「シャンティ・フーラ」よりの転載」

 

転載はじめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ハザール系ユダヤ人とロシア人の知られざる関係から見る必要のあるウクライナとロシアの戦い 〜 単にユダヤ教に改宗した「ハザール人の子孫」アシュケナジー・ユダヤ人は、偽ユダヤの悪魔崇拝者

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 元ソ連外交官が語る「ロシア-ユダヤ闘争史」の全貌は、ハザール系ユダヤ人とロシア人の知られざる関係について詳述した必読と言えるものです。
 この中に、「8世紀に入り、ビザンチン・キリスト教とイスラムの圧迫を受けたハザール人は、王から奴隷にいたるまで国を挙げてユダヤ教に改宗し、ハザールはユダヤ国家になった(799~809年頃)。そして彼らは自らをユダヤ人と名乗るようになったのである。現在、世界のユダヤ人の大半を占めるアシュケナジー・ユダヤ人は、このハザール人の子孫である。」という記述があります。
 ハザール王国の王と側近のオリガルヒは、子供を生贄として捧げ、その血を飲み、その心臓を食べる「悪魔崇拝者」で、“近隣諸国からハザリアンマフィアと呼ばれるようになった。…ロシアは 1000 年以上にわたって、ハザリアンマフィアに対抗する砦として立ち 続けてきた。このことは…今日に至るまで続いている”とあります。
 こうした視点から、ロシアとウクライナの戦いを見る必要があるのです。ウクライナ紛争でのロシアの目標の一つは「非ナチ化」ですが、ロシアのラブロフ外相は、ユダヤ人を迫害したナチス・ドイツのヒトラーについて、「ユダヤ人の血が入っていた」と発言しています。
 Tomoko Shimoyama氏のツイートを見ると、ラブロフ外相の発言は事実であることが分かります。「Naziの語源はAshkenazi」だとあります。
 アシュケナジー・ユダヤ人は、“中世にドイツ西部とフランス北部のライン川沿いにコミュニティを築いたユダヤ人”ですが、彼らは血縁的には旧約聖書のユダヤ人とはまったく関係がありません。単にユダヤ教に改宗した「ハザール人の子孫」です。偽ユダヤと言っても良いわけです。
 ラブロフ外相は「賢いユダヤ人たちから聞いたが、最も反ユダヤ主義なのはユダヤ人であることが多い」と発言しています。その「最も反ユダヤ主義のユダヤ人」の一人がナチス・ドイツのヒトラーで「悪魔崇拝者」だったわけです。
 “続きはこちらから”のツイートを見ると、ヒトラーのような「ハザール人の子孫(ハザリアンマフィア)」がいっぱい居ます。彼らがウクライナのネオナチを支援するのは良く分かります。
 こうした偽ユダヤの悪魔崇拝者たちが、「約束の地」は自分たちのものだと主張して、パレスチナ人の土地を奪っているのが、パレスチナ問題の本質です。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

ロシアはロック・ステップから外れているのか?

引用元)

 

メモ・独り言のblog 22/11/22

(前略)

ロシアの隠された過去 - ハザリアンマフィア

西暦800年:ロシアを中心とする周辺諸国の指導者たちは、長年にわたって国民から不満の声が上がっていたため、集団でハザール王に最後通牒を突きつける。(中略)... ハザール王は、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の中から選ぶように言われた。ハザール王はユダヤ教を選び、ロシア皇帝が率いる周囲の国家連合が定めた条件の範囲内にとどまることを約束しました。その約束にもかかわらず、ハザリアン王とその側近のオリガルヒは、古代バビロニアの黒魔術、また秘密悪魔主義として知られる魔術を実践し続けました。この秘密悪魔主義は、子供を生贄として捧げ、「血を抜き」、その血を飲み、その心臓を食べるというオカルト的な儀式を含んでいた。

西暦1200年頃、ロシアはハザリアを取り囲む国々を率いて、ハザリアの人々に対する犯罪を止めるためにハザリアに侵攻しました。ハザリア王とその内廷の犯罪者、殺人者たちは、近隣諸国からハザリアンマフィア(KM)と呼ばれるようになった。

(中略)

ロシアは1000年以上にわたって、ハザリアンマフィアに対抗する砦として立ち続けてきた。このことは(中略)... おそらくプーチンが初めて政権をとって以来採用してきた戦略に見られるように、今日に至るまで続いているのである。

グローバリスト、トランスヒューマニスト、エリートは、ジョン・F・ケネディが彼らを暴露すると脅したときに命を落としたのと同じ敵の後日の隠れ蓑なのである。

(以下略)

————————————————————————

ロ外相「ヒトラーもユダヤ人の血が入っていた」発言にイスラエル激怒|TBS NEWS DIG

配信元)

 

YouTube 22/05/03

————————————————————————

配信元)

 

Twitter

 

(続きはこちらから)

 

 

————————————————————————

アメリカ人とユダヤ人の知られざる関係/div>

配信元)

 

YouTube 21/12/30

 

 

 

 

「シャンティ・フーラ」よりの転載」

 

転載はじめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【拡散希望】「大陪審 世界征服のアジェンダを明らかにする」と題するPDFの要約 ~イギリスの政府通信本部(GCHQ)の元職員アレックス・トムソン氏が証言するイルミナティによる「世界征服の野望」

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 「大陪審 世界征服のアジェンダを明らかにする」と題するPDFがあります。このPDFを出しているストップ・ワールド・コントロールのサイトには、“大陪審は6回にわたって行われ、それぞれ約6時間の審理を経て証拠が提出されます。これらの手続きの長さは、大多数の国民がこの情報を受け取ることを困難にしています。そこでストップ・ワールド・コントロールは、6時間の各セッションの読みやすい要約を作成し、これらの非常に重要な啓示がより多くの人々に届くようにしました”と書かれています。
 これは本当にありがたい。これほど貴重な情報が「この情報には著作権はなく、営利目的で販売しないという厳しい条件のもと、読者はこの情報を広く伝えるよう奨励されている」と言うことですから、皆さん、どんどん拡散して下さい。
 この「読みやすい要約PDF」は87ページなので、重要な部分を選択して何回かに分けて掲載することにしました。なお、PDFの翻訳は主にDeepL Proを使いました。
 PDF全文の日本語訳は、こちらのブログからダウンロードできます。
 記事をご覧になると、イギリスの政府通信本部(GCHQ)の元職員アレックス・トムソン氏はイルミナティによる「世界征服の野望」について証言しています。
 王室を支配し、地球の大部分を支配しているシティ・オブ・ロンドンを実際に動かしているのはごく一部の一族であり、これらのファミリーのトップレベルを知るには、フリッツ・スプリングマイヤー氏の「イルミナティ 悪魔の13血流」が優れている。この下のレベルがディープステートを動かしている「200 家族」だと言っています。
 「200家族」は、ジョン・コールマン博士の「300人委員会」と本質的に同じだと思います。「コズミック・ディスクロージャー シーズン2、エピソード16」の中でコーリー・グッド氏は「コミッティー200(200人委員会)」に言及しており、デイヴィッド・ウィルコック氏は、“これをよく知っている人は…それはコミッティー300(300人委員会)ですね。…ではメンバーのうち3分の1が離脱した可能性はありますね”と言っていました。
 この記事の内容は「陰謀論」ではないのです。ごく少数の一族による世界支配の野望の証拠として語られているものなのです。先の記事で見たように、こうした重要な事実をスルーしていると、世界が中国のようになるのを容認しているのと同じことになります。それでも良いのですか?

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

転載元)

 

Stop World Control 


著作権表示

この文書は、ライナー・フュエルミッチ弁護士のコロナ調査委員会が指示した大陪審の模範手続きの2日目に提示された最も重要な情報の抜粋を含んでいます。
 
この情報には著作権はなく、営利目的で販売しないという厳しい条件のもと、読者はこの情報を広く伝えるよう奨励されている。

この文書の印刷物は、次のウェブサイトで入手できます。StopWorldControl.com/jury
 
このドキュメントは、5つの大陪審セッションのうちの1つです。
他のセッションも印刷可能な形式で利用できるようになる予定です。
(中略)
世界支配を阻止する
 
シティ・オブ・ロンドン
第1部 概要
 
大陪審のセッション2の専門家証人は、英国情報局(米国国家安全保障局のパートナー機関)の元職員とカナダ人調査ジャーナリストだ。彼らは、英国のエリートが世界支配を目指した長い歴史について説明する。大英帝国は今も存在し、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、アフリカ19カ国、カリブ海諸国を含み、世界のほぼすべての国に手を伸ばしている。本社は、世界の金融の中心である1平方マイルの面積を持つロンドン・シティにある。シティ・オブ・ロンドンは、英国政府の統治下にあるのではなく、逆に英国政府の上に君臨している。ロンドン・シティは独自の裁判所と警察を持ち、その主権と自治に異議を唱えられたことは一度もない。王室を支配し、地球の大部分を支配しているのです。
 
イギリスのエリートは、残りの人類を奴隷にする権利があると信じています。彼らは、人類を「家畜」とみなしています。彼らの考えでは、国民は、身体、精神、魂のすべてにおいて、自分たちのものなのです。民主主義は、ロンドン・シティが主導権を握り、糸を引いている間、国民を平和に保つための幻想に過ぎない。
 
このエリートは、いわゆる「新世界秩序」を何度も試みたが、すべて失敗した。米国を支配することに成功しそうになりましたが、そこでも失敗しました。今、彼らは世界支配の目標を推進するためにコビッド19のパンデミックを利用している。「みんなの安全を守る」という名目で、世界の人々を彼らのあらゆる命令に盲従させるために心理学的テクニックを使っているのだ。
 
マインド・コントロールは、長い間、彼らの戦略の中心であった。3つの産業革命の後、人々の心を支配することに焦点を当てた第4次産業革命が今、起こりつつある。

ワクチン接種プログラムの深い目的は、人類のゲノムを編集し、オリガルヒの欲望に従って行動する新しいトランスヒューマン種族を作り出すことである。これは過去の暴君の究極の欲望であった。しかし、技術によって、完璧な奴隷となる人類の再創造が可能になったのは今だけである。
 

  私たちの世界は、古代の奴隷制度が復活し、技術的にアップグレードされて、全世界の人々を包括する全く新しいレベルの奴隷制度を導入する脅威にさらされています。

 

(続きはこちらから)


専門家証人(EXPERT WITNESS)
アレックス・トムソン(ALEX THOMSON)
アレックス・トムソンは、イギリスの信号情報局の元職員。

NSA(米国国家安全保障局)のパートナー機関であるGCHQの元職員。旧ソ連担当のデスクオフィサーで、傍受した資料の転写を担当した。化学、生物、放射線、核の脅威(CBRN)を扱うGCHQの分野横断的なチームの一員でもあった。
 
情報将校として、世界征服のための英国の戦略を学んだ。彼は、大英帝国の歴史的背景と現在の権力構造、そしてCOVID-19パンデミックが彼らのアジェンダにおいていかに重要な役割を担っているかを説明する。
 
以下は、アレックス・トムソンによって明らかにされた最も重要な情報の要約です。すべての詳細をお知りになりたい方は、こちらのセッションをご覧ください。:StopWorldControl.com/jury

 

シティ・オブ・ロンドンは、大英帝国の金融の中心地であり、世界の支配的な勢力です。1870年頃からその態勢を整えた。近代世界、世界の独占化、カルテル化はその時から始まっているのです。イギリス王室の独占とシティ・オブ・ロンドンの資金に由来する腐敗を調査すると、すべてこの英国のエリートによるいくつかの革命があった1870年頃にさかのぼるようです。
 

  これらの革命はすべて、大英帝国の先住民や競争相手国の生産性を抑制し、知性と知的財産の発展を阻止することに端を発している。

 
マインド・スペースとでも呼ぶべき革命があった。2010年以降、この用語は英国政府の中央省庁である内閣府によって明示的に使われるようになった。
 
・イギリスをはじめとする欧米の学童に提供される教育の質における革命。
・エリートによる知的財産の窃盗に革命を起こす。
・医療と医療への無料アクセスのモデルにおける革命。
・国内では、古典的な英国の自由民主主義モデルからの憲法革命が起こりました。
 
これはすべて1870年以降に起こったことで、イギリスでは、国民健康保険サービスというユニークな状況を持ち、ヨーロッパ大陸とNATO全体の軍事的統一への道を突き進んでいた重要な1947年から1948年にかけて、ほぼ完成していたのである。
 

  イギリスは、人口管理の方法を改革し、世界をリードしていた。その中心的なノードがシティ・オブ・ロンドンであり、現在グレーター・ロンドンと呼ばれている地域のまさに中心にあるスクエアマイルである。

 
シティ・オブ・ロンドン:
・ロンドンの他の32の自治区とは異なる法的地位を持っている。
・その特権は、1215年のマグナ・カルタの時点で確立されていた。
・その自治は一度も異議を唱えられたことがない。
・大英帝国の時代には、その歴史の中で幾度となく英国王室、ひいては地球の大部分を支配する力を持っていた。
 

  ロンドン市はウェストミンスター議会を支配しており、特にリメンブランサーと呼ばれるロンドン市の役人が、君主さえ入ることが許されない下院に座り、財政的利害に反する発言を記録する形で支配している。


内閣府は、20世紀初頭に皇室の特権の保管所として設置された部局である。1870年頃から、憲法革命により、政党を支配する金融業者が、実際に王室の特権の信奉者を引っ張ることが確実となった。舞台裏では、英国は今でも枢密院という奥の院が、実際には王室の名で統治しているというモデルになっている。
 

  議会や政府省庁に相談するのは、あくまで見せかけである。

 
人類の心を所有する
 
ジョージタウン大学の歴史学者で、ビル・クリントンの家庭教師だったキャロル・クイグリーは、その著書『悲劇と希望-現代世界の歴史』の中で、「産業革命は4回あった」と書いている。そう、World Economic Forumでおなじみのこの言葉は、1960年代にすでにクイグリーによって書かれていたのである。ここで想定されているのは、まずイギリス、そして大英帝国で、誰が人口を所有しているかという視点である。
 
・第一革命:土地の所有、農業手段の所有が富をもたらす。
・第二次革命:機械・工業
・第三の革命:金融資本が世界を支配する時代
 
この1870年頃から、ロンドン・シティの賢いお金持ちたちは、そのバブルさえも崩壊することに気づきます。
 

  これからの世界を支配する最も効率的な方法は、心を所有することである。それが第4次産業革命である。


イギリスとドイツのエリートは、工業的にも精神空間でも世界制覇を成し遂げようと決意していた。
 

  シティ・オブ・ロンドンの取引モデルは、もはや軍事力や物的資産だけでなく、人的資源と呼ばれる人の心を支配することの重要性を強調したのである。この時代からSFで人間の遺伝子の所有権が語られるようになったのはそのためである。


ロンドン・シティや英国の超富裕層ソフトパワー機関は、その心の戦いを世界支配の最重要課題として捉え続けており、健康はそのサブセクターと位置付けている。英国のエリートたちは、自分たちが依然として精神空間における世界一の権力者であると考えています。全寮制の学校、大学、あるいは情報機関の将校訓練で教えられる戦略は、ロンドン・シティを牛耳るエリート一族の有力な血統の信条そのものである。そして、英米の非課税財団やチャタムハウスなどのシンクタンクの手口は、何よりもこれらの血統の思惑を西側諸国の政府に押し付けるものなのである。
 
世界征服の焦点

1870年の重要人物はジョン・ラスキンである。彼はオックスフォードの最初の美術教授であったため、一見無害な人物に見えるが、英国のエリートは自分たちの世界観を世界に輸出する義務があるという教義をもたらしたのである。そして、彼が影響を与えた重要な弟子が、南部アフリカで巨万の富を築いたセシル・ローズであった。セシル・ローズは、秘密の日記を書き、秘密結社を結成した。1891年、16年の構想を経て、彼の主要な秘密結社が結成された。ローズ奨学金制度は、その一部である。オックスフォード大学のローズ奨学生には、トインビー卿やミルナー卿など、地政学者として知られる人物がいた。ケンブリッジには、後に外務大臣となるグレイ卿やエッシャー卿がいた。ロンドンには、当時一流のジャーナリストであったW.T.ステッドがおり、セシル・ローズのイニシエーションと執行委員会のメンバーには、上記の人物に加え、ロスチャイルド卿もいた。1902年のローズの死後、アスター家などロンドン・シティの歴史を繰り返し悩ませてきた他の有力英国血族も同じ輪に入ってきた。外側のサークルは、1909年以降に設立され、現在も米国をはじめ7カ国で機能している「ラウンドテーブル・グループ」と呼ばれるようになった。このグループは、1867年のカナダ連邦の成功を、その代表的な事例とみなした。カナダは、事実上、政治的に統一されていた。
 

  世界の英語圏の民主主義国家で、異なる見解が広まるのを防ぐために、代わりにすべてロンドン・シティの支配に帰結させなければならない。


世界政治を支配し、世界をグローバリズムに向かわせる多くのローズ奨学生の中には、ビル・クリントンや、世界経済フォーラムでニュージーランドの女性教授、ナイア・ウッズがいます。彼女は今年、世界経済フォーラムで、エリートは団結すれば美しいことができ、世界の人々が自分たちがリードしていると受け入れるだけでよい、と発言して非常に有名になりました。このビジョンは、特に裕福なイギリス人の戯言にとどまらず、アメリカが世界の覇者となるにつれ、アメリカのいわゆる東部エスタブリッシュメント、東海岸に自生するようになったのである。これに関する重要な証言は、1982年に亡くなる直前にG・エドワード・グリフィンに渡されたノーマン・ドッドのもので、免税財団のノーマン・ドッドとしてオンラインで簡単に見つけることができる。ドッドは、東テネシー州選出の下院議員リースの主要スタッフであり、1950年代に議会を代表して、米国におけるこれらの非課税財団の影響について調査を行った人物である。
 

  これらの財団は、ロンドン・シティとセシル・ローズの世界征服の構想を実現するものであった。


世界一の軍事・経済大国であるだけでは十分ではない。もしあなたの心の空間が、トップの誰もが自由のために給料をもらっているという未検証の仮定に支配されたままなら、利己的なクラブが世界を動かすことになる。
 

  また、英国が 1948 年に初めて社会化したヘルスケアのような分野でさえ、人々は自分の最善の利益が心に留められていると誤って軽々しく思い込んでいることに気付くでしょう。


マンハッタンにあるロンドン・シティの分家であるウォール街は、両大戦の両陣営に資金を供給した。カリフォルニア州スタンフォード大学のフーバー研究所にいたアンソニー・サットンなどの本格的な学者は、「ウォール街とボルシェビキ革命」「ウォール街とヒトラーの台頭」というタイトルで、このことについて一冊の本を書いています。アンソニー・サットンによって回収された文書の痕跡が残っていたのです。そのせいで彼はスタンフォード大学での職を失った。
 

  彼が見つけたのは、ソビエト連邦と第三帝国の両方が、シティ・オブ・ロンドンの利益のために、より具体的にはそのウォール街の目的のために作られたということでした。


憲法上許されない領域にまでイギリス情報部が及んでいることを示す一例として、MI5は第二次世界大戦前から、BBCの放送に誰が出るか、誰が昇進し、誰が異動するかを審査していたことがあげられる。MI5は、血族が私的な目的を達成するために設立された。
 

  英国内閣府は、世界の思考と英国人の思考を支配していることを公然と語っている。彼らは脳の一部にMINDSPACEというラベルを貼っているのです。



彼らの文書には、「たとえ人々が行動目標に同意しても、それを達成するための手段には反対することがある。MINDSPACEの効果の違いにより、異なるレベルの論争を呼び起こすだろう。論争を決定する要因はいくつかあります。」
 

  「そのため、市民が自分の行動が変化していること、少なくともどのように変化しているのかを十分に認識できないようにすることが目的です。」


「明らかに、これにより政府は操作の罪に問われる可能性があります。人はだまされることを非常に嫌います。この嫌悪感には心理的な根拠がありますが、基本的には政府への信頼の問題です。意識的なコントロールの欠如は、同意と選択の自由にも影響を与える。まず、行動変容の利用を市民が承認する必要性が高まる。おそらく新しい形態の民主的関与を使用して、市民が行動変容の使用を承認する必要性が大きくなります。」
 

  このモデルでは、民主主義は売られている最高の財であるが、民主主義を操作するレバーはカルテルが握っています。


ライナー・フエルミッチ:ロンドン・シティが英国の真の権力者であるというのは正しいのでしょうか?
 
アレックス・トムソン: 間違いありません。これは、私のような経歴の持ち主であれば、大学はおろか、寄宿学校でも学ぶことです。そして、公務員になるまでに、イギリスや英連邦の他の国の国民に自決権があると言おうものなら、多くの人が眉をひそめることになるのです。
 

  ロンドン・シティは、国民の身体、精神、魂を所有していると理解されているのです。


ライナー・フエルミッチ: 最終的に、ロンドン・シティが本当に望んでいたのは、世界支配の目標を推進するために、人々の心を支配することだったのです。そうでしょうか?
 
アレックス・トムソン:そうです。
 
ライナー・フエルミッチ:つまり、私たちが見ているのは、ロンドン・シティという非常に強力な組織が、ウォール街を第5の柱として大西洋に架け渡している姿なのです。この2つの権力が一体となって、この世界の権力の中心となっているのです。
 
アレックス・トムソン:闘争があります。長い間、全く自明でない冷戦があり、ロンドン・シティの貴族の支部は親ソと反ソの両方を持っていました。そのことだけでも何時間でも話せます。しかし、それは、ユーラシア大陸にはドイツ・ブロックとロシア・ブロックしか存在してはならない、そして、この両者は最終的にはイギリスまたは英米のシーパワーと英米のソフトパワーがそのパラダイムを設定することによってコントロールされ封じ込められなければならないという決意にとっては二次的なものなのです。
 
ライナー・フエルミッチ:もう一つはっきりさせておきたいのは、ロンドン・シティを実際に動かしているのはごく一部の一族であるというお話です。ロスチャイルド、ローズ、アスターの名前を挙げましたね。ロンドン・シティを通じて世界を支配しようとしているのは、ほんの数家族だというのは本当でしょうか?
 
アレックス・トムソン:そうです。オランダ人とドイツ系アメリカ人の二人組の作家ほど、優れた素材を見つけたことはありません。オランダ人はロビン・デ・ルイター。共著者のアメリカ人ドイツ人は、サウスカロライナ州のフリッツ・スプリングマイヤーです。『イルミナティの血脈』というショッキングなタイトルの本がある。しかし、彼らの仕事は堅実である。
 

  彼らは一貫して、ロンドン・シティ、マンハッタン、ヨーロッパ大陸が、ごく少数のファミリーによって支配されていることを示しているのです。


多くの場合、これらのファミリーのトップレベルとして13が挙げられている。もちろん、その下にもレベルがあります。たとえばフランスでは、ディープ・ステートを動かしている200の血族、「200家族」についてよく話しています。しかし、年長者は年少者を恐怖に陥れ、サタンが世界を動かしているという漠然とした主張に消える前に、あなたが立ち上がることができる最高のものです。
 

  しかし、その最高レベルは、中央ヨーロッパのゲルマン民族の血統が、イギリス諸島の血統と不安な休戦状態にあるレベルです。イギリス諸島の血統は、現在そのほとんどが米国に拠点を置いています。


ライナー・フエルミッチ:そのごく少数の家系が世界を支配しようとしている主要な手段の一つが、マインド・スペース、つまりマインド・コントロールのような気がします。心理作戦ということでしょうか?
 
アレックス・トムソン:そのとおりです。イギリスほど早く心理作戦に乗り出した国はありません。第一次世界大戦の直前、エドワード朝時代に英国に正式な情報機関が設立されるや否や、それは大きな集中力を持つようになりました。しかし、その洞察力の多くは、当時心理作戦の分野で主導的立場にあったウィーンとドイツから借りたものです。
 

  これは、当時世界支配をしていたアングロとゲルマンの両地域に、国境を越えた関心で、精神空間のトリックを利用するものです。


そしてこれらは、1945 年以降、アメリカがドイツに挑むことなく、ペーパークリップ作戦中に密かにアメリカに持ち込まれた多くの第三帝国とソビエトの知性を利用して、大部分が完成されました。 マインド・コントロールは、エドワード・バーネイズとフロイトの時代から、現実世界で行動を制御する最も強力な方法と見なされてきました。
 

  その力があれば、自分よりも数が多く、知的で、強い人たちをコントロールすることができる。


人民を支配する
 
ライナー・フエルミッチ:家畜という言葉を使われたのは、私の聞き間違いでしょうか? この人たちは、他の人たちに対して本当にそのような見方をしているのでしょうか?
 
アレックス・トムソン:1990年代、私が英国の全寮制高級学校にいたとき、シティ・オブ・ロンドンの上級生の孫たちがこの言葉を使っていたのは、明らかにこの見方です。彼らは、イギリス人を表現するのに「家畜」という言葉を使ったのです。
 

  彼らは家畜とみなされ、イギリスのエリートの指示の下以外の世界での居場所には値しないのです。


デクスター L-J. ライネヴェルト:では、金融支配がCovid-19パンデミックの核心であることに同意していただけるのでしょうか?
 
アレックス・トムソン:そうですね。そして、キャロル・クイグリーが英米のエリート支配層の世界観を要約した中で、金融資産の所有権は 1960 年代にはすでに時代遅れになっていると指摘していることを思い出してください。そして彼は、必ずしも優れた頭脳ではなく、偉大な頭脳が、彼より 1 世紀前に、このような事態が来るのをすでに見ていたことを知っています。
 

  彼らは、真の富は人間の心と健康であり、やがて人間を、期待通りの振る舞いをする新しいモデルに変更し、著作権で保護する能力であると考えているのです。


アナ・ガーナー:人間の心の著作権、遺伝子の著作権についても言及されていますね。ファイザー、モデルナ、ヤンセン、アストラゼネカなどのワクチンと、人間の著作権という目標との間に関連性を感じますか?
 
アレックス・トムソン:私はそう強く信じています。私は医学的にもバイオテクノロジー的にも、このことにどれほどの真実があるのかを説明する資格はありませんが、私はこれまで何度も、イギリスやアメリカのエリートたちの間で、あるトリックを使えばある目的を達成できるという誇大宣伝や疑似神学的信念がある場合、例えば、遺伝子を編集して人体に著作権を刻印すること、それ自体がその方向に真剣に向かうための動機付けとなる、ということを見てきました。
 

  まさにその核心は、遺伝子編集によって、影響を受けた人類の魂と身体の数だけ著作権が発生し、もはや創造主の下にはいられないという考えです。

(以下略)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転載おわり

 

 

 

 

「シャンティ・フーラ」よりの転載」

 

転載はじめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高度に武装し、訓練された元軍人たちで「ブーガルー」と呼ばれているホワイトハットとは ~「アメリカ合衆国議会議事堂襲撃事件」を実行したのは彼らであり、秘密の宇宙プログラム(SSP)の「影の軍隊」であるショーハウスとアンブレラからの指示によるものだった

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 キンバリー・ゴーグエンさんは、高度に武装し、訓練された元軍人たちで「ブーガルー」と呼ばれているホワイトハットのことを話しています。ウィキペディアによれば、“ブーガルー運動は…米国で緩やかに組織された極右反政府過激派運動です。民兵とも記述されている。支持者は、彼らが「ブーガルー」または「ブーグ」と呼ぶ第二次南北戦争または第二次アメリカ独立戦争の準備をしている、または扇動しようとしていると言います。…ブーガルー運動は、カエルのペペミームなど、極右の間で人気のある画像も使用しています。…ブーガルーグループのメンバーは通常、加速主義を信じており、差し迫った内戦、そして最終的には社会の崩壊を加速させるあらゆる行動を支持しています”とあります。
 キンバリーさんは、“彼らは大のトランプ好きで、2020 年の選挙詐欺で大騒ぎしている”と言っています。しかも、2021年1月6日の「アメリカ合衆国議会議事堂襲撃事件」を実行したのは彼らであり、秘密の宇宙プログラム(SSP)の「影の軍隊」であるショーハウスとアンブレラからの指示によるものだったと言っています。
 こうした「影の軍隊」が実在していることは、ACIO公式サイトの「アシオアソシエイツ」を見れば分かります。
 キンバリーさんは、“ブーガルーはSSPの「影の軍隊」に絶えず嘘をつかれ騙されたブラックオプス(秘密作戦)だった。彼らは、「影の軍隊」も運営するマフィアと、常にディープステートで働いてきた工作員の真ん中にいました。彼らを指導している人々は邪悪であることを理解してほしい”と言っています。
 キンバリーさんは、トランプ元大統領はすでに死亡しており、善良な人間ではなかったと言っていますが、彼が善良な人間でないことは、新型コロナウイルスのワクチン開発・生産・供給を加速させることを目標とした「ワープスピード作戦」を行なったこと、ワクチン接種を推進していたことから明らかです。
 ワクチン信奉者とトランプ信奉者は重ならないはずです。トランプ信奉者のほとんどは、いわゆる「陰謀論者」でありワクチンを拒否していると思われるからです。
 それだけに、「ワクチンを打てば、あなたは守られるのです。…それに、もしかかったとしても、非常に軽症で済みます。ワクチンを打った人は死にません」というような嘘が平気で言える人物を、いまだに信奉し、大統領として復活させたがる人たちが居るのは謎です。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

テキサス州にあるイーロン・マスクのスペースX施設での会議は何だったのか?| 感謝祭の大虐殺計画とは何だったのか?| ブーガルーとは何者か?| ブーガルーは誰に報告するのか?アレックス・ジョーンズの映画「アメリゲドン」は戒厳令とどんな関係があるのか?| 戒厳令は実際にどのようなものだろうか?| 修理不能なカウントダウン。-68,000

引用元)

 

Just Empower Me 22/11/24

このキム・ゴグエンによる特別レポートは、2022年11月21日にUNNの購読者向けに配信されているUnited News Networkで配信されたものです。
(中略)

21-11-2022 United Network News (nunchee.tv)
(中略)
ブーガルーとは?

ブーガルーは基本的に民兵です。全米で5000人以上がブーガルーに参加していて、かなり長い歴史があります。(中略)… 彼らは極右の組織で、つまり共和党で、大のトランプ好きで、2020年の選挙詐欺で大騒ぎしている。
(中略)
彼らはただ怒っていて、自分たちの「いわゆる」大統領を取り戻したいと思っているだけです。そして、彼らは高度に武装し、訓練された元軍人たちです。彼らは、あなたがふざけたいような人たちではありません。
(中略)
ちなみに1月6日の事件では、ショーハウス軍とアンブレラ軍の工作員の命令と指示で行った人たちです。
 

注:グローバル・アジェンダに奉仕する「影の軍隊」についての復習は、私の投稿「影の軍隊の13のグループ|諜報機関はどのように構成されたか|まだ低迷している41人のコヴェンのメンバー|パート2|ただ私に力を与える」を参照されたい。

(中略)
ブーガルーは無償のブラックオプスとして利用された

このような人々の多くは、自分が善良な人たちに報告していると本当に思っているのです。諜報機関や元軍人がよく言う「ホワイトハット」のような人たちで、これをやっていて、これからあれをやるという人たちです。そうやって、SSPの「影の軍隊」に騙されたからです。自分たちがやっていることについて絶えず嘘をつかれ、自分たちを「善人」「愛国者」と呼び続けられたのです。
(中略)
彼らは本来、自由なブラックオプスだったのです。シャドウ・ミリタリーから装備を提供されたかどうかは知らないが、ウクライナに装備を提供したのだから、提供された可能性は高い。結局のところ、彼らはアメリカ国内でテロ攻撃を行おうとしていたのです。
(以下略)

————————————————————————

 

 

配信元)

 

Twitter 

 

(続きはこちらから)

 

 

 

 

 

 

配信元)

 

Twitter 

 

(続きはこちらから)

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転載おわり

 

 

 

 

 

 

 

「シャンティ・フーラ」よりの転載」

 

転載はじめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プーチン大統領「ロシアは、公共サービスのデジタル化の分野では世界トップ10に数えられ、グローバル・リーダーの一角を占めている」 / 国際経済学の権威ジェフリー・サックス教授「アメリカはヨーロッパを中国に対するネガティブなシナリオに引き込もうとしています」

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 プーチン大統領は、「人工知能の領域における飛躍は、非常に大きな意義を持つ。国家間では熾烈な競争が行われている。…ロシアは、公共サービスのデジタル化の分野では世界トップ10に数えられ、グローバル・リーダーの一角を占めている」と言っています。
 “続きはこちらから”で国際経済学の権威ジェフリー・サックス教授は、“アメリカはヨーロッパを中国に対するネガティブなシナリオに引き込もうとしています。…米国のメディアは、この米国政府のシナリオに沿って報道していました。このような緊張は必要ありません。このような紛争は必要ありません。非常に危険です。まず第一に、国連憲章に基づく多国間主義が必要です。多極化した世界が必要ですし、そうなっているのです。…中国は国連憲章の下での多国間主義世界を非常に明確に望んでいるということです。中国は世界を支配することを望んでいない。…実際の報告書を読めば、そのメッセージがそのまま書いてあることがわかります。…アメリカ政府は、中国と壮大な競争をしていると思っています。…中国を封じ込める必要があるという、非常に厳しく、絶対的に時代錯誤で危険な考えです”と言っています。
 私は中国と中国共産党は分けて考える必要があると思っています。中国共産党は、“世界を支配することを望んでいる”のではないでしょうか。世界経済フォーラム(WEF)のクラウス・シュワブが中国を称賛している所を見ても、今の中国はまともな国ではないことが分かります。
 クラウス・シュワブは、“(G20)参加国が合意した声明を出せたということが、すでにポジティブなことだと思います。…中国は、多くの国のロールモデルになると思います。しかし、どのようなシステムを採用するかは、それぞれの国の判断に委ねるべきだと思います。そして、特定のシステムを各国に強制することは非常に慎重であるべきだと思うのです。しかし、中国のモデルは、かなり多くの国にとって非常に魅力的なモデルであることは間違いありません”と言っています。
 新型コロナウイルスを意図的に流出させた可能性が高く、感染対策としては完全に的外れなゼロコロナ政策を強行する中国が「お手本」だというのだから、クラウス・シュワブは中国政府の人民のコントロールが見事で、“かなり多くの国にとって非常に魅力的なモデルである”と言っているのでしょう。
 さて、先のG20では「グローバルワクチンパスポート推進をG20首脳が署名」したのですが、“ロシアのドミトリー・ペスコフ報道官は、クレムリンはこの宣言が「建設的」で「バランスのとれた」ものだと考えていると語った”とのことです。
 ロシアのこうした動きは、ロシアも「多極化した新世界秩序」の推進者で、ウクライナ紛争は茶番であり、BRICsによる「新世界秩序」への道筋はシナリオ通りだということでしょうか。それならウクライナ紛争でのロシアの勝ち負けは関係なく、グローバリストの計画ではグレートリセット後のテクノファシズムは確定しているということになります。
 こうした見方はBRICsという用語が、“投資銀行ゴールドマン・サックスの経済学者であるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート「Building Better Global Economic BRICs」で初めて用いられ、世界中に広まった”という事実からも、その可能性を考慮しておかねばならないものです。
 ただ、ロシアの言動を見ていると他の国とは違う動きをしています。先のG20では、プーチン大統領は欠席しラブロフ外相が出たことの意味も考えなければなりません。結論が出るのは来年の1月だと思っています。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

配信元)

 

Telegram 22/11/25

======================================
Telegramの 記事を転載できませんでした。
元記事をご覧ください
======================================

————————————————————————

世界の指導者たちは、地球に牛のタグを付けることに合意した

ワシントンとモスクワは、より大きな利益のために互いの相違を脇に置く

引用元)

 

Edward Slavsquat 21/11/18 エドワード・スラブスクワット

(前略)
バリで開催されたG20サミットは、誰が見ても大成功であった。多極化のたゆまぬ努力の結果、有名な政府間フォーラムは、WHO、世界銀行、ビル・ゲイツ、ロックフェラー財団が後援する世界健康を守るためのパンデミック基金の創設を発表した。この基金は、今後数週間、数ヶ月、数十年にわたる実験的な遺伝子ワクチンのための十分な資金を確保するものである。
(中略)

Bernie's Tweets
 
G20-速報:各国首脳は、すべての国際旅行を「容易にする」ためにワクチンパスポートを採用するとの宣言に署名しました。
 
これは、WHOが接種すべきと判断した予防接種を意味します。
 
あなたの権利と自由を永遠に変えてしまうのです。
 
メディアは沈黙している。 

午後5:26 · 2022年11月17日

(ツイートの翻訳はシャンティ・フーラが挿入)

文書8ページより

我々は、IHR(2005年)の枠組みの下で、シームレスな国際旅行、相互運用性を促進し、予防接種の証明を含むデジタルソリューションと非デジタルソリューションを認識するための共有技術標準と検証方法の重要性を認識する。

我々は、将来のパンデミックに対する予防と対応を強化する取り組みの一環として、既存の標準とデジタルCOVID-19証明書の成功を活用し構築すべき、信頼できるグローバルデジタルヘルスネットワークの確立に関する継続的な国際対話と協力を支持します。

 
全文を読みたい方は、クレムリンの公式サイトで寛大にホストされているPDFをダウンロードすることができます。


 
この宣言には、国際的なワクチン接種証明書を作成するという誓約だけでなく、多くの魅力的な内容が含まれています。「持続可能な開発」、「デジタルトランスフォーメーション」、「国境を越えた決済のための中央銀行デジタル通貨(CBDC)の相互運用性」など、多極化を促進するおいしい言葉が並んでいる。
(中略)
Katyusha.orgの友人たちが、このエキサイティングな展開についてどう報じたか、以下に紹介する。

source: Katyusha.org

 
ロシアがこの歴史的な文書に署名した後、ドミトリー・ペスコフは記者団に対し、クレムリンはこの宣言が「建設的」で「バランスのとれた」ものだと考えていると語った。
 
地政学的な論争が絶えない中で、モスクワと集団的西側諸国が交渉のテーブルにつき、パンを食べ、全世界を牛耳ることに同意できるのは、本当に心温まることである。
(以下略)

 

————————————————————————

配信元)

 

Twitter 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転載おわり

 

 

 

 

「シャンティ・フーラ」よりの転載」

 

転載はじめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タッカー・カールソン「一説によると政財界の権力者から成る隠密のペド集団があり、権力を使って未成年への犯罪を隠蔽している」 / CBSがハンター・バイデンのラップトップを本物であると結論付けた

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 タッカー・カールソンは、“一説によると政財界の権力者から成る隠密のペド集団があり、権力を使って未成年への犯罪を隠蔽している”という「陰謀論」を展開し、動画の50秒の所ではパンダアイを連想させる広告を出しています。
 パンダアイの説明はツイートをご覧ください。記事には掲載できなかったのですが、パンダアイの実物はこちらのテレグラム(閲覧注意)を参照してください。
 “続きはこちらから”は、CBSがハンター・バイデンのラップトップを本物であると結論付けたというもの。
 「あっちもこっちもデクラス!エプスタイン資料、ハンター・バイデンのラップトップレポート公開!」という動画の4分5秒の所では、“マルコポーロ・グループが公開したハンター・バイデンのラップトップに関するレポートが公開されました。州法および連邦法の違反が合計459件。140件のビジネス関連犯罪、191件の性関連犯罪、128件の薬物関連犯罪が含まれている。…このレポート、上院下院議員全員に配られているということで、今後これを元に調査なり裁判が進んでいくと思うんですね。…さらに驚くべきことに、エプスタイン関連ファイルについて、判事がプライバシーの権利よりも公共の利益を優先させるという判決を下して、公開されることになったわけですよ。…これ全部暴露されればですよ、グローバリスト終わるじゃないですか”と言っています。
 私は今回の中間選挙では、共和党の議員も不正に関与していたことが分かっているので、デクラス(機密解除)がすんなりと進むとは思っていません。ただ、多くの人々がこれまでは「陰謀論」だと思っていたことが、実は事実だったということに気づく人たちが増えてくるとは思います。
 こうした「目覚め」は必然ですが、来年1月の中頃から加速すると予想しています。

(竹下雅敏)

————————————————————————

配信元)

 

Twitter 

 

 

 

 

 

(続きはこちらから)

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転載おわり