手放せないもの

テーマ:

夜中の番組は

オリンピック中継一色。

オリンピックはどきどきして

見ているのがつらい・・・。


さて


ここ数年

家の中に持ち込むものをなるべく厳選し

モノを増やさないようにしてはいますが

それでも増えていくのは仕方がないので


モノの代謝を良くしようと

定期的に持ち物を見直してるのですが


どうしても手放せないもの

それは



創刊号からのKu:nel


今でも読み返すし

コピーして

コラージュに使うこともあるので

バンカーズボックスに保管中。


わたしの済んでいる家は

今風にいえばタウンハウス

(しかし築50年)

なのですが


一階の部屋をセッションルームにしています。


この部屋には

開かずの収納庫があります。


なぜ「開かず」なのかというと

部屋広さの割にドアが幅を取るので


ドアを開けっ放しにして

入口にカーテンをさげ

開けたドアのところには一人掛けのソファを置いているので

収納庫のドアを開けるためには

ソファをどかして

入口のドアを閉め

そして収納庫のドアを開ける必要があるからです。



というわけで

「開かず」であると

おのずと「死蔵」されるものがあるわけで。


思い切って

中身を整理することにしました。


・ほとんど入っていなかった段ボール

・アレンジメント用の資材

(リースの土台やプリザーブドの花材少し)

・読まない雑誌(スピリチュアル系)


などを処分。


中身を整理

バンカーズボックス5個分のものを収めたのでした。

年が変わりましたが

気がつかないふり(?)で更新しちゃいます。


結局

天気との折り合いがつかず

窓ふきが完了しなかったという・・・orz


片付けはだいぶ進んで来たのですが

どうしても

「今すぐに捨てていいのかどうか判断がつかない」

というものが出てくるので

保留BOXを一つだけ作ることにしました。


遥かなるお片づけロード

定期的に空にしよう、と決意中。


しっかし

寒い日が続きますね。


暖かくなれば、もうちょっと動きやすいんだけどな。