花の鎖

湊 かなえの「花の鎖」
雪月花の一文字ずつ名前を持つ三人の女性の物語です。
「花の鎖」と付いたタイトルから何らかの繋がりを想像出来るも、一体どう繋がっていくのだろうと気になって読み進めていきました。
湊さん得意の「イヤミス」ではありません。
最後には感動もあります。
読後感はけっして悪くありません。
少し違った湊ワールドをお読みください。