おはようございます!

 

この前書き込んだ花粉症薬の続報です!

#お待たせしました!誰も待ってない、、、か!?

 

ザイザルを飲み始めて3日目になりました。

今のところ結構いい感じみたいです。

たま~にくしゃみは出ますが、一時期の「一回出たら連発」ということはなくなりましたね~

#花粉症の方は「連発」で分かってくださるかと、、、

#また、誰も望んでいない続報をします!

 

さて、今回は自分自身を鼓舞する!にしてみます。

もしかしたら皆さんの参考になるかも?です。

 

今回のテーマは、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 インストラクターという仕事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

です。

 

僕達の仕事はゴルフを指導することです。

会員さんからは「先生」や「コーチ」、「〇〇さん」などと呼ばれています。

会員さんのゴルフライフを支える、導く、指導する、ご一緒するという感じでしょうか?

 

こういう仕事を始めたのが20代前半だったと思うので、かれこれ二十数年が経ったと思います。

二十数年というと、世間一般の方で例えると”バリバリの乗りに乗った戦士”といったところですか。

 

僕たちの仕事は新人だろうがベテランだろうが同じ品質のものを求められます。

それは当たり前で、来てくださる会員さんは決まった料金を支払って、ゴルフを習いに来てくれているわけですからね。

 

では僕たちの仕事でいう”バリバリの乗りに乗った戦士”という期間は果たしてどこにあるのか?

世間一般で言うと上記の通り40~50代がそれにあたると思いますが、僕たちは常にそれを求められているので、実は”あってはならない”と言えるんです。

#自分に厳しく、他人にも厳しく!

#後半は嘘です( ̄▽ ̄)

 

ただ、世の中には”進化”、”アップデート”とう便利な言葉があります。

モノというのは時代の流れとともに”進化”し”アップデート”し続けるものなんですね。

ゴルフも例外ではなく「クラブ、ボール、ゴルフ場、用品」はもちろん「ゴルフ理論」も進化していきます。

 

ここで少し立ち止まって考えてみると、その”進化、アップデート”という言葉に、実は助けられている自分がいるのではないか?と考えたりします。

20代前半の頃の自分のレッスンと今のレッスンは正直違っていますし、、、

その時その時は、研究し、勉強し、常に”進化、アップデート”してきていますが、この言葉を隠れ蓑にして、会員さんに最高の”品質のもの”を提供出来ていないのではないか?と思ったりしたこともあります。

しかしながら、そう思いながら日々進んでいくことが僕自身の為にもなり、ひいては会員さんの為にもなっていくのかな~と思っています。

 

最後に自分自身への戒めを込めて思うことを、、、、

インターネットで自己紹介している項目で、自分の経歴欄に「レッスン歴〇〇年、延べレッスン生〇〇名」と書かれているものを目にしますが、これって僕に言わせると”関係なくね!?”なんです。

だって、新人だろうがベテランだろうが同じ品質のものを提供する必要がある、と思っているので。

#決してディスっているわけではないんです

#自分自身に言い聞かせています!

 

ということで、自分自身を鼓舞する!にしてみました!

これからも”進化”し”アップデート”していきま~す。

何か参考になることがあれば!!

 

では~