こんにちは、Chuttiです。

 

今日は、リクエストいただいたので、

あのバレエ演目・「シルビア」のあらすじを、

ご紹介したいと思います。

 

 

【複雑な神々の恋愛物語・シルビア】

 

 

『シルヴィア』 は、レオ・ドリーブ作曲、

ルイ・メラント振付による3幕5場のバレエ作品。

 原作はトルクァート・タッソの『アミンタ』。

1876年6月14日、パリ・オペラ座で初演された。

 

当時はそれほど有名にはならなかったが、

1952年にフレデリック・アシュトンの振付で

再演されて人気作品となった。

 

 

【シルビアのあらすじ】

 

 

シルビアは月と狩りの女神ディアナに仕えるニンフ(精霊)。

牧童のアミンタはシルビアを見初めていましたが、

ディアナに支配されているシルビアは気づかぬ振り。

 

森の精たちが恋の神エロスの前で踊っているところに

誤って踏み込んでしまったアミンタ。

 

そこにシルビアが現れてエロスを嘲り、矢を向ける。

エロスをかばったアミンタは矢に倒れてしまう。

 

その姿にシルビアの心も溶けるのですが

アミンタはすでに亡くなってしまいました。

 

それを見ていた狩人のオリオンはシルビアを連れ去り、

宝石や酒で気を引こうとしますがシルビアは

アミンタの死を嘆き悲しむばかり。

 

 

一方アミンタはエロスの力で蘇り、

シルビアを待ちわびていました。

 

 

オリオンのところから逃げ出したシルビアは

ディアナの神殿でアミンタと再会しますが

ディアナに交際が認められません。

 

エロスはディアナに昔の恋人の幻影を見せます。

昔の自分の恋心を思いだしたディアナは

二人の交際を認め、アミンタとシルビアはめでたく結ばれます。

 

 

おおまかなあらすじはこのような形ですが、

正攻法の神話ものと、現代の設定に置き換えた

ストーリーがあります。

 

 

【美しさと強さを併せ持つシルビア】

 

シルビアはお姫様ではなく、狩りの女神ディアナに

仕えるニンフですから、可愛らしさや明るさが

前面に出た女の子、ではないですね。

 

恋とは無縁の生活を送ってきたシルビアが

アミンタに心を開いていく様子をうまく

表現できるといいですね。

 

 

【シルビアのクールさも伝わるような衣装】

 

シルビアのクールさを表現してか、白~シルバー、

薄いブルー系のベースとなった衣装が多く、

袖ありバージョンも。

刺繍などの飾り付けもゴージャスで美しいです。

 

 

【シルビアにおすすめの衣装】

 

 

N001171ラインストーンブルー

 

 

 

N001254 ミスティブルー

 

 

 

N001187シルバーホワイト


 

 

 

バレエ衣装専門店Chutti

http://mtdance.shop-pro.jp/

 

 

 

AD

 

こんにちは!Chuttiです。

 

昨日、昔自分が書いたインドブログを読んでいたら、

面白くて止まらなくなるという・・・wあせる

 

いろいろと記憶が蘇って来て、

自分が書いた文章なのに新鮮なこと目

 

かなーり忘れてたので、これ書いといて良かった〜〜〜アップ

と思いましたウインク

書き留めておくって大事ですね!

 

 

さて今日は、またまたアレンジのご紹介をします。

 

リピーターのK様から、金平糖とローズに使える

可愛いお姫様の衣装、とご要望いただきましたウインク

 

 

以前ご注文の衣装は、ノーマルなピンクでしたので、それ以外の

ピンクがいいということで、今回はサーモンピンクをご提案ひらめき電球

 

ご注文いただいた、ホワイトカサブランカをサーモンピンクで

制作し、そこにレースのオフスリーブをアレンジ、

さらにボディとスカートに飾りを追加しましたキラキラ

 

 

工場から出来上がって来た衣装は、こちら↓

 

 

 

そして、当店のスタッフの元、アレンジされ出来上がったのは・・

 

こちら↓

 

 

 

オフスリーブが垂れ下がっておりますがあせる

 

こんな感じになりました♪

 

 

ボディは、飾りを追加して、これが↓

 

 

こうなりました↓

 

 

 

仕上がった衣装を受け取ったK様、大感激してくださり、

早速インスタにアップしてくださいましたキラキラ

 

 

 

ティアラを別に作られていたので、その石の色に合わせて、

アレンジさせて頂きました。

 

アレンジは、材料集めから、スタッフとの

連絡や何やらでけっこう手がかかるのですが、

(色々と制作秘話?があります^^;)

 

お客様から喜んでいただけた時に全てが報われて

本当に、心から充実感を感じますキラキラ

 

これも、初期の頃から手伝ってくださっている

スタッフNさんのお陰です笑い泣き

 

 

K様、今回もご依頼下さって、

本当にありがとうございましたほっこり

 

 

〜追伸〜

 

メールはエラー等で返信しようにも届かない場合があるので、

ご相談はLINEからが便利ですビックリマーク

 

 

 

バレエ衣装専門店Chutti

 

 

 

 

AD

 

こんにちは、Chuttiです!ほっこり

 

昨日の祇園祭は晴れかと思いきや、思わぬ土砂降りの夕立でした。。。

毎年のことだけど、人出も凄いし、外にいた方タイヘンでしたねあせる

 

 

 

さて、バレエ「タリスマン」の物語って知ってますか?

 

タリスマンは、なんとなく人の名前だと思ってたそこの貴女、

違いますよ〜〜〜叫び

 

タリスマンのあらすじ、参考にしてみてください。

 

 

【恋の三角関係は?神と人間の恋物語】

 

ニリティは天上の女神アマルヴァティの娘。

父神の命令で1週間地上に遣わされることに。

 

アマルヴァティはニリティにお守り(タリスマン)として

星を持たせ、人間に恋をしてはいけないと話す。

 

 

一方、ヌレディンは王の娘ダマヤンティと

婚約していましたがどうも乗り気にならず、

地上に降りてきたニリティに一目惚れ。

 

彼女を抱きしめようとしますが、

ニリティのお供のヴァイユの起こした風で

逃げられてしまいます。

 

ニリティはそのときにタリスマンを落としてしまいます。

 

 

ヌレディンとダマヤンティの婚礼の準備が着々と進む中、

ヌレディンは自分の気持ちに嘘をつけず

他の女性を愛していると告白。

 

怒った王はヌレディンを切ろうとしますが、

ヴァイユに救われます。

 

ニリティはタリスマンを取り返そうとしますが、

返してしまったら彼女が天に戻ってしまうので

返せないと拒否するヌレディン。

 

その押し問答の末、真摯なヌレディンの気持ちに

心を開いたニリティは天上には戻らず、

タリスマンだけが戻っていった、という

ハッピーエンドのストーリーです。

 

 

 

【ヒロインの揺れる気持ちを表現】

 

ニリティの幻想的なイメージを出せるといいですね。

人間に恋をしてはいけないと言われているので

天に戻らなければいけないし、

ヌレディンはタリスマンを返してくれないし・・・

 

でも、彼の気持ちが本物だとわかって心を揺さぶられる、

そんなニリティの揺れ動く気持ちをうまく表現して下さい。

 

 

 

 

【ワンピース型の大人っぽい衣装】

 

ニリティは普通のお姫様ではなく神様の娘ですから、

衣装はロマンティックなワンピース型の大人っぽいデザインです。

 

色は薄く淡いものが多く、ピンク~薄紫、

白をベースにしたものなど様々です。

 

 

【Chuttiのおすすめ タリスマン衣装】

 

幻想的で綺麗な淡い色の衣装がオススメです!

 

モデルが着ているロシア製衣装は、

お好きなカラーで制作できますので、

一度ご相談くださいね。

 

 

 

 

 

 

参考になれば幸いです音譜

 

 

バレエ衣装専門店Chutti

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

こんにちは、Chuttiです!

 

 

クロードベッシーさんの解説がなくなって久しい

ローザンヌコンクール。(確か、1993年位まで?)

 

 

あの頃はよかったな〜と思っていたら、こんな

動画を見つけましたw

 

↓ベッシー女史の辛口ハイライト

 

 

一般の方が見たら、とても辛辣すぎて、ヒドすぎるのでは?!あせる

というかもしれませんが、

バレエって、本当にシビアですから・・・叫び

 

 

自分では分からない客観的な事実を言ってもらえるのだから、

逆に有り難〜いことなのですよね。

 

バレエに真剣な人ほど、そのアドバイスを真摯に受け止め

向き合おうとしますし。

身体のことやどうにもならないことは、辛いけど・・・

 

そこは芸術の世界、その欠点をどうカバー

する表現方法を見つけるかだと、吉田都さんも

言っておられましたひらめき電球

 

熊川哲也さんも、身長の低さは明らかに

海外では不利だったと思いますが、

ベッシーさんも「彼の踊りは、

そんなの忘れさせてくれますよ!」と

ベタ褒めでしたウインク

 

 

〜追伸〜

 

新しく、コンテンポラリー カテゴリができました!!

 

こちら↓

バレエ衣装専門店Chutti

 

 

 

 

こんにちは、Chuttiです。

 

誰もが知るあの”眠りの森の美女”の「青い鳥」。

 

このもともとのお話って、知っていますか!?

 

 

演目を踊る時に、そのストーリーや背景を知っていることは、

けっこう大切な事だったりしますよね。

 

今日はこの「青い鳥」の踊りの元となった物語をご紹介します。

(あるページからの引用ですので所々、ツッコミも入ってます。

ホント、突っ込みどころが満載ではありますw)

 

 

少し長いですが、読んでみてくださいウインク

あなたの踊りのお役にたちますように。。。

 

 

出典:AngelBreath  http://kasumiijuin.wix.com/angelbreath

青い鳥(フロリナ王女のお話)

                

 

昔、ある国の王様がお后を亡くし、同じように夫に先立たれた女性と再婚をしました。

王様には「世界の8つの不思議」と言われるくらい可愛い、

Fiordelisa(翻訳ではフロリーヌとなっています)という名前の娘がいます。

名前の由来は花の女神、「フローラ」にそっくりだから。

 

新しいお后にはTurritellaという先の連れ子がいます。

「トリュトンヌ」というあだ名だそうで、その娘の顔にはそばかすが一杯で鱒

(トリユット)そっくりだったからです。

 

お后はあらゆる点でフロリーヌがトリュトンヌよりもすぐれているのが悔しくて

たまらず、何とかしてフロリーヌを陥れようと悪巧みをしない日はありませんでした。

けれども、心優しく賢いフロリーヌはそんな嫌がらせには気付かないふりをしておりました。

 

ある日、王様は年頃になった娘フロリーヌに結婚をさせようと思うのですが、

お后は自分の娘トリュトンヌの方が年上なので、順番は先だと主張します。

王様は黙認状態。

                  

                    ◆

 

そして、あるとき、Charming・・・これはシャルマンです!

意味はそのまんま、チャーミングとか魅力的とか。

シャルマン王が王国にやってきました。

 

女王はフロリーヌから盗んだ(!)ドレスや宝石でトリュトンヌを着飾ったのですが、

シャルマン王はフロリーヌしか目に入らない様子。

お后の悪巧みで粗末で垢だらけの服を着ていたにもかかわらず、フロリーヌのその

美しいこと!

シャルマン王はしばしボーっと見惚れて、その後3時間に渡り、フロリーヌを誉め続け

ました。

怒った女王はフロリーヌを高い塔に閉じこめて、王子がいる間は二人を会わせないように

してしまいました。

そしてあらゆる手を使い、たくさんの贈り物を王に送り、トリュトンヌと結婚させよう

とするのですが、その贈り物がトリュトンヌからだと知ると王はそれを拒否し、

フロリーヌに会えないのはこの怪物(そこまで言う?!)のせいだと怒ります。

 

またまた怒った女王、シャルマン王に「あなたが帰るまでフロリーヌを塔に閉じこめる!」

と言いました。

フロリーヌと少しだけでも話がしたいと頼むシャルマン王。

よこしまな女王はそこで悪巧み。

暗闇の中で、フロリーヌのふりをしたトリュトンヌとシャルマンを会わせます。

騙された王、なんと、フロリーヌと間違えて自分の指輪を抜いてトリュトンヌにはめ、

永遠の愛を誓い、結婚の約束をしてしまうのですっ!!

 

おお・・・なんで間違えるかな。

いくら暗くても・・・

 

                    ◆

 

そこにもう一人登場人物が。

(トリュトンヌの代母であり悪いフェアリー)Mazilla。

(翻訳ではスーシオとなっています。)

スーシオはトリュトンヌに言います。

「王を騙し通すのは難しいだろうよ、彼はフロリーヌを愛しているからね。」と。

 

騙されたことを知ったシャルマン王、結婚式を拒みます。(そーだそーだ!)

スーシオは何とかして二人を結婚させようと、脅したり甘いことを言ったり、

まる20日ものあいだ(!)説得し続けるのですが、

 

「例え、殺されて皮をはがれても、私はフロリーヌのもの。私の心は変わらない。」

とシャルマン王。(いいぞ、いいぞ)

 

「トリュトンヌと婚約しておいて守らなかった罰を7年間受け続けるか、

それとも、トリュトンヌと結婚するか」

と言われ、頑なに結婚を拒んだ王は罰としてその姿を青い鳥に変えられて

しまいます。

そうです、青い鳥は本当は王様だったのです~~

 

 

 

そしてお后はシャルマン王がトリュトンヌと結婚することになったとフロリーヌに

嘘を付き、シャルマン王の指輪をこれみよがしにフロリーヌに見せます。

 

絶望したフロリーヌ、

「私はもう喪服しか着ないし、それどころか死んでしまおう。」

と叫んで気を失ってしまいます。

お后は、フロリーヌが気が狂ったと嘘をつき、正常に戻るまで塔に閉じこめておくことを

父親の王に許可させるのです。

 

                    ◆

 

 

 

しかーし!

青い鳥になったシャルマン王、いとしいフロリーヌが塔に閉じこめられていることを

知り、飛んでいって嘆き悲しんでいるフロリーヌに真実を述べます。

二人が会えた喜びったら、それはもう言葉には表せないほどでした。

 

が、今度はフロリーヌは青い鳥のことが心配で夜も眠れません。

「狩人に撃たれやしないか、ワシやハゲタカにおそわれやしないか。」

 

青い鳥はといえば、罪が許されてフロリーヌと結婚できる日を今から指折り数えて、

待ち遠しくてその日を思うと気が狂いそうでした。

姫の喜ぶことは何でもしようと、自分の国の宮殿から宝石をフロリーヌのところへ

持っていきます。

そうやって何年ものあいだ、自分の宝石をフロリーヌに

届けてかわいそうな姫を慰めます。

 

 

 

一方、お后はそれからもトリュトンヌの結婚相手を探し続けるのですが、

何人もの人に断られます。

まあ、性格悪いからね。でももしかしてこの母親が元凶なのでは?と思う・・・

 

「フロリーヌならいいけど。」という断られ方にまたぶち切れるお后。

 

そんなんで腹を立てて、またフロリーヌをいじめようと塔に行くと、

なんと、青い鳥とフロリーヌが一緒に歌っているのをみつけ・・・

 

フロリーヌは窓を開けて青い鳥に逃げるように言います。

そして危険なのでしばらくはここに来ないように言います。

 

お后はたくさんの宝石を見て、フロリーヌが良からぬことをたくらんでいるのではと

いぶかしく思い、反逆罪で起訴しようとしました。

それを、姫が心配でどこにもいかず、ずっと見守っていた青い鳥が阻止します。

鳥がどうやって?と思うけど、

簡単に言えば偽造書類を置くのを見破ったんです。

 

 

その後もお后がフロリーヌにスパイをつけて、宝石の秘密を暴こうとしているので、

青い鳥は塔に近づくことが出来ません。

「ああ、いとしい青い鳥ともうお話も出来ないなんて。

二人で不幸を慰め、愛情を確かめて、とても幸せだったのに!」

姫の目から滝のように涙が流れます。

青い鳥もどんなに苦しみ、嘆き悲しんだことでしょう。

こうして会えない日々が1ヶ月続きます。

 

                     ◆

 

ある時、スパイがぐっすりと眠っているのを見たフロリーヌは歌います。

「空より青い、私の小鳥、今すぐここに飛んできておくれ」

 

青い鳥はいちもくさんに姫のところに飛んでいきました。

また会えた喜びはいかばかりのものだったでしょう!

 

そして見張りが目を覚ます頃、二人は辛い別れを交わします。

 

そんな風にして翌日も、その翌日も、真っ暗闇の中、愛を語り合うのですが、

四日目の夜、スパイは、月明かりに世にも美しい鳥が、足で姫を愛撫したり、

やさしく口づけしたりして、まるで恋人のように話しかけているのを、

そして姫もそれに優しく応えているのを見てしまいました。

 

スパイの報告を聞いたお后はその鳥はシャルマン王に違いない、

あの生意気な子が悲しんでいると思いきや、恩知らずの男と仲良くしていたなんて!

誰もがびっくりするような血まみれの復讐をしてやる!と言います。

ああ、どこまでもおそろしい。

 

翌日、フロリーヌがいつものように歌を歌っても小鳥はやってきません。

意地悪なお后はなんということでしょう、

小鳥がとまっている杉の木に剣や剃刀、匕首などを何本もぶらさげるように命じたので、

青い鳥が飛び立とうと羽を広げると、刀で足を切りました。

倒れて羽も切りました。

体中傷だらけになってしまった王の痛ましい姿をフロリーヌがもしも見たら、死んで

しまったかもしれません!

 

けれども、こんな意地悪な仕掛けをしたのはフロリーヌだと信じてしまった王

(なんでーっ?!)は苦しみます。

 

「私の純粋な恋にこんな風に答えるなんて。死んで欲しいならどうしてそう言ってくれ

ないのです?あなたに殺されるなら喜んで死ぬのに。

こともあろうに、私達の敵に私を売るなんて!」

こんな悲しい考えにうちのめされ、このまま死んでしまおうと思います。

 

 

                     ◆

 

 

さて、シャルマン王の親友の魔法使いは、王を探して地球を8回、まわりました。

そして血まみれになって倒れている青い鳥をみつけ、それが王であることを知ります。

そしてシャルマン王を連れて帰ります。

 

そうこうしているうちに数年後、フロリーヌの父が亡くなります。

そうなると民衆はフロリーヌこそお后にふさわしい、フロリーヌを解放せよと暴動を

起こします。

とうとう民衆が悪い女王をやっつけました。

 

トリュトンヌはスーシオのところに逃げました。

そしてその国の女王になったフロリーヌは、シャルマン王をみつけるため、王子が

フロリーヌにくれた宝石を持って一人で旅をします。

 

一方、シャルマン王の友人の例の魔法使いとスーシオは話し合い、

(妖精と魔法使いは兄弟みたいなものらしい)

シャルマンを元通りの姿に戻すかわりに、トリュトンヌとの結婚を決意するまで

宮殿にトリュトンヌをおく、ということで話がつきました。

王はもとのままの賢く美しい姿に戻りますが、トリュトンヌと結婚するなど考えただけ

でもぞっとするので、何とかしてその日を延ばしてもらおうとばかり考えていました。

 

そんなところに、髪を乱し、麦わら帽子を深くかぶって変装したフロリーヌ、

とうとうシャルマン王の城を探してやってきます。

 

すごくはしょっちゃうと、泉で出会ったおばあさんにもらった4つの卵のおかげで

さまざまな困難も乗り越えて。

 

それなのに、お城ではあのトリュトンヌとシャルマン王子が結婚するという話に。

「青い鳥がやってこなくなったのはこの結婚のためだったのね。

私はこんなに苦しんでいたのに、心変わりなさって、こともあろうにあのトリュトンヌと結婚するなんて。」とまたまた誤解します。

 

ああ、恋する二人はいつだって、好き過ぎて、こんな風に誤解が生じるんです。

 

それでも、フロリーヌは王がまだ小鳥の姿をしていたときに話に聞いていた

「こだまの間」に寝泊まりする計画を建てます。

そこはいくら低い声で喋っても、上で寝ている王のところまで声が聞こえるという

部屋なのです。

そこに寝泊まりして、フロリーヌは王の心変わりを責めてやろうと思いついたのです。

(この辺、フロリーヌらしからぬ)

 

「あなたは私を捨ててトリュトンヌと結婚なさるのね。

どうして約束をお忘れになったの?

あなたが青い鳥に変えられたことも、私の愛も、みんなお忘れになってしまったの?」

 

フロリーヌは二人の間の思い出をめんめんと語り続けます。

王はその声をはっきりと聞きます。

恋の思い出、素晴らしい恋人の姿、それと同時につらい別れを思い出し、

その心の痛みといったら、ぶら下がった刀で羽を切られた体の痛みと同じだったのです。

 

「ああ、姫よ、あなたこそ恋人にあまりな仕打ちを。

敵に私を売るなんて、まだ信じられない。」

 

そして、二人はやっと再会します。

その姿を見ると恨みなどはすっかり忘れ、天にも昇る気持ちで胸が詰まり、息も出来

ないくらい。

 

あーあ、これだから恋人同士の喧嘩って首突っ込みたくないのよね。

どんなに喧嘩してても、顔見るとあっという間に仲直りしちゃうんだもの。

 

やっと誤解がとけて、最後にはハッピーエンドとなったわけです。


そして良いほうのフェアリー(4つの卵をくれた人ね)が、あの悪い魔法使いスーシオが二人にこれ以上悪さできないようにしてくれました。

 

トリュトンヌはまた二人をジャマをしようとしたので、ふくろうに姿を変えられて

しまったとさ。

翻訳ではぶうぶう文句を言う雌豚に変えられたとありますが、ま、どっちでもいいか。

 

そしてこのお話は、ちっとも愛し合ってない二人が欲得ずくめの結婚や、気まぐれで

する結婚はいけません、無理な結婚をしても、愛がなければそれは不幸な鎖に過ぎない

という教訓もあとに書かれているようです。

 

愛を貫いたシャルマン王子、あっぱれ。

そして自分の足で愛する人を探したフロリーヌ、万歳。

 

バレエ衣装専門店Chutti

http://mtdance.shop-pro.jp/?pid=72292783

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

このお話は1697年にオーノワ婦人という方が書いた「フランス妖精物語」の中の

「ロゼット姫」という童話集に入っています。(東洋文化社:上村くにこ訳)

参考資料:

http://en.wikipedia.org/wiki/The_Blue_Bird_%28fairy_tale%29