めぐ蔵でござる!
  • 24Sep
    • 『マイ・フェア・レディ』

      『マイ・フェア・レディ』朝夏•寺脇ペアを見てまいりました。足長おじさんみたいな感じかと思ってたらどちらかというとME AND MY GIRL的な。まあさま(朝夏まなとさん)宝塚退団後、初舞台、と思う。寺脇さん、相棒ですごい大きいイメージあったけどまあさまとあまり変わらなかった(笑)あと劇中に男性4人の合唱があったんだけどそれがかなり良かった。すごい綺麗な声のハーモニー。いつも宝塚ばかり見てるのでかなり新鮮な気持ちで聴き惚れました。前田美波里さんの舞台は2度目でしたがやはり素晴らしい。歌声もだけど歩き方の優雅さが良かった。いろんな役柄で出てくる伊藤宏美さんも。あと相島一之さんが出ていて舞台の底力をかなりあげていた。テレビで見るのと舞台で見るのと違って圧倒的な存在感。それでいて主役2人を圧倒するのでもなく名脇役という感じ。そして退団後初舞台(と思う)の朝夏さん。かなりの高音も聴きやすい歌で、はすっぱなところから淑女に変身していくのもやっぱり華やかなドレスが似合うなとか思った。でも、まだ背中に少し男役を感じました(笑)舞台も結構面白くてかなり笑える。親孝行もできまして、なかなかでした。それにしても渋谷は本当に人が多くてヒカリエの上なのにホームから20分ぐらいかかり。。。歩きスマホ⑨割か!?ってぐらい。暇なのはオマエだけじゃーとイライラする。もう渋谷だったら見送ろう。。。と思った。他の劇場にいくとトイレの数とか売店とか本当に宝塚劇場ってすごい!って思ったりします。豚まんとかポテチとかあと予約販売のバジルチキンパイとかおススメ。大劇場にはレストランも展示場もいろいろあるし。また行こうかな。そして、そのあとはサバイバルウェディングなんでいきなり下の名前で呼びあってんのかいまいちよくわからないまま迎えた最終回。(謎はその後解けた)まさかの宇佐美編集長ととか思ったけどそこはインドに行くのか(笑)宇佐美編集長語録大事なのはどんな選択をするかじゃなくて選択した先でどう生きるか。ウルっときました。毎回いいこと言ってたけどいろいろ忘れてるな(笑)せっかく撮ったので(笑)珍しく連ドラをよく見た平成最後の夏でした(←言いたいだけw)

      5
      テーマ:
  • 22Sep
    • きみへ

      人生には不運な時がある。雪山のクレパスにハマったみたいにさ何やってもうまくいかない時ってあるよ。そんな時はさまあそんな時もあるかなと言いながらさ時間が通り過ぎるのを待つのさ次に顔を上げた時前よりもっと素敵な風景が見えるから。待つ時はさあの時こうすれば良かったとかもっとこんな風にできたかなとかいろんなことが頭をよぎる。そんな時はさ頭の中で映画見てるみたいにさぼーっといろんなことを浮かばせてさミスしちゃった恥ずかしかった怒られて泣きそうだった本当は言いたいことがあったでも飲み込んだなんであんなことしたんだろう何やってんだろうでもそのあとにこんな言葉を自分にかけよう。あの時できる精一杯をやったんだってわたしは頑張ったんだよ。そのことは忘れないよ。もし精一杯じゃなかったらそうなれない何かがそこにあっただけ目の前のことに全力で向き合えないぐらい胸につかえる何かがあってそれを見ないように気がつかないようにそれはそれで精一杯なだけ。誰かに何かを言われても自分だけは自分を否定しない。この世界でたった1人自分だけは自分を否定しない。そっか失敗しちゃったかあ。そっかあ。悲しかったね、頑張ったのに。できることやったのに届かなかったね。まあそんな時もあるよね。でもその頑張りちゃんと見てたよ。そんな風に暖かく包み込む。毛布に丸まって自分の体を抱きしめるようにそこに全力投球する。この人生を共に生きる相棒心や体、わたしを作る全て。最初は何も変わらないかもしれないでもさ、いつか気がつくとそれがどんどん大きくなって自分自身を守るんだ。誰がなんと言おうと自分だけは自分を否定しない。大丈夫。どんなことが起こってもきっとなんとかなる。だって今までなんとかなってきたから。だから明日もこれからも。きっと大丈夫。

      5
      テーマ:
  • 21Sep
    • わたしは、私

      https://youtu.be/Ep95r6avrTIあれだけ歳をとることに潔かった人が言うと言葉が心にしみるなーと思う。世間の見る目はいつだってあとから変わる。それで今日思い出したこと。ちゃんと卒業できると後ろを振り返って笑えたりするけどちゃんと卒業してないとそのことに執着してしまうんだなーって。言葉にできるようになるまでその執着は続いて、損したくない、元を取りたい(お金というかエネルギー的に)みたいな気持ちがなんかいろんなことをやるように後押しする。(自分の選んだことを肯定したいみたいな感じ)今朝ふとそのことが浮かんだ。ちょっと前に少しばかり若い人に意識がいっていたときおそらく強烈に歳をとることが怖かった。なんかそんなことが今日急に腑に落ちたのです。今ももちろん怖いんだけど怖いと口に出せるようになっただけ怖いという気持ちを自覚できただけ私の中では大きいなと思う。大きいというか向き合うように動いてる、ということかな。(意識に上がってこないうちは、よくわからないまま振り回されてしまう)4年前にある人に頂いた言葉をふと思い出す今の状態で引くことも足すこともなくそれを自分自身が完全に受け入れたら新しいステージにいくよ。それはたまたま何かの話でその人がふと口にした言葉だった。そのときの言葉は結構心に残ったけどいつその状態になるのかなあと思ってた。そろそろかなあ(笑)執着してたから、なかなか終わらせられなかったけど、本当はもうずっと前に終わっていたことだったんだろう。って、それもなんか急に思う。あなたが強いかどうかはあなた自身が決めたらいいことです人の眼にどう映るか、よりもあなたがどう感じているかです。そして、今のあなたがどんなあなたであろうとあなたと共に生き、成長していこうという人とあなたは出逢います。認め合うこと全てを受け入れ合うことができたときあなたはこれ以上ないほどの生きる歓びを手に入れるでしょう恐れずに踏み出してください

      3
      テーマ:
  • 20Sep
    • サテンのシャツ

      まさかなあ。まさかのアムロス。引退当日まで正直なんとも思ってなかったのに月曜日にwikiで 〝元歌手、元ダンサー〟と書いてあったの見たら、ぶわぁ〜と来てしまった。で、あの頃アムラーだった友達(現PTA会長)にラインしたら、ホントー懐かしいよねー。という話になる。え?なんかリアクション軽くない?と正直思う(笑)でも、アムラーを謳歌したから、すでに思い出の一部みたいな感じなのかも、とか思った。わたし、あの格好したくてもできなかったんだよなあ。ブーツのサイズもなかったし(当時24.5が一番大きいサイズだった)あの頃は今より10キロぐらい細かったのに似合わないと決めつけて、なんか遠巻きにしてた記憶。でもサテンのシャツは結構着てたけど。あの頃は今より洋服も結構高くて、学生のわたしには手が届かなかった。バーバリーのスカートとか。未完了の思い(笑)特番はまだ見てないんだけど(見たらやばい)好きなものを食べて好きな服を着て、好きなことを好きなだけ話し、寝たいだけ寝る、みたいな生活をしたかったのかなってなんとなく思う。番宣で「皆さんの方が絶対幸せ」と言ってたけど、なんとなく分かる。好きなことを好きなように話したら次の日ニュースの記事になり、寝たいだけ寝たらまたとやかく言われ、好きなもの、食べたいものを好きなように食べて飲んでたら私のような体型になるわけで、相当節制してきたのだろうしね。特に「美味しいものをお腹いっぱい食べるのがいちばんの幸せ」みたいなコメントを何度かしていた記憶。あとは歳を取ることを自分に許すという感じなのかなあともなんとなく思った。そこの引き際が今なのかなあ。同い年だから分かるような気がするのだ。言葉にするのはちょっと難しいけどね。一生に一度しかない人生だから。そうも言ってたなあ。今週、樹木希林さんが世を去ったけど、潔いぐらい歳をとることを受け入れていた人のように思う。対照的な2人だなあ、とも。どっちが良いとか悪いとかそんな単純なことじゃなくてね。ただどちらもその人らしい生き方だなって思う。そのことがすごいことなんだなって思う。安室ちゃん、お誕生日おめでとう同じ時代に生きれて幸せだなと思う。今どんな気持ちでいるのか分からないけどNEVER ENDですね。そして樹木希林さん昔うちの母が顔が似ていると言われてて勝手に親近感ありました。ご冥福をお祈りします。

      2
      テーマ:
  • 19Sep
    • 頑張れ

      石破さん❗️前からずっと思ってた。石破さん、いつか総理大臣にならないのかなって。国民投票してほしいぐらいだけど。そのいかつい顔がいいと思うので明日頑張ってください❗️

      5
      テーマ:
  • 16Sep
    • テトラポットの海

      今年の夏の最後の海かなー(という伏線。。。笑)ということで海釣りに行くという友人たちに便乗しカメラを片手に車に乗り込んだ。うちの近くのインターから外房まで2時間もかからずに到着するなんて。海釣りは一番下に餌を入れて、上の針に引っ掛けるようなやつを使いました(名前忘れた)漁港の近くで大群の魚の音がしてるのにまったく竿にかからない日の出前にいよいよ海に移動します。日の出前の海、始めて来た。それにしても雲が厚いんだ。房総半島の奇跡は。。海に移動してからはわたしは釣りをやめ空と海ばかり見ていた。(そして寝ていた。。ともいう(笑))九十九里海岸はサーファーが多く海をぼーっと見てるのも楽しかったなー。3分に一本電車のくるような場所に住んでるあなたに、この土地で住む俺の気持ちはわからないとフラれた学生時代を急に思い出した懐かしいねえ。釣りの成果ですが、小さいカニ一匹🦀のみ。わたしには釣りの才能はないらしい(笑)房総半島の奇跡を期待した1枚。。。絶対リベンジしますかなり寝不足で、目がとんでもないことになっていたので、帰ってから応急処置してもらいに行きました。さすが高周波EMS。それでまさかのゾロ目(笑)

      6
      テーマ:
  • 14Sep
    • もし君を許せたら

      今日は後輩ちゃんとカラオケ🎤に行った。出会ってから軽く10年経ってるのも驚いたけど。4年前、彼女が産休に入った時あるきっかけがあってうまく向き合えなくなってしまった。というか言葉にすると順風満帆に見える人生が羨ましくてそのことを認めるのに2年ぐらいかかってどうしても向き合えなかったんだけど。ちょうど2度目のバリ島でそんなことを思いながら沢山泣いたなあ。まあわたしはひたすら自分の悲しみに没頭し彼女はなぜ急にそんなに避けられてるのか苦しかっただろうなと思う。そんなことを思いながら「もし君を許せたら」を歌っていた。君、というのはあの日のわたしでありあの日わたしが閉ざした世界のすべて。自分で歌う歌を聴きながら軽く眠くなるという不思議な状態だった。(酒は飲んでない←まだ使える)たまに自分の歌声で眠くなるときがある。こんな日がちゃんとやってくるなら人生って悪くないな。そう思う。あの日から今があるのはあの時「なんで?」と聞かれなかったからでそのことには感謝してもしきれない。彼女はもう直ぐ2回目の産休に入るけど「今度はもう大丈夫」と言えるくらい笑い話になった。思いがけない楽しい金曜日。ありがとう。

      3
      3
      テーマ:
  • 12Sep
    • 9.11 と偶然のこと

      9.11 の話になった。あの頃はほとんど毎日残業で11時とか12時近くに家に帰っていて、先に帰った後輩から「今すぐテレビつけて!」とメールきた記憶。つけたらツインタワーから煙が上がっていて呆然とした。なんかそれ以来海外旅行が遠くなった。考えたら、あの瞬間あそこに出張でたまたま行ってたり、と言う人もいただろう。逆に勤務者だけどたまたま休みだったりした人もいたのだろう。グラウンドゼロの追悼式を見ながらふとそんなことを思った。「たまたまだね」というには、そんな言葉ではとても割り切れないけど。という話をしてたら母が「月曜日危なかったの」とか言い出して右折待ちをしてたら、直進するトラックが他の車に妨害されて(多分リーマンがスマホ見てた)慌ててハンドルを切り、そのトラックにあわやぶつかりそうになったらしい。その場では悪態ついたりするけどその状態から抜けると、じわじわ怖くなる。無事で良かったけど、何があるか本当に分からないなと思った。しかも時間的に友達と「親」という存在についていろいろ話してた時っぽくて、万が一のことがあったら、多分頭おかしくなるだろうと思う。この人生で一度も不在の時間を知らない相手が親だから。(それ以外の人はその人を知らなかった時間を知っていて、究極離れてもそこに戻ればいいわけなんだろうと思う。。。)だから親のそういう話をいつもちゃんと聞けない。なんかいつも元気だから、具合が悪かったりすると、そういうことにとてつもなく抵抗がある。怖いから。それが怖いということを、やっと最近認められるようになった。わたしが今人生で一番怖いと思ってること。だから願わくば突然という形じゃなければいいなと思うんだけどね。まあこればっかりは何がいいのか分からん。まあそんなこと言ってわたしもある日突然何があるか分からないわけで震災の頃に「最後だと分かっていたら」という文章がよく出回っていた。最後だと分かっていたら、たくさん優しい言葉もかけたし、全力でなんでもやっただろう、みたいな内容だった。そういう気持ちもあるし分かるけどどんな形であれ全うした人生のことにあれもこれもと思いをはせるのはなんだかなあと思った記憶。だからなんだというわけじゃないけど。後悔しない生き方とか正直何をどうすればいいとかよく分からない。とりあえずお彼岸にお墓参りに行き、アラカンパーニュの柿のケーキが出たら3回ぐらい買いに行って家族で食べようと思ってる。

      3
      テーマ:
    • 顔文字

      アメブロの顔文字機能がなくなるらしい。絵文字と顔文字って、どう違うの?←このシリーズ好きだったなあ。あとこれもお世話になりました🙏

      2
      テーマ:
  • 06Sep
    • もみじ饅頭③

      東京駅から家まで30分、再び車を走らせる。さっき姉に言われた『人生の傍観者』という言葉を思い出していた。昔から姉はとにかくよく泣いていたし、何かと言うとすぐ感情を表に出すのをみていたからか、両親もそんな姉をどう扱っていいか困っているのを感じられ、そのうち感情を出すのが苦手になっていた。今となってはどんな感情を感じてと言われてもうまくできる自信もない。人とぶつかることも苦手だし、感じたことを全部伝えるなんてやってみたこともないからやり方も分からないのだ。傍観者と言われれは確かにそうかもしれない。自分は姉のように心がタフではない。それは疲弊して傷つかないための言い訳なのかもしれなかった。駐車場から歩いて割とすぐ家に着くのだが、さっき渡されたもみじ饅頭の袋がずっしり重い。一体どれだけ入っているのだろうと家に着いて袋の下を見てみると、なぜか2キロの米袋と姉の書いた手紙が一緒に入っていた。『サトルへ彼女のことは親には言ってない。あんたが結婚しようがしまいが、あんたのことうちらはあんまり気にしてません。だからあんたの好きなように決めな。何かあったら相談に乗るけど、あんたいつも人生の傍観者みたいな感じでいないで、たまには自分に本気出せ。あとちゃんとご飯食べな。姉より』手紙を読み終わると、なんとなく米袋を手にとって、その重みをずっしり感じると、何故だか笑いがこみ上げた。心の奥で、今まで会うことのなかった歯車が、カチっと音を立てて動き出したような気がしたからだ。相変わらず口が悪く一方的だった。でもどこかに何か温かいものを感じて、鼻の奥がちょっとツンとした。そうだな、ねえちゃんみたいに出来なくても、自分がどうしたいかぐらいはちゃんと考えよう。まさかこれを渡すためだけに東京に着てたりして?今頃帰りの新幹線の中だったりして?あの人なら。。。と思ったが確かめるのはやめておいた。おわり

      10
      テーマ:
    • もみじ饅頭②

      家の駐車場に着くと同時にスマホが鳴る。着信を見ると姉からだった。「いま東京駅にいるんだけど、ちょっと暇つぶしに付き合ってよ」という。相変わらず突然の電話で唐突の申し出だなと思いながら、サトルは東京駅に向かう。指定された場所に向かうと姉は赤い傘を差して笑っていた。「広島は晴れてたのに、東京は雨ねえ」と言いながら大量のもみじ饅頭を差し出す。「こんなに食べられない」と言うと「誰かに配ればいいでしょ。重いから早く受け取れ」とにべもない返事が返ってきた。「ところであんた、例の彼女とはどう?」たまたま彼女といた時に姉からの電話を取ってしまったのがきっかけで、姉にはなんとなく彼女の話をしていた。「その人、結婚がしたいだけなんじゃないの?」と言いつつも、この付き合いに反対ではないらしい。「いまデートして送ってきた帰りだった」そういうと「あらそうなの。お邪魔だったかしら」とわざとらしい笑いをよこす。そこには触れず「このまま付き合ってていいんかね」と相談にもつかないコメントをした。この妙齢にさしかかる結婚という大きな問題。ちゃんと好きな人に出会って自然に向かっていくものだとなんとなく思っていたけれど、サトルには今の関係はすごく作為的な感じがするのだった。かといって終わらせるという選択肢もないし、なんとなく一緒にいるけど、そのことがなんというか申し訳ない気持ちになるというか。それでいて一緒にいるときは気が抜けないこの関係に、少し疲れを感じているのかもしれない。ふと姉の方を見るとまったく聞いてなさそうな顔をして目の前のでかいパフェを大口開けて食べていた。この人は昔からそうだった、思わず笑ってしまう。「さすが東京のフルーツパーラーは違うわ。これなら食べて太ってもいいわ」と言いながら完食し、涼しい顔してコーヒーを啜りつつ、また口を開く。「私は前のあんたより今のあんたの方がいいと思うけどね」「聞いてたの?」「まあね。あんたさ、いつもなんか冷めてるっていうの?そういうのがイマドキなんだか知らないけど、正直つまんないのよね。なんていうか、他人の人生の傍観者って感じ。でも今は一応ちゃんと自分の人生の真ん中を生きようとしてる感じがして、いいぞいいぞ!と思う。応援したくなっちゃうわね。それでこそ私の弟!って感じよ」「他人の人生の傍観者?」「そう、大体いつもなんか分かったような口を利くって言うの?やってみてもないのに結論分かってます、だから頑張っても無駄ですみたいな感じがさ、若いのにおっさんみたいだなって昔から思ってたのよ。私が何かいろんなことに失敗して泣いたりしてるとさ、何も言わずにそこらへんにつっ立って、あーあ、みたいな顔してよく私のこと見てたもんね。あれホント嫌だったわー。今は困ってるなりにもなんとかしようとしてる姿が、ねーちゃんとしては微笑ましいわけよ。やっとおまえも自分の人生に本気出したかーって」「でもこのままだと半年後に終わってそうだけどな」「上手くいくかダメになるかなんてたいした問題じゃないのよ。それはやってみれば分かる。今のうちにいろんな気持ちをたくさん感じなさい。一緒にいる間にたくさんぶつかって。言いたいこと言って、感じたままに伝えればいい。それが生きるってことだから。ここ、あんたのおごりだからね」そう言って姉は笑った。つづく

      1
      テーマ:
    • もみじ饅頭①

      最近彼女ができた。のだが、その相手がちょっと変わっているのか、半年の間に結婚するかどうか決めて、結婚前提となればそのまま付き合うし、結婚は考えられなければその半年でお別れする、というかなりドライな申し出を受けた。まあ年齢も年齢だし、考えなければならないだろう。もちろん考えてないわけじゃないので、その話を飲んだのだが、あまりにもドライなその申し出に周囲からは首を傾げられている。サトル自身も正直どこか品定めされてるようにも試されてるようにも感じて、会っていてもなんとなく落ち着かなかった。今日も何回目かのドライブに出かけていたのだが、会っていてもなんとなく落ち着かなかった。あともう少しで彼女の家に着くというこの段階で降り出してきた雨にすらこの審査の対象になりそうで落ち着かない気持ちで目の前の動くワイパーに目をやる。「雨降ってきちゃったね」隣でそういう声に返事ともつかない言葉を発する。この付き合いが始まってから、いつもどこか落ち着かない感覚があった。しいて言えば身体の一部をいつも抓られてるような、そんな感覚を覚えていた。何か間違えたことを言っちゃいけないとか、変なことをしないようにとか。そんなことを考えれば考えるほど気持ちがどんどんずれていってしまって、もう元には戻れないような気がした。かといって元に戻りたいわけでもなく、だからこのまま進んでいるのだが。降り出した雨はどんどん強くなり、彼女の家の前に着く頃には本降りになっていた。荷物を降ろすのを付き合い、マンションのエントランスに入っていくのを確かめて急いで車に戻る。正味2,3分の出来事だったが結構ずぶ濡れになった。1人になってエンジンをかけると深いため息をつく。そこでやっと好きな曲をかけた。ここから自分の家までは大体30分ぐらいの距離だ。緊張を解くにはほどよい時間だろう。まだ動くワイパーの先に見える空はすでに暗くなっていた。つづく

      テーマ:
  • 04Sep
    • 優先席

      優先席に若いサラリーマン(多分大卒)が脚を開いて座っていた。せっかくのイケメンなのにもったいない。とはいえ、歳をとると顔に性格が出るから10年後の顔はヤバイかも(笑)きっと合コンとかではモテるんだろうけど。まあ脚を開いたり腕がぶつかったりするのは男性の骨と関節と筋肉の作りが外側に向いてるらしいから、そもそも仕方がないらしいが。その座り方はないだろ、って人も結構多い。ホント、男は顔じゃないなと思う。普通の席に座ってて譲れとは思わないけど当たり前のように優先席座っちゃうのはね。来たら譲ればいい話だけど譲る気だったらそもそも座らないでしょ。台湾旅行時優先席はほとんど空いていて感動した。まあそこに大陸の人が座ってたけど(笑)優しい国だなあと思った。そんなわけで優先席は必要な人のためにそもそもあけておく。あとイケメンでも、言葉より行動。(ま、骨になったら誰だか分からん)男の人で足閉じて腕とか当たらないように気をつけて座ってたら、かなり気を使ってる人。直接は言わないけどありがとうと思ってます。☝️最近結構多い。

      3
      2
      テーマ:
  • 03Sep
    • 9月になりましたね

      夏と秋の季節の変わり目は夜に季節が移っていくねーと思う。夜はすっかり秋だけど。秋分までは昼間は夏かな。台風が過ぎたら晴れ間を待ってます❣️ハマってるチーズ。見つけると買いだめしてます(笑)ホント美味しい。1ヶ月前に大接近してた火星の光やっぱり1ヶ月も経つと光の大きさ違うね。

      4
      2
      テーマ:
  • 24Aug
    • 大人の麦茶『おしり筋肉痛』

      大人の麦茶による第25杯(回)公演『おしり筋肉痛』19:30の部を観劇して来ました。主人公はなかみんというあだ名の男性。(男は中身だよというのがあだ名の由来とか?)酔ったときに決めたことを本当の人生として生きていたのだが、糖尿病により飲酒にドクターストップかかかる。そんな男が友達と故郷に束の間帰るのですが、そこで再会する初恋の人や、同級生、宿泊施設ファミリオーネかつやま南のスタッフたち。そのみんながいろんな流れの中で物語が展開していくのですが。これが楽しかった。休憩なし2時間15分と言う長丁場でしたが、面白すぎて時間もあっという間だったし、暗転(場面が変わるために舞台が暗くなる)が2回ぐらいだったので眠くなったりしなくて(笑)結構ほろりときつつ、笑えて。最後はなんとなくハッピーにまとまっていく感じも良かった。前髪にチャンスの神様だったかな?(笑)金曜の夜に、この感じホントいい。月曜日まで舞台やってるのでぜひぜひぜひ!(とはいえ今日は満席でした)それで。おしりは痛くなりました。筋肉痛みたいに(笑)終演後、キャストの方が出て来ててファンの人と握手してたりして。そんなのも結構新鮮だった。

      15
      テーマ:
  • 23Aug
    • 禊なう

      月曜日の惨め感から始まって火曜日は突き指水曜は失言によるいろいろ今日は背中が痛く(ワキのリンパ詰まってるのかも)禊のような日々です。が。お陰で惨め感は収まりました。感情は感じ切ると去っていくのです。分かってんだけどねー。毎度のことながら実際感じ切るまではしんどいな。で、今日はジムで水泳の池江さんの話から『人生のピークはいつか』という話になった。うん、まだこれからだよね(笑)という話になって。生きてきた時間とかそれぞれにみんな違うけどその人の人生のピークとか本当に違くてまだ人生のピーク見てないぞ?と(笑)ということで惨め感からは復活しましたのでまた夏を満喫したいと思います。(やっぱりね)平成最後の夏だから。(この後、秋→冬→春と続く)川でBBQとかやると一気に夏感出るよねー行きたいなー。夏ってやっぱりなんか特別だなあ。

      4
      テーマ:
  • 21Aug
    • 改めてお礼です

      以前からお知らせしていた携帯小説、星の砂の結果が発表されました。結果ですが。大賞が1つ特別賞が4つ佳作が5つ奨励賞が10個もあったのに箸にも棒にもかかりませんでした。結果をじーっと見てから自分で思ってるよりもショックを受けてるなーと思いました。小説のことを応援してくれた友人たちに、とりあえず個別に報告しました。報告してるうちに、涙が止まらなくなってしまった。たくさん応援してくれたし改めて感想読んでたらまた泣けてこんなに応援してもらってるのに箸にも棒にもかからないなんて。惨めだなあ、と正直思った。最初から何もしなければ惨めに思うこともなかったなあとつい言ってしまい、また泣けた。本当に言いたいことは多分違うけどあんなにたくさんレビューもコメントもたくさん応援してもらったのになんだかんだ20作も選ばれてるのに箸にも棒にもかからないなんて、って今はなんだかなーって浮かんでしまう。じゃあ何か期待してたのか、とかそういうことでもないんだよ。ただ何でだか本当に涙が止まらない。あまりにも泣きすぎて鼻が詰まって呼吸困難かよってなった。それでも涙が止まらなくてもっと清々しく報告したかったけどグダグタになってしまった。ここでももっと清々しく「頑張ったけどね、てへぺろ」とか言いたかったけど、ちょっと今は無理そうです。でも、ちゃんと報告もしたくて。勢いで書く。もう2度とやらないと心を閉ざす方が簡単だけどそれはちょっとしたくないなあと言う気持ちもある。なんか顔とかとんでもなくて明日朝目が腫れてても何もなかったみたいな顔してると思う。惨めって何が惨めなのかなあとかいい歳して何してんだろとか本当にそういう声ばかり出てきてだけどもう少ししたら頑張ったじゃん、って言えるかなあ。多分近いうちに撤回すると思うけど今年の夏は今日で終わりでいいですと今は思う。こんなグダグタで申し訳ないけど応援してもらったこと本当にありがとうございました。

      8
      テーマ:
  • 19Aug
    • 今月も海に行って来ました。(本気のやつ)「昔は内房より外房だったのにね」と言われました。運転も20代の頃とは全く違うようです。友達の子供を乗せていたから、というだけの理由でもなさそう(笑)カーナビもETCもないので、途中高速で道を間違えたり、料金所は一番端まで行ったりと、なかなかの珍道中。そういうのが好きだから無意識にそんな旅をしてしまうのかもしれないけどね。そんなわけで昼過ぎに海に着きましてそこから2時間ぐらい本気の波乗り(笑)4歳児に負けていられないぜ(笑)海が大きすぎて波が怖かったみたいだけど、ブルブル寒くて震えてるのに、海に入りたいと叫ぶ気持ち、私には分かるよ!とはいえ、砂浜で砂風呂やったりして暖をとりました。そしたら「めぐちゃんはじゃがいもー」と言っていた。ん?(笑)海行くといつも思うんだけど陸地から頑張って離れても3,4メートルぐらいなのに、なんでこんなに海に惹かれるのかなー。それでも波乗りは3回ぐらい成功して、キャーキャー言いながら楽しかった。あまり人もいなかったけど、寂れてるわけでもなく、海の家はシャワーはお湯も出るし勢いがすごく良くて、駐車場付きで1人1000円、すごく気に入った@富津海岸。帰りは富津岬に寄って夕日を見て帰って来ました。この後のマジックアワーが素晴らしかった。だから、内房が好き(笑)近づこうとすればするほど遠のいて美しい空 夏の終わりに運転中は水分を取らないようにしてるし、結構目も凝ってて、今日はなんか1日頭が重かった。自分で運転するのもいいけど、海連れて行って欲しい。あはは。少し出掛けただけでも会う人には会うんだな。なんかそういうのも不思議。

      1
      テーマ:
  • 17Aug
    • 雪組公演『凱旋門/Gato Bonito!!』

      約半年ぶりの雪組公演@日比谷です。だいたい2.3ヶ月前にチケット取るのですが、あっという間にこの日がやってきました!あっという間に8月後半かー。凱旋門は。。。。。だいもん(望海風斗さん)の歌うまが光っていた。きーちゃん(真彩希帆さん)もうまかったけど、前作が良すぎたかな。あとは明日を生きる的な群舞良かったです。ま、イレギュラーな配役だからね。(リンカーンは良かったのになあ)それ以上は、言わないでおきます(笑)ラテンショーです。。。美しい猫という意味らしい。なんか熱くて濃かった。白地に黒の刺繍の衣装って、なんか濃いんだなと思ったり。クンバンチェロとかコパカバーナとかのだいもんときーちゃんのデュオとか良かった。あとみんなで仮装してフェスタみたいな感じで銀橋渡る場面があってそこも面白かった。のだが。なんか衣装が重そうだなーと思う場面が度々ありました。あと全体的に娘(女)役さんをぞんざいに扱う感じが目立っていて「ん?」と何度も思ったり。(ダイスケのやろー)突き飛ばして乗っかるみたいなやつとか。自分から声かけて振り払うとか。オラオラだかツンデレだか知らないけど全体的に面倒臭い演出だなと思ってしまった。ガラス細工のように扱えというわけじゃないんだが、あんまりじゃない?と。(そういうのが好きな人もたくさんいると思いますが)夢の世界なんだから夢見せてくれよ。あんな扱いされたらホントキレるわーと思いながら観てたんだけど、多分少数派です(笑)あと暗転が多いからなんか全体的に暗くて濃いって感じなのかもしれない。同じラテンでもエスメラルダはあんなに好きだったのになー。でも、まさかのだいもんの客席降りがあってあー通路側ナイス👍と思った。嬉しかった。まさかのだいもん客席降り。(2度言う)えーだいもんが客席降りー!?と色めき立った。色めき立ちました(笑)まあでもさ、あっという間に通り過ぎて行くのよ。そしていい香りだけを残して。「いい匂いするー」と言ってしまいました(笑)だいもんがアドリブで「夏が暑すぎる。少し涼しくなってほしい。今年は大きな花火大会が終わっちゃって、だれか花火一緒に見てほしい。線香花火」的なことを言ってた。ここは毎回アドリブで話をするみたいです。ちょっとディナーショー的な距離感が楽しいかもね。正直、55分のショーが長く感じました。信じられない、自分でも。(多分藤井センセーの演出あんまり好きじゃないんだな。なんかとりあえず〝‼︎〟付けとけ、みたいな雑な感じ。。。ゴージャスっていうかさー)雪組公演、次回はファントムなので期待します。チケット難はお金で解決する予定。ふふふ。冬のボーナスをつぎ込むか(笑)男性のオラオラは嫌だけど、男役のオラオラは好きなのよ❤︎という感想が結構多いみたいですね。わたしはどっちも嫌かも(笑)黒塗りも苦手かもしれない。エトワールは愛すみれさんという人だったみたい。雪組公演は9/2まで東京宝塚劇場で公演中!頑張ってください。来年ファントム待ってます♪

      7
      テーマ:
  • 16Aug
    • ”今の水星の逆行について”

      しいたけさんがこういうの書くの珍しい気がしました。昨日夜中にテレビ見てて恋愛未解決事件?とかいうやつ。ナナさんという結構可愛い女性が「すごい好きな人がいて周りも多分本人もそれを知ってていい感じで江ノ島デートして誕生日にサプライズプレゼントまでもらってこれ付き合う感じじゃんとなったのに次の日からスルーされてすごいショックだった」という内容で出てきた。そのあとに「江ノ島でわたし鼻毛でも出てたんですかね」とか言ってて。あーそうそう。何が原因か分からないと、自分に原因を置くというのは心理的なクセとしてあったりする。女性に多いのかも。わたしにもある(笑)結果的には江ノ島デートには何もなくてSNSの投稿が原因だったらしいけどもうそれも不慮の事故みたいなもんだよね、と。(まあわたしもマヨネーズ大嫌いだから引く…と思ったが)もしかしたら「ナニコレウケる」で進んだかもしれないし。まあこちらから見えてる事実と、相手が見てる事実は違うということなんだろう。サプライズでプレゼントまでしといて、これからもよろしく的なことを言ったあとにスルーするにも相手なりの理由があるのだろう。(プレゼントしてからSNS見てドン引きしたのかもしれないし、先にSNS見たけどプレゼント買っちゃったしとりあえずサプライズはやっとくか、持ってても仕方ないし、このサプライズを思いついた俺が満足だし、みたいな理由かもしれない。←とかよっちゃんとメッセしながら見てたわけ。暇か(笑))どんなに、はあ?と思う理由でも、とりあえずは受け入れるしかない。他人と過去は変えられないし。他人がどう判断するのも自由だけどこっちが全力で楽しんだ結果ならもうそれこそどうしようないじゃん。まあ後はスルーできないなら話し合うしかない。話し合いたいと思うほどに大事な相手なら、その話し合いはともかくその気持ちは大事だよね、と思う。ナナさんも彼に直接聞いても良かったかもね。まあ勇気いるけどね。わたしも小説とか詩とか短歌とか占星術とか、惜しげも無く載せてるし、これだって公開日記みたいなもので、引く人は引くんだろうけど。(まあ見た目とかなりギャップがあるらしいね)それを止める権利も義務もない。(予測も不可能ですな)なぜならわたしが一番読んでるからってのと人に見せるかもしれないということで自己開示と客観的視野が生まれるから。あと繋がってる友達から意見もらったりもするし。あとノートと違って保存も楽だし。他人がどう思うか知らないが、わたしにとってブログを書くことはメリットしかない。水星の逆行で影響が出るとしたらねそういうことなんじゃないかなと思うわけです。(こういうこともね笑)誰かとの行き違いによって自分の中の不協和音を正す、みたいな。電車遅れとかよく言われるけど、そもそもそのダイヤで運行することに無理がある過密スケジュールではないか?みたいな部分が出てくるのかなーと。そうなればこちらで自衛するしかない部分もあるだろうし。自分で運転する人なら、注意するに越したことないけど、多分普段の寝不足とかちょっとした無理が効きづらい時期という解釈もあったり。運転するときに、煽りとかできないぐらいに隙もなく慎重にするとか、むしろ逆にあり得ないぐらいやり返すとかね。(もちろんわたしは前者を選びますが(笑)情報が錯綜するとか言われるとしたら、その情報に振り回されてる自分と向き合うということかな。その情報があってもなくても、判断するのは自分だしね。ということなのかなーと。まあ、振り返りにちょうどいい時期というのもあるかもね。今回の水星の逆行は8/19までのようです。

      テーマ:

プロフィール

めぐ蔵でござる

血液型:
AB型
自己紹介:
やりたいこと 海外旅行 と 時間旅行。 1日1万円を自由に使う生活。 いつまでもやりたいことをや...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス