ukokkeiの徒然草2
  • 27May
    • 2両の元北斗星牽引機・ブルーサンダー23号機他の画像

      2両の元北斗星牽引機・ブルーサンダー23号機他

       皆様、こんばんは。 今回は、今日の鉄道ネタを。  稲沢駅から笠寺駅へと向かうコンテナ列車を牽引するEF510形電気機関車515号機(元北斗星牽引機)です。  春日井貨物を牽引するブルーサンダー(EH200形電気機関車)23号機です。  夕方職場の用事で近所へ外出した際、その23号機が稲沢駅から南松本駅へと向かうタンク列車を牽引して千種駅を通過する光景を目にしました。  名古屋貨物ターミナル駅から稲沢駅へと向かうコンテナ列車を牽引するEF510形電気機関車504号機(元北斗星牽引機)です。  そのコンテナ列車とすれ違う形で、N700S系が充当された東海道新幹線の東京行のぞみ428号が到着しました。  近鉄名古屋駅を覗いてみると、準急乗り場に2000系のアートライナー「CTY号」が入っていました(自販機が邪魔で左半分しか撮れませんでした・・・)。 最後におまけになりますが今夜自宅に帰ると、広報とこなめ6月号が届いていました。  巻末の「アングル」のコーナーでは、先月の旧常の祭礼(常滑春まつり)の初日に行われた瀬木の山車世楽車の曳き廻しの様子が紹介されていました(写真の辺りの曳行は私は見ていません)。

  • 26May
    • ピカピカの赤ホキを牽くレッドサンダー・久し振りにSS60で目にしたキティコンテナ他の画像

      ピカピカの赤ホキを牽くレッドサンダー・久し振りにSS60で目にしたキティコンテナ他

        本日二つ目の記事ではまず、稲沢駅から笠寺駅へと向かうコンテナ列車を牽引するレッドサンダー(EF510形電気機関車)9号機を紹介します。 この列車の最後尾には赤ホキが2両繋がっていましたが、いずれもピカピカでした。  最近日本車両から新車の赤ホキが甲種輸送されたと聞いていますが、この2両がそうかもしれません。  次は、陸前山王駅から吹田貨物ターミナル駅へと向かう西濃カンガルーライナー(SS60と呼ばれる)を牽引する新鶴見機関区の黄桃ことEF210形電気機関車329号機(桃太郎一行ステッカー機)です。 なお積載されている西濃コンテナの中に、キティちゃんが付いている物がありました。  実は昨年10月以降SS60でキティコンテナを見かけなくなったのですが(代わりに東京貨物ターミナル駅-東福山駅間で運行が始まった列車(TF60と呼ばれる)で目にするようになりました)、今回久し振りに見ました。  次は、春日井貨物を牽引するブルーサンダー(EH200形電気機関車)14号機です。  そして、名古屋貨物ターミナル駅から稲沢駅へと向かうコンテナ列車を牽引するレッドサンダー15号機です。  最後におまけとなりますが今日の中日新聞夕刊の郷土芸能面で、歌舞伎役者の中村獅童とボーカロイドの初音ミクのコラボが話題の「超歌舞伎」のことが紹介されていました。

    • 旧常北条神明車引っ越し~ようやく新居へ編の画像

      旧常北条神明車引っ越し~ようやく新居へ編

       皆様、おはようございます。 今日は旧常北条神明車引っ越しから、ようやく新居へ編をお送りします。  玄関前に止まった神明車は、御神楽の奉納を行いました。  それが済むと、新鞘蔵の方へ頭を向けました。  そして再度、御神楽の奉納です。  それが終わると「早笛」→「車切」と共に180°旋回し、後部から新居へ入って行きました。  無事納められると、曳納めの御神楽の奉納が行われました。 一方区民会館前では、区民達に対して紅白餅とお菓子の配布が始まりました。  当初餅は投げる予定でしたが、愛知県の新型コロナウィルスの新規感染者数が未だにほぼ連日4桁の状況であることを踏まえて配布に変更となりました(我が地元の今年の太々神楽(修祓)式と同じです)。 この後私は近くのセブンイレブンに寄ってから帰りましたが、帰る際にようやく新居に入った神明車の前で・・・。  ベテランの祭り人の音頭で、祭り人達が「木遣り」を奉納していました。 北条の祭り関係者の皆様、汗ばむ陽気の中の引っ越し本当にお疲れ様でした。

  • 25May
    • 五等分の花嫁×JR東海タイアップキャンペーンの画像

      五等分の花嫁×JR東海タイアップキャンペーン

       今日JR名古屋駅の構内通路で、次のようなポスターを見付けました。  現在映画が公開中の「五等分の花嫁」とJR東海のタイアップキャンペーンをPRする物です。  ポスターの隣には表面がポスターと同じデザインのチラシが置いてあったので、1枚手に取りました。  ちなみに裏面では、キャンペーンの詳細を紹介しています。 なおこのキャンペーンの期間は、7月31日までです。 後は、JR貨物の機関車の写真を2枚貼っておきます。  1枚目は、春日井貨物を牽引するブルーサンダー(EH200形電気機関車)23号機です。 そして2枚目は、岡山貨物ターミナル駅から東京貨物ターミナル駅へと向かうコンテナ列車を牽引する吹田機関区の黄桃ことEF210形電気機関車338号機(桃太郎一行ステッカー機)です。  この列車の所定の牽引機は岡山機関区所属のEF210ですが、今回は吹田機関区所属機が代走で入りました。

    • 人間ドックに入った(?)ナナちゃん人形の画像

      人間ドックに入った(?)ナナちゃん人形

       今朝金山駅で2週間ぶりに、白帯を纏った名鉄6000系を目にしました。  この車両、いつまでこの姿で走り続けるのか気になります。 さて昨日シャンプーボトルに化した姿を紹介したナナちゃん人形ですが、昨夜の内に衣裳を人間ドックに入った人が纏うようなガウンに変えました。  隣の柱には、健康診断書ならぬ「お酢活診断書」が貼ってありました(ナナちゃんの生年月日・年齢・身長・体重等が記されています)。  ちなみに今回はミツカンとのタイアップで、このような姿になっています(一昨日紹介した名古屋おもてなし武将隊の三英傑の写真が使われている巨大ポスターもこれに関連した物です)。  最後に仕事帰りに金山駅バスターミナルを覗いてみると、バス待機場に名古屋市営バス(市バス)のレトロカラーバスが止まっていました。 

    • 旧常北条神明車引っ越し~北条区民会館到着編の画像

      旧常北条神明車引っ越し~北条区民会館到着編

       皆様、おはようございます。 今日は旧常北条神明車引っ越しから、北条区民会館到着編をお送りします。 自宅に帰った私は買って来た物を置いた後、再度北条へ向かいました。 頭の中に入っている運行スケジュールでは、神明車は新鞘蔵向けて常滑街道を北進しているはずでしたが・・・。  既に新鞘蔵に隣接している北条区民会館のすぐ西まで来ていて、曳き綱の長さの調整を行っていました(運行が予定より20分程早まったそうで焦りました)。 1年半待ちわびた「主」を迎える準備が万端の新鞘蔵・・・。  彫刻や幕を収納する木箱は、半月前の組上げ時に「一足早く」引っ越したようです。 鞘蔵の南側には・・・。  祭り人達の給水用として使われていた薬缶を「鉢」として、観葉植物が植えられていました。  そうこうしている内に曳き綱の長さを調整し終えた神明車は動き始めましたが、少しすると止まって「間もなく入る新居」に頭を向けて御神楽を奉納しました。  それが済むと再び動き出し、目の前で梶を切りました。  そして、区民会館敷地内に曳き込みです。  会館の玄関前まで行くと、停止の合図の拍子木が鳴りました。 次回は、ようやく新居へ編をお送りします。

  • 24May
    • シャンプーボトルと化したナナちゃん人形・お久し振りの斎王のみちラッピングトレイン他の画像

      シャンプーボトルと化したナナちゃん人形・お久し振りの斎王のみちラッピングトレイン他

       今日の昼頃職場の用事で名駅周辺に行った際に、ナナちゃん人形の現在の姿を見て来ました。  前回はウルトラマンに扮していましたが、今回は何とシャンプーボトルと化していました。  先の年末年始に妹のミナちゃんと一緒に扮した鏡餅はインパクトがありましたが、こちらもインパクトがあります。 さて職場に帰る前に、近鉄名古屋駅へ寄り道です。  普通列車の乗り場には、名四コンサルタントのアートライナーとなっている2000系が止まっていました。   そして急行列車の乗り場には、お久し振りの2610系の斎王のみちラッピングトレインが止まっていました。  その後乗車したJR中央本線の列車が名古屋駅を出発してしばらくすると、ブルーサンダー(EH200形電気機関車)14号機が牽引する春日井貨物とすれ違いました。  最後に千種駅から職場へ戻る途中、2台の東海テレビの中継車が錦通上で信号待ちをしている光景を目にしました。

    • 旧常北条神明車引っ越し~集合写真撮影編の画像

      旧常北条神明車引っ越し~集合写真撮影編

       皆様、おはようございます。 今日は旧常北条神明車引っ越しから、集合写真撮影編をお送りします。 御神楽と「木遣り」の奉納が終わると、周囲をつんざく能笛の「ピーッ!」という鋭い音色と共に「早笛」が囃され始めました。  この曲は、小太鼓の囃し言葉に特徴があります。  やがて大太鼓の「ドンドン!」という合図と共に曲が「車切」に変わり、神明車は境内から曳き出されました。 しかしすぐに、先程とは逆向きで再び曳き込まれました。  ちなみにこの山車がこの向きでここへ曳き込まれる姿を見るのは、これが初めてです。 これから祭り人達が神明車の前で、役職別に集合写真を撮ります。 その準備の間、私は神明社に参拝しました。  「鬼滅の刃」の主人公の竈門炭治郎が奉納した絵馬(だから多分違いますって)、まだ掛けてありました。   参拝後鳥居前に戻ると神明車は屋形を上げ上山水引幕を飾って吹流しを立てていて、その前で祭り人達が集合写真を撮っていました。 ここで私は、ベイシアへと向かいました。  ベイシアでの買い物後いったん自宅へ帰りましたが、途中通称「産業道路」で三重県四日市市に本社を置く富士交通のバスと出会いました。 次回は、北条区民会館到着編をお送りします。

  • 23May
    • けもフレ・名古屋おもてなし武将隊・安室透・ゆるキャン△・常滑セラの画像

      けもフレ・名古屋おもてなし武将隊・安室透・ゆるキャン△・常滑セラ

       今朝朝刊に折り込まれていた知多市のパチンコ店の広告を何気なく目にしていたら、何と「けものフレンズ」のパチスロ機が紹介されていて大いに驚きました。  以前から人気のある漫画・アニメ等がパチスロ機に採用される例がしばしば見受けられますが、「けもフレ」は以前は大いに注目していた作品であり(現在も注目していますが)正直言って複雑な気分になりました。 さて今日地下鉄名古屋駅の東山線乗り場に降り立った時、真っ先にミツカンの巨大広告が目に入りました。  私はその中で、名古屋おもてなし武将隊の三英傑(左から徳川家康・織田信長・豊臣秀吉)の写真に最も目が行きました。  そしてJR名古屋駅1階のプロントの店頭では、「名探偵コナン」の人気キャラクターの1人である安室透が来店客達を出迎えていました。  ちなみにプロントはかってセントレアにも出店していたのですが、現在は撤退しています。 その後帰宅時に金山駅のJR東海ツアーズに、7月1日から公開される「ゆるキャン△」の映画版のポスターが貼ってあるのに気付きました。  「ゆるキャン△」の「聖地」は山梨県・静岡県のJR東海エリアに点在しますので、ポスターが貼られていてもおかしくないと思います。  最後に常滑駅の改札口を出た後駅前ロータリーを覗いてみると、タクシー乗り場に知多半島PRキャラクター知多娘。の常滑市のキャラ常滑セラがラッピングされた名鉄知多タクシーのリコリスライナーPRタクシーが止まっていました。  ちなみに、6日ぶりの再会となります。

    • 最近よく脱走する三交復刻塗装・新たに出張して来たブルサン・単機の白桃・積載の悪い列車を牽く黄桃の画像

      最近よく脱走する三交復刻塗装・新たに出張して来たブルサン・単機の白桃・積載の悪い列車を牽く黄桃

       今日二つ目の記事では、本日の名駅の鉄道ネタを紹介します。  最初は、近鉄名古屋駅で出会った三交復刻塗装を纏った1440系から。  この車両最近、名古屋線への「脱走」が多いようです。  後は、JR貨物の機関車となります。 まずは、春日井貨物を牽引するブルーサンダー(EH200形電気機関車)23号機です。  実はこの23号機、昨日愛知機関区へ出張して来たばかりなのです(入れ替わりに10号機が高崎機関区に帰っています)。 次は、単機で名古屋貨物ターミナル駅から稲沢駅へと向かう白桃ことEF210形電気機関車(桃太郎一行ステッカー機)です。  下枠交差式パンタグラフを装備していますので、0番台機か100番台機の初期型のどちらかだと思うのですが・・・。 そして最後は、熊本駅から東京貨物ターミナル駅へと向かうコンテナ列車を牽引する吹田機関区所属の黄桃ことEF210形電気機関車317号機(桃太郎一行ステッカー機)です。  この列車は月曜日通過便の積載が悪いのですが、今回もその例にもれませんでした。

    • 旧常北条神明車引っ越し~神明社宮入り編の画像

      旧常北条神明車引っ越し~神明社宮入り編

       皆様、おはようございます。 昨日常滑市の旧常北条の山車神明車が、コロナ禍のため1年半の間出来なかった新鞘蔵への引っ越しを果たしました。 本日から4回に渡って、その様子をレポートします。 今回は、神明社宮入り編をお送りします。 昨日午前中私は常滑市内にあるもう1軒のベイシアへ買い物に行きましたが(以前も書いた通り地元の店は店内改装のため休業中です)、その前に奥条以外の旧常5字の氏神である神明社へ寄り道するため旧道(常滑街道)を南下しました。 するとちょうど、常滑駅南東にあるファミリーマート近くの祭事委員宅への門付けを終えて神明社向けて出発する神明車と出くわしました。  ちなみにこのファミマ、店内に北梶会(北条の梶方組織)の会員募集のポスターが貼ってあります。 山車の後ろには、迂回を呼びかける看板を掲出した祭礼車が付いていました。  我が地元(常滑市多屋)もそうですが、近年山車祭りでこのような祭礼車を見ることが多くなって来ました。 この後私は神明社へ先回りし、神明車を待ちました。  やがて旧常の車囃子で2番目に好きな「早笛」→「車切」の組曲と共に、境内へ曳き込まれました。 本祭りより1ケ月半遅れ、そして3年ぶりの宮入りです。  よく見ると、輪懸が新調されていました(お披露目をする予定だったのがやはりコロナ禍のため出来なかったそうです)。  鳥居前に止まると御神楽の奉納が始まり、同時に「伊勢音頭」が北条囃子保存会の若衆達を中心に手拍子と共に奉納されました。  「伊勢音頭」が終わると、今度は梶長の音頭で「木遣り」が奉納されました。  他の梶方達や囃子保存会の会員達が合いの手を入れました。 次回は、集合写真撮影編をお送りします。

  • 21May
    • ウインググループラッピングバスと鬼ごっこ・順延となった山車引っ越し・自宅の畑の梅の実の画像

      ウインググループラッピングバスと鬼ごっこ・順延となった山車引っ越し・自宅の畑の梅の実

       皆様、こんばんは。 今日は午前中常滑市の旧常市場にあるスギ薬局へ行きましたが、途中で雨が強くなって来たので常滑駅の高架下で雨宿りすることにしました。 しばらくすると知多バスの半田営業所所属のウインググループラッピングバスが中部国際空港からやって来て、駅前ロータリーの知多半田駅行乗り場に止まりました。  綺麗な水鏡が出来ました。  ちなみにこのバス、毎日ではありませんがこの便に入る確率が高いです。 そうこうしている内に雨が小止みとなったのでスギ薬局へ向かいましたが、途中ある駐車場で法被を纏った北条囃子保存会の会員の方が車に乗り込む姿を目にしました。 以前から当ブログで小出しに情報を出して来た通り本日は北条の山車神明車の「引っ越し」が行われる予定でしたが、生憎の天候のため明日に順延となりました・・・。  さてスギ薬局に着くと後から常滑駅を出発したウインググループラッピングバスが追い付いて来て、常滑街道を出て半田街道へと入って行きました。 スギ薬局で買い物を済ませた後は瀬木にあるバローへ向かいましたが、途中奥条以外の旧常5字の氏神である神明社の前を通ると・・・。  鳥居左側の神馬像の下に、駐車禁止の紙が貼ってあるのが見えました。 どうやら明日(本来なら今日でしたが)神明車は旧鞘蔵から新鞘蔵へ直行せずに、氏神であるここへ挨拶に来るようです。    最後に今年の2月から3月にかけてその花を紹介した自宅の畑の梅の木3本ですが、いずれも実が付いて来ました。

  • 20May
    • 本日の鉄道ネタ(ミジュマルトレイン他)の画像

      本日の鉄道ネタ(ミジュマルトレイン他)

       皆様、こんばんは。 今朝の中日新聞朝刊知多版に、残念な記事が載っていました。  常滑市の夏の風物詩である常滑納涼花火大会、新型コロナウィルスの影響で3年連続の中止が決定しました・・・。 さて今回は、本日の鉄道ネタを紹介します。  新鶴見機関区の黄桃ことEF210形電気機関車328号機(桃太郎一行ステッカー機)が牽引する西濃カンガルーライナーです。  近鉄1259系のミジュマルトレインです。  ブルーサンダー(EH200形電気機関車)14号機が牽引する春日井貨物です。  EF510形電気機関車506号機(元北斗星牽引機)が牽引する名古屋貨物ターミナル駅から稲沢駅へと向かうコンテナ列車です。 最後に今夜自宅へ帰る途中、常滑駅近くの交差点に次のような看板が逆さに置かれていました。  ただ、明日は天気が・・・。

  • 19May
    • 名古屋市交通局100周年・三交復刻色・春日井貨物・西濃カンガルーライナーの画像

      名古屋市交通局100周年・三交復刻色・春日井貨物・西濃カンガルーライナー

       今日名古屋市営地下鉄東山線の5050系に乗車しましたが、車内広告が・・・。  名古屋市交通局100周年をPRする物に統一されていました。  ちなみに名古屋駅を始めとする主要な地下鉄の駅には、「100回目の誕生日」までの日数をカウントダウンするカウントダウン計が設置されています。  後は、その他の鉄道ネタを。  三交復刻色を纏った近鉄1440系です。  ブルーサンダー(EH200形電気機関車)10号機が牽引する春日井貨物です。  吹田機関区所属の白桃ことEF210形電気機関車114号機(桃太郎一行ステッカー機)が牽引する西濃カンガルーライナーです。

    • 旧常奥条常石車新調大幕披露~鞘納め編の画像

      旧常奥条常石車新調大幕披露~鞘納め編

       皆様、おはようございます。 今日は旧常奥条常石車新調大幕披露から、鞘納め編をお送りします。  常石車は鞘蔵の前を通り過ぎ、オクトピアの下まで来るといったん止まりました。  その後拍子木が鳴ると、今度は西へと向けて動き始めました。  鞘蔵の前まで来ると北へと曲がりました。  そして、蔵の中に納められました。  無事納まりずっと囃され続けて来た「早船」が切れると、曳き納めの御神楽奉納が行われました。  それが済むと区長及び祭事取締の挨拶があり、解散となりました。 常石車は片付けの為再度外に出されましたが、私はここで帰ることにしました。 奥条の祭り関係者の皆様、改めて立派な大幕の新調おめでとうございます! そして、本当にお疲れ様でした。 最後に私は常滑市中心部のスギ薬局及び旧常北条の山車神明車の新鞘蔵の近くにあるセブンイレブンを経由して帰りましたが、後者の周辺の道路の電柱に・・・。  駐車禁止の紙が貼ってありました。

  • 18May
    • 新たに出張して来たブルサン・白桃×3・キティコンテナ・トラックTVに東リベのキャラがの画像

      新たに出張して来たブルサン・白桃×3・キティコンテナ・トラックTVに東リベのキャラが

       本日二つ目の記事ではまず、春日井貨物を牽引するブルーサンダー(EH200形電気機関車)14号機を紹介しますが・・・。  実はこの14号機、一昨日愛知機関区に出張して来たばかりなのです。 入れ替わりで20号機が高崎機関区へ帰っています。 次は、西濃カンガルーライナーを牽引する岡山機関区所属の白桃ことEF210形電気機関車9号機(桃太郎一行ステッカー機)です。  この列車の牽引機は所定では吹田機関区所属のEF210なのですが、今回は岡山機関区所属機が代走で入りました。  なお積載されているコンテナの中に、キティちゃんが付いた物がありました。  次は、熊本駅から東京貨物ターミナル駅へと向かうコンテナ列車を牽引する吹田機関区の白桃ことEF210形電気機関車108号機(桃太郎一行ステッカー機)です。  そして、岡山貨物ターミナル駅から東京貨物ターミナル駅へと向かうコンテナ列車を牽引する岡山機関区の白桃ことEF210形電気機関車6号機(桃太郎一行ステッカー機)です。 最後に今日トラックTVを目にしましたが、しばらくすると画面に・・・。  「東京リベンジャーズ」のキャラクター達を登用した政府広報の成人年齢引き下げPR映像が流れました(以前当ブログで後方の画面と同じデザインのポスターを紹介しています)。

    • 旧常奥条常石車新調大幕披露~常石神社前出発編の画像

      旧常奥条常石車新調大幕披露~常石神社前出発編

       皆様、おはようございます。 今日は旧常奥条常石車新調大幕披露から、常石神社前出発編をお送りします。  今回はまず常石車の鞘蔵の写真をアップしますが、東隣のオクトピア(奥条の会館)との境にある柵に・・・。  これまで常石車が纏っていた古い大幕(だと思います)3枚が掛けられていました。   さて鳥居前では相変わらずお囃子を付けた常石車の展示が続いていましたが、私はどうしても外せない用事があったのでいったん常石神社を後にしました。  その約1時間後再度足を運ぶと常石車は東に向きを変えていて、私が最も好きな旧常の車囃子である「早船」が囃される中若衆達が曳き綱を伸ばしていました。  そして、拍子木が鳴ると出発しました。  常石保育園の北を東進します。 次回は、鞘納め編をお送りします。

  • 17May
    • リコリスセラタク・青系の塗装を纏った名鉄観光バス・白桃とブルサンの画像

      リコリスセラタク・青系の塗装を纏った名鉄観光バス・白桃とブルサン

       今朝朝刊に、珍しくピザーラの広告が折り込まれていました。  明日・明後日と地元のカインズで出張販売をする関係で折り込まれたと思うのですが、私としては右下の「鬼滅の刃」コラボ商品が気になってしまいました。  さて今夜常滑駅の改札口を出た後駅前ロータリーを覗いてみると、タクシー待機場に知多半島PRキャラクター知多娘。の常滑市のキャラ常滑セラがラッピングされた名鉄知多タクシーのリコリスライナーPRタクシーが止まっていました(運転手はいつもの女性の方でした)。  ちなみにちょうど1週間前には、同じ場所で竜の子のセラタクと出会っています。  その後ルートインの駐車場前を通ると、青系の塗装を纏った名鉄観光バスの中型バスが止まっているのが見えました。  なお昨秋、これとは色違いの同じデザインのバスを目にしています。 最後は、JR貨物の機関車の写真2枚をアップします。  1枚目は、西濃カンガルーライナーを牽引する新鶴見機関区の白桃ことEF210形電気機関車113号機(桃太郎一行ステッカー機)です。  2枚目は、春日井貨物を牽引するブルーサンダー(EH200形電気機関車)10号機です。 なお昨日愛知機関区に出張しているブルーサンダーの入れ替えが行われたのですが、それについては後日詳しく書きます。

    • 旧常奥条常石車新調大幕披露~新調大幕の詳細編の画像

      旧常奥条常石車新調大幕披露~新調大幕の詳細編

       皆様、おはようございます。 今日は旧常奥条常石車新調大幕披露から、新調大幕の詳細編をお送りします。  今回はまず、神社前のテントで貰ったもう1種類のチラシの写真から。  これを踏まえて新調大幕を詳しく見て行こうと思います。  こちらは前方から見て左側(は通り)の写真ですが、牡丹の右下に刺繍されている岩は氏神の名の由来となった「常石」です。  一方こちらは右側(い通り)の写真ですが、常石の刺繍はありません。 は通りの梶棒の後部には、次のような紙が貼ってありました。  ここに名前が書いてある人達の中には、祭り関係以外の趣味でもお世話になっている人や毎年年賀状のやり取りをしている人がいます。   とにかく来年の常滑春まつりの時、ここ及び神明社で他の5字の山車と並んだ際の光景が楽しみです。 ふと前回紹介した祝い酒が並んでいる机を見た所、いつの間にかその数が増えていました。  奥条の南隣に位置する樽水の祭典部から贈られた物です。 次回は、常石神社前出発編をお送りします。

  • 16May
    • 旧常北条の山車運行予告・自宅の3種類の果樹の画像

      旧常北条の山車運行予告・自宅の3種類の果樹

       今朝常滑駅近くの旧道(常滑街道)沿いの電柱に、次のような紙が貼ってあるのに気付きました。  また常滑駅南東の交差点には、次のような看板が設置されていました。  以上了解しました。 さて後半は、これから梅雨の時期にかけて実っていく自宅の3種類の果樹を紹介します。 1種類目はナツグミの変異種であるビックリグミ(ダイオウグミ)です。  間もなく食べ頃になると思われますが、今年は例年と比べると果実の質が良くないような感じがします。 2種類目はプラムです。  熟すと見事な赤紫色になります。 3種類目はびわです。  こちらは熟すと黄色になります。