殆どなのですがワシの場合みんなで釣りしたいし釣ったら喜んであげたいし自分も喜びたい^_^

その為にこの頃から誰かが釣って連絡があれば即写真撮りに見にいくためアルコールは全くやめました‼️カメラはトラウマで超苦手でしたけどさ。

夜中に行く事も多いし帰ってきてすぐ電話も多々ありましたからね^_^

その為に浦戸湾の中で一番釣れない釣り難い中の桟橋先端で夜中まで待機して遊んでたのです。
多くの頭いい人からは一番いい場所占領してると言われてました❣️。。。

マブチはなかなか難しいけどタイミングさえ合えば食わせることは可能なのでチャンスは毎日待ってたよ^_^😊

こうして出来上がったdataは恐ろしい容量ですが紙媒体ではなくExcelや Wordに残せましたね。

このデータを高知県に渡したものはほぼ削ぎ落としたものです。

アカメの釣りをやめて他の釣りに移行しようかと思ってた頃アカメが希少魚ランクに宮崎県が。

その為にもう一息。長野さん初め多くの釣り人とは違う目線から排他されること覚悟で噛みつきもしました‼️

この様なdataではじつわ希少魚から外す事は無理と言うことは利発な皆様ならお分かりかと思いますが稚魚は何処にいるのか⁉️
サイクルができてるのかと言うことは最重要です!

ワシはそれまで沢山のアカメを釣ってきてたし潜ったり水温見たり。
その為に何箇所での稚魚の居る場所は知ってた。これ言うと当時なら必ず熱帯魚関連での餌食になり場所も稚魚も奪われますし当時はコアマモと言う事が普通に稚魚の居る場所となってたので申し訳ないがそれを利用させてもらってた^o^

休憩の場所や隠れる場所ではあっても餌を取れる場所ではないことは自ずとわかります。

コアマモを刈ることでポイント作る友達も出来てきたのも笑えるんだけどそれまで釣ったことのなかったアカメを釣れたと喜んでた^_^

さて、高知県の希少魚レッテルは様子見となる。
と言うのは個体はかなり見ようとすれば見え出したしそのタイミングで県の職員を連れて行くと確信です。
しかし稚魚の場所がわからない?????

県にはどうしても調べたいなら言いますがかなり厳しい注文を話しますので生半可では探せないですよと。

信用するかしないかは県次第。

数年が過ぎた頃県からの連絡とそれに伴って調べてくれる業者から連絡。
業者の方は県に出してるdataは見れましたと。
あのデータ頂けませんか⁉️
となりWordとExcelの両方を渡しました。それの分析を約一年掛かってまた連絡が入る。

真夏の釣れる時期にあまり釣れてないのは何故ですかと言う問いも^_^
浦戸湾の一番釣れないところで待機してたと話したら大笑いしてた。

また、餌釣りでの稚魚の場所はもう無いから他探さなければと話した。

その時釣ってた稚魚は少し大きくて参考にならないサイズなんで10cm以下、出来れば5cmや産まれたばかりの稚魚を見つけたいとの問いがありそれなら言うことで調べる時期、調べ方などの項目を並べた。

この場所は高知の沿岸なら何処でもですが高知市内からの場所がいいだろうと思い高知新港、花街道のテトラから仁淀川近辺のテトラ❗️

このテトラを調べる事と同じ時間帯に3箇所、稚魚の移動が無いことの確認のための3箇所同じ時間帯
産卵から計算して夏から秋に。

調べ方はこの先問題も出るかもしれないので書かないです。
また、海からのテトラで外海となりますから波があれば死にますから。

テトラ舐めてもらっては困るからね。

さてさて、その結果報告は次の年になりましたがキッチリ会いに来ていただきお話を聞く事ができました。
3箇所での大凡の匹数は5万匹との結果です。
極狭い範囲でこの匹数ですよ。

マジに思ったのは[困った]でした。
増え過ぎてます。
ワシが見てた時は半分にも満たないかと思うのでとんでもなく増えてます。

この結果より希少魚ランクは下がりましたがワシの懸念はそこではなくて増えたらどうなる⁉️です。
その後数年前にはある漁協の知り合いから足摺の80mラインで毎年アカメが釣れ出したとの報告❗️

かなりヤバくなってきてます。
奴らはマジに沿岸の魚の頂点です。
サメを追い払うことは昔から知ってたけど生息場所も変わりつつあります。

10年ほど前に徳島でメーターアカメが釣れると聞いて見に行ったが興味があるのはその魚もそうだが稚魚なんですよ。

そこでチマチマ狙ってみると確立されてましたから徳島も今後多くなりそうです。
またその帰り高知県東洋町の大敷網にアカメが入った情報もらい見て来た。

甲浦では竿出してみたけど釣れなかった‼️

高知県の沿岸はほぼアカメ狙ってみたが甲浦だけよう釣らなかったです。興津でも釣れましたからね。

高知県、宮崎県だけではなく広範囲に生息域を広げつつあるのかもしれないアカメですね。
ワシが死んだらこの様なデータから頭の中のdataも無くなります。それで良いけどね。

ぼちぼち痴呆にもなってるから⁉️ぎゃはははは

ルアーで滅多にアカメが釣れない⁉️何故だかわかりますか??
餌でもあまり釣れてない。これほど増えてるのに❣️

何が間違いかが判れば釣れるよ❣️



お店なのですが今日は鰹を捌いたのですけど最近他の魚を捌く事が多く特にアカメ‼️


アカメは正直なところ料理人ならどなたも捌きたく無い1番の魚かと思います。

80cm超えて来ると柵にするまでどの料理人でも1.5〜2時間掛かります。


今日の鰹は2匹捌いたら5分かかってません。




この様な嫌がらせのような魚を捌く変わり者なんですが高知にいた時は年間に捌く数は一匹以内で時に小さいのを3匹までだったかと思います。
高知を離れる前の5年ほどは捌いて無いですから10年以上捌いてなかったことになります。


釣りしてて死んでしまうことは殆どないのだが時にはダメかもと言う魚や友達からお願いされた時ぐらいでした。



このサイズとなるとなかなか大変で裏表返すのはかなり苦難の技なんです。

クエのような魚だとかなり楽なのですがアカメだけはとんでもなく大変です。


片手で返さなきゃなりませんから30kgも有るとなかなか大変でですよね。

そんな感じで嫌がらせの魚なんだよ。


また、クエよりも遥かに骨が硬く出刃でもなかなか断ち切れません。刃こぼれもとんでもなくなりますので後の修正が泣けるんですよ。


この様なアカメを名古屋に来てから少し捌いてますが過去に分からなかったことや知らなかった事がたくさん出て来ました。


骨のつき方や一般的にはある骨が無いのは驚きでした。

今まで気にしてなかったといえばそれまでなんですが謎が益々深まって来た魚でもありますね。


鱗の出方は他の魚と比較できないほどの付き方だしその深さも驚きます。

昔は鱗除けるのに鍬で引いてたと言う方もいました。それ程大変な鱗なんです。

ところが生きてる時にはバンバン鱗は落ちます。


弱るまで取り込み時間かけたらそれも少ないかと思いますが元気なやつを取り込むと数十枚と言わないほど落ちてます。



先日友達から浦戸湾の出口で投げ釣りしてたらアカメのメーターほどが流れてた様です。そのあと弱ったキビレも流れてたとか。


このアカメなのですが経験上恐ろしく増えてます。

7年前に確実な調査で3箇所を同じ時間帯調べてもらうと稚魚がおおよそ五万匹見つけられたそうです。


じつわこの数は私の想像を遥かに超えた数で気になってました。

其処で今年知り合いに頼み1箇所なのだが調査して貰うとやはり魚を見慣れてるのと見方の関係でほんの1時間ほどで数えられませんと言う回答を頂きました。


2020/9/25日の調査です。


気になってたのが現実味を帯びて来ました。アカメが害魚になる日が近づいて来てます。


この魚の特徴としましてサメも怖く無い魚で高知では頂点に君臨してます。

フィッシュイーターなら共食いもかなりありますがアカメはそれもほぼ無い様で逆に群れでの行動で仲間を守ることも見れます。


大きなアカメを釣ってロープに繋いでおくとその横に似たようなサイズのアカメが寄り添う事も多いです。

多い時にはメータークラスのアカメを繋いでたら何匹も寄り添うことさえあります。


また、アカメはチヌよりも好奇心旺盛でテトラなどを入れてると一番先に見学に来ます❣️



釣りだけじゃなく習性やその関わりを見ると楽しくなって来るかもしれませんよ。


ワシはアカメの釣り人よりアカメが大好きなのかも知れないです。


50cm迄のアカメの数釣りも凄く楽しくて大きいやつ狙いたい気持ちはわかりますけど小さいアカメの数釣りもやられては如何かな^o^


アカメの習性が見えて来て大きい奴も釣れだしますよ❣️