「臨場」

横山 秀夫の「臨場」を読んで

「臨場」って何?
聞きなれない、読んだことの無い言葉。
横山作品なので、きっと警察物?
案の定 事件現場の初動捜査の事を言うのだそうです。
その初動捜査において、死者からのメッセージを的確に読み取ることが出来る男「倉石」が主人公です。
倉石は警察組織の中で、己の心情を貫き通す男です。
その姿を描いた全八編の警察小説です。
面白いです。
お勧めです。