わたしは今年で50歳になるんですが、

 

最近しみじみ「よかったなあ」と

 

思うことがあります。

 

 

 

それは、まあまあ「年をくっている」

 

ということです。

 

決して、負け惜しみじゃなくってよ(笑)

 

 


 

どうして「年をくっている」ことが

 

よかったと思えるかって?

 

 

 

色々と理由はありますが、最大の理由は

 

生き方がシンプルになるからです。

 


 

迷ってる時間がもったいないと


腹から思えるようになった、とゆーか(笑)


 


たとえば、わたしがここ数年お世話になった

 

メンターの多くは、わたしより年下なのね。

 


 

自分より若くて、人生経験も短くて…

 

なのに「自分はこうありたい!」と

 

シンプルに生きる人たちを見ていると、

 

素直に「あ、私もさっさとやろ」と思えてくる。

 

 


これが、10も20も年上のメンターだったら

 

「10年後にはきっとあの人みたいに…」

 

とかって、逃げ道をつくるでしょ?

 


それができないから、いいの(笑)

 

 


 

この「シンプルに生きる」って


すごく大事で。





ちなみに、ずっとやりたかった日本画を


去年から始めたんだけどね。




これもずっと「高いんじゃないの〜?」とか


「今さら何になるの〜?」とか「誰に教わればいいの〜?」とか頭でグダグダしてたのを、


「そう言ってるうちに死んだらイヤだから、やっとこ」と思って、始めたの。



 

といっても、本やYouTubeを見て


見よう見まねで描いてるだけなんだけどね(笑)

 


(一時期、日本画教室にも通いましたが、興味のない画材だと、筆を持ったまま寝てしまうことが判明して、すぐにやめました。先生、本当にごめんなさい)

 

 

 

でも、それが楽しくて楽しくて。

 

 

描きためたもので、いずれ個展をやりたい!

 

とワクワクしながら、描いてるの。

 

 

 

そのときに、49歳で描き始めて、50歳で初個展…

 

なんてエピソードがついてたら、


なんだか面白くない?

 

 

 

少なくとも、わたしだったら

 

何歳からでも好きなことをやっていいんだ‼️

 

と、むちゃくちゃ勇気をもらえると思う。

 

 

 

それに遅くから始めた、ってことは

 

基本なんて、なってなくて当たり前。

 

つまり何をやっても、まあ許される


ってことよ(笑)

 

 

 

 

若い人が頑張っている姿もいいけれど、


年をくった人間の出す輝きって、


さらに深いものがあると思うの。


 

 

 

そう思うと、自分がこれからやることが

 

誰かの勇気になるかもしれない、って


いいでしょう?

 

 

 

日本では加齢を深刻にとらえる向きが強いけど、

 

年をとるって、若いころになかった味が出る

 

という、とてもステキなことじゃないかしら。

 

 

 

 

わたしは、「年をくっている」も

 

立派な、あなただけのお宝だと思うわよ✨



 同調してくださる方は、一緒に「粋」なおばあちゃんを目指しまょう!(笑)