贖罪

「告白」で「湊かなえ」は怖いと私の脳に完全に刷り込まれてしまいました。
その怖いものみたさで、また「贖罪」という本を手に取ってしまいました。
相変わらず、救いのない印象の読後感です。
田舎町で起こったある少女の殺人事件の目撃者となった4人の少女たちと、被害者の母親との間で交わされた贖罪という15年にも及ぶ呪縛を巡る物語です。
泣き叫ぶ母親が4人の少女たちにかけた呪縛は、何年も彼女たちを苦しめます。
暗くてそれは恐ろしいものです。
ページをめくっても、めくってもそこに救いはありません。
罪を償うということは、本当に難しいことなのだと感じます。
「湊かなえ」ワールドにはまってきたようです。
これから何冊か追っていきたいと思います。