ukokkeiの徒然草2
  • 22Feb
    • JR時刻表3月号購入

        今日は書店で、東海道新幹線のN700A系の写真が表紙に使われているJR時刻表の3月号を購入しました。 昨年までは毎年3月のJRグループのダイヤ改正の前にJTBの時刻表を購入していましたが、今年はこちらを購入しました。  表紙をめくると、とじこみ付録として「時刻表&交通新聞でふりかえる東海道新幹線高速化の歴史」が付いていました。  300系のぞみの登場時は、朝東京から新大阪へ向かう1本が名古屋駅・京都駅を通過することが話題になりました。 そこからページを進めると、3月14日(土)JRグループダイヤ改正概要が。  今回は特に私の興味を惹く物はありませんでしたが、新駅の一つ御厨駅は明日7年ぶりに静岡市の久能山東照宮・静岡浅間神社へ行く際に通過します。 さらにページを進めると「よくばり列車旅」というコーナーがあって今回は島根県が取り上げられていましたが、その中からご当地を走る列車を紹介する部分を・・・。  SLやまぐち号は、中学生の頃家族で津和野へ行った時の帰りにすれ違いました。 サンライズ出雲は昨年の1月加古川プラザホテルの客室から深夜に東京へ向かう列車を、早朝に出雲市へ向かう列車を見ています。 

    • ホープフル・ピアノリサイタル~名古屋芸術大学ミュージカル カンパニー・ワンリハーサル他編

       皆様、おはようございます。 今日はホープフル・ピアノリサイタルから、名古屋芸術大学ミュージカル カンパニー・ワンリハーサル他編をお送りします。  石原さんがステージを後にすると続いて伊藤瑞基さんが登場して、まず挨拶しました。  それが済むと、プーランクの「主題と変奏」とラフマニノフの「楽興の時第4番・5番」を見事に演奏しました。 この演奏が終わると後半は幕となりましたが、最後に出演者全員が集まって挨拶しました。  ピアニスト達がステージ上・「ゆかいなダンサーたち」がステージ下に分かれましたが、後者はそのお揃いの衣装についてインタビューを受けていました。 素晴らしいリサイタルを本当に有難うございました。  終演後私はイベントプラザに移動しましたが、午前中FM AICHIの公開生放送に出演し午後ミニライブを行った3人組ボーカルグループNiiisan’sの特典会がステージ裏で行われていました。  それを横目で見ながらスカイデッキに出ると国際線スポット沖止めではアントノフの出発準備が行われていて、20番ゲートにはキャセイパシフィック航空のA350(B-LQB)が入っていました。  その後イベントプラザに入るとNiiisan’sの特典会は終了していて、ステージでは次に公演を行う名古屋芸術大学ミュージカル カンパニー・ワンがリハーサルを行っていました。  私はそれを少し見てから帰りましたが、途中出発階で同じように帰って行く介助犬を目にしました。

  • 21Feb
    • ホープフル・ピアノリサイタル~ハンガリー舞曲・黒鍵のエチュード他編

       皆様、おはようございます。 今日はホープフル・ピアノリサイタルから、ハンガリー舞曲・黒鍵のエチュード他編をお送りします。  休憩が終わると後半が開演して赤井咲姫さんと伊藤和歌さんが登場して、速報版で紹介した通りブラームスの「ハンガリー舞曲第1番」を見事に連弾しました。  演奏が終わると挨拶し、それが済むと「ハンガリー舞曲第5番」を見事に連弾しました。  その後2人はインタビューを受け、連弾の大変さについて述べてステージを後にしました。  続いて幾世奈々花さんが登場して、まず挨拶しました。  それが済むと、ブラームスの「2つのラプソディー」から第1番を見事に演奏しました。 奈々花さんがステージを後にすると続いて昨年の音楽祭で名古屋ヴィルトゥオーゼンと共演した石原琢巳君が登場し、J.S.バッハの「フランス組曲第5番」からアルマンドとジーグを見事に演奏しました。  演奏が終わると挨拶し、それが済むとモーツァルトの「ソナタKV281」の第1楽章と速報版で紹介した通りショパンの「黒鍵のエチュード」を見事に演奏しました。  琢巳君がステージを後にすると続いて一昨年の音楽祭で名古屋ヴィルトゥオーゼンと共演した石原なつみさんが登場し、J.S.バッハの「平均律第1巻第6番」からフーガとツェルニーの「50番」から第44番を見事に演奏した後挨拶しました。  それが済むとベートーヴェンの「テンペスト」第3楽章を見事に演奏して、ステージを後にしました。 次回は、名古屋芸術大学ミュージカル カンパニー・ワンリハーサル他編をお送りします。 

  • 20Feb
    • ホープフル・ピアノリサイタル~月の光・パプリカ他編

       皆様、おはようございます。 今日はホープフル・ピアノリサイタルから、月の光・パプリカ他編をお送りします。  続いて石原敦紀君が登場して、まず挨拶しました。  それが済むと、シベリウスの「カプリス」を見事に演奏しました。  敦紀君がステージを後にすると、続いて白水晴菜さんが登場してまず挨拶しました。  それが済むと、今年生誕250年を迎えたベートーヴェンの「ピアノソナタ第7番」第1楽章を見事に演奏しました。  白水さんがステージを後にすると続いて昨年の音楽祭でスギテツと共演した中野颯太君が登場して、モーツァルトの「ソナタ変ホ長調」の終楽章を見事に演奏した後挨拶しました。  それが済むと速報版で紹介した通りドビュッシーの「ベルガマスク組曲」から「月の光」を見事に演奏し、演奏後インタビューを受けて学校ではパソコン部に所属していることを述べました。  中野君がステージを後にすると黒田桃加さんと渡邉早瑛さんが登場して「パプリカ」の連弾を始め、それに合わせて「ゆかいなダンサーたち」が歌と踊りを披露しました。 「パプリカ」が2番に入るとダンサー達は速報版で紹介した通り全員ステージに上がって歌い踊り、それが終わると前半は幕となり5分間の休憩に入りました。 次回は、ハンガリー舞曲・黒鍵のエチュード他編をお送りします。 

  • 19Feb
    • ホープフル・ピアノリサイタル~きらきら星変奏曲他編

       皆様、おはようございます。 今日はホープフル・ピアノリサイタルから、きらきら星変奏曲他編をお送りします。  今回はまず、このリサイタルのプログラムを紹介します。  次は出演者プロフィールですが、全員昨年5月に同じ会場で公開ステージが開催されたピティナの全国大会で入選以上の成績を残した実力者達です。  出演者プロフィールの続きですが、「ゆかいなダンサーたち」の中にはピアノと掛け持ちしている子もいます。  さて13時半になると前半が開演し、まず幾世百桃奈さんと菊原衣真さんがアレンスキーの「ロシアの主題によるフーガ」を見事に連弾しました。  演奏が終わると2人は挨拶し、それが済むとストヤノフの「歌」を見事に連弾してステージを後にしました。  続いて村上愛さんが登場してまず挨拶し、それが済むと速報版で紹介した通りモーツァルトの「きらきら星変奏曲」を見事に演奏しました。  演奏が終わると村上さんはインタビューを受け、「きらきら星変奏曲」は大好きな曲だと述べてステージを後にしました。 次回は、月の光・パプリカ他編をお送りします。

  • 18Feb
    • ホープフル・ピアノリサイタル~名古屋ヴィルトゥオーゼン他編

       皆様、おはようございます。 今日はホープフル・ピアノリサイタルから、名古屋ヴィルトゥオーゼン他編をお送りします。 この日私が会場最寄駅に着いたのは13時過ぎですが、同日AICHI SKY EXPO展示ホールDで開催された「YCSJ&デュエリストフェスティバル NAGOYA 2020(「遊戯王」イベント)」に向かうと思われる乗客達が共に降車しました。  さてリサイタル開演まで少し時間があるのでイベントプラザへ寄り道することにしましたが、T1出発階に入ると徳川家康と服部半蔵忍者隊の服部半蔵(一番左)・狂言語りの水蓮(左から二番目)・陽気者の三平(一番右)に挟まれた忍び装束のなぞの旅人フー(中央)と常滑市のキャラクタートコタン(右から二番目)を撮った巨大な写真パネルが目に入りました。  イベントプラザに上がると、音楽祭初日の総合司会を担当する東海ラジオの源石和輝アナウンサーがステージ上で挨拶をしていました。 ちなみに源石アナは7年前からずっとこの音楽祭の司会を務めて来たことが評価され、この度「音楽の殿堂」入りを果たしたそうです(おめでとうございます!)。  ステージ前には介助犬のブースがあり、実際に介助犬が1頭いて来港者達の注目を集めていました。  この後私は少しスカイデッキに出てみましたが、国際線スポット沖止めにお久し振りのヴォルガ・ドニエプル航空のAN-124(RA-82079)が駐機していました。  イベントプラザに戻るとステージに9年前の初回の音楽祭からずっと監修を務めている元名古屋フィルハーモニー交響楽団クラリネット奏者の井上京さんが上がっていて、源石アナと話をしていました。  話が終わると名フィル時代に井上さんが所属していた名古屋ヴィルトゥオーゼン(名フィルの精鋭団員達によって構成されています)が登場し、一緒にJ.シュトラウスⅡ世の「芸術家のカドリーユ」(19世紀後半のウィーン音楽界の人気作品のメロディを繋ぎ合わせています)の冒頭部(メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」の「結婚行進曲」とモーツァルトの「交響曲第40番」第1楽章のメロディが使われています)を見事に演奏しました。 その後も演奏は続きますが(スギテツも登場します)、リサイタルの開演時刻が近付いたので会場のホールへ移動することにしました。  出発階へ下るエスカレーターの近くにはフレンズ人気投票コーナーが設置されていて、井上京+名古屋ヴィルトゥオーゼンが奏でるJ.シュトラウスⅡ世の「春の声」をBGMに私も投票しました(誰に投票したかは秘密です)。 次回は、きらきら星変奏曲他編をお送りします。

  • 17Feb
    • 2月8日のセントレア~その他目ぼしい機体・セントレアポップカルチャー祭り2020初日編

       皆様、おはようございます。 今日は2月8日のセントレアから、その他目ぼしい機体・セントレアポップカルチャー祭り2020初日編をお送りします。 話は、ロイヤルバージ塗装機がトーイングカーを外して出発した所まで戻ります。  前回アップした写真にも写っていましたが22番ゲートからアシアナ航空のシャークレット装備のA321(HL8074)がプッシュバックされ、トーイングカーを外した後ソウル向けて出発して行きました。  続いて20番ゲートからユナイテッド航空のシミタールウィングレッド装備のB737-800(N37281)がプッシュバックされ、トーイングカーを外した後グアム向けて出発して行きました。  その後仙台からエアアジア・ジャパンのA320(JA02DJ)が飛来し、T2の国内線スポットへと向かいました。  ロイヤルバージ塗装機が離陸した後21番ゲートからルフトハンザ・ドイツ航空のA340-300のスターアライアンス塗装機(D-AIGN)がプッシュバックされ、トーイングカーを外した後フランクフルト向けて出発して行きました。 この後私はイベントプラザに入りましたがちょうどDJ MUKAIさんによるノンストップアニソンMIXが繰り広げられていて、観客達が大いに盛り上がっていました。  MUKAIさんのノートパソコンの蓋に描かれている「ビックリマン」のヘッドロココのシールをアレンジしたイラストに惹かれました。  やがてノンストップアニソンMIXは終わりを迎えステージ上のスクリーンにミヤが登場し、MUKAIさんに対するお礼の挨拶と次の催しの案内をして消えました。  その後ステージには、次のナゴヤセイユウステージで使われる「シキザクラ」(来年TV放映予定のアニメ)のメインキャラクター7人の等身大パネルが設置されました。 それを見届けた後私は帰りました。 次回からは、ホープフル・ピアノリサイタルのレポートをお送りします。 

  • 16Feb
    • 2月8日のセントレア~タイ国際航空のロイヤルバージ塗装機撮り直し編

       皆様、おはようございます。 今日は2月8日のセントレアから、タイ国際航空のロイヤルバージ塗装機撮り直し編をお送りします。 この日私がセントレアに着いたのは11時前。  イベントプラザではちょうどセントレアポップカルチャー祭り2020の初日が始まった所で、速報版で紹介した通りステージ上のスクリーンにMCを務める招き猫をモチーフとしたバーチャルYouTuberキミノミヤ(この半月前の愛知・知多半島マーケット2020二日目以来の再会となります)が登場して挨拶しました。 さてスカイデッキに出ると、ちょうど国際線スポット19番ゲートにいた今回の目的の機体のプッシュバックが始まった所でした。  これが二度目の飛来となる、タイ国際航空のB777-300のロイヤルバージ塗装機(HS-TKF)です。 この前日に初飛来した際に撮影済みですが、動いている所を撮れなかったので撮り直しをしたいと思っていました。 まさかその翌日に早くも撮り直しが出来るとは思いませんでした。  プッシュバック完了後トーイングカーを外します。  トーイングカーが外れると出発しましたが、  すぐに180°旋回して向きを西に変えスカイデッキの間近を通ってくれました。  国際線スポットを出て誘導路に入ります。  RW36に入り滑走を始め、バンコク(スワンナプーム)向けて離陸して行きました。 次回は、その他目ぼしい機体・セントレアポップカルチャー祭り2020初日編をお送りします。

  • 15Feb
    • ホープフル・ピアノリサイタル(速報版)

       皆様、こんばんは。  本日はこれを観覧しに行きました。  モーツァルトの「きらきら星変奏曲」、  ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」から「月の光」、  ブラームスの「ハンガリー舞曲第1番・5番」、  ショパンの「黒鍵のエチュード」他のピアノの名曲を若きピアニスト達が見事に演奏しました。  また前半の最後には、子供ダンサー達による「パプリカ」の披露もありました。 この詳しいレポートは2月8日のセントレアの分が終わり次第5回に分けて投稿しますので、来週半ばまでお待ち下さい。

  • 14Feb
    • 2月2日のセントレア~キャラ付エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト看板・その他目ぼしい機体編

       皆様、おはようございます。 今日は2月2日のセントレアから、キャラ付エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト看板・その他目ぼしい機体編をお送りします。 話は、私がセントレアに着いた所まで戻ります。 アクセスプラザからT1の出発階に入ると、国際線側に速報版で紹介した通り真希波・マリ・イラストリアスのパネル付のエヴァンゲリオン中京圏プロジェクトの看板が設置されていました。  そしてセントレアホールに渡る連絡通路の入口にも、式波・アスカ・ラングレーのパネル付の同様の看板が設置されていました。  さらに国際線側には、渚カヲルのパネル付の同様の看板が設置されていました。 なおアクセスプラザには綾波レイのパネル付の同様の看板が設置されていますが、今回は全く気付きませんでした(爆)。 さてスカイデッキに出ると、新型コロナウィルスの影響で現在は中部線の運航を休止しているエティハド航空のB787-10(A6-BMG)が速報版で紹介した通り国際線スポットの沖止めに駐機していました。  その南には、デラウェア・トラストのガルフストリーム(N999HZ)が駐機していました。  さらにその南には、ドリームリフター(N747BC)が駐機していました。  国内線スポット10番ゲート(共用ゲート)には、やはり新型コロナウィルスの影響で現在は全ての中部線の運航を休止している春秋航空のA320neo(B-307N)が駐機していました。  首里城特別デザイン機がゲートにインした後ソラシドエアのB737-800のウィー♡ニチナン号(JA801X)が沖縄から飛来し、RW36に着陸してリバースを掛けました。 それを見届けた後、私は帰りました。 次回からは、2月8日のセントレアレポートをお送りします(明後日の投稿となります)。

  • 13Feb
    • 2月2日のセントレア~JTAの首里城特別デザイン機編

       皆様、おはようございます。 今日は2月2日のセントレアから、JTAの首里城特別デザイン機編をお送りします。 この日私がセントレアに着いたのは13時半過ぎ。 今回の目的の機体は14時頃沖縄から飛来し、着陸後RW36から出て誘導路へと向かいました。  JTA42便 B737-8Q3 JA08RK 首里城特別デザイン機  今月29日から運航を開始したJTAのB737-800の特別塗装機です。  やがて、国内線スポットに入りました。  ちなみにセントレア飛来は、これが二度目となります。  なおJTAの話では、首里城が復興するまで飛ばし続けるそうです。  この後、6番ゲートにインしました。  次回は、キャラ付エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト看板・その他目ぼしい機体編をお送りします。

  • 12Feb
    • 愛知・知多半島マーケット2020二日目~招き猫系キャラクター編

       皆様、おはようございます。 今日は愛知・知多半島マーケット2020二日目から、招き猫系キャラクター編をお送りします。 話は、私がイベントプラザからAICHI SKY EXPOへ向かう途中まで戻ります。  タクシー待機場を覗くと、知多半島PRキャラクター知多娘。の常滑市のキャラ常滑セラがラッピングされた名鉄知多タクシーのリコリスライナーPRタクシーが止まっていました。  その後嚶鳴座の和太鼓ステージを観覧している最中に常滑市のキャラクタートコタンが近くにやって来ましたが、子供達に人気で写真が撮れるまで時間がかかりました(ポーズを取ってくれましたが・・・)。  そうこうしている内にトコタンと同じく招き猫をモチーフとしたバーチャルYouTuberキミノミヤが登場し、子供達と会話しました。 ちなみにこの日の昼頃には、彼女のステージもあったそうです。 なお彼女とはこの半月後に、セントレアで再会することとなります。 ところで上で紹介した常滑セラも、よく考えてみると招き猫系のキャラクターです(小判をかたどった髪飾を着けていて公式紹介ページ上で招き猫のポーズを取っています)。  その後嚶鳴座のステージが終わると私は、常滑市榎戸に店を構える和菓子店大門屋則義のブースで栗蒸羊羹を購入して食べました。 美味しゅうございました。 話は、私が二度目の飛行機撮影をした後に飛びます。  イベントプラザに入ると武将隊大博覧会二日目のクライマックス仙台・熊本・名古屋合同演目「乱舞」の開始待ち状態でしたが、ステージではその後に繰り広げられる締め括りの「武士と田中+K」(総踊り)に出演する三味線アーティストたなかつとむ氏がリハーサルを行っていました。 その後私は帰るため中部国際空港駅へ移動しましたが、改札口に次のような掲示が・・・。  一瞬ドキッとしましたが、程なくして列車が来て安心しました。 次回からは、2月2日のセントレアレポートをお送りします。

  • 11Feb
    • 先月下旬に登場したばかりの名城線・名港線の名古屋学院大学ラッピング車両乗車

       今日は午後、名古屋市栄のトップカメラへ買い物に行きました。 途中金山駅で名古屋市営地下鉄名城線に乗り換えて栄へ向かいましたが・・・。  乗車した名城線右回りの2000系に、写真のようなラッピングがされていました。 実はこの車両、先月下旬に登場したばかりの名古屋学院大学ラッピング車両です(同大学のラッピング車両としては6編成目だそうです)。 乗車後6分程で栄駅に到着して私は下車し、乗降が済むと扉が閉まって大曽根方面向けて出発しました。  この飛行機が描かれているラッピング、なかなかいいと思います。   なお、車内は通常の2000系と変わりありませんでした。  やがて、トンネルの中に姿を消しました。

    • 愛知・知多半島マーケット2020二日目~合間の飛行機撮影編

       皆様、おはようございます。 今日は愛知・知多半島マーケット2020二日目から、合間の飛行機撮影編をお送りします。 話は、成田長親・片倉小十郎コンビの輪投げが終わった後まで戻ります。 私は、スカイデッキに出て少し飛行機撮影をしました。  国内線スポットでは前日に初撮影したばかりのソラシドエアのB737-800の五島へGO号(JA802X)がトーイングカーを外していて、この後沖縄向けて出発して行きました。  同じ頃エアアジア・ジャパンのA320(JA02DJ)が誘導路からRW18に進入し、仙台向けて離陸して行きました。  10番ゲート(共用ゲート)には、春秋航空のA320neo(B-306Z)が入っていました。 話は、嚶鳴座の和太鼓ステージが終了した後に飛びます。 私は帰る前に再びスカイデッキへ出て、少し飛行機撮影をしました。  国際線スポットの沖止めには、この日も訓練に来たJIPAIR TOKYOのB787(JA822J)が駐機していました。  17番ゲートには、キャセイパシフィック航空のA350(B-LRS)が入っていました。  やがてスカイマークのB737-800のファイターズジェット(JA73NX)が国内線スポットを出て誘導路に入り、沖縄向けて出発して行きました。  貨物エリアには、チャイナエアラインのB747-400F(B-18723)が駐機していました。 次回は、招き猫系キャラクター編をお送りします。

  • 10Feb
    • 名鉄イロイロ、遊び台湾ラッピングトレイン運行開始

       今朝は名鉄で名古屋へ出る途中、太田川駅で途中下車しました。 しばらくすると、常滑行普通(3300系を使用)が到着しましたが・・・。  写真のようなラッピングが施されていました。    実はこの車両、今日から運行を開始した「イロイロ、遊び台湾ラッピングトレイン」なのです。  やがて、常滑向けて出発して行きました。  もし乗車する機会がありましたら、また詳しく紹介します。

    • 愛知・知多半島マーケット2020二日目~嚶鳴座和太鼓ステージ編

       皆様、おはようございます。 今日は愛知・知多半島マーケット2020二日目から、嚶鳴座和太鼓ステージ編をお送りします。 ホールEに入るとすぐに、嚶鳴座の和太鼓ステージが始まりました。  最初に、「火炎」という曲を情熱的に演奏しました。  途中、小太鼓のみで技巧的な演奏を披露する部分があります。  演奏が終わると2人の女性メンバーが挨拶と、  曲目紹介を行いました。  それが済むと、「和み風」という曲を優雅に演奏しました。  途中で篠笛も演奏に加わります。  その後は「触れ太鼓」という曲を鉦や手拍子を交えて賑やかに演奏して締め、ステージは幕となりました。 素晴らしい演奏を本当に有難うございました。 次回は、合間の飛行機撮影編をお送りします。 

  • 09Feb
    • 愛知・知多半島マーケット2020二日目~イケ武将選手権編② 

       皆様、おはようございます。 今日は愛知・知多半島マーケット2020二日目から、イケ武将選手権編②をお送りします。 半蔵・義龍がステージから去ると今度は4組目として忍城おもてなし甲冑隊の「のぼう様」こと成田長親と、奥州・仙台おもてなし集団伊達武将隊の片倉小十郎景綱が登場しました。  長親が投げ手・小十郎が受け手になり、見事に10ポイント獲得しました。  競技後の「ブショージャパン」ニュースです(前田利家が自身の経営するハウジング会社の宣伝をしています)。 この後私はスカイデッキへ出て少し飛行機撮影をして(次々回詳しく紹介します)戻って来ると、5組目が終わって「ブショージャパン」ニュースの時間となっていました。  5組目は清洲城武将隊キラメキダッシュの茶々と、あいち戦国姫隊の江の姉妹コンビです(清正が自身の作った醤油の宣伝をしています)。 獲得したポイントは10ですが、茶々はそれに対して不満を述べていました。 茶々・江がステージから去ると最後の6組目として神戸・清盛隊の平宗盛と、やまがた愛の武将隊の前田慶次が登場しました。  宗盛が投げ手・慶次が受け手になり、見事に10ポイント獲得しました。  競技後の「ブショージャパン」ニュースです(徳川家康が自身の作った薬の宣伝をしています)。  その後名古屋おもてなし武将隊陣笠隊の踊舞と太助が登場し、次の競技の説明をしました。 その競技とは、CBCラジオで放送されている「名古屋おもてなし武将隊戦国音絵巻」のレギュラーコーナーである「武士語変換」です。 その名の通り戦国時代にはなかった用語を「武士語」に変換し、その出来栄えを競う競技です。 今回のお題はセントレアらしく「ファーストクラス」で、まず陣笠隊の2人が例として「足軽の夢」という回答を提示しました。  続いて長親・小十郎コンビが、「極やわらかい席」という回答を提示しました。 ここで私は嚶鳴座の和太鼓ステージ開始時刻が近付いたので、AICHI SKY EXPOへ戻りました。 なお、今回イケ武将に選ばれたのは義龍だそうです(史実では不仲だった父の斎藤道三に抱き締められる場面もあったとのことです)。 次回は、嚶鳴座和太鼓ステージ編をお送りします。

  • 08Feb
    • 2月8日のセントレア(速報版)

       皆様、こんにちは。 今日は、昼前にセントレアへ足を運びました。 今回の目的の機体です。  早くも二度目の飛来を果たしたタイ国際航空のB777-300のロイヤルバージ塗装機です。 こんなに早く動いている所を撮ることが出来るとは、昨日は思いませんでした。  後今日はイベントプラザでセントレアポップカルチャー祭り2020の初日が開催されていて、招き猫をモチーフとしたバーチャルYouTuberキミノミヤがMCを務めていました(先月下旬の愛知・知多半島マーケット2020二日目の時以来の再会となります)。  DJ MUKAIさんによるノンストップアニソンMIXが繰り広げられました。 この詳しいレポートは愛知・知多半島マーケット2020二日目と2月2日のセントレアの分が終わり次第2回に分けて投稿しますので、再来週までお待ち下さい。

  • 07Feb
    • タイ国際航空のB777-300のロイヤルバージ塗装機

       皆様、こんばんは。 今日は、出勤前にセントレアへ立ち寄りました。  アクセスプラザには、綾波レイのパネル付のエヴァンゲリオン中京圏プロジェクトの看板が設置されていました。 5日前に足を運んだ時はT1出発階にある同様の3基の看板には気付いたのですが、これには全く気付きませんでした(爆)。 アクセスプラザからT1出発階に上がる通路には、この時期恒例の福よせ雛が飾られていましたが・・・。  新型コロナウィルスの影響か、ほとんどの人形がマスクを着用していました。 その後スカイデッキに出ると、今回の目的の機体は国際線スポット17番ゲートに入っていました。  TG644便 B777-3D7 HS-TKF ロイヤルバージ塗装機 これが初飛来となる、タイ王室の御座船が描かれたタイ国際航空のB777-300の特別塗装機です。 所定の機材がA350の中部-バンコク(スワンナプーム)線にはなかなか入らない機体ですが、ここ数日午前中に発着する便の機材がB777-300に変わっていて本日充当されました。  今回は止まっている所しか撮れませんでしたが、機会があったら動いている所を撮りたいです。 なお旧塗装時代にはB747-400とA330-300にロイヤルバージ塗装機が存在し後者は開港当初のセントレアに飛来したことがあるそうですが、私は出会うことが出来ませんでした。  国際線スポットの沖止めには、昨年末も飛来した金鹿航空のB787(2-DEER)が駐機していました。  14番ゲートには、キャセイパシフィック航空の新塗装のA330-300(B-LBC)が入っていました。  国内線スポットに目を転じると、6番ゲートにJTAのB737-800のジンベエジェット(JA05RK)が入っていました。

  • 06Feb
    • 2月5日のささしまライブ~宮きしめんささしま店・プラグスーツの5人のラッピングバス乗車編

       続いて2月5日のささしまライブから、宮きしめんささしま店・プラグスーツの5人のラッピングバス乗車編をお送りします。 ささしまライブ駅の改札を出た私はグローバルゲートに入り、等身大(6m)のエヴァンゲリオン初号機と再会しました。  前回は前から撮った写真を載せましたので、今回は後ろから撮った写真を載せます。  この後私は、宮きしめんささしま店へ。 エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト2020のコラボメニューがあったのですが・・・。  私は「台湾系」が苦手なので、諦めることにしました。  その代わりに、きしめんとみそカツ丼のセットを食べました。 美味しゅうございました。 食事後私は名鉄バスのささしまウェルカムバスで名古屋駅に戻ることにしましたが、やって来たのは・・・。  レイを始めとするプラグスーツ姿の5人の「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する少年少女がラッピングされたバスでした。  車内はもちろん特別仕様になっていましたが、前回乗車した3機のエヴァンゲリオンのラッピングバス(途中ですれ違いました)とはデザインが異なっていました。  バスは20時前に名古屋駅前に到着し、私は降車しました。