4月から隔週土曜が原則休業になった。

予習不足が気になりつつも、どっぷり連休してしまった。

 

土曜は、わざわざ大阪の樟葉というところまで

『クソ野郎と美しき世界』を観に行った。

前日の段階で梅田やなんばが満席だったからだ。

梅田までバスで、淀屋橋まで歩き、京阪に乗ったのだが、

うっかり快速特急というのに乗ったら、

京橋から七条まで通過してしまい、

オーバーランして(上り下り別の改札できっちり乗り越し分払った)、

結局15分ほど遅刻してしまった。

鉄ヲタの発達障害の子に話すネタはできた。

 

なかなかにゲスい世界観で、でも一応楽しめた。

草彅くんの演技が3人の中では図抜けているのと、

中島セナという子が、新人でてっきり中高生くらいと思いきや

まだ12歳だということを後で知り驚いた。

 

まだ独立して間もなくで、

予算も時間もメディア露出も限られている中で

ここまで作り上げたのが凄い、

というべきなのだと思った。

作中でもうたわれていたとおり、

ここから3人の新しい人生がスタートしたのであり、

これからの展開をたのしみに待ちたい。

 

わざわざ大阪へ観に行ったのは、

ヨドバシでiPadProを買うという目的もあったからだ。

キーボードも使えるProにしてみたが

どのくらい使うかは未知数。

要は、動画をもっと観てみたいのが一番なのだ。

将棋とか。

 

ただし

wifiは翌日、地元のエディオンで、WiMAXを買ってつないで

これを記すに至る。

 

私の方も

ここから始まる

といいなあ

 

 

 

姉が
リニア新幹線の体験乗車に当選したので
急遽みんなで乗ることになった。
3回目の応募で当たったとのことだが
当たらない人は何十回応募しても当たらないらしい。
今回乗った平日の最後の回や
最初の回だと多少確率が上がるらしい。
それもそのはず
とにかく実験場までの交通の便は悪い。
義兄の車に乗せてもらったが
時期も悪くてかなり渋滞した。

それ以前に
前々日にかなりの雪が降り
ノーマルタイヤでは厳しいかも知れず
なんなら実験自体中止の恐れもあった。
幸い雪はやみ
いずれの恐れもなくなったが、しかし
雪で止まるのなら今までの新幹線と変わりないではないか。

早めに着くことができ
お土産を買い
展示や実験を観る余裕ができた。
展示館では
いきなりリニアが通るところを観られたが
{B9B26663-0888-4433-BDF9-A62940A4AF82}

速すぎて尻尾しか撮れなかった。
超電導の実験はわかりやすく面白く、
要するに強力な磁力の反発で走っているのがよくわかった。

集合時刻になり
乗ることを「搭乗」と表現したり、
手荷物検査や入場ゲートで危険物をチェック。
まるで飛行機に乗るようだった。

今の実験車両は、
9年後の営業開始時の車両の原型になるそうだ。
内装自体は今の新幹線と大差ないが
こちらはいろいろ変わっていくのだろう。

運転は往復2回計4回の30分ほどの走行で、
最初は逆方向へ、不意に引っ張られるようにスタートした。
まずは現新幹線と同じ200キロ台の走行だった。
加速減速ともあっという間だった。

2回目3回目が500キロ走行で、
多少いろんなことがわかってきた。
スタートだけはタイヤ走行し、
ある程度加速するとタイヤがしまわれ、
タイヤのしまわれるのははっきり体感できた。
車掌というよりアテンダント、という感じの乗務員さんが
シートベルトをお締めください、
といい、ほぼ全員がどこどこ、と探したのは、
乗務員さんのリニアジョーク(笑)だったのだが
500キロは、ちょっとベルトが欲しくなる感じだ。

乗りごこちとしてはまさに
飛行機と新幹線の中間みたいな感じ。
浮遊感の心地よさもあるが
慣れない速さに違和感もあった。

{B290D960-797B-4106-807C-7A426F7B3515}

東京〜大阪(まで通るのは2047年だが)間が67分、となると、
駅弁は売り上げ大幅減、車内販売は絶滅だろう。
今の新幹線(のぞみ)は
静岡が長く感じるものの、
駅弁で一杯やるにはちょうどいい時間である。
そうした情緒が失われてしまうわけだ。
みんなで話したのは
これはビジネス用であり、気軽に温泉旅行、という感じではない、というものだったが、
ビジネスにしても、
完成する頃には、遠方の出張も時代遅れになってしまわないのだろうか。

などと考えたものの、
東海道新幹線完成当時に
白洲正子が、新幹線の情緒のなさを批判した文章があったのを思い出した。
してみると、
リニア新幹線だって、それに見合う情緒や用途を
未来人は何か見出すかもしれない。
それは彼らに任せておけばよいのかもしれない。