インディゴクリスタル地球と宇宙の虹の架け橋〜藍note

インディゴクリスタル地球と宇宙の虹の架け橋〜藍note

地球の叡智であるソレンセン式リフレクソロジー、エネルギーヒーリングを中心に体-心-魂とホリスティックなアプローチで本来の力を取り戻し変容へのサポート。スターシード(インディゴクリスタルレインボー)な子どもたちとママへのセラピーも使命なセラピスト藍のノートです。


【宙模様通信】

1月13日14時頃、山羊座で新月を迎えます。
月と太陽が重なる新月。
陰と陽のエネルギーが融合して地球に降り注ぎます。そうして月は生まれ変わる。

この瞬間の配置図をみると胸騒ぎのするようなホロスコープ。
8ハウス山羊座23度の太陽と月は、山羊座24度の冥王星とタイトに重なっています。
わたしたちが慣れ親しんだ社会の大きな部分が大きく変容を促されるようなアスペクト。
再生のための破壊、誕生のための死、によって。
わたしたちが受け継いでいくもの、それを許されないものがハッキリと浮き彫りになるのでしょう。


サビアンは「修道院に入る女」
修道院という信仰によって閉じられた場に入っていく女。
自由の効かない場であり、物質よりも精神性が重んじられる場でもある。
目に見えないコロナウィルスによって、死を恐れた人々が自らを自粛という檻の中に閉じ込めていく。経済が壊れようとも。会いたい人に会えなくなっても。コロナは怖いというある種信仰のような怖れのもとに。

でも、ある意味、社会から断絶されていく空間の中に身を置くことで、自らの神聖さへと深まっていく方向性を見いだせるチャンスなのかもしれません。

双子座のアセンダントにかかるドラゴンヘッドテイルがそれを示しています。
内なる龍の利己的な欲望を躾けられるかどうか。

怖れの奥にいくのか、神聖さの奥にいくのか。
個々人に委ねられた自由な選択。
ここは精神的に自立できているか、利己主義からの脱却が重要なポイントになりそうです。



そして翌日の1月14日には牡牛座に滞在している天王星が順行へと転じます。
物質的価値観を革命的に変化させる天王星が順行に戻ることでいよいよそのための現象が大きく動いていきそうです。
火星と緩やかではあるもののコンジャンクションしているのも、火種を伴っての変革が起こりそうです。
経済的には破壊的なことが起こるかもしれません。
12ハウスに入ったところ。
目に見えないところから始まるのかもしれません。
仮想通貨が暴落が始まったというニュースがあったけれど、本来あり得ないはずだったバブルが弾けていくのかもしれません。

一般庶民の世界ににそういった影響が出てくるのはしばらくしてから。時間差を経て、痛みを社会全体で分かち合うことになっていきます。

わたしたちができることは、心の準備をしておくこと。目の前の出来事に囚われることなく、揺らがない自分自身を準備しておくこと、ですね。

コロナ騒動も、経済的な社会不安も、私たちの社会が成熟していくプロセスの上でのこと。
必要があって起こることであり、乗り越えられる山のはず。

今ここで自分がどう在るのか。
今ここで自分は何をすべきか。
社会を創る1人として何を創るのか。

それを改めて考えておくと、揺らがない確固たる自分が生まれるかもしれません。








💫地球と人類に奉仕する願いを持つスターシードたちの目覚めをサポートしています。


💠本当の自分を取り戻し、魂の道へと進むセッション💠

真の自分に還る わたしを生きるための ライトニングクリスタルセッション

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12375509960.html


🌈虹の民、地球のガーディアンとしての目覚めと進化のためのエネルギーワークレッスン🌈

虹のスターシードレッスン

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12550714656.html














わたしたちの地球が在るのは天の川銀河系。

その中の太陽系という恒星系に属しています。



太陽系は26000年周期で波打つように移動しているといわれています。

アップダウンを繰り返しています。


太陽系は人間の意識モデルでもあります。

どういうことかというと、

13000年ごとに分離を学ぶのに適したサイクルと統合を学ぶのに適したサイクルを繰り返しているということです。

ここまで永らく分離サイクルを経験してきた私たち地球人類は2000年前後頃から統合サイクルに入っています。

その中で、わたしたちの人類の意識が統合へ向かう中で次の段階のステージに行くタイミングが今、来ています。




そして、ちょうど同時期に地球(ガイア)56億年というサイクルで切り替わりを迎えています。物質的次元での表現から次の波動領域での表現への移行のタイミングです。

わたしたち人間は、地球と同じ元素を持つ「地球の子」なので、地球と表現領域を共有しています。つまり、地球と共に表現領域を変えていかなければ、地球上で存在することはできなくなります。

地球と共に存続していくためには、必ず、この次元上昇を成功させる必要があるということになります。



そして今回、地球(人間を含めた)の移行のタイミングと、人類の意識変容のタイミングが重なっています。

共に次元上昇していく大きな大きなタイミングなのです。

このタイミングは、天の川銀河の他の恒星系にも多大な影響を及ぼすとされています。

よって、地球だけでなく、あらゆる恒星系からも注目され、この次元上昇を成功させるべくあらゆるサポートが入るという事態になっています。

言ってみれば「地球と人類のアセンション」という天の川銀河あげての一大プロジェクトというわけです。

さまざまな恒星系の宇宙人たちや地球と人類の意識に深く関わってきたマスターたちなどがこのプロジェクトを成功に導くべく働いています。


もちろん彼らはサポートがメインとなり、実際の実動部隊は人間となります。

人類の意識が次のステージへと変容するには自分たちがやるしかありません。


人類の変容をサポートではなく、ガッツリと内側から起こしていくために、銀河の恒星系からこのタイミングに合わせて人間への転生を繰り返してきた進化した古い魂のスターシードたちが多くいるのです。

中には人類が地球での表現を始める以前から地球に居た進化した古い魂も、今回人間として転生してきています。


そんな進化した彼らも、人間としての肉を纏うとともにあらゆる記憶と能力が封印されます。

それだけ肉体というものは鈍重なものでもあります。

そしてこの閉塞した地球社会の中で成長していくと共に、すっかり自らの使命を忘れ、人間としての痛みや感情、欲に振り回され、ネガティブなエネルギーや集合意識に共鳴し、真我から遠のく者たちも少なくない。

そうやって真我、本当の自分は深く眠っていくのです。


でも、それも全て想定内のこと。計画の一つなのです。

そこから自分を目覚めさせていくための種をたくさん撒いてあるのです。そういうプロセスをブループリントに描いてきているのです。

あらゆる現象を通して、自分自身を揺さぶり、そこから気づきを得る。そうして本当の自分を見つけていくように。

そのための種をたくさん内側にも外側にも仕込んである。

内側の種の多くは感情と結びついています。感情が揺さぶられると種が響くようになっている。その小さな響きを見逃さずにキャッチできるかがポイントになります。


外側というのは、縁ある魂たちとの約束です。

時がきたら、アラームを鳴らすように。

スイッチを押すように。

内なる種に繋がる感情を揺さぶるように。

それによって本当の自分を思い出すきっかけになるように。

わたしたちは縁ある魂と約束しているのです。


それは寄り添う形での約束なのか、反対に衝撃を与える形での約束なのか、色々なバリエーションがあるでしょう。

例えばひどく傷つけられたり悩ませられたりネガティブな感情が噴出するような相手も、約束した縁ある魂なのです。

それもこれも、全ては、本当の自分に気がついていくための種なのです。

あらゆる種を発芽させ、回収していくごとに、真我への目覚めへと近づいていきます。



そして、思い出すでしょう。

自分がなぜ今ココに生きているのかを。






💫地球と人類に奉仕する願いを持つスターシードたちの目覚めをサポートしています。


💠本当の自分を取り戻し、魂の道へと進むセッション💠

真の自分に還る わたしを生きるための ライトニングクリスタルセッション

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12375509960.html


🌈虹の民、地球のガーディアンとしての目覚めと進化のためのエネルギーワークレッスン🌈

虹のスターシードレッスン

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12550714656.html










2021年が明けました。


いつもよりも寒く、静かながら緊張感のあるエネルギーに満ちた年末年始。

世界の混乱期はまだまだ続きますが、すべては新しい時代へのプロセスだと思っています。

明けない夜はない。

夜闇のあとには眩ゆい朝が待っています。


ただ自分の心のままに、魂の響きに導かれて、すべきことを粛々と。

わたしは今年もそうやって命を使っていきたい。

新たな1年もどうぞよろしくお願いします。



20201221日冬至・22日木星土星の会合

を持ちまして、夏至より半年運航してきた「虹のスターシード船」オンライングループを一旦締めることとなりました。

20名の船員たちと共に激動の2020年後半を駆け抜けたことに感謝します。


**************

虹の印の星の種を持つ者たち

縁りて起こるは光の協働

蒼き水の惑星に輝きをもたらす

**************


そんなメッセージと共に出航した母船。

虹のスターシード。

それは虹の印を持つ仲間たち。


縁ある仲間たちと悠久の時を超えて再びここで出逢えたことを喜び祝福し合いながら、共に旅をして、半年間で随分と遠くまで来ました。

半年前のあの頃には見たこともなかった景色が目の前に広がっているというメンバーもたくさんいた事と思います。

グループ内で星読みオンラインレッスンをして、星と共に生きる仲間が増えたことは個人的にとても嬉しいことでした。

仲間同士の絆もできて、ここで締めるのは少し寂しいような気もしますが、ここからは個々人が船長として自らの船で旅路を行くことになるという天のメッセージ通り、

冬至とグレートコンジャンクションの狭間の時間に開催したお話会で互いの旅立ちを祝福し合いました。




これからは、ソウルグループ繋がりの皆さんへ、またこちらのブログから、星の巡りやメッセージのシェアをしていきたいと思います。

このところは虹のスターシード船にエネルギーを注いでいて更新がストップしていましたが、

ここはわたしのメッセンジャーとしての役目を果たす皆さんへの伝言板のようなもの。

皆さんそれぞれのタイミングで必要に応じて受け取っていただけたら嬉しいです。

(降ろしたらすぐに忘れてしまうわたしの備忘録としての超!重要な役割もありますねー)



さて。

コロナ自粛明けから忙しすぎて記憶が曖昧なくらい怒涛の半年間が終わり、年末年始休みはしばしの休息。

と、思っていたら、元旦の夜に大きなエネルギーと共にメッセージが降りてきました。


Shaman of Rainbowsというタイトルのメッセージ。

1年以上前から示されていた次なるタスクがいよいよ始まります。

これについてはまた追々シェアさせていただくとして。


そのメッセージと共に重要な情報が開かれました。

いつも何かをキー🗝にして封印されているエネルギーが解かれると同時に情報がもたらされます。


「太陽の民」「虹の民」


このワードが降りてきたのがちょうど1年前の2019年末頃。

12月に観に行った『アナ雪2』がキー🗝となり

地球規模でのシャーマンの目覚めが始まったという情報が開かれました。


太陽の民。虹の民。

地球の先住民たち。

四大元素の精霊たちと踊る人たち。

自然界と人間を繋ぐ架け橋となる人たち。

それは5次元へと続くピラミッドが開かれる


この封印が解かれ、

太陽の民、虹の民の目醒めの波を自ら起こすために天と共に創ったのが

「虹のスターシードレッスン地球の護りびとver.」でした。

地球と、四大元素と、クリスタルを通じて再び繋がるためのレッスン。

今回の新たなミッションShaman of Rainbowsに繋がっていくはじまりのはじまり。



その後、めぐちゃんとやり取りしていたLINEでも、地球の先住民たちと虹の民について話していました。


地球が病んで動物たちが姿を消していく時、

果たすべき地球の先住民としての役割。


わたしたちが自分たちのルーツと役割を再確認した頃でした。



その頃、ハワイ島マウナケア山の開発に反対するネイティブハワイアンたちの魂のうたがよく流れていました。


Kū Ha’aheo E Ku’u Hawai’i


祖国に誇りを持ち、立ち上がり集結する大地の戦士たちにより

ハワイの真の夜明けを願う。

わが祖国永続のためにすべてを捧ぐうたです。

この曲はハワイのうたではあるけれど、これは地球の夜明けのために立ち上がる戦士たちに向けたうたのように感じていました。



太陽の民と虹の民のメッセージはしばらく続きました。

令和222日。222の日。

22を超えてゆけ』の中にヒントがある。というインスピレーションを受けて、本の中にあるはずの必要なメッセージを探していました。

そして、滅んでしまった太陽の国についての記述を見つけました。


海の彼方に、東の彼方に、かつて存在した太陽の国。

争いのない全てが共有財産で循環した平和で調和した国。

地球の今の文明に暮らす人々が利己的な呪縛から解き放たれなければ、太陽の国の光の叡智は封印されたままである。


ということが書かれていました。

そして、続くメッセージに全てが込められていました。


思い出してください。

あなたがたは、わざわざ今という時を選んで、目的を持ってこの星に生まれたのです。

惑星地球という、この高密度の世界に、勇敢にも飛び込んできた理由が、必ずあるはずです。

(中略)

人生における数々の試練は、それを誰かのせいにしたり、環境のせいにしたり、自分以外のものに責任転嫁するために降りかかるのではありません。試練とは魂を進化させるための試金石なのです。人は苦しみのなかから多くを学ぶのです。すべての出来事に感謝を捧げ、歓びを他者と分かち合えたとき、それらの思いは輝く未来へと変換されるのです。


命の歓びを知り、地球にやってきた本当の理由を理解したとき、大いなる宇宙の意識が、そこに存在し続けていたことに気づくことでしょう。

自分だけで独占しようと思ったら、その歓びはしだいに色褪せ、感謝の気持ちが鈍化していくでしょう。

失うことを恐れ、自分だけ得をしようなどと考えていたら、せっかくの歓びは有効利用されないまま、色褪せてしまうのです。

もし、あなたが本当に歓びが欲しいと思うなら、自分が持っている歓びを、他の誰かに受け渡せばいいのです。

その相手は必ずしも人でなくても、大地や海、植物や水でもかまいません。

歓喜を分かち合うことが重要なのですよ。

(引用ここまで)


そして、同日にもう一つ降ろされたインスピレーションはマヤの叡智でした。

ホゼ・アグエイアス博士が預言した日本に関する記述。


2012年 マヤ暦の終わりは、人類の物質的な進化の終わりを示唆していた。それ以降はそれ以外の道を、精神的な進化を進まなければならない。」


「太陽の時代が到来する。

地球の進化の指導者たちは太陽の主たちと呼ばれる。

彼らの領域は地球のエーテル体、地球の電磁場、地球の水晶核にある装置と共振している。」


「日本は日出づる国であり、夜明けの人々の起源の場所」


「人類の銀河文明の再生は日本でその最初の根を張ることが運命づけられている」


そう、ホゼ博士は書き記しています。


22を超えてゆけ」の主人公はマヤ。

ホゼ博士のマヤの預言。


この偶然とは思えないシンクロニシティに込められているのは、

わたしたち日本に多く転生しているとされる地球の先住民であったスメラの魂、太陽の民の目醒めのプロセスに関する情報。

その中でもわたしたち虹の印を持つ魂の深い縁のあるものたちが、ここで共振し合い進化するという約束。

それを果たすために旗を振る役割を引き受けよ。

そういうメッセージでした。


その直後、コロナが世界を席巻し、わたしたちは繋がりを絶ちうちに籠ることを余儀なくされることとなりました。



この混乱の中、太陽の民たちが目醒めるには?

まずは自分。

自分ごとから世界ごとになる。

逆はない。

どれだけ自分と真摯に向き合うか。

どれだけ冷静に自分を客観視できるか。


不安や怖れに足が竦んで留まるものたち。

スピリチュアルやファンタジーに足を取られて留まるものたち。

それを超えなければ自己満足の世界から抜けられない。

現実世界で何を思い何をするか。

それが世界創造なのだから。


このフェーズは厳しい、孤独な戦いになる。

コロナ自粛中、受け取ってきた様々なものを見直していく中、そう直感しました。


通り抜ければ大きなジャンプアップとなる先の見えないトンネル。

わたしの持つ灯りで先導するには心許ない。

みんながここを抜けるための拠り所が欲しい。

そう思って立ち上げたのが、虹のスターシード船でした。


エネルギーの法則があります。

2人揃えばそのエネルギーは二乗となる。

3人揃えば三乗となります。

何人もの光が集まり、共に響き合いながら、時には打ち消しあいながらも、煌々とトンネルを照らしてくれました。

その灯りを頼りに、でも自立した個人として、それぞれのスピードでトンネル内を進んで行きました。


そうやってトンネルを抜けて太陽の民として、虹の民として世界に奉仕する自身の計画に目醒めた仲間たちがいます。

これから、そこに続いていく仲間たちがいます。

彼らが照らす灯りによって、更なる太陽の民たちが目醒めていく。

この波はドミノ倒しのように2021年も拡がっていくでしょう。

そうやってこの世界は新しい世界へと、夜明けに向かって進んでいくのです。







💫地球と人類に奉仕する願いを持つスターシードたちの目覚めをサポートしています。


💠本当の自分を取り戻し、魂の道へと進むセッション💠

真の自分に還る わたしを生きるための ライトニングクリスタルセッション

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12375509960.html


🌈虹の民、地球のガーディアンとしての目覚めと進化のためのエネルギーワークレッスン🌈

虹のスターシードレッスン

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12550714656.html


①の続きです。



そして、2019年春。


4月に富士山の麓の朝霧高原にキャンプしに行ったすぐあと、

5月連休に山梨県の瑞牆山キャンプに行く。

そこは連休中で混んでいて探しまくってやっと見つけたキャンプ場。

瑞牆山を調べてみると大師さまが修行したという伝説の残る山。



こりゃ呼ばれたかなーと思って行ったら、電波のまったく入らない山奥。

デジタルデトックス状態。

情報を遮断された環境で3日間過ごしました。




早朝に岩の上で瞑想してたら弘法大師さまよりメッセージをいただきました。

いろいろ個人的メッセージも受け取ったのだけど、重要なのは「天地開闢」だと言うメッセージ。

「かいびゃく」って、聞いたことない言葉で、ググったら

Wikiでは日本神話の天地に代表される世界が初めて生まれたときのことを示すと。

アメノミナカヌシから始まる古い神々の系譜が出てきました。




その後、20196月。

友人ヒロちゃんの家にメグちゃんと遊びに行ったとき、森に向かったテラスで3人で白昼夢のようなインスピレーションを受け取りました。

森の中に古い山藤の木が立っていて。その木に呼ばれたように感じて3人でテラスに出ました。

山藤の木に向かって瞑想すると、そこに意識が繋がって、世界各地の聖地にテレポートして飛んでいくようなそんなビジョンが浮かびます。

キラウェアとかセドナとかストーンヘンジとかエジプトとかマヤとか。

その時、確かめぐちゃんはストーンヘンジの真ん中に寝転んだって言ってたな。

ひろちゃんは意識が保てなかったって言ってた。

わたしもグラウンディングの強いわたしにしては珍しく意識がぶっ飛んでたせいか、

(めぐちゃんひろちゃんはいつも通り安定のぶっ飛び())

記憶がとにかく曖昧で覚えていられなくて。

繋がったのが富士神界の古い古い神さまみたいで、次元が高すぎてメッセージがうまく翻訳できなくてモヤモヤしたまま、ブログにも書けず仕舞いでした。



そして、そして、まだまだ続くサイン。

次は20198月。

絵を描く共通の友人の家にめぐちゃんとお邪魔した時のこと。

彼女がミッション的にどうやら富士山を描くことになりそうだという話があり、その場にいるみんなでその情報にアクセスするためのお手伝いをしました。

クリスタルを囲んでの瞑想をしてみえたものをシェアしました。


そしてその後しばらくして、わたしに降りてきたのは「新たな地球次元へのパスポート」という言葉。

これを手にしてアクセス許可が降りたら、聖地のエネルギーと繋がることができるという情報。




その扱うことの許されたエネルギーは地上での奉仕として使う。

「わたし」のためではなく、「わたしたち」のため。地球のための奉仕。

スターシードとしての役割を果たすために使われるもの。



富士山はポータルであり、スターシードにとって母船のようなもの。

そうか、富士山は虹のスターシード船の母船でもあるんだな


③へと続く。





💫地球と人類に奉仕する願いを持つスターシードたちの目覚めをサポートしています。


💠本当の自分を取り戻し、魂の道へと進むセッション💠

真の自分に還る わたしを生きるための ライトニングクリスタルセッション

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12375509960.html


🌈虹の民、地球のガーディアンとしての目覚めと進化のためのエネルギーワークレッスン🌈

虹のスターシードレッスン

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12550714656.html





102日の牡羊座満月。

この満月は、天地融合して新しく生まれる「わたし」のはじまりの合図でした。

ここまでの数年間、浄化と進化を続け、地上の神殿となるボディが整い、2020年に入ってから少しずつ天のわたしが降りてきています。

そしていま、天のわたしと地のわたしが融合し、新たなわたしが生まれ始める。

そんなフェーズに入ったように感じています。




富士山(のおそらく地下)には神界のような高次元に繋がる世界があるようです。

そこからのはじめてのコンタクトがあったのは

もう3年以上前のことです。

それから何度もきて、その度に忘れてしまう。

そしてまた思い出す。の繰り返しでした。



1番はじめのコンタクトは2017年春。

とある知人から、Facebookメッセンジャーで「不二阿祖山太神宮」についてのお知らせがきたことでした。

藍さんがパッと浮かんだのでご連絡しました、と、お知らせいただいたHPリンクをみると

「不二阿祖山太神宮」は富士噴火により何度も焼失し、源頼朝などによった再建された歴史もあるが衰退していったということが書いてありました。

その頃、「北条政子」関連のインスピレーションが多数入ってきていたので、何か関係ありそうかな?と思いつつもよく分からず、そのままになっていました。




その翌年の2018

8月に長野の山奥でガイアと繋がるイニシエーションを通過し、

9月に高野山の奥の院で大師様さまから新たな霊力を授けると紫色のエネルギーをサードアイで受け取り、帰った翌日すぐに富士山山中湖に旅行に行った時のことでした。

北口本宮富士浅間神社から五合目富士山小御嶽神社へ参って受け取ったのは大師さまから繋がる「天地人」のキーワード。

山中湖のホテルでメグちゃんとLINEのやり取りをしていました。



当時は天と地を繋げる人間、という解釈だったけれど、今は更に理解が深まって、天地融合させた人間が天地人だと感じます。


その時、メグちゃんが合わせて降ろしてくれたビジョンとメッセージ。




わたしの体の中心、太陽神経叢にあたるところのエレメントをマンダラのような図にしたもの。

中心部が中心で、そこが大地の下のクリスタルの都市と繋がってると

シャンバラなどアガルタネットワークに属する地下都市。


「小さな宇宙人アミ」の物語にも出てくるシャンバラ。

シャンバラとは理想郷である仏教国。

ヒマヤラの地底部にあり、世界中の聖地を入り口として繋がっていると云われています。

富士山の地底部にもシャンバラのような高次元の国があるのでしょう。

そういったいくつかの地下都市のネットワークのことをアガルタと言われています。


その時、メグちゃんに、わたしはそこに繋がって情報を発信してると言われたのだけど、当時のわたしには壮大な話すぎて、あまりよく分からなくて、そこで終わっていました。



②に続く。

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12634440865.html




💫地球と人類に奉仕する願いを持つスターシードたちの目覚めをサポートしています。


💠本当の自分を取り戻し、魂の道へと進むセッション💠

真の自分に還る わたしを生きるための ライトニングクリスタルセッション

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12375509960.html


🌈虹の民、地球のガーディアンとしての目覚めと進化のためのエネルギーワークレッスン🌈

虹のスターシードレッスン

https://ameblo.jp/cielbleu-ai/entry-12550714656.html