クセ毛カット専門店 美容室シェー謝、澤下ゆかり&足で体調診断する足セラピスト澤下ゆかりのブログ

クセ毛カット専門店 美容室シェー謝、澤下ゆかり&足で体調診断する足セラピスト澤下ゆかりのブログ

ブローレスのクセ毛カット、電子トリートメント、美髪再生デトックストリートメントで、40代からの髪の悩みを改善。
体調は足に表れます。
足のマッサージと足湯デトックスで毒素を出して、身体の歪みを矯正する靴の販売から歩行指導まで。

HEAR & FOOT SALON シェー謝は
髪の悩み、身体の悩みの終着点でありたい❣️

*熊本初、クセ毛のショートカットが得意なキュビズムカットのお店です。

クセ毛で髪がまとまらない
すきハサミで梳かれ過ぎてまとまらない
トップがぺったんこで老けて見える
つむじが割れる
襟足が浮く
ブローが苦手
髪が多くてボリュームが出る
白髪が目立つ

こんな悩みを、すきハサミを使わず、ハサミ1本で解決していきます(*^^*)


*全国23万の美容室の1%だけが取り扱うことのできる、電子トリートメント

美容室で言われるようにお手入れしているのに、髪がバサバサ、ゴワゴワ
パーマがかかりにくい
パーマが長持ちしない
ハリ、コシ、艶が無い
カラーの入りが悪い
カラーの退色が早い
トップがぺったんこで老けて見える
白髪が目立つ

こんな悩みを電子トリートメントと美髪再生デトックストリートメントで改善します(*^^*)


*足反射区療法(足のマッサージ) と 正しい歩き方、正しい靴

病院に行っても、どこも悪くない、けれど不調
身体がだるい、重い、疲れやすい
ひざ痛、腰痛、股関節痛、肩コリ
外反母趾、巻き爪、足の横幅が大きい
めまい、耳鳴り、頭痛
むくみ
疲れると足首が太くなる
物忘れ(健忘症)、認知症、パーキンソン病

こんな悩みを、足が教えてくれます(*^^*)











とても素敵な言葉に出会いました。

今、悩みながらも前に進もうとしている全ての人へ。



『病気になったら』    

病気になったら、どんどん泣こう。

痛くて眠れないといって泣き、

手術がこわいといって涙ぐみ、

死にたくないよといって、めそめそしよう。

恥も外聞もいらない。

いつものやせ我慢や見えっぱりをすて、

かっこわるく涙をこぼそう。

またとないチャンスをもらったのだ。

自分の弱さをそのまま受け入れるチャンスを。



病気になったら、おもいきり甘えよう。

あれが食べたいといい、

こうしてほしいと頼み、

もうすこしそばにいてとお願いしよう。

遠慮も気づかいもいらない、

正直に、わがままに自分をさらけだし、

赤ん坊のようにみんなに甘えよう。

またとないチャンスをもらったのだ。

思いやりと まごころに触れるチャンスを。



病気になったら、心ゆくまで感動しよう。

食べられることがどれほどありがたいことか、

歩けることがどんなにすばらしいことか、

新しい朝を迎えるのがいかに尊いことか、

忘れていた感謝の心を取りもどし、

この瞬間に自分が存在しているという神秘、

見過ごしていた当り前のことに感動しよう。

またとないチャンスをもらったのだ。

いのちの不思議に、感動するチャンスを。



病気になったら、すてきな友達をつくろう。

同じ病を背負った仲間、

日夜看病してくれる人、

すぐに駆けつけてくれる友人たち。

義理のことばも、儀礼の品もいらない。

黙って手を握るだけですべてを分かち合える、

あたたかい友達をつくろう。

またとないチャンスをもらったのだ。

神様がみんなを結んでくれるチャンスを。



病気になったら、必ず治ると信じよう。

原因がわからず長引いたとしても、

治療法がなく悪化したとしても、

現代医学では治らないといわれたとしても、

あきらめずに道をさがし続けよう。

奇跡的に回復した人はいくらでもいる。

できるかぎりのことをして、信じて待とう。

またとないチャンスをもらったのだ。

信じて待つよろこびを生きるチャンスを。



病気になったら、安心して祈ろう。

天に向かって思いの全てをぶちまけ、

どうか助けてくださいと必死にすがり、

深夜、ことばを失ってひざまづこう。

この私を愛して生み、慈しんで育て、

我が子として抱き上げる微笑みに、

全てをゆだねて手を合わせよう。

またとないチャンスを貰ったのだ。

誠の親である神に出会えるチャンスを。



そしていつか、病気が治っても治らなくても、

みんなみんな、流した涙の分だけ優しくなり、

甘えとわがままをこえて自由になり、

感動と感謝によって大きくなり、

友達に囲まれて豊かになり、

天の親に抱きしめられて

自分は神の子だと知るだろう。

病気になったら、またとないチャンス到来。

病のときは恵みのとき。


晴佐久神父